一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

「斜め上」の記事を読んで「嫌韓感情」について考える

ちょっと古いニュース↓だが、如何にも韓国らしい行動だと思ったので、今回はこのニュースを素材にして、いわゆる嫌韓感情について考えてみたい。

「文科省、韓国人初の国際宇宙ステーション滞在に難色」

国際宇宙ステーション運営の理事国として微生物「独島」実験に反対
広報を縮小することで「手打ち」

日本の文部科学省がイ・ソヨン博士の国際宇宙ステーション(ISS)滞在に反対し、韓国初の宇宙飛行士輩出が霧散するかもしれなかったことが明らかになった。日本がイ博士のISS滞在に反対した理由は独島(日本名:竹島)問題にあると考えられ、日本による独島領有権確保の努力が全方位で繰り広げられていることを示している。

韓国政府は、イ・ソヨン博士が微生物「東海独島」(学名トンヘアナ・ドクトネンシス)の遺伝子変異実験をはじめとする各種科学実験をISSで行うという発表を行った。東海独島は2004年に独島近海で採取され、それまで知られていない新しい微生物と判定されたことにより、2006年に国際学会に公式登録された。

韓国政府消息筋によると、東海独島実験計画を知った日本の文部科学省は、韓国政府に実験計画の撤回を要求した。そうしなければイ博士のISS滞在を許すつもりはない、というのが日本の文部科学省からの通報だった。

韓国の宇宙科学専門家らは、「ISSに数兆ウォン(数千億円)を投資した日本には、米国・ロシアと共に理事国として特定のプロジェクトを拒否できる権限がある。このため、事実上ISS運営は満場一致で行われる」と語った。

韓国政府としても、「東海独島」実験の取り消しを要求する日本の文部科学省の立場に対抗する策はない状況だったわけだ。このため、イ博士が宇宙に滞在するスペースがなくなり、8年間で250億ウォン(現在のレートで約18億7000万円)を投資した宇宙飛行士輩出事業が一瞬で霧散する危機に直面することになった。

複数の政府関係者は、「宇宙飛行士輩出事業の後すぐに、3年ぶりとなる両国の首脳会談が予定されていたが、突如として悪材料が発生したことは首脳会談に大きな負担として作用していた。韓国政府が日本の外務省に対し文部科学省を説得するよう要求し、イ博士のISS滞在が可能になり、宇宙飛行士輩出事業も成功した」と語った。

その代わり韓国政府は、韓国初の宇宙飛行士イ・ソヨン博士が「東海独島」微生物実験を宇宙で行うという事実を大々的に広報しようとした当初の立場から、消極的な姿勢に変更するという折衷案を日本政府に提示したことが分かった。

チョ・ホジン記者
朝鮮日報朝鮮日報日本語版


こういう記事を見るにつけ、岸田秀の「世界は医者のいない巨大な精神病院であり、歴史とは狂った個人、狂った民族、狂った国家がつくってき、つくりつづけているものである」という主張は、実に的を得た指摘だなぁ…と感心せざるを得ない。

アメリカや日本も相当狂っているが、中でも一番狂っているのは、韓国でしょう。

自国のプライドを守る為に偽りの歴史を叩き込まれ、自国内に閉じこもっている分には問題ないが、外部と接触すれば否が応でも、現実とのギャップに苦しみ、精神的に病んだ行動を起こすことになる。

上記の韓国の行動なども、実に典型的。

そもそも、竹島(独島)を実効支配しているのは韓国であって、日本ではありません。
また、日本は武力で奪い返そうとする姿勢がまったくないことも、冷静な眼で観察すれば誰の眼にも明らかですよね。

そのような状況下で、日本が竹島キャンペーンを展開するのであれば、(その主張の正当性は脇においておくとして)いわば物を強奪された被害者が声を挙げるようなものだから、その行動は誰にでも理解できます。

しかし、ことあるごとに騒ぎ立てるのは韓国サイドなんですよねぇ。

冷静に考えてみれば、韓国側の対応というのはとてもおかしい(心理学的にみればおかしくはないけれど)。

第一、既に竹島(独島)は手中にあり、日本が戦争を決意でもしない限り、奪い返される恐れは無いはず。

私がもし韓国人の立場なら、日本人相手に領土論論争はせず、一切日本側の抗議を当然のように無視するに留め、実効支配を継続すればよいと思うのですが。

しかし、ことあるごとに騒ぎ立てるのは、やはり韓国人にとっても、竹島(独島)領有の正当性に自信が持てないと心の底ではやましく思っているから…としか思えません。

例えてみれば「盗人が自分の盗んだ物を一生懸命盗んだものではない」と言い訳しているようなもので、そうせざるを得ない心理はわかるものの、結果としては、日本とトラブルにならざるを得なくなる。

上記のニュースも、そうした意識の現われの一つだと思うが、わざわざ宇宙を舞台にしてまでそうした行動を平気でやらかすというのは、やっぱり相当神経的にヒドイ状況じゃないでしょうか。

私が韓国をうっとおしく思うのも、いわばそうした神経症の重病患者に付き合ってやらねばならないからですが、日本人なら私と同じようにうっとおしく思う人も多いんじゃないだろうか。

ただ、ここで一つ気をつけなければいけないことがあると思う。

というのは、韓国人の行動が狂っているように見えるからと言って、韓国人を馬鹿だとか劣等民族だと見なすのは間違っていると思うし、そうした見方は、人種差別的であって日本人自身にとってもマイナスでしかないということに。

神経症の患者として見るという「視点」を持てば、韓国人の行動と言うのは実に”人間くさい”ものであって、それにどう対処していくのがよいか、冷静に判断できるのではないだろうか。

なぜそんなことを思ったのかといえば、最近のネットの嫌韓ぶりをみるにつけ、日本人の反応にもちょっと危ういものを感じたからなんですが。

一部の反応が、非常に人種差別的というか何と言うか。

韓国人の行動に嫌悪を抱くのは仕方ないにしても、韓国人自身を嫌悪するのはやめるべきではないかと思うんですよ。
(そうは言ってもなかなか峻別するのが難しいですけどね。自分自身それができているかと自問してみても怪しいものですし…。ただ、そうした意識を持つ、自覚することが大事じゃないかな?と)


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

このページのトップへ

コメント

潜水艦さんへ

潜水艦さん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。なかなかレスできなくてすみません。

>現実問題としてアホな連中が迷惑をかけてきたら火の粉は払わないといけない。自分のことしか頭にない子に「大人の対応」は通じないんですよ。

確かに仰るとおりです。
いくら大人の対応と言ったって、実際に被害をこうむる立場になれば、そんな悠長なことも言ってられませんよね。

ただ、人種差別的に扱うのはやっぱりどうかと思うのですよ。

韓国人だって、先天的にああいう行動するわけじゃない。あくまでも韓国ウリジナルの環境など後天的な要素で「斜め上」になってしまうわけですから、そこの区別はつけておいたほうがいいんじゃないのか?と思うわけです。

ネット上の嫌韓をみるとどうもその辺が曖昧で危なく感じます。

それに、日本人の悪癖ですが、強いものには従順だけど、弱者や蔑視している場合は、とたんに見下し相手をあなどるクセが強いように思います。

嫌韓感情がそうした傾向に拍車を掛けなければいいなと思っているんですが。

ま、なんにせよ、韓国人には毅然として対応するのは私も賛成です。

>一知半解さんは頑張ってくださいな。応援しますぞw

ありがとうございます。これかろもよろしくどうぞ。

  • 2009/04/30(木) 21:54:55 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

それが儒教ナショナリズムだよ(´ー`)y-~~

現実を見て対処するんじゃなくて、自分の妄想とか理想を大前提にしてモノを見るから柔軟な対応や理解が出来ずに失敗するわけね。頭がカチコチのオッサンなんかもそうだけど、民族的に受け継がれてる思想とか魂みたいなもんだろうね。家系とかで受け継がれる体質みたいなものに近いかもしれん。

要するにね、「竹島はオレタチのモノなんだよー。だから俺たちの都合いいように信じ込んでください!!」と叫んでるわけでね。完全に自閉しきってるわけじゃなくて、周りが自分の思い通りになってないぐらいは理解できるからこそ、こうも騒ぎつづけてるんだろうがね。
たぶん、「独島の領有を日本人も祝福してくれるべき!!しなくてはならない!!」みたいなことも考えてるんじゃないですかね。
宗教サヨクと同じ思考回路だとわかるよね。apeman先生が問いかけから逃げながらもここで粘ってるのも同じ理屈だろうね。「山本七平はとにかくデタラメ!!」とね。アホだねぇ・・。
(´ー`)y-~~

>そうした見方は、人種差別的であって日本人自身にとってもマイナスでしかないということに。

それはちょっと違うと思うね。現実問題としてアホな連中が迷惑をかけてきたら火の粉は払わないといけない。自分のことしか頭にない子に「大人の対応」は通じないんですよ。だから中国人や朝鮮人のわがまま放題されてる現状があるわけでね。
とある高校で万引き犯が一人捕まったとしたら、「そういう悪い子もたまにはいるよね。」と感じる。
でも、十人も捕まったら「生徒指導がなってないのか困るねぇ。」と思う。
それが50人、100人という規模になって再犯者も混じってたとしたら「あの高校は手癖の悪い連中ばかりいる。」と考えるのは自然だよね。そう思われたくないなら、その高校の関係者で自浄していくしかないんだよな。「差別だ!!」なんて叫ぶのは逆効果だよ。

俺がapeman先生にツッコミ入れてるのだって、間違ってるところを批判してるだけなんでね。仮に先生が「ワタシは在日韓国人です!!」とかここでカミングアウトしたとしても、今までの指摘が「朝鮮人差別」とならんことはおわかりですよね。
批判や指摘が朝鮮半島向けの話題になるときだけ「差別!!」とか言い出されるのは、「あいつらは可哀想な連中だから優しくしてやろうよ。」みたいな逆差別みたいな感じがしてあんまり好きにはなれんのです。
率直に批判しあうほうがよっぽど健全なんじゃないですかね。
(´ー`)y-~~

ま、俺なんかは対等目線で接してるつもりなんだけど、apeman先生は南京の真実掲示板で「製作者も観る人間もみんなヘイトスピーチ!!」とかみんなに上から目線でしたがねw 

好き嫌いは個人の勝手、嫌っちゃいけないという縛りはいらんと思います。頑張らないと好きになれないんなら無理することもないでしょ。ほとんどの「嫌韓」とされるひとたちは対等に観てるからこそ指摘してるわけなんでね。そこを「差別」としかみない宗教サヨクとあちらさんにも問題が多いんじゃないですかね?

一知半解さんは頑張ってくださいな。応援しますぞw

  • 2009/04/29(水) 01:29:27 |
  • URL |
  • 潜水艦 #3un.pJ2M
  • [編集]

相互リンクのご依頼

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
qPO8Dapw

  • 2009/04/27(月) 23:22:42 |
  • URL |
  • hikaku #cJuqLt0I
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/207-868e5204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する