一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

韓日友好を唱える韓国人の認識はこんなもん。

今日の赤旗を読んでいて、何気に気にかかった記事をご紹介。
「ひと」という題名のコラム↓です。

■韓日友好を掲げて27年、韓国書専門店代表

李慈勲さん(67)
李慈勲さん
(画像↑追加しました。)

コリアタウン大阪・鶴橋の「ソウル書林」は原書が並び、研究室のようです。
「韓日のありのままの歴史を伝えることで、誠の友好関係を築きたい」。一九八二年の開店以来の熱い思い。

出版も手掛け、韓国語講座を開くなど書店は日韓交流の場ともなってきました。

「韓日のほとんどは善隣友好の歴史です。鎖国の江戸時代でも朝鮮には門戸を開き、十二回も朝鮮から通信使が送られた。そんな日本が武力で朝鮮を支配した」。

柔らかな物腰と強いまなざしです。

土地を奪われ、おびただしい餓死者を出した強制連行や生活のために敗戦時、二百数十万人も在日がいたほど」

韓国金屋南道麗水市生まれ。六一年から三年間、民主化闘争で学生の中心を担って独裁政権とたたかいました。

「命あったのは幸せ。捕まって殺され、あるいは拷問の後遺症に苦しんでいる仲間が韓国に大勢いる。しかも何の補償もなく…」。

逃れるように海を渡ってたどりついた日本。
異文化・異民族を排除する鎖国のような国に思えました。

「溶け込むには、しんどかった」

今の韓流ブームに及ぶと笑みが浮かびます。
「軍事独裁政権によって抑圧されていた民衆のエネルギーが民主化によって花開き、のびのびと素晴らしい作品を生み出した。それが日本人の心をもとらえた」。

自らのたたかいと重ねます。
時代の激流の中の人生。

「自分の生きてきたことが一つの歴史をつくる」と、揺るがぬ思想です。

文・写真 小林信治

【引用元:平成21年2月26日付しんぶん赤旗より】


韓国書専門ということだから、ウリナラマンセーの本ばかり読んでいるせいもあるのかも知れないけど。

「ありのままの歴史」って、どこが「ありのまま」なんだよ(苦笑)

こんな認識で、韓日友好を掲げているのだから、韓日友好も道遠し…ですなぁ。

またそれを真に受けて、記事にしている赤旗も、人が好いというかなんというか。
ま、ある意味、赤旗らしいと言えば、それまでなのだが…。


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:デンパなニュース - ジャンル:ニュース

このページのトップへ

コメント

どちらかと言うと

個人的に知っている中では、在日よりも、韓国人の方が、まだ好印象です。
自国で騒いでいる事は置いておいても、少なくとも、今後同胞に迷惑がかかるような真似は、謹んでくれてましたから。

  • 2009/03/01(日) 08:29:04 |
  • URL |
  • 仮)山田二郎 #3/2tU3w2
  • [編集]

コメントどうもです。

>仮)山田二郎さん、

コメントありがとうございます。
歴史もいろんな見方があるんでしょうけど、韓国人のそれって、事実に基づいていない場合が多いから、日本人には到底受け入れられるものではないですね。
大阪のほうだと、在日利権も結構目に付くのでしょうか…?

>管理人のみ閲覧さま

そんな事例があったのですか。
私には、在日(ひょっとしたら通名でいるかもしれませんが)の知り合いがいませんので、そういう経験はないですね。
そんな経験をされたら、たしかに印象はよくないですなぁ。
むろん、在日もそんな人ばかりではないと信じたいのですが…。

  • 2009/02/28(土) 23:09:25 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/02/27(金) 22:46:41 |
  • |
  • #
  • [編集]

卑怯な在日に取っては

ありのままの歴史とは、自分達の考えに都合良く沿った歴史の事です。

ちなみに、我が市の地価の高い土地で、在日が不法占拠したままになっている所が結構あったりします。

  • 2009/02/27(金) 22:22:12 |
  • URL |
  • 仮)山田二郎 #JalddpaA
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/188-db5af562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する