FC2ブログ

一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

04/04のツイートまとめ

yamamoto8hei

RT @yamamoto7hei: ⑤【同情心というものがない】その精神的な弱点がなぜ出てきたかという中に「独りよがりで同情心がなかった」というのがあります。これは非常に面白い指摘なんです。そしてなぜそうなったかというと「日本文化というものが確立してないからだ」と氏は言う。従っ…
04-04 00:04

RT @yamamoto7hei: ⑥…他と文化的接触をして自分が色々の行動をした場合に反省する事ができなかった。精神的な弱さとひとりよがりに加えて文化の確立がなかった。従って文化の普遍性がなかったし、同時に反省する能力がなかった。これが日本がああいう状態になった一…
04-04 00:04

RT @yamamoto7hei: ⑦…これは非常に適切な指摘だと思うんですが、戦後一向にそういう指摘がありませんで、これと全く違った捉え方がなされているわけです。どういう捉え方かといいますと、例えば次のような例示あります。あるキリスト教示の大学で毎年、新入生から「宗教…
04-04 00:04

RT @yamamoto7hei: ⑧そのアンケートの中で、つねに最大の比率を占めるのが「自分は宗教を必要としない。そういうものがなくても生きて行ける。しかし、だからと言って、否定しようとは思わない。弱い者や不幸なもの、また老人や女性には必要なものだろうと思う。」
04-04 00:05

RT @yamamoto7hei: ⑨「だから、その点では理解もし、そういう人たちが何らかの宗教を信ずることに反対しようとは毛頭思わない。それはそれでよいと思う。しかし自分は必要としない」という考え方だといわれます。
04-04 00:05

RT @yamamoto7hei: ⑩【なぜ自分がそう考えるかの意識ゼロ】こういう考え方は非常に普遍的でほぼ普通の考え方と思いますが、しかしそう考える人に「自分がなぜそう考えるのか」という意識が皆無な事もまた普遍的なようです。「…別に理由はないですよ。そう考えるからそう言った…
04-04 00:05

RT @yamamoto7hei: ⑪そこで、そういう考え方は、吉田松陰の考え方とほぼ同じですが、あなたは自分の考え方が、伝統的な日本的な考え方だと思ったことがありますかと質問しますと、その人たちは一様に、非常に驚いた顔をします。ときには夢からさめたような顔をする人…
04-04 00:05

RT @yamamoto7hei: ⑭松陰は言うまでもなく当時の知識人であり、従ってこの考え方は日本の知識人…にはほぼ共通した考え方でしょう。そして、そういう考え方は…比較的新しい時代にいわば徳川時代に則った考え方なので、そういう考え方があって少しも不思議ではないのですが、…
04-04 00:05

RT @yamamoto7hei: ⑮と申しますのはその考え方をする人が自分の考え方がどこからきたのかという事に全く無関心、いわば「自分の考え方を歴史的に把握し直す」という事をしない事です。そこで「何故そういう考え方をするのですか」と問いますと「そうなのだからそう考えるだけ…
04-04 00:05

RT @yamamoto7hei: ⑯【自分の考え方は真理だと信じている】としますと、その人にとって、この考え方は世界のどこででも、またいつの時代にも、絶対に反対される気づかいのない「普遍的な真理」になってしまいます。
04-04 00:05

スポンサーサイト



【“04/04のツイートまとめ”の続きを読む】
このページのトップへ

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する