一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

「世間」をバックに発言することの怖さ

プロバイダーの移行手続きにミスがあり、すっかり更新が滞ってしまいました(汗)

それはさておき、今日は、産経新聞が運営するizaのコラムに、なかなか考えさせる記事があったので以下引用します。

■【コラム・断】世間って?

妙な言い方になるけど、僕は「世間」というものが好きではない。

正確に言えば、自分の意見を「世間」で包むというか、「世間」をバックにして言葉を発する仕方が好きではない。「それは世間が許さない」「俺だけじゃなく、皆が駄目と言うに決まってる」。こういう風な発言が、嫌いである。

近頃、世間とか世論とか、そういう人間の集合の声が強くなっているように思う。テレビ局などへの苦情は増え、昔に比べると、バラエティー番組も過激さがなくなり、無茶ができなくなった。不倫報道があったキャスターにも、視聴者には本来なんの関係もない話なのに、「世間」は厳しかった。

槍玉(やりだま)にあげる対象(主に個人)を進んで探す人が、増えている印象を受ける。一番批判「しやすい」のは、言うまでもなく犯罪者だ。

重大事件を起こした犯人の親のコメントが、最近気になる。

「腹を切れ」というのもあった。

犯罪加害者の血縁に対する「世間」の攻撃は凄(すさ)まじいから、対「世間」にはそのようなコメントでいいかもしれない。

だが、絶縁などせず、できれば見捨てないでいただきたい。子供を批判し、被害者に謝罪し続けながら、子供が死刑になるにしろならないにしろ、できれば最後まで近くにいていただきたい。色々な立場があっていい。

世間が一斉に「死刑」「死刑」と叫ぶ社会は一見「正義」だが、僕はそこに不気味さを感じる。「世間」の声が強くなればなるほど、そこから外れてしまった人の行為が、反作用のように過激さを増すように感じる。
(作家 中村文則

【引用元:iza】


「世間体」

根拠とか何もないのだが、比較的日本人というのはこの「世間体」というものを、非常に気にして生きているのではないのでしょうか。そうなってしまうのは、日本という社会が、同質性・均質性度が高いせいもあるからではないかと。
(そうは言っても、昔に比べると、世間体を気にしなくなった人も多くなったような気もしなくもない。給食費の滞納とか増えているとかいうニュースを聞くに付け、そう思ってしまう。ただ、これは都会など人間関係が希薄になり、人の目を気にしなくて済む状況がもたらしただけなのかも知れないが…)

上記のコラム子が指摘している『自分の意見を「世間」で包むというか、「世間」をバックにして言葉を発する仕方が好きではない。』という点は、私もそういう気がなきにしもあらずであるだけにハッとさせられた。

確かに、他者を批判するのに、これは容易で効き目のあるやり方だろう。
それが、マイノリティの意見を封殺しがちなのは否定できないような気がする。

世間体を気にしていたら起こるはずのない出来事が増えたのも事実で、これを批判したり批難することは必要だろうと思う一方、批難する際、批難の根拠を「世間ではこうだから」とかいう理由で論ずることはマズイのではないかとも思う。

結局のところ、批判するときには、「世間」というものを使わず、「自分はこう思うから…」といった自分をベースして批判する姿勢を持つというのが大切なんじゃないだろうか。そういう姿勢をとることが、相手を一個の人格と認めることにもなるのではないだろうか。

しかしながら、このことは、我々の社会ではあまり認識されていないような気がする。

実際、この手のやり方は、ネットでもマスコミでもよく見かけるし。

このことについて、もっと問題意識を持つ必要があるように思えてなりません。

そこで、このコラムを読んで、ふと思い出したのが、次の山本七平の記述。これも「世間」がキーワードでした。

■組織と自殺

自殺の原因や動機はさまざまであろう。
また実際には他殺に等しい、強要された自殺もあるであろう。

多くの場合、自殺の真因は不明だが、その中で最もわかりにくいものは、この両者の中間にある自殺、いわば本当に自分の意志なのか、実際は他人の意志であったのか不明の場合の自殺である。

自殺は本人の責任だから、その死に対してだれも責任を負う必要はない。

では強要された自殺はどうなるのか。それは他殺ではないのか

戦場にもさまざまな自殺はあった――もっとも自決と呼ばれていたが。

その中には明らかに強要された自殺、言い変えれば強要した人間の他殺、自殺に仮託した純然たる殺人もあった

ノモンハンでも多くの将校は自殺した―離れた天幕につれて行かれ、拳銃を与えられて、人びとは去る。最後まで抵抗した人もいたそうである。

そしてその殆どは、無謀な作戦計画と放言参謀の支離滅裂な”私物命令”のため、あらゆる苦難を現場で背負わされた責任者であった

その苦難の果てに、彼らは、強要されて死んだ。

そして彼らを殺した殺人者「気迫演技」の優等生(註…辻政信を指すと思われる)たちは、何の責任も問われず戦後にも生き、その「演技」によって民衆の喝采をはくしつづけた

こういう例、「自決という名の明確な他殺」で、糾弾されざる殺人者の名が明らかな例も、決して少なくない。

しかし、自己の置かれた位置が、必ずここに至ることを予見し、その屈辱の死を恐怖して、その前に自殺してしまった場合もある。

これが自殺・他殺の中間、本人の意志か他人の意志かが不明な場合である。

結末が明確な場合、多くの者は、「屈辱プラス死」よりも単純な死、名目的名誉が残っている死を選び、自己の死屍への鞭と遺族への世の糾弾だけは避けようとした

こういう場合、今ではもっぱら帝国陸軍の非情と非人間性が非難されている

しかし人びとが忘れたのか、覚えていても故意にロにしないのか私は知らないが、もう一つの恐ろしいものがあった

それは世間といわれる対象であった

軍が家族を追及することは絶対にない。

では、母一人・子一人の母子家庭、その母親でさえ、兵営に面会に来たときわが子に次のように言ったのはなぜか。

「お母さんがかわいそうだと思ったら、逃亡だけは絶対に、しておくれでないよ」――彼女が恐れたのは帝国陸軍ではなく、世間という名の民間人であった

その「後ろ指」なるものは、軍より冷酷だった。――少なくとも、正面から指ささぬので「指した人間」が不明だという点で。

こういう場合、本人を死まで追い込んで行ったものが、果たして帝国陸軍なのか世間なのかといえば判定はむずかしい。

それらは現在、新聞等で「組織の重圧に耐えかねて……」とか「組織内の人間関係に悩んで……」とか定義されているケースと似て、複合するさまざまな個人的・社会的・組織的原因に分けて解明することが、不可能と思われる場合である。

さらにこれに、戦場という異様な環境が加わる。肉体的に疲労の極に達すれば、人は、単に「動くのはもういやだ」という理由だけで自殺しうる。

また精神的疲労の極に達すれば、その一切から逃れたいという欲望だけで、自らの命を断ちうる。

また自殺のように見えて、実は、一杯の水、一服のタバコ、一片の青空に自分の命をかける場合もある。

そういう状態にあって、精神的・肉体的疲労の果てに、いま自分が歩いている道の先にあるものが確実に「屈辱の死」なら、人は疲労を押して、わざわざ、その「屈辱の座」まで歩きつづけようとはしない

殺されるとわかっていながら、そこまで歩いて行く場合も確かにある。

だが、少なくとも自己の手に拳銃がある場合は、歩いてそこにつくまでの時間を、その場にすわっているのが普通である。

(~後略)

【引用元:一下級将校の見た帝国陸軍/組織と自殺/P227~】


戦前も戦後も、「世間」というのは変っていないのだなと思いますね。ほんとに。
「世間」は人を殺しうるほどの力がある。というのを、この山本七平の記述を読むと、痛感します。


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

再び、冥王星クンへ

おおお…必死ですねぇww
元々、異常性を感じていたけど、ネットのやりすぎでいよいよ、脳細胞壊滅状態ですか。自分でも「キチガイ」と称していたから、疾患は気付いているでしょうけど、是非精神科医のブログを閲覧されたら?

貴方、そもそも、句読点という小学2年レベルの文法さえも分らなかった程度の知識、知性、知力もない者だったのでしょ(惨)。
いくら負け惜しみを並べ立てた所で、その事実は消えませんよ。自分のブログ管理も「面倒くさいから」と書きなぐり、推敲もしないぐうたら者の尊大な要求など、応じる義理は全くない。揚げ足を取られるようなミスをする方が問題。
でも、特別サービスとして、貴方の間違いを挙げてやりましょう。

・文章に句点がない。
句点は小学校2年で習う日本語の文法である。

・読点と改行の構成である。読点「。」は改行を意味する。横書きが主流になりつつある現代でも、読点は改行のポイントである。
しかし、この文章では改行ではなく、スペースで読点の後を補完している。そのような書き方は教わりもしないし、読点のあとに、文章を続けることも問題ないはずである。「空白」を作る意味などないのである。

文章は癖が誰しもある。しかし、句読点、読店のルールをある程度は認識して使うこともできない文章は内容の問題もあるが、ルール、マナーとして疑われるのは当然だろう
読みにくさは、文章の中身ではなく、句読点の使用に違和感があるから、とすぐ気づく人もいるだろう。
もっとも、冥王星も難解な文章を書くので注意できる立場ではないが、小学生レベルの文法は、守れていると思うが

http://self0507.blog52.fc2.com/blog-entry-713.html

以前のコメント「そもそも、教育世界としては、身分制度も区分けもありません」など、小学生か労組の建前の社会労働観。貴方が好む表現「視野狭窄」をもじれば、小児性社会通念視野狭窄症ですね。つまり世の中知らずで、講師はおろか、労働体験があるのかも疑問。
以前、私のブログにコメントしてきた准教授ブロガーさんも東大卒でないと立場が弱い、とぼやいていました。

>>冥王星はそのような狭い社会の人間関係には収斂しません。
>>変人と思われる方々とも人間関係がありますし、そのような方々の機縁で様々な部分で活動させてもらってます

貴方のブログもそれに相応しく学識ある者のコメント、教育者サイトのブックマーク、活動報告なし。
狭い社会人コメンター風情に粘着するだけで、人間関係がないと公言しているものでしょう。他の人にも超長文コメントを繰り返している面でも、相当な暇人ですね。真に有能な者なら、こちらのブログにうだうだ連続カキコする?

貴方の正体は単なるアニオタ。テンプレを見れば萌えアニメばかり。趣味とセンスのなさ丸出しなのはともかく、自称32歳が本当だとしても、「加齢臭」の言葉が何度も使われているのは興味深いと思いました。まだ32歳で加齢臭を気にするとは、相当な劣等感の塊。この手のアニメも独身男の無聊を癒す役には立つ。「オナニー」の言葉を連発する背景も分りますね。

>>身の丈にあった言動ができないから齟齬が発生しますよ。
>>己の器を省みれない知性の妄言とは貴方に該当しそうです。

はいはい、その言葉をそっくり貴方に返します。嫌味を言っているつもりでも、それは鏡に映る貴方自身。貴方に知性が少しでもあれば、人生はもっと違っていただろうし、これ程まで人格障害丸出しの書き込みはしないでしょう。

  • 2008/12/17(水) 23:23:52 |
  • URL |
  • mugi #xsUmrm7U
  • [編集]

MUGIさんへ

あああ・・気の毒にw

>「理性的討議による市民の合意」の「輿論」など、下火になるのは人間社会からして当然の結果。

当然の結果とは凄いコメントですね?
千里眼の持ち主ですか?

では、学術社会や世間から意図的に乖離しようとしている隠遁の人間は、どうなるんですか?
あなたのような知性の低い方は、自分や周囲の人間が基準になるのでしょうが、
冥王星はそのような狭い社会の人間関係には収斂しません。(変人と思われる方々とも人間関係がありますし、そのような方々の機縁で様々な部分で活動させてもらってます)
まぁ、竹林の七賢ではありませんが、その世俗から隠遁する人間こそが理解できるものがあるのは、哲学などを見れば明らかで、そういう世界の住民だけでの議論・論説が世界の啓蒙主義時代の産物でしょうがそれもご存じないようで・・・・
冥王星は俗っぽいので、あくまでも世俗に行きますし、自分の思考を疑いながらもどこかでセーフティゾーンは持ってますしね。

>民衆の本性は変わりない。

なにが民衆の本性なんですか?
さっぱり、分かりません。そんな抽象論を論じれるほどの知性は持ち合わせていませんので、是非ご高説ください。
それができるなら大局を語れると思いますよw
是非、本質論とやらを・・・・

で、文章のどこが具体的に間違いなのですか?
どこの間違いですか?ぜひに箇所を説明してください。
もっとも、句読点の間違いを指摘する程度の、揚げ足しかできないMUGIさんの論理力がとてもすごいと思いますよ。

ご立派すぎて嘲笑が収まらないです。ご自分のお考えを開陳されればよろしいでしょう。
身の丈にあった言動ができないから齟齬が発生しますよ。

己の器を省みれない知性の妄言とは貴方に該当しそうです。
是非に、その賢い知性で、「本性」とやらを暴いてください。

  • 2008/12/17(水) 12:55:49 |
  • URL |
  • 冥王星 #-
  • [編集]

冥王星サンへ

冥王星サン、暫らくですね。

「理性的討議による市民の合意」の「輿論」など、下火になるのは人間社会からして当然の結果。
貴方は日本人のや非理性や無知を指摘したいでしょうが、元々、人間は感情の動物。“理性的”を振りかざすのも、理性を装ったポースーや主観論、屁理屈が大半。要するに自己満足と利権。理性的討議を期待する方が、非理性的ですよ。

>ちょっとだけ賢いと無駄に知識を振りかざして大局が見えなくなるからですけどね。

私も含め貴方も、大局の見える者などそうそういないでしょう(笑)。
それほどの人物なら、匿名ブロガーなどしておらず頭角を現している。自分自身も見えないブロガーも珍しくないですから。他人には意見と注文をつけても、「面倒くさい」と己のブログ管理も怠るものぐさ者もいますしw

庶民と呼ぶか、愚民と表現するかはさておき、民衆の本性は変わりない。マキアヴェッリが『政略論』で書いたのは、真実をついている。むしろ知識人の方が真実が見抜けず、自滅したりする。
民衆とは、キケロも言ったように無知ではあるけど、真実を見抜く能力は持っているのだ。

あと、気になっていたのですが、貴方のブログでの間違い、何とかなりませんか。教育者を自称するなら、最低限句読点の区別の誤りくらい、訂正したら。小学校2年レベルの日本語の文法さえ間違うとは、お粗末な限り。
http://self0507.blog52.fc2.com/blog-entry-713.html

  • 2008/12/13(土) 22:10:40 |
  • URL |
  • mugi #xsUmrm7U
  • [編集]

「一知半解知らずに劣れり」っつうことでしょうか?

冥王星さん、お久しぶりです。

>「輿論」ですよw
>「輿」であるべきですが、「世」なんですよw
>「輿論」の意味は自分で調べてくださいねw


早速、調べてみました。

1946年に当用漢字表が公布される以前は、「輿論」と「世論」とには区別があった。前者はPublic Opinionの、後者はpopular sentimentsの訳語として用いられた。佐藤卓己はこの違いを指摘した上で、現在は「輿論」は「理性的討議による市民の合意」で、「世論」は「情緒的な参加による大衆の共感」であると定義している。

これであってますか?

なるほど。調べて初めて言いたいことがわかったような気がします。

>そうそう・・これは本音ですけど、冥王星は最近凄く認めたくない信条を抱えていますが、「庶民が愚民の方がいい」と思いました。
>ちょっとだけ賢いと無駄に知識を振りかざして大局が見えなくなるからですけどね。


自分自身賢いとも思いませんけど、私の場合、しょっちゅう大局が見えなくなりますねぇv-404

私の場合「一知半解知らずに劣れり」な事を自覚しているだけ、マシでしょうか?
それでもダメか…。

>回線とPCが違うので、type速度が遅くてw

それでこんなに打てるとは…。たいしたもんです。

  • 2008/12/13(土) 18:12:46 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

ゲラゲラw

「輿論」ですよw
「輿」であるべきですが、「世」なんですよw
「輿論」の意味は自分で調べてくださいねw

ネット世論調査なんか見ればよく分かるように、世論なんてものは正当性があるものではないんですよ。
むしろ、「みんながそう思ってるなら、俺も」程度の自我のない人がそれだけ多いだけの話w
ネット世論なんか凄くて、国籍法改正騒動でもあったように、実際に政治行動を起こさないで「ネットで反対論を起こして、どうにかなる。説得力があると思っている」方々は一杯いますでしょw

橋下知事の光市母子殺害事件の弁護士懲戒請求でもそうだったように、無責任な世論は結局は、結果論を誘導できないんですよ。
で、逆に、騒動が終わると霧散して次の獲物を探すという行動のルーチン化。
もう継続して事象を監視するなんて意識は皆無に近い。(ダライラマ騒動・ダンボール肉まんなど)
移ろい易き世論は定まらぬ輿論?とでもいいましょうかw
ただ、ストレス発散みたいに主張するだけでそれから先の責任なんて意識にないから、お粗末な限り。

み~んな、時事的話題に場当たり的に深く考えずに意見するだけ。意見しておしまい。
「直感的世論」という奴ですよ。考えなくなった人類って価値ないと思いますが・・・・・まぁ、考えないで直情で生きる方はご自由に、とだけw

そうそう・・これは本音ですけど、冥王星は最近凄く認めたくない信条を抱えていますが、
「庶民が愚民の方がいい」と思いました。
ちょっとだけ賢いと無駄に知識を振りかざして大局が見えなくなるからですけどね。
やはり、プラトンが『国家』で述べたとおり、官僚体制が無難なんでしょうか?(自嘲)

んでは、お邪魔しました。回線とPCが違うので、type速度が遅くてw

  • 2008/12/13(土) 12:52:16 |
  • URL |
  • 冥王星 #-
  • [編集]

mugiさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

>「世間様」を「神」に置き換えると、一神教世界の規律となります。

なるほど。
となると日本も形を変えた一神教?といえるような気もしてきました…。
違いは、ただ戒律が明文化されていないというだけで。

>インド、中東のような地域だとマイナーだけでなく、関心を持つこと自体変人対象(笑)。

確かにそう思われてしまう素地がありますよねぇ。
せめて、そうした視点を尊重するように出来ればいいのでしょうけれど。

>先の戦争前、第一次大戦のトルコを引き合いにし、ドイツとの接近は危険だ、と警告した中東研究者がいた

そんな事があったのですね。そうしたことが知られていないこと自体が、図らずもマイナーな意見は封殺されるということを示していますね。

とにかく、日本の場合、マイナーな意見というのは、無視されるか、ひどければ寄ってたかって口封じされるような印象を持ちます。

  • 2008/12/07(日) 02:34:12 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

世間様

「世間様」を多数派に置き換えてみても、面白いと思いますよ。
「多数派」の意見がこうだから順応しろ、というのは日本に限らず他の文化圏でも大差はないと考えます。人間の言葉どおり、人は人の間でしか生きられないし、多数派だと得なので集団化し組織をつくる。組織において、日本人は均質性が高いのは確かでしょう。
また「世間様」を「神」に置き換えると、一神教世界の規律となります。「神への背徳」と「世間様に顔向けできない」は表現は異なっても、「世間」(多数派)に背いている、との糾弾で基本的に同じです。

とかく少数派って分が悪いですよね。外国に関心がある日本人でも殆どは欧米か中国。インド、中東のような地域だとマイナーだけでなく、関心を持つこと自体変人対象(笑)。欧米通や中国通からもコケにされがち。
先の戦争前、第一次大戦のトルコを引き合いにし、ドイツとの接近は危険だ、と警告した中東研究者がいたのですが、顧みられなかったのは言うまでもありません。

  • 2008/12/05(金) 22:14:39 |
  • URL |
  • mugi #xsUmrm7U
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/156-1d67470c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

セクハラ、パワハラ…低俗番組に倫理問う声 BPOが意見検討

私としては報道番組の低俗化の方が気になります。 セクハラ、パワハラ…低俗番組に倫理問う声 BPOが意見検討 2008.11.30 18:03  低俗化が批判されているテレビ局のバラエティー番組について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が、各局の倫理的

  • 2008/12/01(月) 07:19:45 |
  • 政治
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する