一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

11/01のツイートまとめ

yamamoto8hei

.@footen810 さんのコメント「向こうの過激派は、沖縄在住の県警の警察官の住所調べて脅しかけてたからな・・・」にいいね!しました。 https://t.co/2KzFNhqPmA
11-01 01:00

電力の安定供給の大切さを全く理解出来ない"補給低能"らしい短絡的・思慮の浅い結論だな。 RT @noiehoie だから言うべき事は「もんじゅが止まったから他の危ない原子炉も高コスト原子炉も止めろよ」ではない…「もんじゅが止まったんだからもう原発を回す理由がなくなったよね」なのだ
11-01 12:43

嘘を付かせない為ならインフラ整備をやめて現代生活に欠かせぬ電力の安定供給をやめるべきというのは、本末転倒も甚だしい屁理屈。ゼロリスク要求をやめれば済む話なのに。 RT @noiehoie 原発を止めねばならぬ理由は…「運営を続ける為に嘘をつく必要がありすぎて人間が馬鹿になる」から
11-01 13:29

無茶なゼロリスクを要求し、無理やり再稼働のハードルを上げて、非現実的かつ過剰な対策を強要し、嘘の言質を取ろうと待ち構えているのは反原発派の方です。リスクを一切許容しない反原発派の偏狭な態度が別リスクの増大を招いている。 RT @noiehoie ゼロリスクを追い求めてるのはそちら
11-01 13:44

再稼働の反対根拠や「トイレ無きマンション」批判はゼロリスク思考様式に基づいてますし、もんじゅの嘘も「全てが動かす側の責に帰する」とは言えない。 RT @noiehoie もんじゅの「嘘」ってそうでしたか?勝手に自分らでやらかしとるのじゃない…虚偽報告を指弾したのは反原発派じゃない
11-01 17:22

ゼロリスク要求が他リスクの増大を招来する恐ろしさも想像できずに「原発のみ」絶対安全を要求する貴方のような反原発派には、自らの責を自覚できないだけの話。だから無責任に相手の所為に出来る。 RT @noiehoie え?ナトリウム漏れ勝手にやってそれ隠蔽してたのも反原発のせいなの?
11-01 17:36

そもそも百%反原発派の所為だとは一言も言ってない。事故やトラブルの背景にはゼロリスク要求がある事、百%動かす側の責任であるかの前提はオカシイと指摘しただけ。 RT @noiehoie え?話題は高速増殖炉のもんじゅですよ?…で…ナトリウム漏れ事故起こしたのも反原発のせいなの?
11-01 18:33

ノイホイ君は相手との議論に勝つことしか念頭にないから、ホント底の浅い不毛な言い争いで終わるんだよね。幾ら詭弁やテクニックを弄して、議論に勝ったところで、こちらが指摘した問題点が解消されるわけじゃないのに…。んな事ばかりやってるから世間からマトモに相手にされなくなるんだよ。
11-01 18:48

RT @yamamoto7hei: ⑨【それにしても、自ら手を下したり、命令したわけでもないのに、レバノン人がPLOとパレスチナ人への長年の恨みを報復しようとすることを、前もって分っていたのにとめなかった事に責任があると主張するイスラエル政府司法委員会の態度はきわめて立派だと言…
11-01 23:09

RT @yamamoto7hei: ①【日本はすべてを隠蔽しようとした】以上が高木桂蔵氏の論文だが、「立派」のほかにもう一つつけ加えさせていただけば、彼らは長い迫害の歴史から、これが最も「安全」だということも知っていると見てよかろう。従って国際赤十字の調査も受け入れている。…
11-01 23:09


RT @yamamoto7hei: ②私はこの事を思うと、いわゆる「南京大虐殺」の事を思う。当時、日本の新聞はこの事を一行も書かなかった。この点でまずイスラエルと違うが、同時に政府も国会もこの事で特別調査委員会を作ろうともせず、国際赤十字の調査に一任しようともしなかった…
11-01 23:10

RT @yamamoto7hei: ③だが、このことは逆に、事態が一変すれば、その事件の内容は無限にふくれあがるということなのである。小さな事件、または不可抗力であった事件が無限にふくれあがってそれが自らへの「大迫害」を招くということは、彼らは、その二千年の歴史で何度も経験…
11-01 23:10

RT @yamamoto7hei: ④これが、執拗に事実を調査し、正確に記録して後世に残すという伝統を生じた。私は、隠すよりその方がはるかに賢明であると思う。われわれにはこの体験がないがゆえ、この点では彼らに学ぶべきであろう。
11-01 23:10

RT @yamamoto7hei: ⑤というのは、当時はこれを隠蔽した新聞が、戦後は「百人斬り競争」などというあり得ない事件を事実として報道し、それを報道することが「大義」であるかのごとき態度をするからである。
11-01 23:10

これら山本七平の指摘は傾聴に値する。>RT迫害を受け続けてきたユダヤ人の対処法(公平な第三者をいれた調査)こそ、日本人が本当に教訓とすべきことであって、左翼のように中韓の反省の強要に迎合し、異論者を異端尋問する事では無いのだ。https://t.co/CNH4xyYGxO
11-01 23:11

これこそ南京事件が、南京大虐殺と化けてしまった原因の一つだよな。◼だが、このことは逆に、事態が一変すれば、その事件の内容は無限にふくれあがるということなのであるhttps://t.co/QFlMvA8pSx
11-01 23:25

RT @yamamoto7hei: ⑥そして、それをしているときは必ず、ベトナムかどこかで何かを隠蔽しているのである。そうなって当然であろう。これは、いわばコインの裏表にすぎないのだから。これについては、ベイルート事件を詳細に調べた「カハン委員会報告」の次の言葉は印…
11-01 23:27

RT @yamamoto7hei: ⑦「選択的良心の持主のため、この調査は意図されたのでなく…事実に到達するため」意図されたと。「選択的良心の持主」とは実に皮肉な言葉だが、これがマスコミ的良心だといっても過言ではあるまい。
11-01 23:27

RT @yamamoto7hei: ⑧そういう″良心″の持主は相手とせず、「正確に記録して後世に残す」を、文字通り可能な限り、ティトスの『戦時記録』も自らの体験も、投降者の証言も含め自国民の恥も自らの恥も、渾身の力を振るって命ある限り書きつづけたのがヨセフスである。
11-01 23:27

RT @yamamoto7hei: ⑨ローマ総督と取引して自国民を強奪した者がいたなどということは、「ふん、ユダヤ人とはそんな連中か」といわれかねないことである。だが、彼は平然と書きすすめる。従ってローマの非も平然と書ける。
11-01 23:27

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/1342-9ea8e536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する