一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

10/25のツイートまとめ

yamamoto8hei

RT @yamamoto7hei: ⑩いろいろ話したのですが、結局、どんな場合でも、一番基本になる問題は一体我々はどういう考え方で何を前提としてどうやって生きているのかっていうことを、もう一回自覚し直し、相手に、相手の理解できる論理で説明する以外にしようがないんだ、とい…
10-25 07:13

RT @yamamoto7hei: ⑪簡単にいいますと、自分達は「松陰の系譜の思想で生き、それを判断の基準としております」といった説明をする以外にない。しかしそれには、まず自分の考え方を再把捉する事が前提になるわけです。ところが我々はそれが非常に下手、という…
10-25 07:13

RT @yamamoto7hei: ⑫つまりそれをしないで済む世界に生きてたんですけど、こうなりますともう一度それを検討し再把握しないと絶えずこの問題が出てきます。これは単に国際間だけでなく、親子の間でも出てくるでしょうし、外国人との折衝にも出てくる。もう絶えず出てきて…
10-25 07:13

RT @yamamoto7hei: ①【民族による臨在感のちがい/民族それぞれに共有の感じ方がある】「常識」という言葉があります。どの民族にもそれぞれの常識があるわけですが、この言葉はいわば「常識(コモンセンス)」すなわち「共通の感覚」です。いわば感じ方です。<『比較文…
10-25 07:13

RT @yamamoto7hei: ②この「感覚」とか「感じ方」とかは理屈がない訳ですが、この社会で最も困る問題は実はこの「理屈」にならない「感覚」なんです。これは説明の方法がありませんから、そこで…どういう風にして克服するのかという事はまず相手とどういう点で感じ方が違うのか、…
10-25 07:13

RT @yamamoto7hei: ③そしてこれは言ってみれば臨在感の差ということになってくるわけなんです。臨在感というのは、簡単に言いますとある対象の背後に、何かが臨在するという感じで、これを持っていない民族はありません。
10-25 07:13

RT @yamamoto7hei: ⑧【日本人は感じ方のちがいを無視する】これは我々日本人にとっては、人骨は単なる物質じゃなくてその背後に何かが臨在するという事なんです。そしてそれを感ずる訳です。向こうの人はそれを感じないんです。ところが逆に日本人が何にも感じない対象に…
10-25 07:14

RT @yamamoto7hei: ⑨その一つが、ある場所への聖所意識または聖地意識になるわけですが、その場所に日本人はそういう意識は持たない。こういう差ってのがありまして、これを無視できないんです。
10-25 07:14

RT @yamamoto7hei: ①ところがわれわれは、そういう差を無視すること、それが文化だ、と明治以来教えられてきたわけです。それを教えた一人に福沢諭吉がいます。<『比較文化論の試み』
10-25 07:14

RT @yamamoto7hei: ②『福翁自伝』にありますけど、お稲荷さんを開けてみたら石が入ってた。そこで、それを引っ張り出してきて別の石を入れておいた。ところが、やはりみんな疑念を持たずに拝んでる。まことにバカな話だ。あれは石に過ぎないし、石を替えても、だ…
10-25 07:14


RT @yamamoto7hei: ③こう書いてるんですが、日本ではこういう態度を科学的っていうわけです。これは厳密に言いますと、サイエンスというよりは、むしろ、明治的な一つの啓蒙主義だと思います。当時、いわゆる近代化を進めることを非常に急いだために、そういったものは一…
10-25 07:14

RT @yamamoto7hei: ④同時にその背後には、それを迷信として否定できる、松陰のような考え方があり、いれば日本の伝統の延長線上に啓蒙化を進めたわけですが、その行き方は結局、一つの石に対して人間はなぜ臨在感を持つのかということまで検討しないで、それは持ってはならな…
10-25 07:14

RT @yamamoto7hei: ⑤続>持つ人間がおかしいんだ、というふうに否定していったわけです。【無視するのが科学的と思ってきた】「これは科学だから信ぜず」などという科学は存在しないはずですが、当時としては、これはこれなりに悪くなかったんです。
10-25 07:14

RT @yamamoto7hei: ⑥ところが、それがそのまま明治百年の一つの伝統になって、人間は何かに臨在感を感じても、感じたと言ってはならないということになりました。
10-25 07:14

RT @yamamoto7hei: ⑦しかし、感じてはならないと言いましても人間はみんなそれを感じ、その感じ方に差があるもんですから、それを感じてはならないというタテマエだけで物事を見ていきますと、いろんな点に誤差が出てくるわけです。これが最近にいう科学不信、合理主義不信と…
10-25 07:14

RT @yamamoto7hei: ⑧しかし、これは科学とか合理主義への不信と言うとちょっとおかしいんです。元来科学とは、「不信」が前提ですから、「科学だから信ぜよ」などという科学があるはずはなく、従ってこれは明治的啓蒙主義への不信と言うべきです。
10-25 07:14

RT @yamamoto7hei: ⑨というのは、そういう臨在感の差がなぜ生ずるかということを検討するのが科学であって、あるものをないと言ってしまうのはむしろ非科学的なんです。われわれはそれを科学というふうに受け取ってそれで今まできてるわけです。
10-25 07:14

RT @yamamoto7hei: ⑩ですからそういう場合に、臨在感の違いといったものをはっきり見きわめまして、その違いがどこから出てくるか、それを探求しようということは、今まで、全然やってないことになります。
10-25 07:14

RT @yamamoto7hei: ⑫【感じながら理由を考えない】従って私達は一つのものに対して自分が何らかの臨在感を持っていて、その事がどういう理由に基づくかという検討は一切してないんです。ユダヤ人が人骨…に平気なのに、日本人はなぜ…変になってくるのか。この違いという…
10-25 07:15

RT @yamamoto7hei: ⑬ですから、これが逆に出ますと、他の民族がある別のものに対しては、われわれと同様、臨在感を感じているのだということに対して、今度はわれわれが全く無理解になってくる。
10-25 07:15

RT @yamamoto7hei: ⑯同じように、ある一つの構築物、あるいは一つの仏像、あるいは神棚・神社というものに対して、日本人ってのはなにか臨在感を感ずる。感じていながらそれを自分で検討しませんから、感じない民族のことも、別の感じ方をする民族のことも理解できなくなるん…
10-25 07:15

RT @yamamoto7hei: ①【セム族の臨在感の特徴/″もの″に感じるのは罪悪とする】セム族――といっても、わかりにくいと思いますが、一応これをアラブ人とユダヤ人と考えて下さい。このセム族は、前記のような対象に臨在感を持つことは罪悪だという伝統があるんです。<『比較…
10-25 07:15

RT @yamamoto7hei: ②これはいわゆる偶像否定という形で出てくるんですが、人間の手で作ったものは、人間自体が被造物なのだからその被造物による被造物に過ぎない、これを拝したり神と見たりする事は絶対許されざる瀆神行為で一様の反逆だとするのです。そして偶像崇拝はある…
10-25 07:15

RT @yamamoto7hei: ⑦【一定の″ところ″に強烈な聖所意識】ところが一方で非常に不思議な事に、まあ不思議じゃないんでしょうけど一定の場所に対して非常に強い臨在感を持つ。これを聖所意識って言います。″聖所″というのは″聖なる場所″です。そういう場所に行くと、彼らはそ…
10-25 07:15

RT @yamamoto7hei: ⑧これがまあユダヤ人の場合は聖地意識ですが、イスラム教徒でも同じことなんです。メッカヘの聖所意識というのがありましてイスラム教徒の礼拝はこの方向を拝する、すなわち「方向」だけです。またその生涯の希望というのは一生懸命貯金をしまして…
10-25 07:15

RT @yamamoto7hei: ⑨大抵行ってかえるとゼロになってしまうんだそうで、これが経済発展の一番大きなマイナスになっていると言われるくらいなんです。だが、この態度は、基本的にはユダヤ人も変りません。
10-25 07:16

RT @yamamoto7hei: ⑩われわれからすると非常に奇妙にみえるんですが、一つの臨在感を求めて生涯働くことは、彼らの社会では別に不思議ではないんです。ところがわれわれには、その感じは理解できない。
10-25 07:16

RT @yamamoto7hei: ⑪しかし他人、他民族がそういう感じを持つのを、持ってはならないというわけにもいきませんし、それを非難する権利はだれにもないわけです。たとえば、パレスチナ問題にしましても、これが出てくるんです。
10-25 07:16

RT @yamamoto7hei: ⑫二千年間、パレスチナにユダヤ人がいなかったとは言えないんですけど、まあいなかったと仮定しても、この場合、歴史的年代は問題になってこないんです。その土地に対して一種の臨在感すなわち聖所意識を持つか否か、それだけの問題になってくるんです。
10-25 07:16

RT @yamamoto7hei: ⑬それを持ってなけりや、初めっからだれもそんなところへいかない。多くの人が指摘するように、経済的にはむしろ無価値といった土地で、石油も出なけりゃ水すら十分にないんですから。ところが、聖所意識があるからそこへいく。そこを占領する。…
10-25 07:16

RT @yamamoto7hei: ⑭これはある意味で、イスラム教徒がメッカヘ行くのと非常に似てるんです。そして、個人にとっても民族にとっても、もっともむずかしい解決不可能な問題は、実は、こういう問題であって、経済問題ではありません。
10-25 07:16

RT @yamamoto7hei: ⑮経済だけなら、「ひき合うか、ひき合わないか」が明確な判断の基準となりますから、いつかは必ず話し合いがつく。しかしこの問題はそうはいかない。もちろんわれわれだって、そうはいかないんです。
10-25 07:16

RT @yamamoto7hei: ①【臨在感の歴史的裏づけ/なぜ回教徒に神社礼拝を強制したか】こういうちがいというのは、一体なにから出てきているのか。<『比較文化論の試み』
10-25 07:17

RT @yamamoto7hei: ②これは当然歴史的な伝続から出てきている。そしてその伝統に基づき、各人各様に臨在感を持ち、それに応ずるものの見方をしている。これは歴史的に形成されたものだ、ということを相互に認めませんと、互いに相手が理解できなくなるわけです。
10-25 07:17

RT @yamamoto7hei: ③これが逆に出ますと、自分が臨在感を感じるものに、他人も感じなくてはいけない、という考え方になります。これが実に大きな禍根を残した例は、太平洋戦争の時にいくらでもあります。
10-25 07:17

RT @yamamoto7hei: ④完全に調査した訳でありませんから真偽は…保留しますが、軍はシンガポールに昭南神社を建てた。それはそれでよいのですが驚いた事にマライ人を呼んで頭を下げさせようとした。下げない人間をなぐったかどうかしたんだろうと思いますけれども、彼らはイ…
10-25 07:17

RT @yamamoto7hei: ⑤神社に対して日本人はなにか臨在感を持つ。したがって他人も持たねばならぬ、という態度になる。日本人には、あっちはあっちで別だ、別の伝統があるんだから、向こうは向こうで別の臨在感を持っているんだ、というようには考えられないん…
10-25 07:17

RT @yamamoto7hei: ⑥しかしこれは、そう考えないで済む社会に住んでいたからそうなったんであって、特に日本人が悪いというわけではないんです。
10-25 07:17

RT @yamamoto7hei: ⑦ただ、これからもそういうふうですと、ますます困ることになりますので、一体この臨在感というのがどういうふうに出てきて、それが日本の場合にどう作用しているか、これをまず、他との連関において検討しなくちゃならない。まあそういう時代にな…
10-25 07:17

今、連続RTした山本七平の指摘は非常に重要な視点で、これらの課題はみな日本人自らが「無意識の内に従っている」思考様式・行動規範を客体化して再認識しないと、幾ら戦争反対を叫んだところで太平洋戦争の二の舞になるだけだと思うね。>RT
10-25 07:37

RT @nejinoki: 核戦争で滅びた世界で生き残った人達がまた一からやり直す‥‥みたいな場面がSFに時々あるけれど、仮に今現実にある文明のインフラが全崩壊したら、簡単に掘り出せる化石燃料や鉱物資源は既に全て取り尽くされてるので、二度と産業革命が来ず20世紀レベルまでに復旧…
10-25 07:42

RT @nejinoki: @nejinoki というわけで、全力で宇宙開発をして、地球外にも人類の拠点を作る+宇宙に浮いてる無尽蔵の資源を持ってこれるようにする、ということこそ数少ない全人類共通の正義。
10-25 07:42

RT @sunafukin99: 思えば数年前までそこそこリベラル度が強かった自分も反原発運動連中のバカ騒ぎ以後リベラル左派への不信感はこれまでにないものとなってしまった。あれほどとてつもないバカばかりとは思わなかった。
10-25 07:43

日本のリベラル左派というのは、情緒絶対の信念バカが屁理屈で武装しているだけだからね。>RT知的討論を通じて、自らの認識を改善できるような人達では無いんだな。
10-25 07:48

RT @GoITO: あえて暴論をいうけどさ。いまの日本で「リベラル」ってのは「インフラ維持に従事する人々を足蹴にして恥じないひと」を指す名称なんじゃないのかと。
10-25 22:06

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/1696-6500c11d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する