一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

04/15のツイートまとめ

yamamoto8hei

RT @masyuuki: 「テロ等準備罪」も今回はたぶん通っちゃいそうだし、刑事事件全般に言えることですが、取り調べの全面可視化、取り調べ段階での弁護士同席に加えて、「容疑者」とされた時点で社会的な不利益を与えられる現状を考えると、有罪確定以前の実名報道や解雇などの原則禁止を…
04-15 04:47

RT @lyiase: いや、当たり前じゃん。「思想の自由」と「表現の自由」があるし、我が国のどの法にも基本的に触れないんだから。我が国は資本主義の国ながら「資本論」や「毛沢東語録」を教材として使っても法的には構わないんだから。 https://t.co/Nz5mhcFbag
04-15 07:58

RT @gonoi: 私が読んだのは、実家の書庫にある1940年の第一書房版と1941年の朝日新聞社版です。ちなみに学問としての政治学では独裁等もふくめて研究が日進月歩で進んでいる現代において、『我が闘争』のごときアジア人への差別も書かれたレイシストの誇大妄想本から学びうること…
04-15 08:40

五野井先生 @gonoi には「内外規範の峻別」という意識が無いから、口では「思想の自由」を唱えていても「実際の言動は啓蒙主義的で思想統制したがる」傾向が強いと思う。◼出版倫理と読者/民主主義社会の原則は内的規範と外的規範の峻別 https://t.co/rNg717ZUbM
04-15 08:40

RT @yamamoto7hei: ①【出版倫理と読者】「出版倫理」という問題は非常に複雑な問題である。例えば一冊の本によってその人の人生が狂い、普通ならば最高学府を出てエリートとしての生涯へと進みうる人の運命がある一冊の本によって空想的な革命運動に身を投じ、その人を破滅さ…
04-15 08:51

RT @yamamoto7hei: ②続>時には家族に自殺者などを出した場合、その著者・出版社はいかなる倫理的責任を負うのか。これは、ある場合には本人または関係者、および周囲の人間の生命が関わる問題、いわば人命に関わる問題だから、倫理的にいえばこれが最も大きな問題の筈である…
04-15 08:51

RT @yamamoto7hei: ③世に問題とされている「悪書」なるものも、実は、これほど大きな問題を社会に投げかけていないのが普通である。だが、この種の本が「出版倫理」の対象として取り上げられることは絶対にないと言ってよい。
04-15 08:52

RT @yamamoto7hei: ④それは当然であって、もしこれを何らかの取締りの対象とするなら、それは必然的に思想の取締りとなり、それによって生ずる害悪は、その本によって生じた害悪とは比較にならぬほど巨大かつ徹底したものとなりうるからである。
04-15 08:52

RT @yamamoto7hei: ⑤そしてもう一つの理由は、それらの思想の影響を受け、また摂取してそれを自らの行動の原理とするのはその人間の主体的な選択であり、それによる行動の責任はあくまでその本人にあり、その本人に影響を与えた著作にもその著者にもないとするのが少なくとも民主…
04-15 08:53

RT @yamamoto7hei: ⑥言うまでもないが、民主主義の社会の基本的原則は、内的規範と外的規範の峻別であり、もしそれが失われれば、それはもはや民主主義の世界ではない。個人が内心でどのような思想を抱こうと、またどのように悪逆な妄想にふけろうと、それは何人も関与するこ…
04-15 08:53

スポンサーサイト
【“04/15のツイートまとめ”の続きを読む】
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する