一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

06/05のツイートまとめ

yamamoto8hei

「是か非か」だけを論じたい輩にとっては、この参考意見はまさに「我が意を得たり」なんだろうな。こうしてまた一つ、現実から遊離した議論に陥ってしまう訳で、本当に困ったものである。◼憲法審査会 全参考人が「安保関連法案は違憲」 http://t.co/xj5gLYLgF2
06-05 00:00

「予算権を握る者が権力を握る」という基本原則をわきまえて無いと、現憲法みたいな現実から遊離した欠陥品を守るのが戦争を起こさない唯一の道だと勘違いしてしまう。基本が分からん輩に立派な憲法を与えた処でマトモに運用できずに終わるだけだ。https://t.co/ZmLCk1UyG3
06-05 00:08

事実、今の護憲左翼連中にとって、現憲法はかつての教育勅語であり御真影みたいな扱いでしょ。最高法規ではなく、神聖不可侵な経典になってしまっている。幾ら立派な憲法だろうと、それを扱う輩がコレではマトモに機能する訳が無いんだよね。
06-05 00:15

そりゃ与野党問わずそうでしょ。ただ与党は結果責任を問われるから、無責任に専門家の是非論だけで決める訳にはいかんのよ。 RT @CatMujinamiti 専門家の言葉、都合いい時は採用し、都合悪いと参考意見。原発事故の時に散々利用されたスタンス。そのダブスタは政府もやってたのだよ
06-05 00:19

問答無用の力とは何だ?明治のように君主が押し付けた戦前の欽定憲法や占領軍が押し付けた現憲法のように「民意以外の」力じゃないと、作り替えはダメなのか?◼あらゆる憲法は基本的に硬性だから、作り替えられる時は問答無用の力によってなんだhttps://t.co/DeCFI6EgHb
06-05 07:30

護憲左翼は契約の意識がないから、契約更新(改憲)が出来ないんだよな。◼山田賢司議員(自民)が憲法学者による日本国憲法制定に対する説明が分かりにくいと言ってるのは、憲法というのは人民の契約によって制定されるという思い込みがあるからhttps://t.co/DeCFI6EgHb
06-05 07:31

本来、憲法とは国民と政府による授権契約であるのが本来の形であって、双方がその契約に拘束されるし、その契約が時代にそぐわなくなれば契約更新を行い得るものである筈なんだよな。問答無用の力で制定されては、契約の意識なんぞ生まれ無いだろう。https://t.co/DeCFI6EgHb
06-05 07:47

現憲法は契約ではなく「問答無用の力で制定された」ものだから簡単に神聖不可侵な経典と化してしまい、 戦前の教育勅語のように人々を拘束する。また違憲状態であっても、解釈を拡大して憲法の外形だけを守ればいいというご都合主義的態度を生ずる。https://t.co/DeCFI6EgHb
06-05 07:55

内実は違憲状態でも、憲法という外形だけ護れば良いとなれば、これはもはや法律ではなく、空念仏を唱えているのと変わらない。コレも自ら契約して選び取った憲法ではない「押し付け」による弊害なのだが、この状態の人達にはこの害が認識出来ない。https://t.co/DeCFI6EgHb
06-05 08:10

「契約の意識が無い」から、現憲法が有名無実になっても何の不都合も感じない。また「自らがその契約に拘束されているという意識が無い」から”政府にのみ”憲法順守の義務があるという勘違いを抱いてしまう。だから政府に対して無責任に違憲の非難を浴びせるだけ。是非論だけ論じていられる。
06-05 08:51


結局、押し付け憲法の問題は護憲左翼が非難するような単なるプライドの問題では無く「授権契約である筈の最高法規が単なる経典へと変質してしまった」という立憲主義の根幹を揺るがす重大な問題だということ。その結果、無責任&ご都合主義的な是非論ばかりを論じる思考不能者を量産してしまった。
06-05 15:16

「是か非か」を問う前に、集団自衛権を行使せずに日本国が生存していけるのか?という「可能・不可能の問題」を考えるべきなのだ。しかし憲法絶対思考は常に「是か非か」に回帰させ、その人を思考不能状態にしてしまう。これは憲法に関して自らが契約者という意識が皆無だからだろう。
06-05 15:18

自らが契約者であるという意識があれば、時代にそぐわなくなった憲法条文を改正する事に拒否感を持つ訳が無い。また「戦争を遂行するのも止めるのも予算次第だ」という基本がわかっていれば、憲法改正に拒否感を持つ筈が無い。護憲左翼はこの基本を理解していないから、改憲を怖がってしまう。
06-05 15:30

政府と国民の間で結ばれた授権契約としての憲法ならば、契約者自らが契約を更新できるが、啓蒙的に強制された「押付け憲法」は、契約者としての当事者意識もないので簡単に絶対化・神聖不可侵化してしまう。これは一般市民だけではない。高名な憲法学者ですら同様の状態に陥ってしまう。
06-05 15:49

一般市民と憲法学者での違いはと言えば、一般市民が「憲法を護れ」とひたすら空念仏を唱えるのに対し、プロの学者は「法理論を駆使して憲法を絶対化・神聖化する」という”違い”に過ぎない。啓蒙され、思考不能状態であるのは両者とも変わらないのだ。
06-05 15:50

結果的に、押付け憲法というのは、日本人から思考を奪い、憲法と言う他律に従うロボット人間にしてしまった。この思考不能状態から脱却するためには、自主的に憲法を改定する過程を通じて自ら思考を取り戻す以外に道はない。憲法改正は授権契約の契約者となるためにも必要なのだ。
06-05 15:51

プロの物書きと言っても「反省の強要」「レッテル貼り」「扇動」のプロではシロウトより始末が悪い。 RT @KazuhiroSoda 自分の書いた記事が「お金になる」と自負する事の何がいけないのでしょうか。プロの物書きはその自負を持って仕事をするからこそ仕事に厳しさも生まれるのですが
06-05 19:03

コリアンジョークが冴えてますな。この人、日韓W杯でのブラックなご活躍もまだ記憶に新しいというのに…。ツラの皮が厚過ぎるわ(呆)◼鄭夢準氏「もしFIFA会長に選出されればFIFAの組織としての透明性を高めたい」 http://t.co/Wg8gkZTEtq
06-05 19:26

こう言う人がエネ安保では一国平和主義の脱原発を唱えるのだから頭オカシイよな。 RT @mas__yamazaki 「軍人の死亡率をはるかに上回った船員六万余人の戦没者」「その死亡率は47%(陸軍=約20%、海軍=約16%)兵站(後方支援)の方がはるかに危険だった」これが戦争の実相
06-05 19:34

兵站の意識が皆無な補給低能は、結局米国の戦争という他人事レベルでしか物事を捉えられない。◼テクノロジーの発展とグローバル化の中、利害が複雑に絡み合った大国同士の戦争は起きにくい。米国が求めているのはテロとの戦いを手伝ってくれる国http://t.co/Wvy5jGgxj0
06-05 21:12

RT @geshtamjump: 容赦なさ過ぎて草 http://t.co/KSGu0xIYPu
06-05 21:17

沖縄県知事は県民向けのパフォーマンスをやっただけなんだろうな。>RTホントいつまでも被害者意識が強過ぎる連中って始末が悪い。
06-05 21:19

もうイラク戦争で手が汚れているのに、今更こんな事を言うとはトコトン他人事だよな。所詮学者の寝言。◼衆院憲法審査会で小林節教授…(他国との武力行使の)一体化そのもの。長谷部先生が銀行強盗して僕が車で送迎すれば一緒に強盗した事になるhttps://t.co/I9NHQOnldd
06-05 21:32

単に不安だからという「空気の支配」によって原発を再稼働させず、一日あたり約百億円もの札束を燃やしている現実と比較してみると暗澹たる気持ちになるね。◼科研費の総額が2300億円で国立競技場建て替え予算が2500億円というのがこの国https://t.co/9EWdCyL6ef
06-05 22:04

ノイホイ君は、相変わらずアホなたとえで屁理屈こねてるな。◼例えば鹿児島県警が「鹿児島県内の治安を維持する為に鹿児島県警の職員がすぐに青森県内に出動できる体制を整えます」って言いだしたら、みんな「お前、頭大丈夫か?」っていうだろうhttps://t.co/lnKg85B5ux
06-05 22:12

RT @ikutana: 毎年の予算である科研費と50年ぶりに建て替える国立競技場の建て替え費用の金額を比較することに意味があるんですかね?https://t.co/iu4uslCaYy
06-05 22:14

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/1198-fec69757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する