FC2ブログ

一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

09/25のツイートまとめ

yamamoto8hei

小松理虔は前に一度やりあった事あるけど、結構、中立を装った反原発派で始末が悪い。>RT本音を隠して、反・反原発派を貶す事ばかりやってるんだよな。しわ枯れパパ氏と同類だと思う。
09-25 00:00

RT @yamamoto7hei: ①多数決原理の基本は、人間それ自体を対立概念で把握し、各人の内なる対立という「質」を「数」という量にして表現するという決定方法にすぎない。日本には「多数が正しいとはいえない」などという言葉があるが、この言葉自体が、多数決原理への無知から来…
09-25 00:03

RT @yamamoto7hei: ②正否の明言できること、たとえば論証とか証明とかは、元来、多数決原理の対象ではなく、多数決は相対化された命題の決定にだけ使える方法だからである。これは、日本における「会議」なるものの実態を探れば、小むずかしい説明の必要はないであろう。
09-25 00:03

RT @yamamoto7hei: ③たとえば、ある会議であることが決定される。そして散会する。各人は三々五々、飲み屋などに行く。そこでいまの決定についての「議場の空気」がなくなって「飲み屋の空気」になった状態での文字通りのフリートーキングがはじまる。
09-25 00:03

RT @yamamoto7hei: ④そして「あの場の空気では、ああ言わざるを得なかったのだが、あの決定はちょっとネー…」といったことが「飲み屋の空気」で言われることになり、そこで出る結論はまた全く別のものになる。従って飲み屋をまわって、そこで出た結論を集めれば、別の多数決…
09-25 00:03

RT @yamamoto7hei: ⑤私はときどき思うのだが、日本における多数決は「議場・飲み屋・二重方式」とでもいうべき「二空気支配方法」をとり、議場の多数決と飲み屋の多数決を合計し、決議人員を二倍ということにして、その多数で決定すればおそらく最も正しい多数決ができるのではな…
09-25 00:03

RT @yamamoto7hei: ⑧言うまでもないが、会議内と会議外の異なった議決の発生は、前にのべた「空気の支配下におけるジグザグ型相対化」の一種である。そしてこのことは、人間は、自らのうちに対立を含む矛盾した存在であることが、「空気の変化」という形で、時間別に表われて…
09-25 00:03

RT @yamamoto7hei: ⑨決断をだらだらと引きのばしても、別に大したことにはならない状態にあった日本では、これでも支障はなかったのであろう。徳川時代を見ていくと、幕府の成立からその終末までに、真に大きな運命的な決断を必要としたという事件は皆無に等しいからである。
09-25 00:03

RT @yamamoto7hei: ⑩そのため、一時的な例外期はありえても、日本は常に、この状態へと回帰していく。確かにこれまでは、それでも間にあった――戦争といった身のほど知らずのことをやらない限りは。
09-25 00:03

RT @yamamoto7hei: ⑪また、先進国模倣の時代は、先進国を臨在感的に把握し、その把握によって先進国に「空気」的に支配され、満場一致でその空気支配に従っていれば、それで大過はなかった。否、その方がむしろ安全であったとさえいえる。
09-25 00:04


RT @yamamoto7hei: ⑫そのためか、空気の支配は、逆に、最も安全な決定方法であるかのように錯覚されるか、少なくとも、この決定方式を大して問題と感じず、そのために平気で責任を空気へ転嫁することができた。明治以降、この傾向が年とともに強まってきたことは否定できない。
09-25 00:04

RT @yamamoto7hei: ⑬だが中東や西欧のような、滅ばしたり滅ぼされたりが当然の国々、その決断が、常に自らと自らの集団の存在をかけたものとならざるを得ない国々およびそこに住む人びとは、「空気の支配」を当然のことのように受けいれていれば、到底存立できなかったであろう。
09-25 00:04

RT @yamamoto7hei: ⑭そしておそらくこのことが、対象をも自らをも対立概念で把握することによって虚構化を防ぎ、またそれによって対象に支配されず、対象から独立して逆に対象を支配するという生き方を生んだものと思われる。
09-25 00:04

RT @yamamoto7hei: ①聖書の最初に出てくるのは天地創造・人間創造の物語である。聖書文化圏でこの物語を知らない者はいないし、アダムとイブの話なら、日本でも誰でも知っているであろうが、日本で知られている話は、実は、聖書とは関係のない「相対化排除」の日本式″聖書″…
09-25 00:04

RT @yamamoto7hei: ②その物語――日本にある数々の聖書物語――によると、天地の創造は、まず光と闇・天と地・地と水と植物・昼と夜・魚と鳥・地の獣の順であって、最後の創造が人(アダム)であり、このあばら骨から女(イブ)がつくられた、ということになっている。しかし…
09-25 00:04

RT @yamamoto7hei: ③本当のこの物語では、創造は、まるで進化論のように、自然から植物、ついで下等動物から高等動物へと進み、最後に完成品として人間がつくられ、「神は自分の形に人を創造した。すなわち神の形に創造し、男と女とに創造した」で、創造の話は終っている。
09-25 00:05

RT @yamamoto7hei: ④これによると、男も女も、平等にかつ同時に、完成品として最後に作られ、地上のすべての支配権を与えられたことになっている。創造とは、一言でいえば「人間の規定」である。確かに人間には、また男女には、以上のように規定できる一面があるであろう…
09-25 00:05

RT @yamamoto7hei: ⑤聖書はすぐに、この規定と全く反する、別の人間創造の物語を記す。前の話を第一話とすれば、これは、第一話とは全く関係なき第二話であり成立年代も違う。学者は前の方をP資料、次をJ資料という。
09-25 00:05

RT @yamamoto7hei: ⑥この第二話では、創造の順序が、天と地・泉・男・園の木・川・獣と鳥・家畜となっており、最後に、男のあばら骨から女がつくられることになっている。
09-25 00:05

RT @yamamoto7hei: ⑦簡単にいえば、創造された生物の最初のもの、いわば試作品ともいうべきものが男性、この男性を原料として最後につくられたものが女性で、両者とも完成品ではなく、二つ合わせて完成品なのである。
09-25 00:05

RT @yamamoto7hei: ⑩そしておかしなことに、聖書の創造物語とは、この全く別の二話から成り立っていることを、全然知らない人が案外多いのである。言うまでもなく、この第一話と第二話に描かれている「人間像」は同じものではない。否、すべての点で全く相反し、相矛盾す…
09-25 00:05

RT @yamamoto7hei: ⑪しかし聖書は、この二つの記述を調整して矛盾を消そうとせず、平然とそのまま併行して記している。ところが(註:日本における)聖書物語は、この二つの物語の矛盾を消去して、第一話と第二話をつないで一つの物語としているわけである。
09-25 00:05

RT @yamamoto7hei: ⑫おそらくこの「調整する」という点に、基本的な考え方の差があるのであろう。聖書は人間を矛盾したものとして捉えている。矛盾したものをそのまま記せば、その記述が矛盾するのは当然であって、これを、言葉の辻棲をあわせて調整すれば、筋は通っても…
09-25 00:05

RT @yamamoto7hei: ⑬人間に、第一話と第二話のような相矛盾する二つの面があるということは、言われてみれば、だれにでもうなずけることであろう。だがこれが、『箴言(しんげん)』と『ヨブ記』のような形で出てくると、こういう相対化の世界は、少々、われわれの手には負え…
09-25 00:06

RT @yamamoto7hei: ⑲しかし、その文学的価値を一応除外し、そこに示された道徳律の質を問題にしないならば、その本旨は、結局、これらの教えを守る者は正しい者で、そのものは、正しく報われるであろう、ということである。
09-25 00:06

RT @yamamoto7hei: ⑳従って「これこれを守れば、必ず、家内は安全・商売は繁昌」と保証する新興宗教に似た一面をもつことは否定できない。一言でいえば「正義は必ず勝ち、正しい者は必ず報われる」世界である。だが、ここから『ヨブ記』に移ると、誰でも、以上の言葉に少…
09-25 00:06

RT @yamamoto7hei: ㉑というのは、ここにヨブという完全に正しい人間、『箴言』の徳目のすべてを守っている富裕な人が登場する。すべての人が、彼のような正しい人は、そのように報われるのが当然だと考えている。ところがその彼を、あらゆる天災と人災が襲う。
09-25 00:06

RT @yamamoto7hei: ㉒彼は財産を失い、家族を失い、癩病のような皮膚病にかかり、そのため町を追われ、ごみ捨て場に座って、陶片で体中のかさぶたを掻くような状態になる。すべてが失われた。そのとき、三人の友が見舞いに来る。
09-25 00:06

RT @yamamoto7hei: ㉓しかし余りの悲惨さに誰も口がきけず、慰めの言葉も出せず「七日七夜、彼と共に地に座していて一言も彼に話しかける者がなかった」といった状態であった。だがついに一人が口を切る。それは慰めの言葉のようであり、彼には親切な忠告をしているつもりなのだが…
09-25 00:06

RT @yamamoto7hei: ㉔一言でいえば、「正しい者は必ず報われるのだから、こうなったからには、お前には隠している罪悪があるに違いない。この状態から脱れるには、まず素直にそれを認めることが先決だ」という言葉である。…ヨブがこれに対して抗弁をする。すると…
09-25 00:07

RT @yamamoto7hei: ㉕…こういった問答がつづくわけだが、この堂々巡りのように見える問答に出てくるものは、一つの命題が絶対化された場合の恐ろしさである。そうなってしまうと、ヨブのような運命に陥れば、慰めに来たはずの者の助言まで、結局、「お前には隠している罪…
09-25 00:07

RT @yamamoto7hei: ㉖「なければこんな運命にならないはずだ。それを告白すれば、この運命から逃れられるはずだ」といった意味の、拷問に等しい糾弾になってくるという事実である。この絶対化のもつ恐ろしさは、いわば「言葉の天皇制」がもつ恐ろしさである。
09-25 00:07

RT @yamamoto7hei: ㉗そして、これと非常によく似た問答が最初に引用した自動車魔女裁判に出てくるし、お定まりの「自己批判」の要求にもでてくる。この『ヨブ記』の結末がどうなるかは、いまは述べない。
09-25 00:07

RT @yamamoto7hei: ㉙続>この書の最初に出てくる問題は、いかなる命題といえども絶対化し得ない、絶対化すれば、その途端に恐るべき逆用が行なわれうるという事であろう。では『箴言』のテーゼは否定されるのであろうか。そうではない。このテーゼが否定されれば『ヨブ記』自体…
09-25 00:07

RT @yamamoto7hei: ㉚これがすなわち相対化であって、あらゆる命題が自らのうちに矛盾を含み、その矛盾を矛盾のままに把握するとき、はじめてその命題が生かされ、絶対化すればそれはヨブにおけるような逆用を生じ、命題そのものが実際には失われてしまうということなのである。
09-25 00:07

RT @yamamoto7hei: ㉜だがこの相対化の原則は、人間が人間である限り、二千数百年前も現代も変らないのである。一つの命題、たとえば「公害」という命題を絶対化すれば、自分がその命題に支配されてしまうから、公害問題が解決できなくなる。
09-25 00:07

RT @yamamoto7hei: ㉝「差別」という命題を絶対化すれば、自分がその命題に支配されてしまうから、差別という問題を解決できなくなる。これが最もはっきり出てきているのが太平洋戦争で「敵」という言葉が絶対化されると、その「敵」に支配されて、終始相手に振り回されている…
09-25 00:08

RT @yamamoto7hei: ㉞続>相手と自分とを自らの内に対立概念として把握して、相手と自分の双方から自由な位置に立って解決を図るということができなくなって、結局は、一億玉砕という発想になる。そしてそれは、公害をなくすため工場を絶滅し、日本を自滅さすという発想と基本…
09-25 00:08

この「命題の絶対化」に思考を拘束され、異論者を敵としてしか見れない原理主義的な輩がホント多くて困ったものだ。https://t.co/t1K7DSWF8xhttps://t.co/e1Uohej5Q3https://t.co/z6e2D7AQDb
09-25 00:14

「科学的根拠なんか関係無い。とにかく放射能を不安に思う人達をバカにせず、その不安に寄り添え!」と普段無茶なことを言ってる人が、なぜか「武装難民が来る」という不安については「そんな可能性は無い。差別を煽るのはやめろ」と頭から決め付け、あっさり切り捨てる傾向があるのは興味深い。
09-25 07:44

RT @Tom2305_: 海岸で武器持って船から陸に上がってきた人が「難民」か「工作員」か、今の体制でどうやったら見分けがつくの?朝日>警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。麻生さんはそういうことを想定してるのではないかな?ハナから両手上げてれば、武器持…
09-25 07:49

RT @buvery: 最初から、そんな国はありません。敗戦後に全部追い出した事実があるじゃないですか。RT @KOJIHARADA: 麻生太郎発言を聞くに、日本が焦土と化した時、日本国民を温かく迎えてくれる隣国はもはや無いのではないかと危惧する。
09-25 12:07

RT @buvery: 『公言』はわかりませんが、現実に日本人の漁民などを射殺している国は、韓国、北朝鮮、ロシアなど周辺国全部です。RT @KOJIHARADA: 「射殺」を公言する国はあったのですか? https://t.co/jOVfhhBNwL
09-25 12:07

ホンコレ。◼そして何よりも麻生副総理のように政府の要職にある人物がこのようなことを考えることはとても重要です。このあたりの議論をきちんとしておかないと結局は現場の指揮官や隊員に全ての責任を負わせることとなってしまうhttps://t.co/V7736azvUW
09-25 12:36

RT @GoITO: 「政治家の失言」報道に接したときは、まず「その発言が切り取られていて、前後の文脈無視で失言視されていないか」を考え、次に「その発言の拡大解釈や牽強付会はないか」「パラフレーズによって、元の発言とはちがった言葉に対する反応が前面に出てきていないか」を確認する…
09-25 12:40

RT @GoITO: 池田隼人は「貧乏人は麦を食え」とは言っておらず、この有名なフレーズが翌日の新聞報道に由来するものだという話は、いまもしっかり思い出されるべきでしょう。https://t.co/dDQ27EXKpG
09-25 12:40

RT @GoITO: いや。私はそうは思いません。経済の統制についての話という要素が抜けてしまうし、「貧乏人」「食え」という扇情的なワードが入ったものを「正しい要約」とは言えないでしょう。https://t.co/2bUN3Wmxd0
09-25 12:40

RT @GoITO: 自分がやられたら嫌なことは他人にもすべきではないという原則です。私、自分が言ってないワードを「要約」と称して入れられたらものすごく嫌ですもん。https://t.co/9ke3XgXy8w
09-25 12:41

RT @GoITO: 私は「相手が権力者だったら何をやってもいい」という態度はとりたくありません。それが居直りになり退廃となり、人々の信頼を失う結果になったことが問題で、だから余計なパラフレーズすんな、扇情的なキーワード入れんなという話です。https://t.co/li56
09-25 12:41

RT @GoITO: これは「権力者を批判するな」と言っているのではありません。むしろ批判するならフェアにやってくれ、そのほうが批判の射程は深くなると言うことです。ところがこれを「伊藤は権力者を批判するなと言った」と「要約」されたらどうでしょう。https://t.co/li
09-25 12:41

RT @GoITO: 「いやそれは『批判するならフェアにやってくれ……』という意図で言ったことで」と説明したところで、「後から慌てて言い訳している」等々と言われて収拾がつかなくなるというのは、容易に想像できることです。元の話に戻すと、私は麻生発言については、いまのところ直接の…
09-25 12:41

RT @GoITO: なぜかというと「よく分からない」からです。これはこの件について、また背景にある諸々についての私の知識の不足もあるし、とかく断片的な情報や人々の反射的な反応に攪乱されるからです。わからないことは「わからない」というべきだし、私の反応が多少遅くなったところで、…
09-25 12:41

RT @battery_brides: 「麻生の武装難民発言は、関東大震災の朝鮮人虐殺に繋がる!」という批判を見るけど、むしろ「メディアのデマに煽られて市民が怒り狂う」という視点では、こいつらこそが関東大震災の朝鮮人虐殺を実行した日本人と同じに見えるよなw
09-25 12:53

RT @rafcocc: ほらもう尾ひれがついちゃってるでしょ。麻生さんは難民を「射殺する」なんて言ってないですよ。「射殺するのか?」と言ったんです。この違いがわからない人はジャーナリストとか辞めた方がいいです。 #武装難民https://t.co/cKCwPpPziy
09-25 12:55

RT @Che_SYoung: 半島有事の時、難民は北より南の方が多いと思う。経済、人口からみて。朝鮮戦争の時、父は釜山で避難生活をしてたが当時釜山から日本へ密航者が多かった。密航しようと思ったことない?と聞いてみたら父はこう答えた。「それもお金がないとできないんだよ。お金がな…
09-25 20:02

RT @bokukoui: いつの間にか(ごく最近だと思うのですが)、@kankimura 先生にブロックされていることが判明しショック。半島情勢が分からなくなるではないか…くそ、未読の『日韓歴史認識問題とは何か』古本屋に売ってやる!(屈辱のあまり錯乱)
09-25 21:30

RT @bokukoui: あ、@kankimura 先生にブロックされた理由はこれか…。https://t.co/Bc2A6Vv0Gc
09-25 21:30

木村幹センセは都合の悪いリプ一つ貰った程度で、即ブロックしてくるようなケツの穴の小さい御仁だからねぇ。>RT
09-25 21:30

RT @diablo_delfin: 木村幹先生にブロックされた!!何、がっかり、というツイートが気に入らなかったの?木村せんせーのツイートはほんと勉強になって、フォローはしていなかったけど、時折まとめて読んでいたんだけどなぁ。この程度でブロックとは。こんなに器が小さい人だった…
09-25 22:03

RT @diablo_delfin: https://t.co/UMiDkJQ7eXどなたか誤解を解いていただけませんかね……私は今まで木村先生のツイートを批判したこと一度もないです。同意的RTは何度もしてます。直接リプはしたことありません。一部引用で言及したことはありますが…
09-25 22:03

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/2029-86a11743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する