一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

神、主人、奴隷の三角形とは~西欧の「契約」の背景にある神~

最近、読んでいる山本七平の本の中で「なるほど」と思った処を今日は紹介して行きます。
読んでいる本というのは、こちら↓
日本人と組織 (角川oneテーマ21)日本人と組織 (角川oneテーマ21)
(2007/06)
山本 七平

商品詳細を見る


この本は、題名どおり日本人の組織論なわけですが、結構抽象的なところも多く、すぐには理解できないところも多々あるので読みこなすのに苦戦しているのですが……。

ただ、この中で非常に面白いと思ったのが、「契約」について説明している箇所でした。
そこのところをご紹介していきたいと思います。

引用前にちょこっと解説しておきますが、彼の説明によると、契約とはそもそも対等な「相互関係」であって、組織の「上下関係」を縛るものではなかったそうです。

それがなぜ変化していったのか?
彼は次のように「神」と「奴隷」をキーワードにして説明しています。では引用を開始します。

■第二章 契約の「上下関係」

(~前略)

契約とは元来は、対等の二者の間で結ばれるもので、組織の上下関係を律する概念ではなかった

ここまでは、世界どこの国も同じであり、日本も例外ではない。
したがって、西欧キリスト教社会だけを契約社会と呼ぶのはおかしい。

(~中略~)

日本においても、対等の相互契約という概念は、大体、室町時代にすでに定着しており、契約という概念が日本にないなどとはいえない。

だが、組織という点において問題となるのは、この対等の相互契約でなく、組織を構成する基となっている上下契約である

この上下契約という、われわれにとっては実際には少々奇妙な考え方は、原理的にいえば「神との契約」という考え方の中にすでにあるわけだが、これが本当に定着して民衆の生活をも律するようになったのが、いつごろからかはよくわからないが、史料に残っているという点では、はるか後代の、大体ローマ時代であろう。

次にその中の顕著な二例をあげる。

一つは奴隷解放契約であり、もう一つはキリスト教式の宣誓と殉教の問題である。


■神、主人、奴隷の三角形

当時の社会の史上的かつ一般的なタテの従属関係は主人と奴隷である。

奴隷というのは鞭で追い立てれば働くものか、といえば、いずれの時代であれ、そうはいかない。

奴隷の生産性は実に低く、ローマの外征が行きづまって奴隷〔購入価格〕が高騰するとともにローマ経済はインフレから破綻に向かうわけだが、この時代になると、奴隷への「経済的刺激」による生産性の向上という考え方がローマ人にも出てくる。当然であろう。

そして、比較的早くから経済的刺激体制に入っていたのが、学問奴隷と技能奴隷であった。
この両者は確かに、鞭で能率を向上さすわけにはいかない。

そして当時のローマでは、こういう”高級”奴隷は、いわば”派出婦会主人”のような所有主が所有して、それぞれ必要な場所に、要求に応じて派遣し、その賃金がそっくり所有主のふところに入っているわけである。

単純肉体労働ならいざしらず、高度の知識や技能・技術をもつこういう奴隷は、どうしても経済的刺激を与えざるを得なくなる。

そして生低水準の向上とともにローマ経済は、こういう奴隷が能率をあげてくれないと成り立たなくなる。

しかし、生産性をあげさすため、衣食住を保証した上で経済的刺激を与えるぐらいなら、まず、奴隷購入資金を回収した上で本人を解放し、解放奴隷たる自由人と一種の雇用契約を結んで稼がせた方が楽であるし、雇用主の収入もよい、同時に、当時は奴隷への警察的取締りは所有主の義務であるから、この義務を免ぜられるのも楽である。

そのため、最初の皇帝アウグストゥスのときには奴隷の解放が一種の流行になり、これが治安上の問題になるため、彼は数回、奴隷解放禁止令を出している。

けれど奴隷の側から見れば、ここに一つの問題が生ずる。

奴隷は”人間ではなく家畜である”から、人間たる所有主と奴隷の間で契約を結ぶことは不可能なわけである。

たとえば主人が、「お前の得てきた賃金の半分を、お前のためにつみたててやる。そして、それがお前を購入した金額に等しくなったら解放してやる」と奴隷と契約しても、この契約には効力はない。

奴隷がそのつもりで一心不乱に働き、主人が「購入した金額に等しい」金額をすでにつみたてたころ、「こりゃいい奴隷ですぜ」といって彼を最高値で他人に売りとばし、積立金を自分のふところに入れてしまっても、奴隷は一言の文句もいえない――彼は家畜なのだから――。

だが、こう危惧されて常に疑心暗鬼であっては、生産性はあがらない。
それでは主人がこまる。

この少々面倒な問題の解決に乗り出して来たのが、実は神様なのである

そして西欧社会の非常に面白い特徴は、この「神」という概念が実は「法」「契約」という概念の極限として、人間社会の実務と深くかかわりあっており、単なる、宗教学の対象にはおさまり切らない点にあると言ってよい。

この方法は、奴隷による収入の一定部分を神殿に寄託してつみたてるのである。

今残っているのは火神アポロンの場合とユダヤ教徒の場合だが、まず前者を見るとこの寄附金が一定に達すると、アポロンがその奴隷を主人から買いとり、その買取り代金として積立金を旧主人にわたすわけで、ここでその奴隷は、「アポロン神の奴隷」となるわけである。

だがアポロンが彼を使役するわけにはいかないので、実際には解放されるわけであって、これがりベルテ(解放奴隷)、この言葉からリバティー(自由・解放)が生まれたわけである。

これが、元来は契約の対象にならない奴隷と契約を結ぶ方法で、上下契約の最も古いものの一つであろうと思われる。

そしてこの図式は、実際には主人・奴隷の上下相互契約でありながら、形では、主人と神との契約で、奴隷は主人から神に売られたという形式をとっているわけである。

この関係を図示するとA図のようになる。
A図

面白いことに、こういった契約形式は今でも残っており、それは西欧の結婚式に表われている。

これについては前に記したことかあるが、結婚は実質には男女の対等の相互契約――いわば相互に誓い合う――形のはずであり、図示すればB図のような形になるはずである。
B図

だが西欧の結婚式の宣誓文をよく読んでごらんになるとわかるが、夫婦は相互に契約はせず、神に向かって、定型化された文言を、各々、別々に断言するだけなのである。
その関係はC図のようになるであろう。
C図

いわば一種のA型関係だが、両者が平等なのは、定型化された文言が平等だからであって、両者が平等な立場で契約を結んだからではない。

この関係を極端にまで推し進めると、確かに離婚ということはありえなくなる。というのは両者の相互契約ではないから、たとえ夫が失踪宣告をうけても、妻と神との関係は、それによって変化を生じないからである。

したがってこういう上下契約を神官立ち合いのもとに、奴隷所有主と神とが結んでくれれば、奴隷はその契約の履行を信ずることがでぎ、それが結婚の場合と同じように、結果においては、一種の相互契約となりうるからである。

したがって両者とも、ともに上下契約であるといいうる

なお奴隷解放契約には、解放された以後の賃労働契約がふくまれている場合もあったらしい。
そして多くのそれは、旧主人の存命中に限られていた。

この契約はユダヤ教徒の中に見られるが、前と重複する部分が多いから省略しよう。

だが社会というものは、その底辺で以上のような変化を生じた場合、在来の上部構造がそのままでいることはできなくなる。したがってこの徐々なる変化は、ローマ最大の組織の軍隊にも及んで行く。

(以下略)

【引用元:日本人と組織/契約の「上下関係」と「相互関係」/P25~】


ちょっと難しい処があったかもしれませんが、いかがでしたか?

以下、私の雑感ですが…。

奴隷というものが、どのように解放されていったのかを全く知らなかったので、そこに「神」が介在していたのだという指摘は私にとって非常に刺激的でした。

また、西欧社会の「神」というのは、日本の「神」と違って「契約」という概念が付随しており、同じ「神」でありながら全くの別物だということを、改めて感じました。
考えてみれば、モーゼの十戒なんて「神」との契約ですもんね。
日本人が八百万の神様と契約を結ぶなんてことは思いもしなかったのとは、実に対照的です。

そして、

この「神」という概念が実は「法」「契約」という概念の極限として、人間社会の実務と深くかかわりあっており…

という箇所は、実に重要な指摘だと思いました。

日本人が法というものに対して「神」概念を感じることは余り無いのではないでしょうか?
この点は、西洋と日本の「法を捉える意識が全く異なっていること」を示唆していると思うのですが。

また、いままで何気なく身近で聞いていた結婚の誓いの形にも、「上下関係→相互関係」という形がはっきり現れているとは……。そんなこと全然考えもしませんでした。

日本の結婚の誓いというのは、相互に誓うというB図ですよね。誓い自体には日本の「神様」は関わらず、証人として立ち会うだけの存在といったところでしょうか。

こうした違いを認識することが出来て、非常に刺激的でした。
やっぱり山本七平って凄いですね。

FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

このページのトップへ

コメント

めろんパンチさんへ

めろんパンチさん、コメント及びトラックバックありがとうございます。

私の何ちゃって引用記事が参考になって嬉しいですv-290
私は山本七平の比較文化論を読み始めたばかりなので、まだ全然詳しくないのですが、平易に説明されていることもあって結構面白いなと感じています。

これを齧ってみると、日本というは独特だな…と改めて思わされますね。

  • 2009/01/14(水) 19:32:14 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

なるほど、大変、参考になりました。自分なりに手探りで、「何故、マックスウェーバーは政治と歴史・風土にこだわるのか?」や「西郷隆盛や豊臣秀吉は植民地経営や奴隷売買に対して嫌悪感を抱いたのか?」という点として抱いていた疑問があり、漠然と一神教と多神教の価値観の差異と解していたのですが、、神を巡っての契約制度などのシステムという見解は大いに参考となりました。

思いも寄らぬところで接点があるといいますか、こうやって文化を比較してみると、確かに日本という国は特殊な部分がありますね。改めて再確認できました。有難うございました。

  • 2009/01/14(水) 10:49:08 |
  • URL |
  • メロンぱんち #NkOZRVVI
  • [編集]

1読者さんへ

私の拙い疑問に、大変ご丁寧にご回答くださりありがとうございます。

日本でも共産主義がらみで過去にそんな論争があったのですね。知らなかった…v-393
それはさておき、日本では奴隷制度はなかったのが定説とのことですが、納得です。

>塩野七生さんの「ローマ人の物語」を読むと、農場労働者等が中心だった近代アメリカの奴隷制とは異なり、古代ローマでは家庭教師や医師の多くも奴隷だったことを知り、少々驚いたことがあります。

私も塩野七生の「ローマ人の物語」は読んだことがありますが、盛んに奴隷として売り飛ばしたというエピソードが出てきますね。しかし、知的職業の奴隷というのも想像しにくいものですね。家畜扱いしている人間に、教えられる立場だったら、当時の人々はそれをどう受け止め自らを納得させていたのか?ちょっと不思議です。知識が出てくる機械のように思ってたのでしょうか?

>ある場合に“人を奴隷(=家畜)のように扱う”という発想が西欧文明の背景にあるという点は、“神との契約”という観念と同様に意外に重要かもしれません。

この指摘は確かに仰るとおりかもしれません。日本人による捕虜の扱いに関する問題は、相手を日本人同様、話の通じる”人間”として扱うがために起こっている面も否定できない気がします。
自らの尺度ではかり、それが相手にも通用すると思い込み、却って反発を呼んだり裏切られたように感じたりしているのかも。

また、遊女の例については、詳しく解説してくださりありがとうございました。
やはり、これも欧米の”家畜”的扱いとは違っているんですね。
大変わかりやすく参考になりました。

余談ですが、落語などで「来年、年が明けるんでざます」などというおいらんの台詞を聞いたことがありますが、これが「年季が明ける」という意味なのですね。いい歳して今頃知りました…v-404

  • 2009/01/13(火) 22:43:04 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

間違えました...orz

合田雄次氏 × → 会田雄次氏 ○
病気亡くなったり × → 病気で亡くなったり ○

他にもあるかもしれませんが、ご容赦を。

  • 2009/01/13(火) 17:54:08 |
  • URL |
  • 1読者 #-
  • [編集]

 レスありがとうございます。

>この返事を書いていてふと思ったのですが、日本の場合、このような「奴隷解放」という形はあったのでしょうか?

 そもそも日本に奴隷制があったかどうかということは、戦後の一時期、日本の歴史学で非常に話題になったそうです。というのも、マルクスらは、歴史が「原始共産制→古代奴隷制→中世封建制→近代資本主義→社会主義→共産主義」のように進むと考えたのですが、この発展段階説を、日本の歴史にそのまま当てはめようとする研究があったからです。もし日本に奴隷制が無かったとすると、永遠に共産主義には至りませんからねw
 しかし、山本氏も指摘しているように、奴隷とは(人の言葉を理解する)家畜そのものであり、人間が他の人間の所有権の対象とされるものです。このような意味での奴隷制は、日本には存在しなかったというのが現在では定説でしょう。牧畜がほとんど存在しなかった日本において、人間を家畜のように扱うという発想は、生まれようも無かったのかもしれません。(塩野七生さんの「ローマ人の物語」を読むと、農場労働者等が中心だった近代アメリカの奴隷制とは異なり、古代ローマでは家庭教師や医師の多くも奴隷だったことを知り、少々驚いたことがあります。)
 ただ、ある場合に“人を奴隷(=家畜)のように扱う”という発想が西欧文明の背景にあるという点は、“神との契約”という観念と同様に意外に重要かもしれません。雇用関係にそれが現れる場合もありますが、私は典型例は戦争捕虜ではないかという気がします(古代ローマでは、戦争捕虜は戦争奴隷として辺境防備などに当たらされました)。日本には、奴隷はもとより捕虜という習慣も無かったため、近代以降、少なからず混乱したように思います。つまり、捕虜は奴隷のように管理すれば良かったのですが(良く言えば捕虜の思想信条等には関与しないということでもあるのですが、合田雄次氏はその扱いを人種差別的と記述しており、つくづく異文化の交流というのは難しいものだと思います)、日本人はあくまで人間として、しかも‘敵か見方か’という視点を持ち込んでしまうため、良い面では武士道的となり、悪い面では(物資不足の面は別にしても)虐待と捉えられかねませんでした。とくに日中戦争以降、国が明確な方針を示さず、現地の判断に任せたことが最大の失敗だったように思います。

>奴隷とは違いますけど、遊女が遊郭から解放されるという事例が思いついたのですが、この契約は奴隷のそれとは違っているのかどうなのか、ふと疑問に思ってしまいました。神の介在とか無く契約してたんでしょうかね?

 遊郭などに「娘を売る」などと言われますが、要はその娘の契約期間分の給金を予め前渡しするという契約ですから、前渡しされた給金分の期間働いたら、契約期間満了により解放されるというのが建て前で、これを‘年季が明ける’と言ったのはご存知かと思います(このような契約を“前借金契約”と言います。また、年季とは、一般に奉公人を雇う約束の年限という意味で使われていましたから、契約自体はそれと大差がなかったということでしょうか)。また、身請けは、前借金の残額(+α)を代わって支払い、遊女や芸妓を止めさせることですが、これもその遊女自身が売買の対象とされる訳でないことは言うまでもありません。実際の遊女は年季が明ける前に病気亡くなったり、‘口減らし’のため身売りされた場合には帰る所も無く過酷な状況にあったことは確かでしょうが、これを‘奴隷的拘束’と呼ぶことは混乱を招くことになるかもしれません。
 なお、こうした遊女らに対する扱いには、明治維新当時、欧米諸国からの批判があり(まさに「お前が言うな!」と言いたくなりますが)、維新政府は律儀にも全面禁止にしています。その後、こうした前借金契約は、大審院時代に公序良俗に反し無効という判例が確定し、現在に至っているはずです。

  • 2009/01/12(月) 21:48:26 |
  • URL |
  • 1読者 #-
  • [編集]

1読者さんへ

丁寧かつ詳しいコメントをありがとうございます。
1読者さんのコメントを読んでいますと、今更ながら自分の理解というものが浅いものか…というのを痛感してしまいます。

>したがって、エントリーにある奴隷解放の例は、‘神との契約’という点は同じでも、多神教型における特殊な例外(奴隷は契約当事者となる資格がないため)と考えた方が良く、一神教の事例と一緒にするのは不適当であるような気もします。

確かに奴隷解放の事例は、ギリシャ神のアポロンですから、一神教の事例じゃないですね。そういう意味では1読者さんの仰るとおり不適当な部分があるかも知れません。

この返事を書いていてふと思ったのですが、日本の場合、このような「奴隷解放」という形はあったのでしょうか?

奴隷とは違いますけど、遊女が遊郭から解放されるという事例が思いついたのですが、この契約は奴隷のそれとは違っているのかどうなのか、ふと疑問に思ってしまいました。神の介在とか無く契約してたんでしょうかね?

  • 2009/01/11(日) 23:05:40 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

今年の初書込みです。

 “神との契約”という観念が西欧文明の背景にあるという指摘は、おそらく山本氏が最初に取り上げてから、一時期盛んに議論された点で、比較文化論的にも非常に面白いテーマです。山本氏も、いくつかの著作で繰り返しこの問題に触れていて、私の手許にあるものでも『日本資本主義の精神』(PHP文庫)がかなり詳細に取り上げています。『日本人と組織』は読んでいないのですが、引用された部分を読む限り、比較的初期に書かれたもの(?)なのかどうか、内容に若干混乱があるようにも感じます。

 この問題については、私は以下のように整理すると分かり易いのではないかと考えていました。
 まず、「上下契約」というのは法律学上の概念ではなく、たぶん宗教学または歴史学上の分類だろうと思いますが、とりあえず「“神(という観念的な存在)と人”という非対称な関係間の契約」と考えます。なぜ、このような考え方が必要とされたのかは、おそらく現在のように国家権力による履行の強制という制度が未成熟な古代・中世において、契約の実現を保証する必要があったからでしょうし、また、異文化・異民族相互間においても関係性を構築するのに有用だったからだろうと思います。

 次に、このような宗教と世俗社会との関わり方、つまり、個人相互間の関係性の構築に神(々)がどのように関わるのかという問題(それ以外の「上下契約」の特徴はここでは省きます)については、「一神教型」と「多神教型」に分けて考えると便利です。

 一神教の場合、個人相互間には直接関係性(契約・合意等)は成立せず、神を媒介にして初めて成立します。たとえば、エントリーにある結婚の例のように、「A男はB女を妻とする契約を神と結び、B女はA男を夫とする契約を神と結ぶ。その反射的な効果として、A男とB女の間に結婚という事実関係が生じる」というのが典型です。さらに、一神教においては、売買契約や雇用契約なども基本は同じでした。したがって、同じ神を信仰していないと個人相互間に関係性を構築することは不可能(異教徒には契約当事者となる資格がない)となり、当然非信者に対しては排他的・非寛容になります。この点、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の基本はすべて同じです。イスラム社会では現在でも(信者相互間の)基本はこのままですが、西欧キリスト教社会では、市民革命において「契約は個人の合意のみにより成立する」と宣言したことによって初めて、政教分離と信仰の自由が確立されたということになるでしょう。ただ、ユダヤ教では家族法・相続法などの分野には、いまだ宗教法がそのまま適用されますし、アイルランドでも70年代まで離婚ができなかった(「神との契約は破棄することができない」から)のは、その名残りだったのでしょうね。

 一方、多神教の場合、個人相互間に直接関係性が生じるのが原則で、神々はそれを保証ないし監視する役割を果たします。したがって、他者の信仰する神々を信頼し、少なくとも保証価値(?)を認めなければ個人相互間に関係性を構築できません(たまたま同じ神を信仰していたり、契約神に誓う場合も同じ)。古代ギリシアやローマ、さらに日本の場合、神道・仏教ともに基本は同じです(日本でも、江戸時代までは誓詞や起請文などが日常的に行なわれていましたし、熊野誓紙も有名ですね)。したがって、エントリーにある奴隷解放の例は、‘神との契約’という点は同じでも、多神教型における特殊な例外(奴隷は契約当事者となる資格がないため)と考えた方が良く、一神教の事例と一緒にするのは不適当であるような気もします。

 いずれにしても、山本氏の比較文化論(や日本文化論)に関する著作には触発されるものが多く(個人的には戦争体験記に関するものよりも好きです)面白いのですが、そういうものに限ってやたらと原文が引用してあって、理解が覚束ないものも少なくありません...orz

  • 2009/01/10(土) 02:10:49 |
  • URL |
  • 1読者 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/170-ffe6b68c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神仏習合

先日入院中に、[神仏習合]と言う本を読んだ。(義江彰夫著) 如何して日本の神々が、仏教に転向して行ったかという理由と、神仏習合が出来上が...

  • 2009/01/10(土) 16:48:59 |
  • Dendrodium

日本的価値観と奴隷制度

考えてみたら日本の歴史って、あんまり【奴隷】という単語が出てこないんですね。細かく検証すれば極めて奴隷的に扱われた人々も居たんでしょうけど、原則的に西洋人が近代まで奴隷に労働を任せて文化的な暮らしを構築した事に比べると、日本史に奴隷が登場するのは僅かで...

  • 2009/01/14(水) 10:50:27 |
  • どーか誰にも見つかりませんようにブログ
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する