一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

「レッテルを貼る」という行為について

以前に「虚報」が作りあげた「大虐殺」という記事をUPしたところ、冥王星さんから、非常に考えさせられるコメントをいただいたので、以下コメントを全文引用させていただきながら、一つのエントリーとして取り上げつつ、私なりの回答をしてみたいと思います。

非常に疑問なのですが、この「反日」という判断を下せる人は正しい判断を行えるのでしょうか?

つまり、反日と断じた相手が、日本に利する行為である可能性まで想定されるべきではないでしょうか?

実際、私の祖父母は
大東亜戦争の結論を予言していたわけで、「負ける戦争に労力を費やすべきではない」という主張をしたそうです。
(そのような言論展開の証拠さえ抹消させられたことに憤りがあったそうですが)
私の祖父母は、反日と言われるべきだったとは思いません。
少なくとも、戦争に勝てないという予測は、反日呼ばわりしそうな方々と違い、正確だったわけです。結果論にしても

正しく予測できた人が反日というレッテルをつけられるなら、
逆に、負ける戦争を扇動した指導者が「反日」と言われるべきではないでしょうか?
つまり、反日批判した人が、実態では反日だったわけです。
こういう現象は、今の日本人の国際政治における話ではよく目にします。

つまり、反日という判断は実態としては、虚構でしかないということも想定されるべきでしょう。
おそらく、反日と解された人々の中にも日本のあり方の違いがあっても、尊重されるべき人もいるでしょう。
靖国神社では賊軍扱いの人は、英霊とはされませんし、その価値観が正しいように振舞っているわけです。
とかく幕末からの戦没者に関しては靖国問題では論じられないのが、賊軍問題では靖国側は都合が悪いからでしょう。
そして、それを指摘しても回答しない、対応しないから、リアクションも萎む結論なのでしょう。

反日と軽んじるのは自由ですが、
それが本当に「日本に利する」行為だった場合は、その批判を引っ込める覚悟はあるでしょうか?

おそらく、反日という安易なセンセーショナルな言葉を多様している人は、その言葉に責任を負うとは思えません。

よく説教することですが、国益などを論じるケースでは、精神論だけを主体にする人がいますが、国益とは、物質的側面、精神的側面など多様な評価軸があるはずです。
ことさら、精神論での靖国国益の論は未熟であり、国益論の稚拙さでもありましょう。

この構造は、右翼、左翼というレッテルと同じく考えが未熟、論理性がないという部分があったりします。
誰でも、身勝手に反日というレッテルを貼れるでしょう。

私は、国際法に関しては特にウザイ部類ですので、換言していますが、今、反日などという安易な言葉を多様している人が、竹島問題では韓国に利する行為を平然としています。
この認識については、条約局・国際法学会でも論争した経緯があります。
竹島問題で、国内法基準で領有権を正当化する論調が、逆に、日本の竹島領有権の根拠を脅かすことも示唆できてしまいます。

反日というレッテルを貼ることも自由ですが、それをどう説明して、規定するのか?という水準まで例示できないようでは、議論する価値もない思い込み、思考停止として処断することが、妥当だと思えています。

議論しないでレッテルで言論封鎖する方法論に逃げるのは、それこそ魔女狩、宗教裁判と同じでしょう。
全体主義に類似性がある行為と考えられます。
もっとも、その用語に関する説明責任など追うつもりもない人とは議論できないとも思いますし、その程度だから、相手されていない現実もあるのでしょう。

それを立証するかのように、「正論」、「諸君」の論陣は世界ではまったく相手にされないのであるが・・・もっとも、読み物としては需要されるので、尊重されてるものだろう。


私個人的に、何が「反日」にあたるのか挙げてみると、

・虚偽をもって、不当に日本の名誉を棄損する行為。
・日本の安全を危うくする行為。
・日本の不利益を招く行為。

など思いつくのですが、これって随分あいまいですよねぇ。
かなり個人の主観によって、反日か否か判断が分かれてくると思います。

そもそも、外国が絡まなくても、日本人同士の問題だって、例えば税金を食い物にしている連中や、結果的に税金を無駄使いした役人などは、日本社会に損害を与えているのだから「反日」だということもできますし。

それに加え、冥王星さんが指摘するとおり、「反日」のレッテルを貼られた方が、反日ではなかったという事例は幾らでもありそうです。

人の見方には偏差がある以上、この問題は避けることが出来ない…としか思えません。

そうであれば、どのようにしてこの問題を対処すればいいのか?

もちろん、レッテルを貼らないということが一番なのでしょう。
ただ、気をつけていても、議論上成り行きで貼る場合もあるでしょうし、貼ったほうが議論上、便利な場合もあるかもしれません。

やはり、冥王星さんが主張するように、

・レッテルを貼るなら、その根拠等を明らかに例示し、対話を拒否したりしない。

しか、対処方法というのは無さそうです。

しかしながら、実際のところ、レッテルを貼るという行為は、相手の意向にかかわらず相手を○○○だと勝手に規定する行為になりがちなので、対話を拒否する場合に用いられやすいんですよね。

相手を認めないからこそ、レッテルを貼って平気でいられるのかもしれません。

「レッテルを貼るのは自由だが、説明責任を伴うことを自覚し、他人との議論を拒否しない」という態度をいかに貫けるか…というのが求められているのではないでしょうか。

自分も容易にレッテルを貼りがちなので、こうした姿勢を貫けるよう気をつけねば(汗)…と考えております。
冥王星さん、コメントありがとうございました。

余談ですが、冥王星さんの指摘を受けてふと考えてみたところ、私が読んだ限りでは、山本七平の記述の中に「反日」という言葉を見かけたことがないことに気が付きました。

山本七平が、何かを非難する場合、その対象を具体的に記し、決して「反日」等のレッテルを貼っていないのです。

一流の評論家にとっては、そうしたことは自明であって、レッテルを貼る行為なぞ自らを貶めるに等しい行為なのでしょうね。きっと。


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:コミュニケーション - ジャンル:ライフ

このページのトップへ

コメント

管理人様へ

またしても、記事と無関係なレスをお許し下さい。
何しろ歴史オタクは文献を漁るのを面倒どころか、喜びを覚える変わり者なので(笑)。当然執拗と無縁ではいられない。

いささか気になっていたのですが、「レッテルはり」は正しくは「張る」であり、「貼る」ではありません。
小姑根性のようで、誤字を指摘するのも気が引けましたが、初めにこのような表記をしたのは“国際法学会でも論争した経緯”のある「冥王星」氏。貴方はうっかり転載したと思われます。「冥王星」氏の国語能力のレベルが伺えますね。

差し出がましい指摘で申し訳ありませんが、何卒よろしく。

  • 2008/09/13(土) 21:22:17 |
  • URL |
  • mugi #xsUmrm7U
  • [編集]

クズ冥王星、ようやく押入れから出て来たんか?(ww

>>例えば、「負ける戦争に労力を費やすべきではないと主張した」と戦後になって述べようが、逃亡していたのだから法廷記録があるわけでもなく、その主張が事実であるとする根拠は無い。

>あります。・・・岡山地裁に残っているはずです。(祖母の方だったのですが

 また詭弁か(wwww。
 婆さんの主張の話をしてるんじゃないだろが。
 それともなにか? お前の婆さんは男で、徴兵義務があったのか?
 
>出自がバレるので年代と番号は出せません

 別エントリーでも平気で嘘書くお前が「出せません」ユ~くらいだから、完璧嘘なんだな(ww。
 
 ところで、北海道に逃げた爺さん…やっぱしお前の爺さんの話か? や~魂消た、血は争えんな~(ww。
 

>祖父母は悪い人だと思う。

 人生のうち、一度はホントの事書きました・・・か? お前の爺婆だもの、そりゃ間違いないわな。ご立派、冥王星(ww。
 
 
>徴兵拒否ではなく、赤紙逃れに過ぎませんw
>「召集令状」を受け取っていないので、犯罪ではありませんw

 何言いたいんだ、お前? 違法行為じゃなく、脱法行為で罪を逃れたとでも言いたいのか?(ww
 
 赤紙を逃れたので、犯罪ではない?(www
 ・・・赤紙は召集令状だろが(www どっちを逃れたからと言って、義務を果たしていない事に替わりは無いし、逃げた爺さんの代わりに婆さんが寝言喋ろうが、関係無いだろが(www
 
>罪は成立していませんので償う必要性はありません。

 成立してます。・・・岡山地裁に残っているはずです。婆さんの方だったのですが(wwww・・・皆さん信じるでしょ(ww

>「反日」を名乗る資格は、義務を果たすことで成立するなんて規定はありません。
 
 規定が無いのに合法規程を出せ・・・という奴が、道義の話なのに規定が無いと逃げる・・・へなまズル~!(wwww
 
>福原さんは理解しているようで間抜けなんですね。

 理解してないと罵倒してたのに、「理解しているようで」って、何時の間に昇格してたんか(www

 罵倒しか出来ない・・・間抜けはお前だ!(ww
 
>うちの悪徳じいさんは犯罪者ではない方法論で徴兵を逃れ続けたわけです。

 悪徳爺が徴兵逃れをした? シベリア出兵時に凍傷で左足全部、機能不全・・・の奴を徴兵するシステムは存在しなかったんだよ(ww
 
 お前嘘ばっかり書いてるから、自分が何書いてるかもワカランのだろ?・・・間抜け!!(ww
 
 悪徳婆が法廷で無用なことを発言した? 

>そんなことを自慢げに聞かされても

 そう言ってやるなよ、お前の婆だろ? 嘘にキマットル(WW。
 
 
>ダメですね。福原さんは思考回路が非常に未熟w

 懲りずにムダ弾撃ってるお前、・・・己を省みる事が出来ないバ~カ!(ww・・・お前のようなカスを世間じゃ、未熟とユ~んだよ(www。
 
>そもそも、北海道逃亡=懲役拒否とは限らないし、犯罪ではない。

 死刑台の上でロープがクビに掛かっても気が付かない血筋、ダロお前?
 犯罪の区別もつかないお前だが、北海道逃亡=懲役拒否とは限らない・犯罪ではない・・・根拠も示さずに「悪徳婆が証言しました。」か?(ww
 
 嘘吐き小僧の爺は、罪を逃れ敗戦後に反戦主義者を騙る、やっぱし嘘吐き爺!(wwwww
 

>「洗脳」が科学的立証があるなら、明示してほしいw

 困れば人に要求か?・・・甘えるなカス!(www
 
 中共の洗脳は、米軍の調査研究が詳しいが・・・自分で調べろ(ww。
 何が哀しくて、お前のようなクズにサーヴィスせんとアカンのだ?(www
 
 検索能力もないなら、「洗脳は疑似科学に過ぎない」と公言し続け、笑いを誘うのも、お前がネット上に存在する価値はある・・・筈無い(www。
 そうやって、恥晒ししてろ、ボケ!(www
 

>句点がまったくない。

 主張内容より、「書き方」にケチつけて挑発する、句点と読点の区別もつかないアホ(wwwwww
 さすがにアフォらしくて、これついてはコメントしない(www
 
>福原、MUGIの両名と同じく「俺はこう思う」世界で生きてください。

 もう見逃してやるつもりだったが、空気が読めないブログ主投稿で押入れから復活か?(www

>冥王星はその世界で論じるほど、まだ落ちぶれていませんし、そのレベルを求めている人はいません。

 謙遜するな!(www 
 お前が詭弁と話題逸らし専門で、無知のクセに思い上がった性悪小僧である事は、別エントリーで証明済み・・・落ちるトコまでおちとるぞ!(WWWW
 
 今まで遠慮してたが、モ~容赦せん!  今後1件ごとに、別エントリーで絞ってやる~(wwww

まず、クズのバカ発言「ニュルンベルクでもそうですし、WW1大戦のドイツ処分でも、罪刑法定主義をなし崩しにする形式が提唱」からだな(ww

  • 2008/09/10(水) 15:03:11 |
  • URL |
  • 福原 #GE1Q478A
  • [編集]

この駄文をどう簡単に処理するか?

このsadatajpという人の駄文を判りやすく問題提起すると、以下のようになる。

・句点がまったくない。
・無意味な同じ意味の文章の繰り返し
・思い込みを前提にした感想

さすがにアフォらしくて、これついてはコメントしない。


福原、MUGIの両名と同じく「俺はこう思う」世界で生きてください。
冥王星はその世界で論じるほど、まだ落ちぶれていませんし、そのレベルを求めている人はいません。

要請は尊重して、コメントしたのですから、こちらのブログの記事に反論してもらえれば、あなたの持論の壮絶的な崩壊の様相を知ることができるでしょう。
現実から目を背けるもよし、直視して無言になるもよし・・・・・・当人の能力次第ですw

そして、あなたが、ある二名のように粘着質にならないことを祈ります。
 

  • 2008/09/10(水) 05:31:10 |
  • URL |
  • 冥王星 #-
  • [編集]

薄っぺらい云々についてはこちらに書こう。

冥王星さん、いいとこ見てる。私が一番訴えたかったのはそこだよ。
最後にちょこっと書いただけだけど、一番訴えたかったのはそこ。
ただし「発言する権利を認められない」というのは違う。
よくわかってない内から悪いと決めてしまうなってのが私の言いたかったこと。悪い事のように思えてももしかしたらわかってないだけで本当は悪くないのかもしれない、それはそれで良いところがあるのかもしれない。そう考えて是非の判断を安易に下すのは止めて欲しいというのが私の願い。

どんなものでも何がしかの良いところがある。良いところがあっても悪いところがそれを上回れば悪いと判定されることになるのだけど、それでも何がしかの良いところがあることには間違いはない。その良いところまでわかってからでないと是非の判断は下すべきではないと私は考えてます。わからない内は是非の判断は保留にして理解に努めるべきです。

人が何かやるときは、少なくともそのやってる人は良いと思ってやってるんです。何故その人がそうしてるのかまでわからないとわかってるとは言えません。

  • 2008/09/10(水) 02:13:23 |
  • URL |
  • sadatajp #oZwc76Mg
  • [編集]

連続投稿になって申し訳ない。
sadatajpさんの要請に基づき、氏のブログにコメントしておいた。
せっかくなので、うちのブログでも記事にしたので、酔狂な人は読んでくれれば幸いである。

まぁ、とりあえず、簡単にsadatajp氏を象徴する文章を引用すると
「そんな薄っぺらい認識しかなくて人の行為を悪く言うな。興味ないなら黙ってろ。」というのが一番分かりやすいでしょう。
「興味がないことは発言する権利を認められない」という身勝手な認識と大きめのフォントで論じるこの人の、論は、我田引水でしかないし、違法性があることは言うまでもないだろう。

  • 2008/09/10(水) 00:57:23 |
  • URL |
  • 冥王星 #-
  • [編集]

>例えば、「負ける戦争に労力を費やすべきではないと主張した」と戦後になって述べようが、逃亡していたのだから法廷記録があるわけでもなく、その主張が事実であるとする根拠は無い。

あ。あります。その発言をした記録は、現存しております。
その発言はあくまでも法廷でごちただけの発言であり、係争した案件とは別件です。岡山地裁に残っているはずです。(祖母の方だったのですが、出自がバレるので年代と番号は出せません)
そもそも、そういう発言を残す必要があったので、特高に出頭?(逮捕されたと思いますけどね)したそうですw
 そもそも、当時の日本は法廷さえ機能していなかったわけで、証拠を残すために、法廷で関係ないことを証言したりする人も多いです。
そもそも、法廷で訴訟と関係ないことを発言すると削除されるはずと思うのですが・・・

ついで、「召集令状」を受け取っていないので、犯罪ではありませんw
徴兵拒否ではなく、赤紙逃れに過ぎませんw
だから犯罪は成立しません。ここらは、祖父母は悪い人だと思う。

さて、もっともあ、ダメだな、と言える文章を最後に
>当時の国民の義務を果たさず、その罪を償っていない爺さんには、「反日」を名乗る資格さえ無い。
罪は成立していませんので償う必要性はありません。同時に、「反日」を名乗る資格は、義務を果たすことで成立するなんて規定はありません。
形式論にしても当時の憲政下、現代の憲政下でも発言の自由はありますからねw

いかがでしょ?
福原さんは理解しているようで間抜けなんですね。
うちの悪徳じいさんは犯罪者ではない方法論で徴兵を逃れ続けたわけです。
そして、悪徳ばあちゃんは、わざわざ法廷で無用なことを発言したそうです。(そんなことを自慢げに聞かされてもどうしようもないのだがw)
ダメですね。福原さんは思考回路が非常に未熟w
そもそも、北海道逃亡=懲役拒否とは限らないし、犯罪ではない。
懲役逃れを合法的にできるらしかった祖父(なにせ、シベリア出兵時に凍傷で左足全部、機能不全)が逃げた理由は、祖母だったそうで、ロマンスのノロケの話ですからw
まぁ、犯罪者としては、別の法律に抵触する可能性があったそうですが、芦別?で普通に暮らしてたそうです。

さて次に「洗脳」が科学的立証があるなら、明示してほしいw
あるといってるだけで、提示できない話なのだろうか?
洗脳などは、むしろ疑似科学であることは、多くの媒体で言われていることだが、
福原氏の科学とは、疑似科学も包容されるのだろう。だから、血液型性格診断も科学になるだろう、

長文が続くので重要な部分だけに割愛させてもらった。仔細を追求してもいいが、面倒とスペースの問題があるので、自制w

  • 2008/09/10(水) 00:49:31 |
  • URL |
  • 冥王星 #-
  • [編集]

反日は評価ではなく表現だよ。
反日という表現そのものには良いも悪いもない。
以下略。突っ込みどころ多過ぎ。

冥王星さん、私のブログに何かコメント書いてよ。
そしたらトコトンお相手してあげるから。
http://d.hatena.ne.jp/sadatajp/

  • 2008/09/08(月) 19:01:10 |
  • URL |
  • sadatajp #oZwc76Mg
  • [編集]

いや・・この記事面白いですね。
俺が元ネタなんですがw

例えば、sadatajp という人の言及では
>反日=日本に対し敵対的な言動をすること。 結果は関係ない。

ということだが、では、結果論ではない政治評価というのは本当に正しいのか?という課題がある。
つまり、認識論だけでいいならば、
政治は結果論がすべてであるという概念を無視し、逃避しているだけに過ぎないともいえるだろう。
(実は、結果論で責任を負えない政治など無責任になんでも言える。無責任な人だからこそ、結果論の責任から逃避するということである。言うまでもないが、実際に政治を行う人はそれは許されない。それが有権者であれば許されるなんてことも「有権者の政治責任からすれば、言い切れない。)

そもそもこの「国家」とは何か?という問題がある。
「国家=政府」であるならば、当然反政府的行為=反日である。
「国家=国民」である価値観と、国家=政府では国家観の相違点があるのだから、そこで、「国家とは何か?」という論題が発生するだろう。
分かりやすくいえば、「反日」という言葉を使っている人が、それだけ浅慮なのである。
「反日」という概念を使う人は、その国家の主体課題をスルーしてしまうから、おっかないのだ。

ある人の述べる「反日」が反政府であったり、反民族主義であったり、反自由主義であったりするのだ。
(都合都合で「反日」という用語を便宜的に使い分けて統一性がないというオチもある)

管理人さんは個人として、反日というものを規定しているが、
概ね「反日」という用語を使う人は、
その「国家とは何をベースにしているか?」という論題では、統一性がない。
大概が明示作業をしない。(しないほうが都合いいからだがw)
国家像の基盤が、時には民族主義だったり、時には自由主義だったりである。

 英語で反国家というのは、「anti-nation mark」と記述することになるが、ここでいうnationの意味も当然難しい。
民族主義的基盤の国家観、自由主義者側の国家観、法治主義国家観と様々あるだろう。

「反日」という認識論は主観論に過ぎない上に、規定が危うい上に、立証責任も負わない恣意的用語ということである。
この方のように「お気軽に」政治を論じる方は、認識論でやるのも自由だが、

問題は、認識論を基にしたその後の行為である。

冥王星からすれば、結果論で論じない政治見解など「カス」でしかない。
「反日」という言葉を堂々と使っている人がまともに論壇で取り扱われないのは、これまで説明したとおりで、「無責任であること、恣意的である」ことに尽きるのである。

(「山本某が使用しない理由」は知らないが、
中西輝政という例外を除けば、「反日」という言葉を学術的に国際政治学、政治学論文で使う人を冥王星を知らない)

実際、使用している人が、
「反政府的であっても、それが国家のためになる」と思い込んでいれば”反日”ではないのだろうが実は、そうはいない。

 歴史判断で「反日」行為という判断は、認識論ではなく「結果論」で論じられることは言うまでもないだろう。
 例えば、国家のビジョンの違いで揉めた戊辰戦争・西南戦争などの明治創世記の内戦では、敗者側は「賊軍」として反日、反体制としての取り扱いを受けた。
問題は、その認識論そのものではなく
その認識論に基づいた政治行為なのである。

認識論としての「反日」は自由なのだが、それを元にした政治行為は結果論で判断するしかないのだw
 だからこそ、「結果論ではない」と述べている段階で、無意味・無責任というのが妥当な判断になる。

たぶん、この結果論である必要はないという主張に関しては、同意する人がいるだろうが、それが正しいことを立証しようとはしないだろう。
なにせ、立証しようとはしないだろうから。

冥王星からすれば、単なるレッテル貼りを元にした政治判断は、「擬似的全体主義」ということにしかならないのである。

つまり、自分の価値観を普遍的に論じているからこそ、「反日」などという規定が可能なのである。
(福原さんなどは、論理思考を補完するための、事実の例示ができていないことで分かるだろう。)
 認識論でいいならば言うまでもなく、当時の常識論は全て肯定しなければならない。

 魔女狩り、全体主義、宗教裁判という行為も当時の認識論で正当化できるならば、今の時代でも肯定されることになるが、実態はどうだろうか?w

そこまで考えて「反日」という言葉を使用するレベルではないのが現実だろう。

そもそも、冥王星からすれば、「反国家主義」思想の自由を排斥できない現行憲法で
「反日」というのがどれだけの批判としての有効性があるのか?と嘲笑してしまう。
 冥王星からすれば、反日要素をほとんどの人がもっていると認識する。
 全ての国民が「反日」だと認識論で規定できるだろう。
 認識論というは、恣意的かつ無責任だからこそ、いくらでも横暴でありえるのだw
もちろん、その横暴さに浸っていたい人は、それはそれでいいと思う。

それに説得力があると思っているなら、その程度と諦観するし、それに政治的リアリティはないだけだろう。

少し長くなっているが、整理の必要性があるだろう

「反日」という理論が政治見解として認識論で十分というのは、当人の問題である。

しかし、単なる認識論に過ぎない、結果論に対する担保製がないものであれば
「政治の結果責任論の原則からすれば、無責任」という糾弾は回避できない。
 結局、「反日」とか安易に使ってる奴は、持論に対する自己責任を負えないだけの話でしかない。
 このネタは神戸大学時代の「五百籏頭真」先生の見解の盗用に近いw(オリジナル部分が少ない)

  • 2008/09/08(月) 06:00:21 |
  • URL |
  • 冥王星 #-
  • [編集]

早速お邪魔します。


反日=日本に対し敵対的な言動をすること。

結果は関係ない。
良かれと思ってやったのだけど逆に悪い結果を招いてしまったというのは反日ではない。日本に対しての敵対的な言動が結果的には日本の為になったとしてもこれは反日。
なので引用されてるコメントの中の反日はどれも反日ではないと私は判断します。
あと日本を意識せず結果的に蔑ろにしてるというのも反日とは言わない。でも国である日本を無力化し実質的に日本国の存在を無意味にしようというのは反日。

私はこんな基準で反日のレッテル貼ってます。よって朝鮮との繋がりが疑われるような特殊なプロ市民ではない市井のサヨに反日のレッテル貼ることはありません。彼らは彼らなりに日本の為に良かれと思ってやってるのだということが伺えますから。私が反日のレッテル貼るのは主に韓国・朝鮮人。それと中国人。「反日やってる韓国人」と特に反日ではない韓国人と分ける為に使ってます。


レッテル貼りをレッテル貼り故に非難することが良いとは思いません。その人はその人なりの認識があってレッテル貼りしてます。レッテル貼りの元となってるのはその人の認識です。もし相応しくないレッテル貼りをしてるのを見かけたら私ならレッテル貼りするなではなく、認識の部分の誤りを正そうとします。レッテル貼りだけ封じても元の認識がそのままでは意味がありませんから。
またレッテルを封じると元の認識が表に表れ難くなり、同時に認識の間違いを正し難くなりますのでその意味でもレッテルを封じることには反対です。同じ理由で悪口を封じることにも反対してます。

  • 2008/09/08(月) 01:53:15 |
  • URL |
  • sadatajp #oZwc76Mg
  • [編集]

北海道に逃げたという噂話に関して、死者に鞭打つ

 当時の国民には、法律に基づき兵役義務があった。

 権利を保障されながら義務を拒否する・・・すなわち徴兵拒否は犯罪である。
 
 しかし犯罪とは言いながら、良心的徴兵拒否はリッパであるし、一般的徴兵拒否の場合も刑に服し、何れも「罪」を償っている。
 
 ここで問題なのは、徴兵を拒否し逃亡したまま、北海道で敗戦を迎えた爺さんがいた場合である。
 
 例えば、「負ける戦争に労力を費やすべきではないと主張した」と戦後になって述べようが、逃亡していたのだから法廷記録があるわけでもなく、その主張が事実であるとする根拠は無い。
 
 明白なのは、国民の義務を拒否し、罪を償わなかった犯罪者であったという事実である。
 
 罪を償わなかった犯罪者である爺さんやその孫が、「戦争に勝てないという予測が正確だったから反日ではない」と主張するのは、自己正当化のための詭弁に過ぎない。
 
 そもそも、当時の国民の義務を果たさず、その罪を償っていない爺さんには、「反日」を名乗る資格さえ無い。
 こんな連中が、もし「その法的知識が日本軍にあったのか?といえば、お粗末なことにほとんどないのだから、困りものである。 」などと言おうもんなら・・・

  • 2008/09/06(土) 15:41:12 |
  • URL |
  • 福原 #GE1Q478A
  • [編集]

嘘吐き・ええカッコし~・調子コキは、爺さんの隔世遺伝か?

>「洗脳」「事実」「左翼、右翼」などという論理性もない単語の使用は福原さんの無知、思考狭窄を露呈させるだけに過ぎない。

 ば~か!(ww
 
>洗脳などという現象は未だに立証も証明もない疑似科学に過ぎない。

 洗脳は科学的に証明されており、最初に実施したのは中共であるのも既知の事。
 
 お前の言う疑似科学は、「路傍の人はバカなお前に洗脳されてる。根性曲りはウソつき爺さんに洗脳されたから。」というレベルの話。



>中立性のない文献が少ない。だからこそ、感情論的な資料が資料になってしまい、客観的な事実認証の構築作業もできない。

 そんなお前の浅慮認識を、思考停止という。
 
 >日清、日露戦争などは資料があれば、脚気対策も可能だったはずである。
 
 海軍が対策してたのに、学閥主義の陸軍・森鴎外が突っ張っただけの話。資料を知らず、あっても検証する能力に欠け、思考停止する愚かな冥王星の話(ww
 

>「右翼」「左翼」・・・非常に身勝手な規定に過ぎないだろう。
 
 一般論で語るレベルの話も理解出来ないお前だから、「精査した言動ではない」と思うだけ。
 精査なんて、底抜けのお前がやったこともないのに、何の寝言?って話。
 
 
>決定的な問題点は、その論理性の希薄さである。
>法律に関わる付帯知識のない状況で論じたりすることは、思考停止の典型例である。

 これ、お前の事(www。 人を笑い殺す気か?

>さて、そのレッテルが通用したのか?という視点が問題という理解がないようだ。
>つまり、反日というレッテルで取り扱いが変わった事実が存在する問題がある。
>仮に、開戦賛成論をレッテルとして内心で区別したとしても、それが行動として区別されなければ、弊害はない。

 下らん話題逸らしや詭弁はもういい(ww。
 
 「負ける戦争を扇動した指導者」という主張を、書いたお前が解説しろ。
 出来ないなら撤回しろ、オオバカもん!(ww
 
>「正しい」という価値観からして、まず疑うべきなのです。

 これやってないのは、愚かなお前(wwwwwwwwww

  • 2008/08/29(金) 02:05:55 |
  • URL |
  • 福原 #GE1Q478A
  • [編集]

福原さんへ

やはり、貴方は見事なレッテルを創造しているという結論でしょう。

まず、「正しい」という価値観からして、まず疑うべきなのです。
それができない人は結局は、
自説の不都合な部分を排斥してしまうだけで終わります。
(福原さんはその可能性があると思います。いかに対立する論理に対して、論理性あるものを提示できるか?という問題では、福原さんは何も提示しようしてないし、できていないと思われます)

どれくらいに福原さんがいい加減な発言をしているか?という問題を単語を拾ってみたい

「洗脳」
洗脳などという現象は未だに立証も証明もない疑似科学に過ぎない。
簡単に言えば、ABO型血液性格診断と同じ根拠もない言いがかりでしかないのだ。
それをやっている時点で、「正しい」という立証能力も持たない話なのである。

「事実」
安易な言葉はこれだ。異論が沸いている問題の事象は、真贋が不明瞭なのである。
歴史事実に関しては、当然のことで真贋など分かるはずもない。しかも、当時の資料が戦後は散逸しているものが多いのだからなお更である。
戦後問題の本当の問題は、その文献の少なさにある。
Aという文献だけで事実認定するような歴史は疑われるものである。しかし、そのAという文献を保障する文献の発生があれば、その文献の認識論は重要視される。その文献を保障する文献の数が文献学における信用性の担保である。戦時通史に関しては、文献が非常に少ない。
厳密には、中立性のない文献が少ない。だからこそ、感情論的な資料が資料になってしまい、客観的な事実認証の構築作業もできない。
(そもそも、召集令状の台帳すら紛失しているし、脚気による戦死者が多く出た日清、日露戦争などは資料があれば、脚気対策も可能だったはずである。様々な部分で先史資料が日本は少ないのだから、精査しようがない。)
もっとも、最近の歴史家は、仮説立てが多くて、文献的整合性の確立作業など疎かであるから問題は大きい。
(大河ドラマで山本カンスケをやると聞いた時は、かなり面食らったし、本当は「香坂」がいつまでも「高坂」の歴史文献には辟易してしまうものだ。)

福原さんがどれだけ偉い人か、知る立場にはありませんが、
「事実」というものを一人で規定してるようでは、それは事実ではなく、「貴方の中にある事実」に過ぎないのです。
この話は、言葉としての「事実」をどれだけ精査しているのか?という問題に関わる話である。
「真実」も同じように危険なのである。
(ここで注意するのが、真実と規定しないことである。真実ではなく認識として文献にあるというだけに過ぎないのだ。その程度が歴史なのだから、怖いものだ)

「右翼」「左翼」
これも以前指摘したが、非常に身勝手な規定に過ぎないだろう。
共有化できる価値観ではなく、まったく論拠もない取り扱いの用語を堂々と使えることは、現実的には、精査した言動ではないと言われるだろう。


このように、福原さんの言動をある程度の水準で精査すれば、穴ぼこだらけになる。
これは、冥王星の文章でも同じことではある。問題はその程度論になるだろうが・・

しかし、決定的な問題点は、その論理性の希薄さである。
法律に関わる付帯知識のない状況で「合法」と論じたりすることは、思考停止の典型例である。

自分が信じた「事実」を事実と確定し、継続中の論争を封殺してしまうのもよくあるケースである。
東京裁判の問題にしても、「日本無罪論」でお粗末なオナニー捏造記事によって、せっかくの法的東京裁判の不当性の課題の研究が頓挫してしまった。
これは、中国政府がやる捏造、改ざんと同じ手法に近いのだから、困ったものだし、議論ができなくなったことはもっと、深刻な問題を残した。

以前、冥王星は、義経=チンギス・ハン説の歴史検証会に参加したことがあるが
人は都合のいい事実に対して、事実として確定して論じてしまう。それが論争になっている問題でも、都合で事実を作り出せるのだから怖いのだ。
陰謀論をやる人は、大概がこれに合致する。
都合のいい事実認識を肯定する材料が提示できないにも、関わらず
「否定立証しろ」と悪魔の証明を求める。
これの部類の陰謀論と同じ形状の対話は、不毛に近い上に、無意味なことが多い。

単語として例示した「洗脳」「事実」「左翼、右翼」などという論理性もない単語の使用は、それだけ福原さんの無知、思考狭窄を露呈させるだけに過ぎない。

というのが冥王星の結論である。

もっとも、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」という共同幻想の世界の住人には、論理などは都合でなんとでもなるものだろうが・・・

さて、文末に付け加えておきますが、学術的にもっとも馬鹿にされるのが、「常識」という取り扱いでしょう。
その「常識」が常識として成立するために必要なもの・・・など難しい問題があります。
しかし、人は、この「常識です」という言葉で、一刀両断で正当化できると思っている。
(これについては、福原さんだけに限ったことではありません。)
我々が形成するコモンセンスたる常識は、普遍不撓なるものではありません。
常識を疑う能力のない人間は発展しませんでしたし、その常識の枠内で生きることになります。
そして、常識ではあるが、その常識にまったく正当性がないケースでは、常識という正当化で是正する機会さえ獲得できずに、終わります。
冥王星は、「常識です」という説得を使う人を正直、バカにしています。いや、バカにするべきだと思います。
常識の正当性もそうですが、そのような言葉で相手を説得できるような失礼な対応だということです。
福原さんが一人の価値観をさも「正しい」と断言して振りかざすようなことが、「常識」ではまかり通るわけですから。
 もっとも、常識という逃げ道はもっとも安易で説得力を持っていると思っているレベルの人は、それはそれで思考停止、視野狭窄ということで、棲み分けして生きればいいと思います。


そして、最後に重要な指摘を
>反戦を主張した親族の反日レッテルを忌避しながら、「負ける戦争を扇動した指導者に反日レッテルを貼る」人がいる、

さて、そのレッテルが通用したのか?という視点が問題という理解がないようだ。
つまり、反日というレッテルで取り扱いが変わった事実が存在する問題がある。
仮に、開戦賛成論をレッテルとして内心で区別したとしても、それが行動として区別されなければ、弊害はない。
弊害がない以上は、内心の自由は許されるべきだろう。
そもそも「レッテル貼りがNGというわけではないのだ。」
実は、レッテル貼りは自由だとしても、そのレッテルの根拠の問題に課題があるのだ。
そこを見逃すようでは、言説を捉えているとは思えない。

簡単にいえば、
「そのレッテルを根拠に区別化することの問題」なのだ。
福原さんは、やはり、言説の内容を精査する能力がないことも、ここに見えるのだが・・・・・(これだけで判断するわけではにが、やはり、多くの言説で論理性のなさ、責任能力のなさが例示されるのである)

  • 2008/08/28(木) 19:32:48 |
  • URL |
  • 冥王星 #-
  • [編集]

反日レッテル貼りを批判しながら、自分もしっかり誤ったレッテル貼り

 敗戦直後のGHQ洗脳、引き続いて中朝韓の洗脳にドップリ嵌った日本人は、史実を正しく認識しようとはしてこなかった。
 「事実」を発言すれば、右翼のレッテルを貼られ、たとえ一流の評論家であろうと反日批判をすれば、社会的地位を失うような状況が続いて来た。
 山本氏が活躍されていた時代は、反日日本人という言葉も浸透していなかったから、反日という用語が使われなかっただけかもしれませんね。
 
 しかし90年代頃から、ネットの普及により歴史修正主義者・・・即ち史実を歪曲・捏造する右翼という概念が崩れ始め、少なくない人々が歴史修正主義者は左翼である事に気付き始めた。
 
 従って、レッテル貼り行為批判そのものより、見解は人それぞれであっても、まず史実正しく知る努力に重点が置かれるべきと思う。
 
 
 反戦を主張した親族の反日レッテルを忌避しながら、「負ける戦争を扇動した指導者に反日レッテルを貼る」人がいるわけだが、東条が天皇の意向を受けて開戦を避けようとしたことは既に知られており、他の指導者たちもこれに賛成している。
 当時、開戦を主張したのは、マスコミに扇動された国民である。別に、一億総懺悔を支持しているのではないが、戦後は易々と洗脳に嵌り、「国民は軍国主義の犠牲者・自分は敗戦を見通していた反戦主義者」などと平然と主張する者が多数となった。
 この日本人の体質が、安易なレッテル貼り行為にも繋がっている。
 
 明らかに戦争を避けられた機会が一度あり、その時もマスコミに扇動された国民が和平の道を閉ざしてしまったのだが、それはまた。

  • 2008/08/28(木) 02:59:51 |
  • URL |
  • 福原 #GE1Q478A
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/116-3c7584a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する