一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

12/05のツイートまとめ

yamamoto8hei

RT @cornwallcapital: 古市憲寿やフローレンス駒崎弘樹みたいな痛い奴が職場やクラスに居たら、普通に鬱陶しいと殆どの人が思うだろうしな。
12-05 07:21

RT @saitohisanori: 簡単に言っちゃえば、古市や駒崎は「シールズ」と同じ。都心のマスコミ業界人のオッサンたちには、とても都合のよい存在だけど、同世代の研究者や育児関係者から見たら「何アレ?」みたいな存在。 https://t.co/c3NyS474K3
12-05 07:22

RT @hoikourou0309: @yamamoto8hei 共感、つまり気持ちでは無く論理で賛同を得ないと。「日本死ね」という言葉は情緒的ですが待機児童問題は解決していないし、当事者の呪詛を吐くほどの現状はホンモノですよ。それを利用した人達は最低ですが。
12-05 07:58

@hoikourou0309 なかなか論理だけでは人は説得されないので共感も得ないとダメでしょうね。反原発派が典型ですが、情緒オンリーで論理が全く通用しない人達は共感でしか動かず、空気の支配に最も陥り易い。この人達は情緒的ですぐ異論者に呪詛を浴びせるし、扇動に乗せられ易いタイプ。
12-05 07:58

RT @JPN_LISA: 「日本には抵抗の文化がない」と言ったアレクシェービチの言説を後からフォローする記事を読んだが、私の評価は以前と変わらない。知らない土地に数日滞在し、極めて限定的な状況を見ただけでその土地を論評する態度は文学的権威主義であり、その土地に生きる人々の多様…
12-05 09:14

RT @JPN_LISA: アレクシェービチの視点というのは、たまたま一つの「成功体験」を歴史も風土も文化も異なる別の場所でも強引に水平展開しようとする「町づくりコンサル」と同じである。それを文学の文脈で語るか商売で語るかの違い。初めて訪れる自分が知らない土地に対する敬意が全く…
12-05 09:14

RT @nakamukae: 日本には抵抗の文化がないとおっしゃったノーベル賞受賞者、まさかジャップからここまで反発され叩かれるとは想像もしてなかったんだろうな(・ω・)
12-05 09:14

RT @hirosno: 【蓮舫民進党の悲劇w】安倍総理の予告通りになってしまった、民進党の直近の支持率w https://t.co/wN86gjiGXA
12-05 10:50

RT @kougeki_mizuki3: ★海外の万国反応記●外国人「凄くワクワクしてるよ!」 映画『この世界の片隅に』の世界進出に海外から期待の声 https://t.co/3FOgVW1Sy4
12-05 12:29

こういうまとめを見ると、ホント放射能とか原発事故のイメージに拘束され、思考不能に陥っている人達には、言葉は一切届かないのだなと改めて痛感する。「望月衣塑子さん(東京新聞): 山本太郎さんが、原発被災者になりかわり、心底怒..」 https://t.co/tPiV11P90d
12-05 12:58


反原発派の人達を転向させるには、放射能とか原発事故の強烈なイメージを上回るような大惨事でイメージを上書きしないと無理なのだろうな。論理(=言葉=ロゴス)ではなく、感覚に思考が支配されている人は、別の痛みを体験しない限り、回心は考えにくい。
12-05 21:28

引き寄せの法則じゃないけどさ、安易に「日本死ね」と呪いばかり口走るような人って、マイナスのエネルギーばかり集めるような気がするんだよね。むしろ日本の社会にも難しい問題はあるけれど、プラス思考で解決しようとする方が建設的だし、世の中を良くする方向に進んでいけると思う。
12-05 21:35

話はリーダー論に変わるけど、安倍首相が高齢化社会は危機ではなくチャンスと言っていたんだよね。それを聞いてやはり指導者はいかなる時でもこのようにポジティブであるべきだと思ったね。それに比べて菅民主党政権のスローガン「最小不幸社会」のネガティブさといったらホントもう酷かった。
12-05 21:42

RT @syatekiya072: 怨念と呪詛ばかり撒き散らす連中はだいたいロクな事しない(確信)
12-05 22:04

RT @ueno_kichi: @takeshi_tsuruno そもそも日本嫌いで何が悪いんだろ。現状に「死ね」と言いたくなることだってあるだろう。そこになんの問題があるのでしょうか。
12-05 22:42

RT @takeshi_tsuruno: @ueno_kichi すまん!一度もない。ここ良くなればもっと良い国きなるのに、、は沢山ある。
12-05 22:42

そういう人が居ても仕方ないと思うけど、そういう人ばかりになって欲しくは無いな…とは思うよ。>RT自らの共同体に敵意を抱く人が多い共同体が良くなる事などないと思うし。ま、それでも中国人みたいに自国を全く信用してない人達ばかりで構成している共同体よりはマシかもしれないが…。
12-05 22:42

RT @SHIN5DZILLA: にしても、安倍首相をヒトラーだ戦争狂だと口汚く罵ってる人達、自分達が支持してきた政治家が誰一人、アメリカ大統領を広島に連れてこれず、また真珠湾を訪問できなかったの、恥ずかしくないのかね。嫌いな総理大臣の悪口呑気に言ってる場合じゃないと思うんだけ…
12-05 22:47

RT @SHIN5DZILLA: 安倍首相とオバマ大統領の真珠湾訪問の報の後にこうツイートしちゃうセンスw https://t.co/0SF9ya51n0
12-05 22:49

英雄橋ってマジでペラいよな。>RT無定見のバカの癖に、賢しらぶるから底の浅さが一層際立つ。
12-05 22:52

RT @yamamoto7hei: ⑬新聞も大学も文化人も政党人も全て正義を口にする。まるで全員が「瀆(けが)れた布」を頭にかぶり「使用ずみのアンネ」を口にくわえてデモ行進をしているようになり、その瀆(けが)れが各自の全身にまわっていながら、それが、世の中を正し、清めること…
12-05 22:57

RT @yamamoto7hei: ⑭しかし結局それはイザヤの言った通りでしかない。正そうとすることがゆがめ、清めようとすることが瀆(けが)す、この「瀆(けが)れ」の最初の徴候は罵詈讒謗(ばりざんぼう)であり、ついで叫喚になり暴行になり、流血で終る。
12-05 22:57

RT @yamamoto7hei: ⑮正義を口にすれば必ずそうなる、正義を口にすることですべてが正されるなら、人類は数千年前に正されたはず、というわかりきったことまでわからなくしてしまう。本多様が育ったのはこの環境でしょう。
12-05 22:57

RT @yamamoto7hei: ⑯私は戦前・戦後といった分け方で日本を見ませんから「人間の正義は瀆(けが)れた布切れに等し」という考え方が、戦前にも戦後にもないし、日本のキリスト教徒にすらないことを知っています。
12-05 22:57

RT @yamamoto7hei: ⑰しかし、確かに、イザヤとは全く違った考え方ですが、結果においては同じ力をもつ考え方が、伝統的な日本人の考え方にあることも知っております。
12-05 22:57

RT @yamamoto7hei: ⑱しかしおそらく本多様は、その伝統的な考え方を知らず、知ろうともせず、知ってもこれを蔑視し、瀆(けが)れた布切れをかぶり、使用ずみのアンネを口にくわえておられるのでしょう。なぜそう断定するか。同じような人間がアメリカにもおりました。
12-05 22:57

RT @yamamoto7hei: ①正義を口にし、その瀆(けが)れが全身にまわった人間は必ず「殺される側に立つ」「抑圧された者の側に立つ」といいます。ダレス氏もそういいました。<『日本教について/イザヤ・ベンダサン』
12-05 22:57

RT @yamamoto7hei: ②氏は確かに一個の「哲学者?」で、本心から「自分は共産主義という専制によって殺され、抑圧されている者の側に立っている」と信じ込んでおりました。従って氏に反論する者は不義であり、氏が正義でした。
12-05 22:57

RT @yamamoto7hei: ③しかし氏が正義という瀆(けが)れた布をかぶり、それを口にしたとき、その瀆(けが)れは氏のみでなく、氏を通じて全アメリカ人に伝染して行き、それがどのような結果を招来したか、御存知のはずです。そしてそういう人は「殺される側に立つ」といいつつ…
12-05 22:57

RT @yamamoto7hei: ④本当に「殺される側に立つ」者は、ユダヤ人と共に自ら貨物列車に押し込められ、共にガス室で消えて行った神父さんのように、常に「苦難の僕(しもべ)」の通りであって「打たれ、くだかれ」ても「黙然として口を開かない」ものですから。
12-05 22:58

RT @yamamoto7hei: ⑤その人にとっては、その行為が言葉(のすべて)であって、もう何もいうことがない――「立つ」ということはすべてそういうことであります。そしてそういう人は絶対に「正義という瀆(けが)れた布」を口になどいたしません。
12-05 22:58

RT @yamamoto7hei: ⑥それでいて「苦難の僕(しもべ)」の序詩に記されたように、「もろもろの国民を驚かし、王たちですら彼のゆえに口つぐむ」のです。
12-05 22:58

RT @yamamoto7hei: ①【「争いはそれ自体罪悪である」】以上のように申し上げれば、では一体どうしろというのだ、われわれにどんな不義不正を見ても沈黙していろというのかという反論が当然かえってくるでしょう。<『日本教について/イザヤ・ベンダサン』
12-05 22:58

RT @yamamoto7hei: ②これについてはネヘミヤが記しておりますが、これはいわば冒頭に記した第二層に入りますので、別の機会に譲りたいと思います。ただ最後に、このような問題を昔の日本教徒はどう考え、どう処理したであろうか、という点について、少しく触れて終りにしたい…
12-05 22:58

RT @yamamoto7hei: ③元来日本教徒には「争いはそれ自体罪悪である」という断固とした哲学がありました。これは非常に面白い思想です。正義と不義との争いなどという考えは一切うけ入れない――何はともあれ「争うこと」が不義なのだ、という考えです。
12-05 22:58

RT @yamamoto7hei: ④「喧嘩両成敗」という考え方はこれに起因し、また「勝てば官軍」も、この事への非常にアイロニカルな表現であり、義軍は存在しないという事でしょう。「争いはそれ自体罪悪である」という考え方からは聖戦(ジハード)とか義戦とかいった考え方、いわ…
12-05 22:58

RT @yamamoto7hei: ⑤大東亜戦争を聖戦だといったのはあくまでも西欧思想からの借物であり、日本の軍隊と同様、イミテーションにすぎない、と思います。従って「大東亜戦争肯定論」というのがあるとすれば、これは西欧的な考え方であって、「争いそれ自体を罪悪」と考える…
12-05 22:58

RT @yamamoto7hei: ⑥そして「争うこと自体」が罪悪なら、争う両者が成敗をうけるのは当然であって、一方だけが処罰されることには、日本人は承服できない――赤穂浪士が義士となるゆえんでしょう。
12-05 22:59

RT @yamamoto7hei: ⑦一方正義と不義(光と闇)があるから争いが起るのだ、という考え方は、非常に古くから広く中東にあった考え方で、これがペルシャで思想化され、(続
12-05 22:59

RT @yamamoto7hei: ⑧続>イスラエルのクムラン・エッセネ(二千年ほど前に死海沿岸で共同体を形成していたユダヤ教の一派。発掘文書『光の子と闇の子』等がこれを示す。)を通じて西欧に入ったことは、多くの学者が指摘しております。
12-05 22:59

RT @yamamoto7hei: ⑨このグムラン・エッセネは、一部の学者が「プレ・クリスチャン」と呼ぶほどキリスト教に近い面がありますので、この思想がキリスト教に強く流れ込んでいるのも当然でしょう。この考え方は十字軍から階級闘争にまであります。
12-05 22:59

RT @yamamoto7hei: ⑩しかしこれも日本教の思想と同様に人類の思想の一つにすぎません。そしてこの思想には「イザヤ書〔註:人間の正義は瀆(けが)れた布切れに等し〕」という強力な歯止めがないと大変な事になります。明治以来、それまでに日本になかったこの思想を導入…
12-05 22:59

RT @yamamoto7hei: ⑪そしてかろうじて「歯止め」の役目をしたのが「争うこと自体が罪悪である」という日本の伝統的な考え方でした。そして日本の軍部が何よりも敵視したのが、実はこの伝統的な日本教的考え方であったのは、本多様と同様で、それは『戦陣訓』が物語っ…
12-05 22:59

外来思想を輸入した日本で、その思想がオリジナル同様の効果を表さず、むしろ暴走してしまう理由の一つがコレだよな。そして軽薄な出羽の守ほど「歯止め」の大切さに気付かず、外来思想の良い面だけを輸入できると勘違いしているから始末が悪い。https://t.co/0tRL5M1NL5
12-05 23:11

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/1736-fcf4fcf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する