一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

小沢擁護派のいかがわしさの正体/~なぜ彼らは「信者」と呼ばれるのか~

最近、小沢擁護派によるデモがあったり、ツイッター上での小沢擁護発言を観察していると、ある種のいかがわしさ・薄気味悪さというモノを濃厚に感じてならないんですよね。
そこで今日は、彼らの言動の何がいかがわしいのか、駄文を思いつくまま書き連ねていきたいと思います。

まず、とにかく不気味なのが、彼らが揃いも揃って「民主主義を守れ」とか「法治社会を守れ」とか発言していること
推定無罪の原則」を持ち出したり、検察審査会の審査手順・内容を針小棒大に問題視して小沢を陥れる陰謀へと論を展開させる。
または、それがあたかも一般庶民にも適用され、まるで暗黒社会が到来するかのように騒ぎ煽り立てていること。

その一方で、小沢の説明責任については、まともに回答しようとしない不誠実極まりない姿勢。
そもそも疑惑なんかないのだ、と言ってみたり、政治資金規正法上の単なる記載ミスの形式犯に矮小化してみたり、挙句の果てには、他の政治家もやっているじゃないかと逆切れしてみたりと、およそ説明責任を果たす姿勢のカケラも見せない。

つまり、全てが「説明責任を逃れる方向」にベクトルが向いている訳ですね。
自らの説明責任を果たそうとしない者が、民主主義を守れとか法治社会を守れとか騒ぎ立てる 。
そもそも説明責任を果たすことこそ、民主主義の根本だと思うのですけど。

そう考えると、小沢擁護派の言動は笑止千万。
片腹痛いとはこの事です。

そして、それに反論する者をマスゴミに洗脳された者と一方的に規定し、一切の応答を拒否するようになる。
これでは、カルト宗教さながらの行動と見なされても仕方ない。小沢信者と言われるのも当たり前ですね。

彼らの行動は、「法を守れと言いながら法を破る」行為に他なりません。
古い話になりますが、昔国鉄の労使紛争で「順法闘争」という手段が使われました。
これは、細かな法規則を杓子定規に守ることで抵抗する運動でしたが、私には小沢擁護派の言動がこれと似通って見えて仕方がない。

というか、むしろ昔の軍部が統帥権を盾に日本帝国憲法を形骸化させていった行為とそっくりだと思います。
彼らは推定無罪とか形式犯とか一見耳触りのいい奇麗事を唱えながら、政治資金規正法を骨抜きにすることを狙っている

なぜ、そのように思うのかと言えば、小沢擁護派の主張は全てが政治資金規正法の立法趣旨を明らかに蔑ろにしているから。

政治資金規正法

(目的)
第1条 この法律は、議会制民主政治の下における政党その他の政治団体の機能の重要性及び公職の候補者の責務の重要性にかんがみ、政治団体及び公職の候補者により行われる政治活動が国民の不断の監視と批判の下に行われるようにするため、政治団体の届出、政治団体に係る政治資金の収支の公開並びに政治団体及び公職の候補者に係る政治資金の接受の規正その他の措置を講ずることにより、政治活動の公明と公正を確保し、もつて民主政治の健全な発達に寄与することを目的とする。

(基本理念)
第2条 この法律は、政治資金が民主政治の健全な発達を希求して拠出される国民の浄財であることにかんがみ、その収支の状況を明らかにすることを旨とし、これに対する判断は国民にゆだね、いやしくも政治資金の拠出に関する国民の自発的意思を抑制することのないように、適切に運用されなければならない。
2 政治団体は、その責任を自覚し、その政治資金の収受に当たつては、いやしくも国民の疑惑を招くことのないように、この法律に基づいて公明正大に行わなければならない。


政治資金規正法の虚偽記載罪も「政治活動の公明と公正」とか「民主政治の健全な発達」といった保護法益を侵害する重い罪なのであって、単なる形式犯ではない。
事実、虚偽記載の罪は、同法のなかでも一番重く、5年以下の禁固または100万円以下の罰金とされている。

その目的を達成するため、同法では虚偽記載が一番の重罪とされている点をまったく無視して「単なる記載ミスによる形式犯」として冤罪に見せかけようとしているのが小沢擁護派。

そもそもこの小沢の「政治とカネ」については、それが単なる記載誤りなのか、それとも何かを隠蔽するための虚偽記載だったのかということこそ、真に問われるべき事なのです。

実際、タンス預金・土地購入費や定期預金の記載という点を鑑みれば、いずれも小沢の資産を表に出さない方向で処理が行われており、また、陸山会の土地購入原資についての説明では、当初は小沢の資産という話は一切ありませんでした。
これらのことだけでも、小沢氏の資産を隠蔽するための虚偽記載の状況証拠に十分なり得ます

それらには一切触れず、ひたすら「単なる記載ミスによる形式犯」による”でっち上げ”という図式にあてはめよう、あてはめようとする。
ちなみに検察が小沢本人を不起訴にした理由は、報告をおこなった秘書については罪に問うことができるが、政治家本人は監督不行き届き(罰金50万円)で済まされてしまうという同法の規定によるもの。

その規定の壁を乗り越えるためには共謀を立証する必要があり、それの確証が難しいから不起訴にしただけの話に過ぎません。
それなのに、その検察の不起訴を以って、あたかも潔白である根拠であるがごとく吹聴し、その一方で、石川秘書らの起訴については、検察の判断を冤罪だと非難する。
あまりのご都合主義者ぶりに目がクラクラします。

ま、そんなご都合主義者の彼らには、下記HP↓を一読することをお勧めしたい。

◆ブーメランキングの称号は小沢一郎刑事被告人のモノ(爆w(引用元:匿名党)

話を戻しますが、その検察審査会が、上記の状況証拠を鑑みて、小沢が秘書と共謀している筈だと考え、強制起訴を議決したのも市民感覚に基づけば当然でしょう。

そもそも検察審査会の制度は、市民感覚を司法の場に活かす為の制度で始められ、かつての民主党もそれに賛成していた筈。
それが一転、都合が悪くなるやいなや、その制度のアラ探しに終始し、まるで陰謀の道具であるかのように扱う。

そのようなダブル・スタンダードな行動を取る者が、臆面もなく平然と「民主主義・法治社会の危機」を叫ぶ。
まさにこれこそ「似非」民主主義者による”扇動”に他なりません

もう一つ彼らの特徴として見受けられるのが、小沢を反米の旗頭であるかのように扱っていること。

あれだけ執拗に小沢が追及されるのは、米国やその傀儡である従米政治家・官僚らにとって都合の悪い人物であるからだと思い込んでいる。
過去の小沢が取った実際の行動を見れば、どこが反米だったのか?
アメリカ様に脅され、ホイホイ130億円もの資金を差しだした時の決断をしたのは当時の小沢だった筈
反米であったのは、無責任な立場での放言でしかないではありませんか!!

それにコロリと騙され、まるで小沢という人物なら対米自立が出来るような幻想を抱いている様は、まさに「情報弱者」にふさわしい振舞いだと思う。

現在の日米関係をより自立的な立場に変えようとするならば、憲法改正等の抜本的改革が必要
それも行わないで、小沢みたいな政治家一人によって日米関係を変えられる訳がなかろうに。

要するに、彼らは、自分の中で勝手に「米国と堂々と対等に渡り合える」という小沢像を作り上げ、それを現実の小沢に投影しているだけなんですよ。
ところがどっこい、現実の小沢は全然異なるのですから、いずれその期待は裏切られるのは必至です。
そのようにして何度でも裏切られる。
民主党支持者というのはリテラシー能力がないんですな。
何度も詐欺に引っ掛かる多重債務者みたいなもんです。

なにはともあれ、反米派というのはこの程度の甘ったれた認識しかない。
まるで、親離れが出来ない子供が見せる「反抗」のように思えて仕方ないですね。
気分的で稚拙な反抗。
それで自立できると云うのは、あまりに幼稚な妄想でしょう。

ま、このような特徴のある人達が、小沢擁護派の面々というわけです。
これでは、カルト信者と呼ばれても仕方ないと思いませんか??

なんだかんだと、だらだら駄文を書いてしまいました。
過去の記事↓を参考でリンク貼っておきますが、見直してみると内容が似たようなものばかり。
相変わらず我ながら進歩してないな…orz


【関連記事】
◆コメント転載:一読者さんによる「小沢氏vs検察」騒動のまとめ
◆「法」治社会でも、「人」治社会でもない、「納得」治社会にっぽん
◆言葉と秩序と暴力【その6】~日本的ファシズムの特徴とは「はじめに言葉なし」~


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
Twitter「つぶやく」ボタン
スポンサーサイト

テーマ:小沢一郎 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

「自己嫌悪」から他者を”悪魔化”する「反米自立」論者達/~自立を唱える者が見せる「甘え」とは~

最近、岩上安身氏や孫崎享氏のツイッターをフォローしているんですが、彼らの対米自立論を眺めていると、彼らの主張が「自己嫌悪」という感情に基づいた底の浅い幼稚な反米論であると思わざるを得ません。

なぜ彼らの主張にはそのような「自己嫌悪」が潜んでいると思うのか。
今日はそのことについて私見を述べていきたいと思います。

もちろん、彼らが反発する米国には「理不尽な」要求も多いのは事実です。
しかし、米国がそうした要求を日本に突きつけるのは、それだけ日本が責任を負うべき実力・立場にあると考えているからであって、日本側から見れば非常に高圧的で身勝手だけれども、彼ら自身にしてみればそれほど無理難題を言っているつもりはないでしょう。
彼らにしてみれば、要は「嫌なら断ってもらっても構わない。その代わり、断るならば米国の庇護を頼るなよ」と言うことでしょう。

こうした米国と日本の関係については、過去記事『鬱屈する反米感情をコントロールしないと危ない。』において、既に山本七平の主張を紹介しているので参考にしていただけると幸いです。

なにはともあれ、要するに同盟国と言えど米国はアカの他人ということです。

米国は日本を守らない…とか言う輩に限って、守らない場合の対応策を考えて”すら”いない。
米国は裏切るはず…とか言っておきながら、裏切らせない為にはどうすれば良いか考えようともしない。
これでは、まるで親に甘えつつ反抗しているだけの未熟な子供ではないでしょうか!

彼らは反米を叫びながら、実のところ心理的に米国に依存してしまっているのです。
気安く反米を唱える人ほど、その実、依存心や甘えが人一倍強い、と言えると思う。

彼らは、「米国の言いなりでしか動けない日本」という存在に、(自分達の思い通りに行かないため)フラストレーションを感じており、それが一種の「自己嫌悪」になるわけですが、そこで問題なのは、その鬱憤を晴らすために、なぜか自らを変革するのではなく他者に責任を転嫁する方向に流れてしまうこと。

その「他者」とは、いわゆる彼らの言うところの「米国と結託した日本の支配層」や「米国べったりの財界・官僚」なわけです。

しかし、その他者とは、実のところ、彼ら自身の「真の姿」に他なりません。
米国の要求を拒否できない情けない自己を嫌悪しても罵るわけにはいかないから、「諸悪の根源」というものを作りあげ、それを罵る。
彼らの主張が「自己嫌悪」に基づいているというのは、そのような意味であります。

彼らの主張が、親米派を感情的に罵ること”だけ”に終始するのは、その典型的な”現われ”じゃないでしょうか。

要するに、一種の「現実逃避」に過ぎないのです。
これが甘えでなくて何なのでしょう?
これで自立などできるんでしょうか?
出来るわけが無いでしょうに。
精神的に自立していない人間が自立を唱える
まさに滑稽な話で、お笑い種ですね。
だから、彼らの主張は常に空理空論で具体策を伴わず、陰謀論的、精神論的にならざるを得ないのでしょう。

また、彼らは、日本の現実、置かれた立場、世界における役割、実力等を全く自己把握できていないから、日本自らが何をすべきなのか全く判っていません。日本政府の決定が常に受動的なのも、それをわきまえていない日本人が多数いるだからです。

だから、その行動決定は常に米国のプレッシャーを受けた形の受身的なものにならざるを得ません。
その結果、強制されたと思い込み、屈伏感にさいなまれ、被害妄想に捉われてしまう。

なぜ、受身的になるかと言えば、彼らは「なるなる論(註)」に罹患しているからです。
(註)…過去記事『「なるなる論」法からの脱却を目指そう/~日本人の思考を拘束している宿命論~』をご参照ください。

いざそうなってしまうと、前述したように岩上安身氏や孫崎享氏らのような反米派による「諸悪の根源」探しが始まることになる。
財界が悪い、官僚が悪い、自民党が悪い、ジャパンハンドラーの陰謀だ、いや悪徳ペンタゴンの仕業だ、ユダヤ資本が悪い……。

しかしながら、それは「間違い」です。
単に己を知らないだけ。
日本の立場・実力・役割、いずれもわきまえない者の妄想に過ぎません。
すなわち、自分を「見る」勇気がないだけの話なのです。

こうした岩上安身氏や孫崎享氏らのように、なまじっか知識だけは豊富な反米派の言動を見るにつけ、私は戦前の対米強硬派だった神風右翼を連想してしまいます。
そして、こうした輩が世論の大勢を占めるようになったら、その時こそ日本の危機だと思ってます。

過去の日本の危機は、アメリカの反応を見誤った時に起きてきました。
そう考えると、岩上安身氏らに代表される感情的・現実逃避的反米論ほど、アメリカとの同盟関係を毀損し、自国の安全を誤らすものはないと思いますね。

【関連記事】
◆鬱屈する反米感情をコントロールしないと危ない。
◆「なるなる論」法からの脱却を目指そう/~日本人の思考を拘束している宿命論~
◆八百長のある国、日本。八百長の無い国、アメリカ。【追記あり】
◆”ひとりよがり”がユダヤを破滅させた。翻って日本はどうか?


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
Twitter「つぶやく」ボタン

テーマ:私の見解 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

”神”動画「MC ken」/平成22年11月9日 衆院予算委 斉藤健(自民)

いやぁ、これ↓を作った人はすごい。演説のリズム感とBGMの音楽が上手くマッチしている。一見の価値ありですよ。

ニコ動の流れるコメントで、しつこく自民党を批難するコメントがあったけど、図星を指された民主党の支持者にとってはよっぽど癇に障る動画クリップなんだなぁ…。しかし、このBGM気に入った。なんていう曲名だろう?)

それはさておき、斉藤健といえば、昔埼玉県の副知事やってた人だよなぁ。
「最初はグー、齋藤健」という当時の武部勤自民党幹事長の稚拙な選挙キャッチフレーズで足を引っ張られちゃって、落選した人としか記憶になかったが、ググってみると今は千葉県の選出議員なんだね。

公式HPをみるとなかなかの人物のように思える。
小泉進次郎と同期の一年生議員だけれど、共に将来期待が出来そうだ。

ニコ動が見れない人は、youtubeの元動画↓をどうぞ。
BGMがない分、面白みがないけど、その代わり菅総理のジミンガー答弁が付いてます(笑)。
◆11・9【期待の超大型新人 齋藤健が言っちゃった政権を激しく叱責】


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
Twitter「つぶやく」ボタン

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

民主党政権の体たらくにみる「目的は手段を正当化する」ことの恐ろしさ。

今日は手短に思ったことをつらつらと書いてみます。

最近、WIMAXipodtouchの組み合わせのおかげで、通勤時にyoutubeニコニコ動画の国会討論を見ることが多くなりました。
その国会討論における民主党の醜態ぶりを見たり、内政外交の失態続きを見るにつけ、つくづく思うのはマスコミの罪深さ。

麻生政権当時、日本のマスコミは「とにかく日本には”政権交代”が必要なんだ。政権交代しなければ日本の未来は無い」という”政権交代至上主義”で、無能者ぞろいの民主党を持ち上げ、自民党の取るに足りない過失を責め立てた。

まさに「(正しい)目的は、(不正な)手段を正当化する」ということを日本のマスコミはやったわけですね。
その結果が、このザマです。

岸田秀が言うように、「正しい目的は、不正な手段を正当化しない」のです。
不正な手段は、正しい目的を腐らす」だけなのです。

以前の拙記事『小沢幹事長の”居座り”を座視すれば、民主党の強権的体質がますます露わになるだろう。』でもこうした事態になるであろうことは予測しましたが、案の定、思ったとおりの展開です。

そもそも、不正な手段でその地位を得た無能者が正しい目的を果たせるわけが無いのです。

だから、民主党の姿勢は、徹底した応答拒否・開き直り・逆切れ・自己弁護・責任転嫁に終始している。
自民党政権の頃に比べてはるかにヒドイもんです。

こうしたザマを見てもまだ、民主党を支持する人がいること自体、不思議でなりません。
そうした人たちは、やっぱり自分達が実際に痛い目に遭わないと気が付かないのだろうなぁ…。
思うに、こうした人たちはやはり「目的は手段を正当化する」誘惑に乗りやすい気がする。

今の政治の惨状をみると、「(政権交代という)大義名分」という名の下に「不正な手段」を正当化することの”恐ろしさ”というものを改めて思い知らされる。

それを率先して行なったマスコミの罪は許しがたいが、それに易々と乗せられてしまった人たちもある意味、同罪だと思う。

「目的は手段を正当化する」ことの”恐ろしさ”について認識しない限り、こうした過ちはなくならないのでしょうけど、果たしてそれを反省できるかどうか…。
現状を見るにどうにも怪しいものですねぇ、ふぅ…orz。


【関連記事】
◆小沢幹事長の”居座り”を座視すれば、民主党の強権的体質がますます露わになるだろう。


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
Twitter「つぶやく」ボタン

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

国防の一端を担う知事としての資質を決定的に欠く沖縄県知事選候補/伊波洋一氏

今回の沖縄知事選に出馬する伊波洋一候補について、ちょっと書いておこう。

いささか旧聞になるが、10月22日の読売新聞記事に伊波候補のインタヴュー要旨が載っていたのを読んで改めてその主張の過激さに驚いた。
以下、箇条書きで紹介させていただく。

1)今の日米安保条約は時代錯誤的だ。日本は同盟深化より日米平和友好条約の締結を視野にいれるべきだ。

2)沖縄は明治時代、日本に併合されるまで中国と朝貢などの関係にあり、中国はとても身近に感じる。先島諸島への自衛隊配備には反対だ

3)米軍基地撤去を有効な武器にして中国と対話を進めるべきだ。


これらの主張を読んだだけでも、かなり左寄りの反米姿勢を伺うことが出来る。

特に気になったのが、3)の主張。
米軍基地撤去をして、中国と対話するという主張には、率直に言って正気か?とさえ思う。
軍事力の背景無しにどうやってあの中国と対話できるというのか?
本気で信じているとしたら、まさにお花畑左翼としか言いようが無い。

沖縄県は国境の県である。
その知事ともなれば、国防についてもより重い責任を担わねばならないはずの立場であるはずなのに、先島諸島への自衛隊配備に反対するわ、米軍基地撤去を強硬に主張するわ、とてもまともな候補の主張とは思えない。

しかも、1)の日米安保にもはっきりと反対の姿勢を出している事も、知事候補として不適格。
こんなトンデモ候補が当選したら、沖縄の安全は間違いなく中国によって侵されると思う。

ちなみに、この伊波氏というのは、普天間基地移設問題について、週刊オブイェクトさんに指摘されたように、デマをまき散らしている人物でもある。
この件については、下記記事リンク↓を参照して欲しい。

◆宜野湾市・伊波洋一市長の「沖縄の海兵隊は全てグアムに移転する」という妄想プレゼンテーション
http://obiekt.seesaa.net/article/146978904.html
◆有田芳生さんの言い訳は「ペンタゴンに聞いてごらん」でした。
http://obiekt.seesaa.net/article/149080487.html

余談になるが、本日、現在行なわれている選挙活動に於いて、次のようなニュースも流れている。

◆県知事選は「逮捕覚悟で」 照屋議員、社民党員前に(琉球新報)2010年10月31日

社民党県連顧問の照屋寛徳衆院議員は29日夜、県知事選の応援のため来県した社民党員らとの交流会であいさつした際に、「沖縄は『公職選挙法特区』。公選法を守ろうという人は最終便で帰っていい。腹を据えてやってもらいたい」「もし逮捕されたら、私ではなく、弁護士の福島党首を呼んでください」などと述べた。

伊波洋一氏(58)を推薦する社民党は、全国から福島瑞穂党首ら100人近くが来県し、30日には那覇市内でチラシ配りや街頭演説を行った。照屋氏は琉球新報に対し、「一行を鼓舞するつもりでの冗談だ。選挙違反を助長するつもりはない」と述べた。

沖縄の選挙戦は、景観を損ねる違法ポスターが目に余るなど、選挙運動のモラルの低さが指摘されてきた。公職の立場にあり、伊波氏の選挙母体の共同代表も務める立場の発言としては、不適切との批判は避けられそうもない。


照屋議員本人は冗談のつもりだったのかもしれないが、冗談で済まされる発言ではない。
こうした発言に「自らの主張の実現の為には、不正な手段をとっても構わない」という左翼ならではの本質を窺うことができる。

まさに、「(正しい)目的は、(不正な)手段を正当化する」ものに他ならない。
このように、自らの主張を実現させる為には、デマであろうと不正な手段であろうと躊躇しないのが左翼。
そうした彼らの言動を許してはならないと思う次第。

何はともあれ、沖縄県民には、是非、現職の仲井真知事を再選するという「良識」を示していただきたいと切に思う。
目先の反基地感情・反本土感情に捉われて、国境の島の安全を疎かにするという”愚かな”選択をしないで貰いたい。

【関連記事】
◆テレビ朝日放送番組『英霊か犬死か ~沖縄から問う 靖国裁判~』にみる「地震ナマズ説」


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
Twitter「つぶやく」ボタン

テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する