一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

転載:「ナチズムに似たり」

日頃、私が愛読し、参考とさせていただいているブログ「40過ぎて独身で(断じて言い訳ではない)」にて、今回の天皇陛下と中国副主席との会見に関する騒動について書かれた記事が載っていました。
私がつねづね民主党に感じていた「きな臭さ」「胡散臭さ」について、上手く言い表している秀逸記事だと思いましたので、転載させていただきます。
(ブログ主さんには転載について了解を戴いております。なお、色文字・下線は独自につけました。)

◆ナチズムに似たり

支那の習近平副主席に対して、1ヶ月以前という慣例を破って特別扱いしたことが、天皇陛下の「政治利用」にあたるのではないか、という批判がある。
これに対する鳩山首相の弁明は、報道によれば以下の通り。

「日中関係をさらに未来的に発展させるために大きな意味がある。判断は間違ってなかったと思う」
「あまりしゃくし定規に考えるよりも、本当に大事な方であれば若干の変更があっても、天皇陛下のお体が一番だが、その中で許す限りお会いいただく」


残念がら、上記の弁明は言葉が不足しており、意味不明瞭である。よって、補足すると。

「日中関係をさらに未来的に発展させるために(政治的には)大きな意味がある。判断は(政治的に)間違ってなかったと思う」
「あまりしゃくし定規に考えるよりも、(政治的に)本当に大事な方であれば若干の変更があっても、天皇陛下のお体が一番だが、その中で許す限りお会いいただく」


さて。どうであろうか。
カッコ内の「政治的に」以外に、何か適当な言葉があるかね(笑)

他に適当な言葉が見つからないだろうが、それは明らかにこの件は「政治的」だからである。

間違えてはならないが、天皇陛下が「政治的」なのではなく(天皇家は、戦後60年間にわたって、政治的にならないように細心の注意を払ってきた)陛下を利用しようとする輩が「政治的」なのである。

天皇家が政治的に利用されてきたのは戦前の歴史に詳しいが、その反省の上にたった戦後の努力を水泡に帰すものである。陛下が、このような事態を意図したり喜んだりするわけがないではないか。

さらに気をつけなければならぬのは、「政治的」を「政治的だと言わない」のは、ナチズムの手法にそっくりであることだ。

ナチの強制収容所の入り口看板に「労働すれば自由になる」と書かれていたのは有名である。
実態は、まったく逆で、なんとガス室に送られるのであった。

政治権力は、白を白くないといい、自由を奪う行為を自由だと偽る。
言葉を自由にもてあそび、実態を固溶しながら、権力は独裁へと移行するのだ。

たんに、決断力がないとか、常に閣内不一致だとか、無能だとかいうことではない。

私は、そういうレベルをこえた「きなくささ」を、現下の政権に感じている。

自民党が良かったとか、他にどこが良いとかいう次元の話ではなくて、国そのものが変貌しながら今まで見知らぬ何かに溶けて変わるという気味悪さである。

独裁政権は、常に言葉の意味を溶かすところから始まるのである。

【引用元:ナチズムに似たり/40過ぎて独身で(断じて言い訳ではない)】


私が上記記事を読んで、ふと思い出したのが、次の山本七平岸田秀の対談↓。

(~前略)

山本 個人主義は、ある意味でヨーロッパの理想型みたいなんだけれども、これは「何々をしない」ということが一つの誇りになっているんです。

団体規約でもなんでもなくて、自分対神の約束で、これはしない、あれはしないという原則がはっきりしている

そして、これがはっきりしていればいるほど、社会が尊敬し、信用してくれるわけです。
前にアメリカ国務省日本課長のシェアマンと話したとき、アメリカ人の理想型とはこの意味の個人主義だと言ってましたな。

だいたい、人間の信頼関係というのは、マイナス的なものでして、「彼はこれだけは絶対しない」というところから始まるわけです。

汝、殺すなかれ、盗むなかれと同じで、あの人はここへ来ても私を殺さない、私から物を盗まない、私に対して偽証しない、というそこから始まるわけでしょう。

だから個人が神との契約の形でそういう規範をきちんと持っていることによって、信頼関係が成り立つわけで、これが彼らがいう個人主義の理想型なんですね。


岸田 そして日本人にはその形がない。

山本 でね、私は人々がなぜ自民党を支持するのだろうかと考えたんです。

すると、やっぱり信頼関係というのは、日本人の場合も、最終的に何かをしないということなんですね。

あいつは飲む・打つ・買うのとんでもない奴だけど、こういうことはしないという信頼の仕方がありますね。(笑)

自民党への支持というのはこれなんだな
とんでもない奴だけど何かをしないと信じてる。

つまり、自分たちが自覚していない伝統的な文化的規範に触れるようなことはしない、という信頼があるんですよ。

自民党は伝統的な政治文化の上に乗っかってるだけでしょう。

ところが野党はそうじゃないですね

前に話に出た栃木県の市会議員の一家心中の場合の新聞記事みたいな日本の伝統的行動規範に根ざさない論理ばかり言ってるから、最終的に何かを托するかとなると、そういう気にならないということでしょう。


岸田 日本共産党が私有財産を認める用意があると言ってみたり、公明党が日米安保の意味を見直すと言ったりするのも、「何かをしない」という信頼性をかもし出したいわけですね。

(後略~)

【引用元:日本人と「日本病」について/個人的な自我/P72~】


民主党の気味悪さの元は、こうした「日本の伝統的行動規範に根ざさない論理」を露わにしつつある点なのではないか…と思います。

余談になりますが、民主党には、前原国交相や、松原仁議員など保守派と見做される人たちがいますが、これは単に民主党が本性を隠す為のカムフラージュ役に過ぎないのではないでしょうか。

現実の民主党の動きを見ていると、彼らは民主党が保守であるという幻想を振りまく以外、何の影響力もありません。
客寄せパンダのようなものです。
民主党に期待している保守派がいるとしたら、いい加減目を覚ませ!と言いたいですね。

【関連記事】
・「日本は恥ずかしい」という民主党幹事長


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
スポンサーサイト

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

転載:「官僚生贄の事業仕分け終了 経常経費削減額7000億円の竜頭蛇尾」

日頃、私が参考とさせていただいているブログ「環球閑話時事の徒然」にて、事業仕分けについて書かれた記事が載っていました。
非常にわかり易く、参考になる秀逸記事だと思いましたので、転載させていただきます。
(ブログ主さんには転載について了解を戴いております。なお、色文字・下線は独自につけました。)

事業仕分け終了 74事業に「廃止」判定 1・6兆円超の財政効果

政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)の作業グループは27日、平成22年度予算の概算要求の無駄を削る事業仕分けを終えた。仕分け作業による財政効果は1兆6千億円超で、独立行政法人の基金や特別会計の剰余金など、いわゆる「埋蔵金」の国庫返納要求額が多くを占めた。政府は事業仕分けの結果を踏まえ、過去最大の95兆円台にふくらんだ概算要求から3兆円以上の削減を目指す。

鳩山首相は27日夕、首相官邸で記者団に対し、「国民に予算というものが見える形になった」と述べ、全面公開方式で行われた事業仕分けの成果を強調した。その上で、「(今後の予算編成では)政治的な判断というものが求められる」と強調した。

初の試みとなった仕分け作業には、効率重視のやり方や判定内容への批判がつきまとった。だが、予算編成過程を公開とし、既得権益の確保を前提せずに無駄を省く手法も初めてで、国民の高い関心と支持を集めた。刷新会議は今後、判定結果を実際にどう予算に反映させるかが課題だ。

仕分け作業の対象となったのは449事業。27日夕段階の集計では74事業を廃止、19事業の予算計上を見送り、132事業を予算縮減と判定した。

重複事業として、無償資金協力援助(ODA)が3分の1程度、学力テストは大幅な減額をそれぞれ求めた。事実上凍結と判定された次世代スーパーコンピューターはノーベル賞受賞者らの反発もあり、政府は予算計上の復活を検討中だ。

(産経新聞 2009/11/27)


事業仕分けを本腰でやるのであれば、良かったのですが、こんな結果では、官僚つるし上げショーにしかなりません。
マニフェストでは、平成25年度で16.8兆円の無駄遣いを削減する事になっており、それを原資にして、高速道路無料化や子供手当て等の施策にあてる筈でした。平成22年度は、その走りですから、当然10兆円近い金額が出てくるというニュアンスを私は持っていました。

それが、事業仕分けが始まるに当たって、いつの間にか目標が、3兆円になってしまい。終わってみれば、埋蔵金の召し上げ込みで、1.7兆円。翌年度の計上が期待できない埋蔵金を外した、経常経費では、たった7000億円しか削減が出来ていません
そして、その削減の多くが、日本の科学技術の未来を生み出す科学技術予算だというのでは、竜頭蛇尾、本末転倒もいい所です。

但し、政治ショーとしての事業仕分けは大成功であった様で、碌な実績もないにも係わらず、本日の日本経済新聞は、鳩山内閣支持率が68%に達していると報じています。

民主党は、大喜びでしょうが、たった一時間のつるし上げで、碌な説明も許されず、予算案を無駄と決め付けられた官僚側が、今後、政府の運営に本当に協力していくのか、面従腹背、政治の足をぴっぱり、より大きな無駄を生み出していくのであれば、事業仕分けは何の意味もない事になります。

それよりも、寧ろ、従来のシーリングをより強化しつつ、政治家主導で新規案件の吟味を時間をかけて行うべきであったでしょう。
企業も経費削減を行っていますが、今回の事業仕分けに相当するのが、経費削減にコンサルタントを入れて行う方法。もう一つは、従来型の総予算を細かく削減していく方法です。

企業における経験では、コンサルタントはとかく成績をあげようとドラスティックな経費削減を単発的に実施しますが、無理が大きく長期的には必ずしも大きな経費削減に繋がらず、寧ろ、経営者が率先して、大きな戦略的な経営目標を設定し、全社員が一丸となって経営効率を改善していくのが正解という結論が出ています。

この後者に相当するのが、必ずしもシーリング方式ではありませんが、全公務員に参加意識を持たせながら巻き込んでいく為には、コンサルタント型では到底不可能であり、それが事業仕分けの地方自治体での経験則でもあった筈です。その様な事情は判った上で、官僚を生贄羊に仕立て上げる為に、民主党は事業仕分けを行ったという訳です。

その上、よくよく見れば、民主党の支持母体である労組や日教組関係の予算、男女共同参画予算という訳も判らない予算は、仕分けせずに、議論もなしに全部通してしまっています

構造改革のために支持母体である自民党の利権を切りまくった小泉自民党政権と比べれば、鳩山民主党内閣は、大違いのポピュリズム政治と言わざるを得ないのです。

【転載元:環球閑話時事の徒然「官僚生贄の事業仕分け終了 経常経費削減額7000億円の竜頭蛇尾」】


小泉政権の時も、散々ポピュリズム政治だと批難されましたが、自らの支持基盤の利権を削っていくなど、その方向自体は間違っていなかったのに対し、鳩山政権のそれは、まぎれもなく労組や日教組などの利権を肥え太らす方向に指向しています。
同じポピュリズム政治かも知れませんが、この二つはまさに似て非なるものと言って良いのではないでしょうか。

今回の記事は、そのことを指摘した秀逸記事だと思います。傑作。


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する