一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

名文章ご紹介シリーズ【その5】~戦場では偽善が成り立たない~

このコーナーは、山本七平の著作の中から、読んだ私が「うむ、なるほどっ」と感心した文章を選りすぐり、私の下手な解説抜きでご紹介しようというものです。

今回は、百人斬り報道の被害者である向井少尉の記述から引用していきます。

こういう記述は、過酷な戦場を体験した人ならでは…なんでしょうね。
山本七平が指摘したこの「偽善」について、常に意識する必要があるな…と私は最近考えてます。



(註…向井少尉のこと)はおそらくその後も、戦闘期間の大部分を担送されたなどとはだれにもいわなかったであろう。そしてこれが「百人斬り」の話をしてくれと人から言われたとき、時には非常識とも思える態度でそれを拒否した理由の一つであろうし、またそれが、すぐ無罪になると信じ込んで、全く躊躇なく戦犯法廷へ出張して行った理由でもあろう。

彼には「担送」という自信のもてるアリバイがあった。

そうでなければ、あああっさりと出頭はできない――戦犯の取調べ方には、だれでも相当に疑念はもっていたし、自分の命の危険を毛すじほどでも察知すれば、人は、生物的本能で、何かの躊躇を示すはずだからである。

ではなぜ彼は処刑されたか。

その理由は浅海特派員の記事そのものの中にある。これは後で分析するが、彼を処刑場へとつれて行かせた遠因の一つがその負傷であったこともまた否定できない。

だが、処刑さえされなければ、彼は幸運な負傷者であった。ルソン島なら、おそらくこれだけの負傷で、「生きたままの死体」として放置されたであろう。

従ってそういう人だちと比べて、私は彼のことを特別に気の毒とは思っていない。そのことは前にも記した。

しかしそれは、虚報を事実だと証言して無実の人間を処刑場に送ったことを免責にはしない。

「もっと気の毒な人がいる」という言葉で責任を回避し、自分が目前に見ている殺害に対して何もしないことをその言葉で正当化しながら、しかし実際には、その「もっと気の毒な人」に対して指一本動かそうとしないこと、それが偽善と呼ばるべきことであろう。

この偽善は常にある。今もあるが戦争中にもあった。

苦しんでいる人間に「前線の兵隊さんのことを思え」という。また新聞もそう書く。

しかしそういうことを書いたり言ったりするその人自身が、前線で苦しんでいる兵士のため、本当は指一本動かそうとしているわけではない

戦場は非常に冷酷に見える。

しかしよく見ると、戦場はただこの偽善が成り立たないから特にそう見えるだけである。
いわば逃げ口上につかえる「もっと気の毒な人」が存在しないからである。


by山本七平

【引用元:私の中の日本軍(下)/戦場での「貸し」と「借り」/P201~】



【関連記事】
・名文章ご紹介シリーズ【その1】
・名文章ご紹介シリーズ【その2】~ショックと麻痺~
・名文章ご紹介シリーズ【その3】~飢餓における人間と動物の違い~
・名文章ご紹介シリーズ【その4】~無責任な応援~
・名文章ご紹介シリーズ【その6】~「臆病」がもたらす被害~
・名文章ご紹介シリーズ【その7】~戦場には二種類の人間がいる~
・名文章ご紹介シリーズ【その8】~日本語では戦争はできない~
・名文章ご紹介シリーズ【その9】~百人斬りが通用する背景には~


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:戦争 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/113-3a4437b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する