一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

09/02のツイートまとめ

yamamoto8hei

RT @chounamoul: 率直に言って俺は、女性が男性より有利な地位を享受してはじめて公正な社会だと思ってる。月経、妊娠、出産といった人間社会を維持する上で不可欠な負担は女性だけが負っていて、男性はその点で全くのフリーライダーなのだから、女性の生物学的な負担は社会的に報わ…
09-02 09:29

RT @kanedaichi1: @chounamoul 「社会に貢献しているから有利にするべき」っていう考えはどうかと思う不妊の人も迫害をうけるだろうけどそれはまだマシで、知的障害者を産んだ親とかだと社会にマイナスだから余計にいじめろ、という考えになる。本人はほかの親の十倍…
09-02 09:29

RT @kanedaichi1: @chounamoul フェミニズムというのは女性が結婚や出産を強制されたり、それがかなわない女性ができそこないとして差別されることを防ぐために生まれたのに、「出産できるんだから女を優遇しろ」というなんて。申し訳ないけどフェミニズムを語るのに…
09-02 09:30

RT @chounamoul: マイノリティが差別に抗議するときに、「じゃあこっちの差別にも反対しろ、さもなくばダブスタだ」と次々に他の問題を背負わせるのは、抗議を潰す常套手段なんだけど、本来それらを真っ先に背負うべきなのはマジョリティであって、自分たちを踏む足をどけろと訴える…
09-02 10:07

RT @syakkin_dama: これはその通りだよね。ある差別に反対する者が他の差別にも反対しなければいけないわけではない。
09-02 10:07

RT @syakkin_dama: ただし、ある差別に反対する者が「ある差別」と同型の差別を「肯定」した場合は、「あなたは差別されたくないが差別はしたいということですか?」と問われるのは避けられないよね。これは全く別の問題。
09-02 10:07

RT @syakkin_dama: アジア人差別に反対するアジア人が、黒人差別にも反対しなければならないということはない。しかし、黒人差別を肯定したならば「あなたは差別に反対しているのではなく差別する側に回らせろと主張しているのですね」と判断されますよね。
09-02 10:07

RT @syakkin_dama: 「私はパワーバランスを逆転させ、差別する側に回ることを目指しているのだ。差別されてきた私たちにはその権利はある」と主張するのも自由だと思います。しかし、対立する側がその論理に賛同するわけがありませんね。それは単なる闘争であり正しさではないです…
09-02 10:07

RT @syakkin_dama: 更にこの話を厄介にしているのは、「差別されたと感じた者が声を上げたときその告発を無効化することは許されない」というロジックをフェミニストのそれなりに多くが採用していることですね。「それは差別ではない」の論理は既に封鎖されてる。
09-02 10:07

RT @syakkin_dama: 「差別がそこにあるという告発は無効化できない」のロジックを取り下げることはもちろん出来ます。しかし、そうすると今度は「これは差別だ」と声を上げたとき「それは差別ではない」と批判してくる相手に正当性を与えることになってしまいますね。
09-02 10:08


RT @syakkin_dama: クソ強いオフェンスは攻守ひっくり返るとヤバいということですし、仏教でいうところの「吐いた唾は飲めない」というやつです。
09-02 10:08

RT @syakkin_dama: ある差別に反対する者が他の差別にも反対しなければいけないわけではない、を僕は正しいと思います。これは必然的に「男性は男性差別に反対したとしても女性差別に反対する義理はない」という帰結を生み出しますが、それは「問題ない」んですよね。
09-02 10:08

RT @syakkin_dama: ところで確認なんですが、「差別に反対しない」は差別への加担「ではない」んですよね。ある差別に反対するものが他の差別に対して声を上げる義務はないという言明は、これを受け容れることにどうしてもなります。受け容れられるなら何の問題もありません。
09-02 10:08

人は"偏り見る"存在だから、全方位に良心を発動させる事は無理。でも、シュナムル君みたいに差別反対の綺麗事を叫びつつ「無自覚に差別をしていれば」「君は単に被差別側から差別側に回りたいだけだろ」というツッコミが入るのは当然だろうね。https://t.co/KByLM0xOOm
09-02 10:30

しかもシュナムル君の場合は、被差別側ですらない。被差別側に"憑依"しているだけの「強者」であり、綺麗事の建前を振り回して善人ヅラをアピールしているだけだもんな。いわゆる、おち○ぽ騎士団の一員ってヤツですね。
09-02 10:39

十億円を拠出してるのに、履行してないとはこれ如何に…(呆)事実すら正しく認識出来ないアホとは議論になりませんな。 RT @nerinanarine7 「日韓両政府が協力し、全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心を傷の癒しのための事業を行うこととする」が何時履行されたのやら
09-02 10:53

RT @sironitta: @nerinanarine7 以前にも指摘しましたが、日本側が履行すべきは事業の為の一括支払いであって、既に履行しています。貴方の日本語の解釈が間違っているのは英文版ではっきりと分かります。少なくとも事実に基づく意見表明をされるべきかと。
09-02 10:53

「日韓合意の精神を反故にした」という"言い掛かり"で、日本側が十億円の拠出金という明確な形での履行を否定しちゃうのだから、ヤクザの「誠意を見せろ」より酷い。少なくともヤクザは誠意(金)を見せれば、文句は言わないよ。要するに韓国はヤクザ以下ってこと。
09-02 11:02

@sironitta ネリナナリネ君みたいな手合いは、所詮「結論ありき」の人ですから、幾らその間違いを指摘したところで、更に詭弁を弄してくるだけなんですよね。こういう手合いに真摯な議論を期待するのが、そもそも間違ってると私は思ってます。
09-02 11:23

RT @dengan875: ちらっと見たけど副審めっちゃ審判に向いてる名前やな https://t.co/zfmi61iPjc
09-02 11:34

RT @chicago0812: 四国にマジでドラゴンいた!! https://t.co/twzBZyNu2J
09-02 11:36

RT @yamamoto7hei: ⑬『タルムード』には面白い話がある。あるラビが新しい解釈を提案したが否決されてしまった。そこで彼は自分の解釈はあくまでも正しいと主張し、その証拠に奇蹟を行なって見せるといい、本当に奇蹟を行なった上で再び評決に付したが、また否決されてし…
09-02 12:17

RT @yamamoto7hei: ⑭すると彼は天に向かって大声で「神よ、私の正しいことを証明して下さい」といった。すると天から「みな、何をつまらぬことを議論しているのか、彼の提案は正しいではないか」という声がした。そこで評決に付したが、また否決されてしまった。
09-02 12:17

RT @yamamoto7hei: ⑮神の声を無視したとは面白い説話だが、これは神意は多数決を通してのみ現われるのであって、それ以外には現われない、ということである。これを今日的にいえば「私は神のお告げを受けた、故に私の提案は正しい」といった神がかり的主張は一切認められず、…
09-02 12:17

RT @yamamoto7hei: ⑯以上に共通する考え方は、多数決は神意の現われだから絶対だという考え方で、「多数が賛成したから正しい」と考えているわけではない。
09-02 12:17

RT @yamamoto7hei: ⑰ただ神意・神慮を問うのだから、自己の良心のみに従って投票しなければならないという考え方と、そのためのさまざまなルールは、何ものにも拘束されない議決を生み出したことは事実であろう。
09-02 12:17

RT @yamamoto7hei: ⑱そしてさまざまな「縁」を断ち切った「出家」が、神という絶対者を前にしたとき、この方式が最も採用しやすかったのも事実であろう。この行き方は確かに民主主義の基にはなりうるが、問題はそれが寺院内に限定されたか、その枠をやぶって一般世俗社会の規…
09-02 12:17

RT @yamamoto7hei: ⑲確かに氏族制や大家族の社会では一般化しにくい。まして平安時代は「閥族時代」といわれるほど「閥」がすべての決定の基本になっている。ではそれがどう発展して行ったのか。だがそれを問う前に、別の問題に触れねばならない。
09-02 12:17

RT @yamamoto7hei: ⑳というのは当時の大寺院がこれを行なった場合、当然に問題が起こる。というのは、延暦寺や南都の大寺は、前述のように元来は「鎮護国家」を祈願する寺で、その僧は今でいえば「国家公務員」、当然に朝廷の命令に従わねばならない。
09-02 12:18

RT @yamamoto7hei: ㉑では、満寺集会の議決の「僉議〔せんぎ〕事書」や「列参事書」の内容が、朝廷の方針と違って、両者が真っ向から対立したらどうなるか。一方は「神意」、一方は「天皇=律令」の規定である。
09-02 12:18

RT @yamamoto7hei: ㉒この関係は白河法皇(院政=1086~1129年)の余りに有名な「賀茂川の水、双六〔すごろく〕の賽〔さい〕、山法師、これぞ朕が心に随〔したが〕わぬ者」に現れている。院政最盛時の白河法皇がどうにもできないなら、他の者にはどうにもなら…
09-02 12:18

RT @yamamoto7hei: ㉓もちろん、満寺集会の議決が寺内に限定されるのなら問題はないが、当時の大寺院は多くの荘園をもつ政治勢力であり、それが満寺集会の議決を絶対的な「神慮」として政治的要求をつきつけて来てはたまらない。当時の人間には神罰・仏罰という意識があるから…
09-02 12:18

RT @yamamoto7hei: ㉔彼らは「噭訴〔ごうそ〕(強訴)」という方法をとった。有名なのは延暦寺と興福寺だが、先鞭をつけたのは熊野の大衆で、彼らは神輿を奉じて白河天皇の永保二年(1082年)に入洛して強訴した。
09-02 12:18

RT @yamamoto7hei: ㉕これに刺激され興福寺の衆徒が、榊〔さかき〕の数枝に鏡をつけた春日神社の神木を先頭に押し立てて入洛強訴した。春日神社は藤原氏の氏神なので、これが来ると藤原一族は神罰を恐れて出仕しない。こうなるとすべての政務がストップするから、否応なく…
09-02 12:18

RT @yamamoto7hei: ㉖もしもこの際、藤原一族の誰かが興福寺に不利な事をしたら大変で、すぐ「放氏」されてしまう。今から考えるとおかしな話だが、興福寺の大衆が春日神社の神すなわち藤原氏の祖神にその者を告発して「氏」から追放してしまう。そこで「放氏」といわれる…
09-02 12:18

RT @yamamoto7hei: ㉗これをされると社会的身分の全てを失うから家で謹慎閉門して、お赦しを待つ以外に方法がなくなる。この手段があるから要求は全て通る。延暦寺はこれを見て、堀河天皇(白河法皇の院政中)の嘉保二年(1095年)、荘園の事で美濃守源義綱と争い、日吉〔ひ…
09-02 12:18

RT @yamamoto7hei: ㉙こうなると諸大寺の強訴競争のようになり、それを一々あげるわけには行かないので以上でとどめ、なぜこのようなことが平然と行われ得たのか、行う方は何を正当性としてこのようなことを行なったかについて記すことにしよう。
09-02 12:19

RT @yamamoto7hei: ㉚まず第一が当時の人のもつ宗教的畏怖の逆用もしくは悪用である。これは前述の「放氏」によく現われている。興福寺大衆の満寺集会の議決は春日神社の神慮であり、藤原氏はその氏神の神慮に従わざるを得ない。では、天皇から命じられても出仕しない…
09-02 12:19

RT @yamamoto7hei: ㉛そうなると、彼らの議決は国法を超えるものとなり、彼らの要求に屈することは、今でいえば「超法規的処置」ということになる。
09-02 12:19

RT @yamamoto7hei: ㉜「強訴トハ理不尽ノ訴訟也」が鎌倉時代の定義だが、重要な点は、現代の「超法規的処置」と同じように、その要求を受理せざるを得ない側も、強要して受理させる側も、共に「理不尽」だということを知っていた点である。
09-02 12:19

RT @yamamoto7hei: ①【理不尽な強訴の尖兵たち】「理不尽」と知りつつ強制するケースは二つしかないと考えてよい。一つはヤクザのようにはじめから「理」など無視している場合、もう一つは、通常の「理」を超える絶対的な「義」が自分の側にあると信じている場合である。<『…
09-02 12:19

RT @yamamoto7hei: ②いわば何らかの「大義」のためハイジャックして超法規的に犯人や容疑者を釈放させて自分のところへ送らせる、などというのはこの一例である。ただ以上の二つのケースが「タテマエ・ホンネ」という形になっている場合もある。
09-02 12:19

RT @yamamoto7hei: ③「タテマエ」からいうと、大寺院は「鎮護国家」を任とし、国家は王法・仏法で支えられているのだから、仏法もまた法であるという理屈が成り立つ。
09-02 12:19

RT @yamamoto7hei: ④だがこの仏法という意味が、現実に存在する寺院勢力を意味するようになると、その衆徒による「満寺集会の議決」は神慮を現わすからこれまた法であり、この法を無視すれば「仏法を破滅せば、国家は滅亡せん」で、国もまた滅びるから絶対に無視してはならないと…
09-02 12:19

RT @yamamoto7hei: ⑤だが、その「満寺集会の議決」が、寺領に対して横暴であった、というより横暴であったと彼らが主張する国司を罷免せよといった要求になると、元来は「王法」の支配下にある国司を、彼らの力で罷免させる結果になる。
09-02 12:19

RT @yamamoto7hei: ⑥こうなると、現実問題として「満寺集会の議決」なるものが「法以上の法」になってしまう。そして実態を調べてみると、彼らの行き方は、まさに「タテマエ・ホンネ」が一体となっている。以上の原理を押し立てれば絶対的な権力を持ちうる。だが彼ら…
09-02 12:19

RT @yamamoto7hei: ⑦簡単にいえば、国司の罷免要求とか、寺領の荘官の罷免といったことは、あくまでも世俗的な問題であり、厳密の意味での仏法の問題ではない。
09-02 12:19

RT @yamamoto7hei: ⑧これが前述のサンヘドリンの多数決のように、あくまでも「教義」の解釈に限定されているなら、その決定が宗教法の実質的改正という形で一般人に作用しても、一般人がその多数決方式をそのまま自分たちも採用しようという動機づけにならない。
09-02 12:20

RT @yamamoto7hei: ⑨しかし、満寺集会の議決が直接に世俗問題に干与すると、自分の足元から同じ現象が起こってくる可能性がある。そして興味深いのは、神仏混淆〔こんこう〕を当然とする彼らは、それを「神道の神社に祀られる神」の神意だとした点である。
09-02 12:20

RT @yamamoto7hei: ⑩神道の神の神意が仏典に基づく多数決に現われる、という面白い現象を示しているわけだが、仏典を知らない者がそれを見れば、神道の信徒ならだれでもこれが行えることになる。日本にはどこにでも神社があり、普通の農民でもその氏子である。
09-02 12:20

RT @yamamoto7hei: ⑪氏子といってもそれは血縁集団ではないが、彼らが、一村一味同心して多数決で、年貢を一切納めませんと言い出したらどうなるか。それはその神社の神の「神慮」だから、超法規的に正しいといえることになる。そしてこういう問題が実は、1100年代に…
09-02 12:20

RT @yamamoto7hei: ⑫だがさらに大きな問題は、この寺院勢力に対抗する新興武家階級もこの方式で組織化を進めていけるということである。だがこの問題についてはさらに後述するとして、寺院勢力がもつ問題点を少し記そう。いずれの国であれ「聖なるもの」が最も堕落しやす…
09-02 12:20

RT @yamamoto7hei: ⑬元来僧とは、世俗の社会を捨てて「出家・遁世」したものだが、実質的には「遁世」でなく「貪世」であるという記述が『沙石集〔しゃせきしゅう〕』にある。「世を遁れる」のでなく「世を貪る」のである。
09-02 12:20

RT @yamamoto7hei: ⑭そしてヨーロッパの御堂〔テンプル〕騎士団のように、大寺院は兵力も持っていた。この僧兵の起源については様々な説があるが、前記の恵美押勝〔えみのおしかつ〕の叛乱(764年)に、近畿の諸寺がその使用人を差し出して官軍を助けたと、称徳天皇により…
09-02 12:20

RT @yamamoto7hei: ⑮これが僧兵出現のはじめかもしれない。もちろんこれら使用人の身分は低い。そして当時の寺院は前述のように「鎮護国家」を祈る公務員だから、この世の身分がそのまま寺院内に持ち込まれた。
09-02 12:20

RT @yamamoto7hei: ⑯だがそこでは仏法が研鑽されているから、それを無視して俗世の身分を持ち込まれ、その者が高位の僧職に就くことを、身分の低い長年の研鑽者が容認するわけがない。
09-02 12:20

RT @yamamoto7hei: ⑰身分の低い大衆が団結してこれに抗議し、朝廷もこれを無視することができないという形で、「満寺集会の議決」という方式が徐々に確立されたものと思われる。だがこの大衆が果して「遁世」なのか「貪世」なのかよくわからない点がある。
09-02 12:21

RT @yamamoto7hei: ⑱彼らは寺院の内部で自己の権利を主張するだけでなく、外へも主張しはじめている。そうなると、寺院の利益に関する「満寺集会の議決」は専ら寺院の利権保持のために用いられ、これが「法以上の法」となり、それを朝廷に強訴するため、神輿をかつぎ出すデモ…
09-02 12:21

RT @yamamoto7hei: ⑲このデモを武器を持った僧兵が行えば、最も効果的である。そして…班田収授の法で過大な租庸調に耐えられず逃亡する農民は幾らでもいる。彼らは新しい開墾地に隠れるか、僧形になって寺院に逃げ込むか、または遊民化して放浪しつつ時には盗賊になるか…
09-02 12:21

RT @yamamoto7hei: ⑳そして最も安全な道は僧兵になってしまうことであった。ここは一種の治外法権地区だからである。延喜十四年(914年)三善清行〔みよしきよゆき〕が上申した十二ヶ条の意見書によると、諸国の百姓は課税を逃れるため勝手に髪を剃って法衣を着ている。
09-02 12:21

RT @yamamoto7hei: ㉑だが彼らに妻子があり、僧の戒律など一切守らず、勝手なことをしていると述べているが、それらが大寺院に集まってくれば、文字通りの「悪僧」になる。これを強訴に使えば効果的だし、また寺院内の勢力争いにも活用ができる。
09-02 12:21

RT @yamamoto7hei: ㉒そして彼らの常識は僧院内にいるといっても全く現世的で、まさに「遁世」でなく「貪世」である。
09-02 12:21

RT @yamamoto7hei: ①【超法規空間「荘園」内の秩序】ではこの僧兵たちをどうやって養うか。それは問題なかった。多くの開墾地が寄進されたからである。八世紀にすでに、最も広大な土地を私有しているのが天皇家と寺院であったのは皮肉である。<『日本人とは何か(上)』
09-02 12:22

RT @yamamoto7hei: ②天皇家の私有地は勅旨田といわれて不輸租(無税)であったが、寺院もまた寺田を給与されて不輸租であった。そうなれば当然に、自己の開墾地を名目だけ寄進して不輸租にしてもらい、多少の名義料を寺院に払って所有権を保証してもらった方が有利である。
09-02 12:22

RT @yamamoto7hei: ③この保証が拒否されれば、寺院側も名義料を失うから当然に強訴する。そうなればこれが最も完全な保証であろう。このようにして寺院が多額の収入を得れば、それで土地を買収することができる。朝廷は寺院が土地を買収し、また寄進を受けることを何…
09-02 12:22

RT @yamamoto7hei: ④ということはこの禁令が一向に守られなかったことを意味している。そしてこのような土地が荘園となった。もちろん、寄進の対象は天皇家と寺院だけでなく、自己の実質的な所有権を保証してくれる者なら、だれでもよかった。そこで藤原氏が勢力を得…
09-02 12:22

RT @yamamoto7hei: ⑤いわば天皇家・寺院・藤原氏といった治外法権的な権力をもっている者なら、誰でもよかった訳である。そしてこの荘園は自然発生的なものだから、はっきりと制度的に図式化はできにくいが、大体次のような形になっていた。
09-02 12:23

RT @yamamoto7hei: ⑥本所→領家(荘官)→名主職→百姓職→作人          ↓              →小作職いわば本所は名義料をもらっている形式的な所有権者、そして領家は現地における管理者で、これが実質的な所有者の場合もある。
09-02 12:23

RT @yamamoto7hei: ⑦その下の名主職が土地所有者で、彼らはその土地を小作に出している。同時に自作農である百姓職がおり、その下に土地を持たない農業労働者の作人がいる。公地公民制はこのような形で分解・再編成されていくが、前記の序列は必ずしも固定した階級ではな…
09-02 12:23

RT @yamamoto7hei: ⑧その成立を簡単に図式化すれば、公地の公民である百姓が租庸調に耐えかねて逃げ込んで来れば、まず作人となる。当時は未開墾地が多かったから、作人は歓迎される。彼らが名主職の土地を請け負いで耕作するようになれば小作職になる。
09-02 12:23

RT @yamamoto7hei: ⑨そしてよく働いてその土地を購入すれば百姓職になる。その上さらに働いて土地を収得するか開墾してこれを小作に出せば名主職になる。そして名主職もその土地を売るか借金の担保にして取られれば、作人に転落する。
09-02 12:23

RT @yamamoto7hei: ⑩いわば荘園内での身分は、その者の土地の所有に基づいていて、いつでも上下するのである。領家はここから年貢を集めて本所に送る。すると有力者や有力寺院である本所は、彼らの土地の所有権を保証してくれるという関係である。彼らは簡単にいえば逃亡…
09-02 12:23

RT @yamamoto7hei: ⑪本所である寺院はこれらを管理する事務を行い、その収入によって僧兵を養っており、治外法権的な権利の主張で、荘園内の人びとの所有権は保証されている。前に記した高野山の「合点」の場合、この荘官が年貢を滞納したので罷免するか否かの採決であり、い…
09-02 12:23

RT @yamamoto7hei: ⑫このことは、世俗的な人事にも多数決原理が適用されたことを意味している。となると、現地の管理者である荘官の武家が、やがてこの方式を採用するようになる。これはそうなって不思議でない。やがて武家は自らの実力を自覚し、自らの政権を樹立す…
09-02 12:23

RT @yamamoto7hei: ⑬するとかつての寺院と同じような多数決原理で自らの法を決議し、起請文を記してその実施を誓う。するとこの法もまた、起請の対象である神社の神の「神慮」という形で絶対化される。
09-02 12:23

RT @yamamoto7hei: ⑭時代はやがて「王法・仏法」の時代から「王法・武家法」の時代へと移っていくが、立法の方式の原理は変わらない。そしてこの起源が原始仏教の議決方法「多語毘尼〔たごびに〕」に基づくなら、日本の民主主義の原型は仏教に由来するといってもよい…
09-02 12:23

RT @yamamoto7hei: ⑮だがこの問題は次の章に譲る事にしよう。というのはそれは、日本の新しい時代の幕開けだからである。最後に冒頭で記したアメリカ人の問いについて少し記しておこう。「多語毘尼」による多数決は、たとえこれを用いない伝統ができても、仏教圏のど…
09-02 12:23

RT @yamamoto7hei: ⑯だが「聖・俗」を峻別している社会では、それは世俗社会の原理にはならない。これは、強固な血縁集団を成し、それに基づく家長権があり、また科挙の制度が完備した中国や韓国では起こり得ない現象である。
09-02 12:23

RT @yamamoto7hei: ⑰いわば律令を超えた「超法規的」な決議を容認するなどということは、正確な意味の律令国家にはあり得ないことであった。特に李氏朝鮮の時代の韓国は、中国以上に完備した律令国家であり、儒教を絶対化して仏教を弾圧したため、こういう奇妙な現象は起こり…
09-02 12:23

RT @yamamoto7hei: ⑱これは宋時代の中国でも同じであったろう。日本はこの点、当時の中国・韓国から軽侮されて然〔しか〕るべき無秩序な状態にあったといえる。だがそれが、民主主義と共鳴しうる伝統を形成したわけであり、神仏混淆で神道の神社が存在したこともこのこと…
09-02 12:24

RT @yamamoto7hei: ⑲最も古い宗教を残し、宗教の純粋性を絶対化する者が強く拒否する宗教混淆〔シンクレティズム〕が、奇妙な形で直接民主制の基本となる体制を生み出した。これをまことにおかしな現象というなら、まさにその通りだといわねばならない。歴史には常にこの…
09-02 12:24

山本七平が指摘する「掘り起こし共鳴現象論」で考えてみると、部族的・血縁的な社会に民主主義を押し付けても、マトモに機能しないのは、ある意味、当然の結果だと思える。>RT民主主義というのは、必ずしも普遍の原理ではないということかもしれないな。
09-02 12:35

RT @syakkin_dama: この理屈、理解はできる。ただ、その場合対立軸は変化するよね。産む女性/生まない女性+男性、になる。
09-02 12:47

RT @syakkin_dama: 男性が生殖のフリーライダーであるという点をもって、便益の供与を行う側にそれに見合う優遇をという考え方は商人なのですごく理解しやすいけど、「産まない女性」もフリーライダーとして扱われることは避けられない。それに耐えられるのだろうか。
09-02 12:47

RT @syakkin_dama: 僕はこの理屈は商人としてかなり理解を示せる。ただ、左派としての僕の意識が「それは受け容れてはダメなやつでは?」ってアラート慣らしてる。「右派・保守フェミニスト」(そんな存在が存在しえるとして)ならこの主張で問題ないと思う。
09-02 12:48

RT @syakkin_dama: 「女性は産む性であり母としての性であるから優遇を」って理屈を「フェミニスト」が受け容れられるのか、またそれは人権や平等の概念とコンフリクトを起こさないのか?というのが論点だと思う。このだれもが一回思いつくけど冷静になって引っ込める説を突っ込ん…
09-02 12:48

RT @syakkin_dama: いわばこの理屈はジェンダーロールの徹底的肯定から女性の権益を引き出そうという発想なんだよな。その理屈を受容出来るなら、結果的に女性の権益を拡大することは可能だと思う。僕は思いついても言えなかったけど、意外に賛同されることがわかり面白い。
09-02 12:48

RT @syakkin_dama: フェミニストはこの考え方を「家父長制」と呼び、徹底的に批判してきたのだけれど、フェミニストを名乗りながらそのロールの根源的な肯定を行うクソ度胸、火薬庫に火達磨になりながら突っ込んだら思ったより燃えなかったみたいな感動がある。感銘を受けた。
09-02 12:48

RT @syakkin_dama: 「えっ、その道踏破可能だったの?」みたいな顔してる。全ルートに地雷があると認識してた。まさか真っ直ぐ行ったら突き抜けられるとは…。
09-02 12:49

RT @syakkin_dama: フォロワー1万人の「フェミニスト男性」がこれを主張して賛同を受けてるの、最前線に立って機銃掃射するガンジーに万来の拍手が起きているのを見た気分だ。
09-02 12:49

RT @syakkin_dama: 左派、もう終わりでは。
09-02 12:49

RT @syakkin_dama: これ、リベラルやフェミニズムといった僕の思想も含む一群への死刑宣告に等しいと思う。
09-02 12:49

RT @syakkin_dama: フォロワー1万の「フェミニスト男性」が主張して、700RT、1700ファボでしょ。これはもう、「そういうものだ」と受け容れて妥当だと思う。
09-02 12:49

RT @Hachi5963: ナムルの人、今ならちんぽ騎士団の団長名乗っても許されるとおもふ
09-02 12:50

RT @Hachi5963: 女性が望む自由を得るためには男奴隷が必須って面白い話だった
09-02 12:50

RT @Hachi5963: そして今はその逆とおっしゃるからには女性は奴隷であるくらいのアレなのでフェミニスト名乗りながら先人のフェミニストの成果全否定してるのかっこよすぎる
09-02 12:50

RT @Hachi5963: 男性性殴ってるだけのがフェミニズムの名の下に賞賛されてるからね
09-02 12:50

RT @Hachi5963: ナムルの人のアレに御本人の言からいろいろ言われてんのな。あれ「悪口は自己紹介」の類だからね。要は男性やら社会の悪口言ってるだけだもんアレ
09-02 12:50

本来の生物学的役割を無視してまで、公平・平等を追求する先に理想郷があるかと言えば大いに疑問だね。「公平」や「平等」は必ずしも善い結果を生むとは限らないのだが、そういう疑念を一切持たない人の「正義」ほど扱いに困るものも無いなぁ。https://t.co/AVbSFD0Ajh
09-02 13:05

RT @kumikokatase: 被害者数は様々な理由から算出方法によって幅がありますが、震災時の流言飛語によって無実の人たちが虐殺されたのは揺るぎのない歴上の事実です。最近の事例では東日本大震災時に流言飛語が大量に流されました。現在でも、ネットで様々なフェイクニュースが跋扈…
09-02 13:40

RT @george_komazawa: @kumikokatase 「虐殺はなかった」とするのはたしかに歴史修正になるでしょう。しかし、過大に見積もられた被害者の数をそのまま受け入れるのもまた、別な意味での歴史修正だと思います。どちらも正しくはないのです。
09-02 13:40

RT @konamih: 北朝鮮が食糧増産のために国を挙げて取り組んだEMの末路を報じるルポルタージュ。比嘉照夫氏の名前も。“北 複合微生物工場の大部分が稼動を中断”https://t.co/7bExBLIJ1o
09-02 15:44

RT @haiiro8116: EM農法によって北朝鮮の国力に少なからざる打撃を与えたという理由で、比嘉さんを表彰してはどうだろうかと前から思っていた。 https://t.co/CmO46oQuK5
09-02 15:45

RT @haiiro8116: 皆が北朝鮮に強烈な戦略的打撃を与えた比嘉さんを讃えておる。 https://t.co/Jm20xsia0F
09-02 15:45

RT @Sto_kra2: @chounamoul そんなロジックで女性の地位を強化したら、出産しない女性はその有利な地位を享受する資格がないという議論を容易に巻き起こして、結果、出産その他女性の選択の自由を奪いかねない浅はかな思い付きだな(笑)な、シャナムル?お前の頭で小利…
09-02 15:51

RT @qua_gma: 下のほうですとくらに〈産む機能に着目して優遇するのってナチズムっぽいもの〉〈出産しない女性はその有利な地位を享受する資格がないという議論を容易に巻き起こして、結果、出産その他女性の選択の自由を奪いかねない〉などと正しく指摘されてしまってるという極めてつ…
09-02 15:52

RT @hoptiquax: @qua_gma もともとシュナムルさんは「(本物の)知性を備えた人は差別をしない」発言等きわめて解り易い能力主義者なので、ナチズムと親和性高い人だと思います。
09-02 15:52

日本政府の公式見解の何処に歴史的事実の否定があるのかね?具体的に何処が歴史的事実の否定に該当するのか指摘してみ。「国連ガー」みたいな"印象操作"はいい加減やめてくれよな。 RT @nerinanarine7 合意の前提となる歴史的事実を日本政府が否定しておいて何を言っているのやら
09-02 18:00

結局、公式見解には歴史的事実の否定は無いということ。政府見解を無視して個人の見解まで問題視する方が異常。 RT @nerinanarine7 与党の政治家やらが散々否定言動を繰り返し、国連で日本政府も否定言動を繰り返しているのにそれを無視して、公式見解がどうこう言っても無意味
09-02 18:14

具体的にその発言部分をソース付きで提示してみ。それが日本政府の公式見解を否定するものであるかどうか論じてやるから。 RT @nerinanarine7 国連女子差別撤廃委員会の本会議での日本政府の発言を公式見解ではない、と幾ら言い張っても無駄
09-02 18:22

ネリナナリネ君が主張している「日韓合意を日本政府が否定」という発言は、おそらくコレのことだろうな。◼杉山晋輔外務審議官「日本政府が発見した資料の中には軍や官憲による、いわゆる強制連行というものを確認できるものはありませんでした」 https://t.co/A2vB5r3b9R
09-02 18:45

で、なぜこういう説明を国連の委員会でしたかと言えば、韓国側があたかも日本軍が拉致連行したかの如く印象操作してきた経緯があったからなのよね。実際、そんな事実は無かったから、韓国側もこの反論に対しては正面から反論してない訳で。https://t.co/0yNAcWo1Sh
09-02 18:57

日韓合意で両政府が認識を一つにしているのは「廃業の自由が無い"身売り"の強制性に日本軍が関与していたこと」であって「日本軍が慰安婦を強制連行した」との認識で一致している訳ではない。あくまでも身売りの悲劇に対して道義的責任を認め、癒し金を拠出する事を日韓両国が合意したという事。
09-02 19:03

RT @MrDennisMoore: 広島・長崎とアウシュビッツって犯人も、おそらく動機も、もちろん場所も時間も全然違うので「広島否定されたら腹がたつでしょう」的なロジック振り回されても、正直、何を関係ないことをごっちゃにしてトリックやってるの?としか思えない。これは私がナ…
09-02 19:40

RT @MrDennisMoore: >これらの発言は「ドイツ刑法典130条」の民衆扇動罪で禁止されています。ヒトラーやナチスドイツを礼賛したり讃美したりする言動が禁止されている。。。(サンドラフェリン)だからドイツ国境の内側でそう言うタブーを持つ自由はあります。どうぞご勝…
09-02 19:40

RT @MrDennisMoore: 結論的に言えることは、全然関係ない事象である広島長崎とナチスの犯罪(と言われるもの)を無理やり結びつけてナチスのタブー化に利用するのは、人間として非常に卑しい行為だと思いました。
09-02 19:40

RT @MrDennisMoore: 一つ言っておくと確かに欧州はナチスを巡ってバツの悪い思いがあるわけだ。ナチスがユダヤ人を迫害している時(これはまぎれもない事実)に、欧州の普通のキリスト教徒の善男善女はそれを事実上黙認したんだよね。黙認は言い過ぎとしてもさしたる抗議の声を上…
09-02 19:43

RT @MrDennisMoore: この辺も欧米ではとりあえずナチスはタブーで悪魔ということにして議論そのものはやめようという現在の状況に繋がっていると思う。なんでそんなものに日本が付き合わなければならないいんだ。
09-02 19:43

.@tk_takamura さんのコメント「だから私は何度も言ってきたんだよ。今のフェミニズムの本性は、戦前復古保守と何も変わらない家父長制主義なんだと。」にいいね!しました。 https://t.co/66jHNpzU0t
09-02 21:21

.@torijar さんのコメント「凄いなフェミを名乗る人間が産む機械的思想を全肯定してるのか」にいいね!しました。 https://t.co/OW3QEvCsHL
09-02 21:22

.@mororeve さんのコメント「そういう趣旨じゃないにしても、妊娠出産に関わる負担はそれに対する保障でのみ対応すれば良いわけであって、なんで全般女性が上位にならない..」にいいね!しました。 https://t.co/kaXIBS0bML
09-02 21:23

.@08_Reader さんのコメント「裏を返せば「生まない女に価値はない」社会なんですがねこれ……」にいいね!しました。 https://t.co/Py1iGrKFYo
09-02 21:24

.@grayengineer さんのコメント「だからそもそもフェミニズムは男女平等思想でも反差別運動でもないって言ってるんですよいつも。被害者認定を受けて被害者万能な感情..」にいいね!しました。 https://t.co/il7XsPBKhE
09-02 21:28

RT @dokuninjin_blue: シュナムルさんの件もそうですけど、フェミニズムやポリティカルコレクトネスについて本格的に拙い言明があった場合、批判して自浄せよとまでは言いませんが、せめて誰か、止める人がいてもいいと思うのですが……。
09-02 22:06

シュナムル君の場合、自説への批判を「マイノリティへの攻撃」と勝手に脳内変換して、彼ら弱者はこういう攻撃に晒されている。彼らの苦痛を思えば、我が痛みなぞ大した事ではないとマジで思い込むナルシストですから聴く耳など持ってないですね。https://t.co/FRuTY9vLGn
09-02 22:06

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/2006-fc774e10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する