一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

あらためて自分の一知半解ぶりを反省する。

以前のエントリになるが、『サンヘドリン規定「全員一致の議決は無効」一考/~浅見定雄の山本批判に妥当性はあるか?~』なるエントリをUPした。

この記事は、Apemanさんの「コピペされ続ける間違い」という記事を参考に書いたものだが、この記事について国家鮟鱇という方から「お詫び」という記事のトラックバックを頂いた。

トラックバックを頂いてつくづく考えさせられたのが、己自身の一知半解ぶりと思考の粗雑さ。

そもそも、考えてみれば、Apemanさんのブログ記事を読んだだけで、浅見説を理解したと勘違いし、論破できると思ってしまった点からして、どうしようもないほど愚かな判断でした…Orz

やっぱり批判するなら、少なくとも原典にあたって、本人の記述を読み、その真意を測ってからでないといけない、ということを改めて痛感した次第。

浅見説が粗雑であると、指摘している本人のほうが遥かに粗雑だったわけで、これはもう言い訳不可能なレベルだと自覚しました。

そんなわけで、本来なら当該記事まるごと削除して、穴にでも入りたい気分ですが、己の一知半解ぶりを自戒するため、当該記事をそのまま残し、このエントリを新たにUPしておくことにします。
(当該記事には、前置きとしてこのエントリのリンクを貼り、あらかじめ後の経過がわかるよう措置しておきます)

しかし、サンヘドリンの規定が、まさか弁護にまわる人間を「役割演技」的に必ずつけないと、その裁判自体が成立しないという「仕組み」だとは気がつかなかったです。
国家鮟鱇さんの記事を読んで始めて理解できました。
(残念ながら私の頭では、Apemanさんの記事及びコメントから読み取れなかったです。申し訳ない。)

ということで、以下のことについて、現時点での私の認識を記しておきます。

・浅見説が、粗雑な批判に過ぎないという批難を完全撤回する。

・ベンダサン説の記述が、サンヘドリンの規定の解釈としては適切でないことを認める。
(ベンダサンの記述は、どんな場合でも「全員一致」=「無効」と受け取られかねない記述であり、誤解を招きかねないものであることを認める。)

・浅見説の正当性については、判断を留保する。
(浅見説が正しいのかどうなのか原典を調べる語学能力が無い為。つまり、この件に関しては自らが判断する能力がないことを自認する。)


まあ、それでも、ベンダサンが「全員一致」→「誤判・無効」の危険性があるということを、「全員一致」=「絶対正義」と考えがちな日本人に示したことは、十分に意義があることだったと私自身は考えております。
(そんなこと言っても、所詮は、引かれ者の小唄ですが…Orz)

そうした判断が正しいか否かは、「日本人とユダヤ人」と「似せユダヤ人と日本人」を読み比べていただいた上で下していただければ幸いです。
読み比べれば、少なくとも私のように恥を晒すようなことはないでしょう。

この件に関して、Apemanさんとは、かなり感情的な応酬をしてしまいました。今回の応酬部分については、行き過ぎ・不適切な発言があったことを認め、お詫びしたいと思います。

そして最後に、今回そうしたことを気付かさせてくれた国家鮟鱇さんにはお礼を申し上げたい。

国家鮟鱇さんの分析は、私のような粗雑な考えと違って、しっかり分析されたもので非常に参考になりました。最低でもここまで調べなければ、こうした問題は論じられないものだなぁと痛感いたしました。

今回の一件で、岡目八目とでもいいましょうか、「第三者の意見というのは本当に大切だなぁ」と改めて感じた次第です。
当人同士では、感情的になることもあり、なかなか気付けないもんなぁ。

大恥は掻いたけど、それでも自分の間違いに気付くことができたのは良かったです。
国家鮟鱇さん、本当にありがとうございました。


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

こんなブログ主でも応援してくださる方は「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:イスラエル・ユダヤ - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

apemanさんへ
 私はただの学習者に過ぎませんので、以下自分が理解している範囲内でお答えします。間違いがあればよろしくご教示下さい。(*を付した部分が私の回答です。)

>つまり、ベンダサンは「ミカは神に絶対服従する事自体が罪であるといった」などとは言っておらず、「神殿(現体制を象徴するもの)を壮大にすることは、神を賛美し神に仕える行為」だが、それが貧者を搾取するものならば「神の意志に反する=罪」である、ということを言っているに過ぎません。

へえ。「過ぎません」ですか。では次の文章をどう弁護されますか。

「すなわち、神の戒命(律法)に、一点一画もおろそかにせず絶対的に従うこと自体が、神を信じないこと(すなわち神に従わないこと)になる、という考え方である。」(角川文庫版、100ページ)

*神に対する信仰(=絶対服従)は、神殿を壮大にしたり戒名を守ることで表されますが、しかしそれが民を搾取するものであったり、民に対する哀れみやいつくしみを欠くものであっては、逆にそれは神の意志に反することになりますよ、といっているのです。つまり、神を賛美する行為や戒名にも軽重(?)があって、キリスト教では「汝の隣人を愛せよ」を最も重要視(十戒一とともに)しているのです。
〈律法の全体は、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」という一語をもって全うされるのです。(ガラテヤ5:14)ほか〉
 ミカが言ったことは、おそらく、イエスがパリサイ派を批判した論理と同じというよりその原型なのではないでしょうか。
〈忌わしいものだ。偽善の律法学者、パリサイ人たち。あなたがたは、はっか、いのんど、クミンなどの十分の一を納めているが、律法の中ではるかに重要なもの、すなわち正義もあわれみも誠実もおろそかにしているのです。これこそしなければならないことです。ただし、他のほうもおろそかにしてはいけません。(マタイ23:23)〉
 こうした考え方が「人間には真の義すなわち絶対的無謬はありえない」という考え方につながり、従って「全員一致して正しいとすることは、全員が一致して誤っていることになるはず」という考え方にもなるのです。(そんな国がありますよね)

> また、(二)については、ベンダサンが、「全員一致の議決は無効」の論を一般論化しているとの指摘で、そう理解される書き方をしているのは事実ですが、もともとこれは「イエスの死刑判決が全員一致でなされたとの記述が聖書(マルコ、マタイ福音書=筆者)にあるのは、聖書の著者達(ユダヤ人でありキリスト教徒であった)が、当時『全員一致』で処刑するのは違法だと言うことを知っていて、この判決は違法だと言いたかったのだろう」という記述のなかでなされているものなのです。

 違います。まるで逆です。偽ユダヤ人はまず「いわばもう血となり肉となって」いるというミカ的発想の「一例として、表題にかかげたサンヘドリンの規定」、すなわち「全員一致の審判は無効」という「規定のことをお話しよう」と述べたうえでイエスの裁判について言及したのです。ですから議論の大枠は「サンヘドリンの規定」であり、それについて語るためのよすがとしてイエスの裁判を引き合いに出したに過ぎません。だいたい、あの章からイエスについての言及をすべて削除してもその趣旨は変わりませんが、「全員一致の審決は無効」を削除したらあの章全体が成立しなくなるじゃないですか。

*「お話しよう」の前には全員一致の審判は無効という文章は出てきませんよ。もっとも章題は別ですが。議論の大枠は「サンヘドリンの規定」ではなく「ミカ的発想」で(だからミカの話が最初に出てくる)、そこから、イエスの死刑が全員一致でなされたと聖書(マタイ27:1、マルコ14:64)に書いてあるのは、初代キリスト教徒(ユダヤ人)が、これは違法だと言いたかったからだろう、とというベンダサンの話につながっているのです。
 また、仮に「全員一致の審決は無効」を削除したら、それはapemanさんはお困りでしょうが、それを削除しても章全体が成立しなくなるということはありません。この章の主題は「人間には真の義すなわち絶対的無謬はありえない」ということですから。だから本筋でないところに噛みついても意味はないと言っているのです。「全員一致・・・」が章題に選ばれているのは、日本人が全員一致を疑う発想を全く持っていないから、それとの対比上選ばれたわけで、この章の論述の落としどころは「人間には真の義すなわち絶対的無謬はありえない」なのです。
 だって、裁判の議決ルールだけに固執すれば、解釈の仕方はいろいろあるでしょうし、時代によっても変わる。まさに浅見氏が蘊蓄を傾けて解説しているようなことになるのではありませんか。そんな議論専門家以外だれができます?まただれが関心を持ちます?この本はそういう専門家を対象にした学術論文ではないのです。私のような一般庶民を相手にしたエッセイであり、「なるほど、おもしろい発想だ」と参考にしてもらえばいい、というものなのです。そこから、さらに専門的に勉強する人も出てくるわけで、それでいいのではないでしょうか。私は、こうしたベンダサンの指摘を面白いと思う人が多かったからこそ、この本は売れたのだと思います。またapemanさん達の努力にもかかわらず、売れ続けると思いますよ。

>従って、その本旨は「人間には真の義すなわち絶対的無謬はありえない」という考え方がユダヤ人の血や肉になっている、ということを言っているのであって、私はこれ自体は間違いではないと思います。

「人間には真の義すなわち絶対的無謬はありえない」という発想から「全員一致の審決は無効」は必然的に帰結しません。しかし偽ユダヤ人は「人間には真の義すなわち絶対的無謬はありえない」ではなく「全員一致の審決は無効」を章のタイトルに選んだのです。

*ここがapemanさんの解釈ポイントだと思いますが、私はapemanさんの理解不足だと思います。後段の論述は意味不明ですね。

>これについては浅見氏は「ああそうですか」と二度”切り捨て”ているだけです。

実につまらない嘘をつきますねw

*私が所有している『にせユダヤ人・・・』は朝日新聞社刊単行本1984.1.30第三刷です。そのp61及びp62に「ああそうですか」が二度出てきます。書き換えたんでしょうかね?どうでもいいですけど。

>それにしても、タルムードを参照できる人はほとんどいないはずなのに、サンヘドリンの規定解釈に関する議論をよくやりますね。

これはまず山本七平に向かっておっしゃったらどうでしょうか。

 山本七平は、私は『日本人とユダヤ人』の著者(著作権者)ではないと繰り返し言っていました。また、この本の記述にはタルムードを縦横に引用できる人でないと書けない部分があり、私には書けないともいっていました。そんなことより、まず自ら顧みることが大切なのではないでしょうか。

  • 2009/06/01(月) 14:57:23 |
  • URL |
  • tikurin #wQAHgryA
  • [編集]

Apemanさんに、お断りしておきます。

>またしてもアクロバットで山本「事実であろうと、なかろうと」七平のインチキを擁護する人が現れましたかw

Apemanさんね、あなた本当に他人を「インチキ」呼ばわりするのが好きですね。
自分と違う意見は罵倒せずに居られないその精神状態、はっきり言って異常ですよ。

インチキ呼ばわりするだけが目的のあなたと、論争したことを私は正直言って後悔しています。
あいにくあなたと違って私は、勝ち負けを決めるのが至上目的ではないのです。私の目的は、ブログ活動を通じて知見を深めるのが目的ですから。

あなたがこの件について勝利宣言しようと何しようと構いません。
また、私のブログにコメントを入れるのも勝手ですが、インネン目的だけのコメントには一切レスを返しませんからご了解ください。

それに、もうあなたの大切な縄張り、Apeman城にちょっかい出すのもやめましょう。あいにく、あなたのようなインチキ呼ばわりするだけの人間に関わる時間は私にはありませんので。

  • 2009/06/01(月) 00:35:52 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

tikurinさんへ

tikurinさん、実にわかりやすいコメントありがとうございます。

>これについては浅見氏は「ああそうですか」と二度”切り捨て”ているだけです。きっと氏は山本の「日本人論」には深入りしたくなかったのでしょう。

なるほど。
私も「日本人とユダヤ人」の意図は、「日本人論」にあると思っていましたので、浅見氏がそのことについてまったく触れないで批判ばかり行なっているように感じていた(読んでいなかったため)のですが、実際そうだったのですね。

>私は、山本七平の言葉は「日本人に対する預言として今後も生き続ける」と思っています。

私も全く同感です。
浅見氏のインネンにも関わらず、今なお同書が売れ続けているのはその証なんでしょうね。

間違いがあることを以って、インチキ呼ばわりする”だけ”が目的の人間、お互いに「参考になれば」という謙虚な姿勢に欠けるApeman氏のような人間には、所詮それがわからないようです。

>それにしても、タルムードを参照できる人はほとんどいないはずなのに、サンヘドリンの規定解釈に関する議論をよくやりますね。

それを言われると穴があったら入りたい気分です(汗)
まさにその通りで、自分もバカなことをしてしまった…と反省しております。

いつも思うのですが、tikurinさんのコメントは理路整然と論旨がまとめられていてわかりやすく、非常に参考になりました。
このように整理できたら、どツボに嵌ることはなかったのでしょうが…。

私もこのように書けたらいいのですが、頭がそれに追いつかない…(涙)
わかりやすく書くというのは、実に難しいものですね。

ベンダサンの司馬批判のコメントへのレスは、もうちょっとお待ちください。
自分の頭の中の整理がまだついていませんので…。

  • 2009/06/01(月) 00:13:50 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

やれやれ・・・

またしてもアクロバットで山本「事実であろうと、なかろうと」七平のインチキを擁護する人が現れましたかw

>つまり、ベンダサンは「ミカは神に絶対服従する事自体が罪であるといった」などどとは言っておらず、「神殿(現体制を象徴するもの)を壮大にすることは、神を賛美し神に仕える行為」だが、それが貧者を搾取するものならば「神の意志に反する=罪」である、ということを言っているに過ぎません。

へえ。「過ぎません」ですか。では次の文章をどう弁護されますか。

「すなわち、神の戒命(律法)に、一点一画もおろそかにせず絶対的に従うこと自体が、神を信じないこと(すなわち神に従わないこと)になる、という考え方である。」(角川文庫版、100ページ)

「ミカの弁証法の最も奥底にあるものは、人間には真の義すなわち絶対的無謬はありえないということであろう。これはただ神にのみあるのであって、人間はたとえ一心不乱に神を称え、神の戒命を守り、神に従っていても、そうする行為自体の中に誤りを含む、という考え方である。従って、全員一致して正しいとすることは、全員が一致して誤っていることになるはずで(後略)。」(角川文庫版、102ページ)

> また、(二)については、ベンダサンが、「全員一致の議決は無効」の論を一般論化しているとの指摘で、そう理解される書き方をしているのは事実ですが、もともとこれは「イエスの死刑判決が全員一致でなされたとの記述が聖書(マルコ、マタイ福音書=筆者)にあるのは、聖書の著者達(ユダヤ人でありキリスト教徒であった)が、当時『全員一致』で処刑するのは違法だと言うことを知っていて、この判決は違法だと言いたかったのだろう」という記述のなかでなされているものなのです。

違います。まるで逆です。偽ユダヤ人はまず「いわばもう血となり肉となって」いるというミカ的発想の「一例として、表題にかかげたサンヘドリンの規定」、すなわち「全員一致の審判は無効」という「規定のことをお話しよう」と述べたうえでイエスの裁判について言及したのです。ですから議論の大枠は「サンヘドリンの規定」であり、それについて語るためのよすがとしてイエスの裁判を引き合いに出したに過ぎません。だいたい、あの章からイエスについての言及をすべて削除してもその趣旨は変わりませんが、「全員一致の審決は無効」を削除したらあの章全体が成立しなくなるじゃないですか。

>従って、その本旨は「人間には真の義すなわち絶対的無謬はありえない」という考え方がユダヤ人の血や肉になっている、ということを言っているのであって、私はこれ自体は間違いではないと思います。

「人間には真の義すなわち絶対的無謬はありえない」という発想から「全員一致の審決は無効」は必然的に帰結しません。しかし偽ユダヤ人は「人間には真の義すなわち絶対的無謬はありえない」ではなく「全員一致の審決は無効」を章のタイトルに選んだのです。

>これについては浅見氏は「ああそうですか」と二度”切り捨て”ているだけです。

実につまらない嘘をつきますねw

>それにしても、タルムードを参照できる人はほとんどいないはずなのに、サンヘドリンの規定解釈に関する議論をよくやりますね。

これはまず山本七平に向かっておっしゃったらどうでしょうか。

浅見氏の「にせユダヤ人論」について

 サンヘドリンの「全員一致の議決は無効」云々についての議論がなされていますが、私見を申し述べさせていただきます。山本七平を批判される方の多くは、浅見定雄氏の『にせユダヤ人と日本人』のこの箇所を持ち出します。でも受け売りが多いようですね。大切なことは自分で調べて自分の頭で考えることです。そこで私見ですが、まず、浅見氏がこの本を書いた動機がよくないと思います。氏は山本七平を、ベンダサン=山本=右翼と決めつけていますが、まずこれが両方とも間違い。次に、山本の「日本人論」に直接挑戦せず、彼の「聖書学」がいかにインチキかを証明することでそれを抹殺しようとした。これは議論ではなく”インネン”です。また、議論の立て方自体もおかしいですね。「全員一致」に関する議論については次の通りです。
 浅見氏は、『日本人とユダヤ人』の「全員一致の審決は無効」の章の論旨の要約を次の二つにまとめています。(三つ目については後述)
(一)旧約聖書のミカという預言者は、神に絶対服従すること自体が罪であると言った。なぜならそれは無批判な態度であり、従って何事につけても「全員一致」を生み出す結果となるからである。
(二)従ってミカの末裔であるユダヤ人は、「全員一致」を認めない。その代わり決まったことは絶対守る。
 まず(一)ですが、これは要約として間違っていると思います。つまり、ベンダサンは「ミカは神に絶対服従する事自体が罪であるといった」などどとは言っておらず、「神殿(現体制を象徴するもの)を壮大にすることは、神を賛美し神に仕える行為」だが、それが貧者を搾取するものならば「神の意志に反する=罪」である、ということを言っているに過ぎません。そのためにわざわざ「ミカ書」二~五章の言葉を引用しているのです。そのまま読めば宜しいと思います。
 また、(二)については、ベンダサンが、「全員一致の議決は無効」の論を一般論化しているとの指摘で、そう理解される書き方をしているのは事実ですが、もともとこれは「イエスの死刑判決が全員一致でなされたとの記述が聖書(マルコ、マタイ福音書=筆者)にあるのは、聖書の著者達(ユダヤ人でありキリスト教徒であった)が、当時『全員一致』で処刑するのは違法だと言うことを知っていて、この判決は違法だと言いたかったのだろう」という記述のなかでなされているものなのです。従って、その本旨は「人間には真の義すなわち絶対的無謬はありえない」という考え方がユダヤ人の血や肉になっている、ということを言っているのであって、私はこれ自体は間違いではないと思います。また、こうした指摘は、「人間」教徒である日本人には大変有益だと思います。(だから売れたのです。)
 それから(三)「日本人は何事につけても「全員一致」が好きである。そのくせ決まったことにはあまり拘束されない、というのは、たとい「全員一致」でも、もし「人間性」に反してるならそれを無視しても世間が許すから」についてですが、これについては浅見氏は「ああそうですか」と二度”切り捨て”ているだけです。きっと氏は山本の「日本人論」には深入りしたくなかったのでしょう。もともと氏は山本の論を「右翼の論」と決めつけているのですから仕方ありませんが、山本七平(私はベンダサンとは一応区別しています)の「日本人論」は、到底”切り捨て”できるものではありません。私は、山本七平の言葉は「日本人に対する預言として今後も生き続ける」と思っています。
 一方、浅見氏の言葉ですが、残念ながら浅見氏自身の「人間」としての「品位」はこの本でかなり落ちましたね。「専門家の役割は専門外の人を貶めることではなくアシストし励ますこと、とは小室直樹氏の弁ですが、私はそれを聞いて安心しました。
 それにしても、タルムードを参照できる人はほとんどいないはずなのに、サンヘドリンの規定解釈に関する議論をよくやりますね。冒頭申し上げましたが、自分の意見は自分で調べられる範囲でなすべきだと思います。(浅見氏の議論は今後も私なりに点検していこうと思っています)。いずれにしても、お互いに「参考になれば」という謙虚な姿勢が大切ですね。
 

  • 2009/05/31(日) 14:29:16 |
  • URL |
  • tikurin #wQAHgryA
  • [編集]

潜水艦さんに同意

>あれだけ騒いでた「百人斬りapeman説」の説明は徹底的に避けてると。
これ、自分に自信があったら絶対に書かんはずがないって証明だよね。
つまりさ、apeman先生は本多本の丸暗記してるだけで、具体的に説明できるほどの自説が無いと遠回しに告白してくれたわけだね。

だよねえ。
 撲殺もどきの意見を「客観的な意見」とか、百人切りの事件概要すら定義説明できない「史実派」とか、笑ってしまうわ。
 これで、否定派が考慮できていないとか、apeman頭脳はどうなってるんだよ(笑)。

  • 2009/05/10(日) 14:05:40 |
  • URL |
  • sirokaze #-
  • [編集]

apeman先生のさりげない告白だね(´ー`)y-~~

また先生が来たね。コメント欄でこーゆー話が進んでる時にあさっての方向を向いて口笛を吹きながら再入場してきたね。
ま、常人だったらあえて来ないとか意を決して回答について触れるとかするもんだが、先生はそれらから全力逃避すると決意したようだね。
なおかつ、ブログ主さんに終わった話でまだ責め立てようとウキウキしとるようだね。
あれだね、自分の手柄でない話だとしても誰かを責められる機会、という快楽の前に理性が敗北してしまったんだろうね。アル中患者と酒みたいに猿人先生にとってキーキー!!と吠えるのは止められないことらしいね。

エロい話が頭から離れない中学生みたいなもんだね。50代男性なんだけどねw ホルモンパワーかねぇ。

で、ここまでしても書きたい衝動が止められん先生なのに、あれだけ騒いでた「百人斬りapeman説」の説明は徹底的に避けてると。
これ、自分に自信があったら絶対に書かんはずがないって証明だよね。
つまりさ、apeman先生は本多本の丸暗記してるだけで、具体的に説明できるほどの自説が無いと遠回しに告白してくれたわけだね。

この状況ですぐ下みたいなの書いてたら、そう判断されてもしょうがないわけでね。先生も覚悟の上で「糾弾!!」という名の快楽に従ったというわけだろうからねぇ・・。

自制心のない50代男性、まさにapemanだよね。名は体を表していたというわけだね。

哀れなりサヨク。

  • 2009/05/09(土) 04:42:17 |
  • URL |
  • 潜水艦 #3un.pJ2M
  • [編集]

どうなんですか?

私は浅見氏の訳になるミシュナの規定として

>死刑罪でない裁判では、全員が(被告の)有罪を主張しても無罪を主張してもよい。しかし死刑罪の裁判では、無罪の主張は全員がしてもよいが、有罪の主張は全員でしてはならない。

を引用した上で、それについて

>死刑を宣告する場合にのみ「全員一致」の判決は回避されることになるが、それは「全員一致は無効だから」ではなく、(浅見氏の解説によれば)「被告人の生死にかかわる場合には必ずだれか弁護をする側に廻るよう義務づけるため」である。

とコメントしておいたのですが、あなたはここから一体どういう情報を読みとったのですか? 答えられないということでいいですか?

apeman先生を守ろうと必死だね(´ー`)y-~~

>↑これに尽きるよ。あんたらがあまりにも醜悪だったから、からかってみたくなったの。

醜悪なのはapeman先生だよ。他人様に向かって、「オレサマの満足するペースで返事書け。ハリーハリーハリー!!!!」とか書いといて、自分にそれ向けられたら逃げまくりなんだからね。1月にここで騒いだ時もそうだったがね。先生は口げんかした相手の家に一言の挨拶もなく上がりこんでお茶菓子を食らう輩らしいねw 50代男性としてはちょっとアレなんで、「そんな難しいコトでもないし答えなよ。」とツッコミいれてるわけでね。

でも、サンプルまで書いてあげたのに知識経験豊富なはずの先生が逃げるのは不思議なことだよねぇ。
人間って完璧とはいかんけどさ、他人様に要求するレベルの半分でも自分で実行するものじゃないかね? サヨクは特別だからいいの!! かねぇ・・。
(´ー`)y-~~

>なんでサンへドリン規定の話をしているところに、しかも決着がついた後になって書く必要があるんだよ。

枝葉の話にのめりこんでまだ「糾弾会」やりたがってた先生に、「本題に戻れよw」と言ってあげただけだよ。そしたらapeman城に逃げちゃったぽいって話なんでね。つーか、ブログ主さんが感銘受けたのもトラバ送ったひとであって先生じゃないんだけど、なんで「apeman先生が一本とった~♪」って話になるのか本気でわからんw
これがインパール牟田口を信奉するサヨク脳のなせる業なのかもしれんね。

>apemanさんに一本取られたって、たいしたことじゃないでしょ。放っとけばいいじゃない。それとも、耐えられないほど口惜しかったの?(笑)

ああ、「ここだけ見ておけばapeman先生がウヨクに大勝利したように見えるのに、余計なツッコミ書くなよ~。涙目。」みたいな感じだったのかね? 航空母艦十一隻撃沈!! と宴会やってたところに「敵空母は全て健在です。」と報告されちゃった気分なんだろうね。
サヨクは彼らが一番きらいな旧日本軍の思考そのままだよねぇw

>あなたたちが「東海者は左翼のapeman信者」という妄想から冷めそうもないので、このへんで失礼します。

サヨク便衣兵と一般人の区別はわりと簡単だよ。気付いてないのはサヨクばかりなり、でね。化けそこなったタヌキが村人から白い目で見られてるのと同じだよw
笑うとか笑われるってのもどーでもいい話さね。「猿害」に悩まされてるところに、猟友会がちょっと出かけて追い払ったってだけなんでね。読んでるひとに笑われたくないなら、キーキー!!と叫ぶのをやめてちゃんとすればいいだけでね。だから「猿害」としか見られんw

捨てハンのサヨク便衣兵はどーでもいいけど、「本題に戻れ、と一言書いただけで山に逃げた先生の記録」として、先生が別の場所で暴れたら紹介しようと思うね。頼りない空威張りだけの先生についてくのも大変だけどね。浪花節だよサヨクの人生は~♪

哀れなりサヨク。

  • 2009/05/06(水) 20:45:47 |
  • URL |
  • 潜水艦 #3un.pJ2M
  • [編集]

>この件で論破したのは、apeman先生じゃなくて、国家鮟鱇さんですね。

↑こういうことでいいのかどうか、一知半解さんに聞いてみたいけど、あなたたちが「東海者は左翼のapeman信者」という妄想から冷めそうもないので、このへんで失礼します。
そこで提案なんですが、ここでのやりとりを、「sirokaze&潜水艦の最強コンビが、apeman信者を撃退した例」として、いろんな場所で紹介してもらえませんかね。ぜひお願いしますよ。ま、笑われるのはあんたらの方だと思いますがね。とくに、sirokazeさんの日本語能力(笑)。

  • 2009/05/06(水) 09:48:05 |
  • URL |
  • 東海者 #-
  • [編集]

ああ、ダメだ。
二人とも、とにかく俺のことを「左翼のapeman信者」と決めつけた上で、すべての文章を書いている。だから完全に噛み合わない。「同じ宗教サヨクの門徒」って、何の話だよ(笑)。俺は「サンへドリン規定」に関心持って読んでたの。そして、書き込んだ動機は

>あなたたちのやってることは、自分の誤りを認めた一知半解さんの潔さを、むしろ台無しにするものだと思うよ。

↑これに尽きるよ。あんたらがあまりにも醜悪だったから、からかってみたくなったの。

>本題は最初から「百人斬り」だもの
だから、「百人斬り」をテーマにしている記事のコメント欄があるでしょ。そっちにいくらでも書きなさいよ。「最近のコメント」のところに表示されるんだから、ここに来た人たちにapemanさんが「逃げてる」ことを知らしめることはできるでしょ。なんでサンへドリン規定の話をしているところに、しかも決着がついた後になって書く必要があるんだよ。限定的なワン・テーマなんだから、apemanさんに一本取られたって、たいしたことじゃないでしょ。放っとけばいいじゃない。それとも、耐えられないほど口惜しかったの?(笑)

さて、今回の文章添削。
>さも、後付けで「ここの部分を訂正すべき」とか「枝葉」の部分でしか指摘できないような人間だよね。

この「さも」は変でしょう。「しょせん」とか「結局」にすべきだよ。



  • 2009/05/06(水) 09:36:01 |
  • URL |
  • 東海者 #-
  • [編集]

論破したのは

 この件で論破したのは、apeman先生じゃなくて、国家鮟鱇さんですね。
 きちんと書いてあるじゃないか。それすら読めないのかね?

「ワタクシがまともな文章を書いてれば良かったんですがね」

冗談言うなよと。
おれは君らみたいな偽善者じゃないからな。
偽善者ぶっているくせに、そういうこともいえないようなアホを信者にしているから、低脳呼ばわりされるんだよと。
 お前さんたちは、難癖つけるだけがとりえ。
さも、後付けで「ここの部分を訂正すべき」とか「枝葉」の部分でしか指摘できないような人間だよね。
 哀れだな。

 apeman先生と一知半解さんのやりとりは、本質の部分での話であって、次元が違うのでね。そういった状況ならともかく、東海者氏のやることは、まったくもってそれとは違うね。

 あと、apeman先生は、百人切りの定義も、虐殺の定義も、自分勝手に「本質は戦争犯罪があったか?」とか、変えてしまっているような人間ですよ。
 それで、論破できていると思っているのかね?
 史実派とか、論破とか、論理破たんの間違いでしょうな。

  • 2009/05/05(火) 18:50:51 |
  • URL |
  • sirokaze #-
  • [編集]

そんなの知らんがね(´ー`)y-~~

>俺がそれを見たら、「負け惜しみかよ。左翼はみっともねえなあ(笑)」って思うけど、あなたは思わない?

思わないよ。本題は最初から「百人斬り」だもの。つーか、本多と笠原、山本の本のどっちに信頼性がおけるかって話についても放り出したまんまだしさ。宗教サヨク的には、異教徒山本の過りを一つ指摘できたから「我ら宗派の正統性が確立された!!」とかなるのかもしれんがねぇw 枝葉の話に持ち込んで逃げるのはapeman先生の常套手段だがね。
(´ー`)y-~~

ふつーの人間は、誰でも間違ったりするってのは折り込み済みでね。小林の漫画だってよく訂正書いてるじゃないかね。
で、本多や藤原や笠原は仕事よりイデオロギー選んじゃったからダメ。今でも山本の本は本屋に並んでて売れてるって差はここにあると前にも書いたがね。
そこが先生にとっちゃ許せんところみたいだがねぇw

「百人斬り」についてどう考えてるのか、これって1月にこことsirokazeさんのを荒らした時からずっと聞かれてることなのよね。サンプルも書いてあげたわけだし、そんな難しいことじゃないのも皆さんご承知の通り。だいたい先生ほどのお人(猿人?)だったら既にまとめてるはずでしょうに。これだけ熱弁を各地でふるってるんだからさ。
「百人斬り」は中国で言われてる戦争犯罪の代表的なものでしょ。テキストで言えば先頭に書かれてるようなものだよ。
だから細かいネタをギャーギャーとお城で書きなぐってる先生が答えられんはずがない。明快なテキストを出せるはずなんだ。

おかしいな、同じ宗教サヨクの門徒だって先生の名文を見たいんじゃないかね? それとも答えてはいけない、という宗門の「掟」でもあるというのかね? 一般の者にはさっぱりわからんよw
ま、無理に答えろとはいわないよ。だがね、やたら細かいトコを自分のお城で書いてるのに、基本的なところを答えられんというのは誰が見てもおかしいんだよ。いいとこ、本多本を丸暗記してるだけというわけだね。
あれだけ他人様にギャーギャーと怒鳴り散らし、自分が欲しい時だけ回答しろと騒いだりとワガママし放題なのに平気な50代男性・・。
哀れだね。

アンタが代わりに答えてくれてもいいし、先生を呼びに行くのでもいいがね。このまま終わりなら「先生はまたまた逃げました。END」ってことでいいね。そう思われたくないならちゃんとしなさいな。
(´ー`)y-~~

サヨクはみんな無責任。おまけにそれに自覚なしw
哀れなりサヨク。

  • 2009/05/05(火) 17:17:50 |
  • URL |
  • 潜水艦 #3un.pJ2M
  • [編集]

潜水艦さん

まあちょっと落ち着いて、逆のパターンを想像してみてよ。

一知半解さんがapemanさんのブログに乗り込んで、あるテーマで完全論破し、apemanさんが謝罪した。ところがそこのコメント欄に、apemanブログの常連投稿者たちが現れて、
「別のテーマでは一知半解は逃げてる。本題はそっちだ」とか「一知半解は、”ワタクシの書き方も悪かった”と、どうして言えないのか」とか書き込んだら、どうよ?
俺がそれを見たら、「負け惜しみかよ。左翼はみっともねえなあ(笑)」って思うけど、あなたは思わない?

あなたたちのやってることは、自分の誤りを認めた一知半解さんの潔さを、むしろ台無しにするものだと思うよ。

  • 2009/05/05(火) 09:19:28 |
  • URL |
  • 東海者 #-
  • [編集]

まだサヨク便衣兵かね(´ー`)y-~~

>そもそも、内容(サンヘドリン規定)に反論できなくて負け惜しみを書いてるのって、あなたたちの方でしょう。

書いてないよ。俺は「apeman百人斬り説」とやらの説明をせよ~、って言ってただけでねぇ。先生は嫌いなニンジンをすぐに残そうとするから困ったことなんですがね。
本題は「百人斬り」。俺は先生が何度逃げ出しても席に連れ戻す役、ってのも表明済みでね。先生もそれを受け入れてるわけでね。
で、先生はきちっとしたテキスト出してくれると思ってたんだが・・、apeman城は本丸と支城ともに絶賛更新中じゃないかねw これはcheap某の時やワシさんのところから逃げたときと同じなんじゃないかねぇ・・。

だって、これだけ自信満々に他人様のことを「ヘイトスピーチ!!」と怒鳴ってきたんだから、自分の頭の中ではちゃんとまとまってるわけでしょ? だからそれを出せばいいのよ。
まさか出したくないとは言いますまい。いつになったら脳内の名文をテキスト化して私たちに見せてくれるのか・・と、全国の女子高生ファンたちも待ってるよ。
(´ー`)y-~~

「そ、そ、それはお前のことでおじゃるぅぅぅ。麿はすばらしい宗教サヨクでおじゃる!! 愚民ども頭が高い!!!!」
ってのはいい加減見飽きてるの。先生を呼ぶかアンタが代わりに説明しなさいな。
ま、先生の脳内では「今日もウヨクに大勝利!! 我が軍はガダルカナル島から転進した!!」とか万歳三唱してるだろうがねw

哀れなりサヨク。

  • 2009/05/04(月) 21:03:09 |
  • URL |
  • 潜水艦 #3un.pJ2M
  • [編集]

追記。
今回のあなたの文章も変だよね。

>所詮はapeman信者も、キムチ連中の「嫌韓流」に対する感想と大して変わらんことがわかりますなあ。

ここは、「信者が書いてくる文章も ……と大して変わらん」とすべきでしょう。

>そもそも、百人斬りの話題から、書き込める余裕があるにも関わらず、書き込んでいない時点で

意味がよく分からないが、
「百人斬りがテーマになっているコメント欄に書き込む余裕はあったはずなのに、書き込んでない時点で」
↑こういうことかな?

  • 2009/05/04(月) 21:02:41 |
  • URL |
  • 東海者 #-
  • [編集]

あれえ、意外な反応だなあ。
「いやいや、ワタクシがまともな文章を書いてれば良かったんですがね」って言ってくれると思ってたのに。
他人にはそういう謙虚さを求めるのに、自分は逆ギレですか。「無駄なプライドばかり高」いんですね。
そもそも、内容(サンヘドリン規定)に反論できなくて負け惜しみを書いてるのって、あなたたちの方でしょう。俺はこのテーマに関心持って読んでただけだから、百人斬りだのapeman信者だの言われたって、訳がわからない。
それから、あなたによればapeman氏は「アホ」で、「K国人とたいして変わらん」そうですね。だとすると、心酔している人物(山本七平)の件で、ここまで完璧に論破された一知半解氏は、アホ以下、K国人以下ってことになるんですかね。

  • 2009/05/04(月) 20:37:02 |
  • URL |
  • 東海者 #-
  • [編集]

内容に反論できなくて

 内容に反論できなくて、悔しいんですね。分かります(笑)

 所詮はapeman信者も、キムチ連中の「嫌韓流」に対する感想と大して変わらんことがわかりますなあ。
 絵が下手だ。日本語ができていないとか、まあ、負け惜しみでしかありませんよ。反論したければ、内容でどうぞ。
 そもそも、百人斬りの話題から、書き込める余裕があるにも関わらず、書き込んでいない時点で、apeman先生逃げ出しているってのが明白だからねえ。
 信者なら、教祖様が逃げ出しているのをとがめるべきじゃないの?

  • 2009/05/04(月) 13:00:33 |
  • URL |
  • sirokaze #-
  • [編集]

>無駄なプライドばかり高くて、俺の質問や指摘から逃げ出したヤツが、自分の誤りを認めることをしないような大人として恥ずかしいヤツですからな、apeman先生。

↑なに? この日本語wwww
もしかして、日本人じゃないのか?

  • 2009/05/02(土) 19:36:21 |
  • URL |
  • 東海者 #-
  • [編集]

ソレは無理でしょう

>>潜水艦さん
>「いやいや、ワタクシも的確に説明できてれば良かったんですがね。お互い様ですよ~。」とか言ってれば

 そりゃ無理でしょう。
 そもそも、マトモな説明すらできない上に、笠原本なんてインチキの連続だって指摘にすら、きちんと答えられないようなアホですから、apeman先生は。
 無駄なプライドばかり高くて、俺の質問や指摘から逃げ出したヤツが、自分の誤りを認めることをしないような大人として恥ずかしいヤツですからな、apeman先生。
 K国人とたいしてかわらんわけで。

  • 2009/05/02(土) 12:36:48 |
  • URL |
  • sirokaze #-
  • [編集]

一知半解さんは素直なひとだね(´ー`)y-~~

ま、小林の漫画だって間違ってたら訂正コメント入れてるし、プロでもアマチュアでも人間は間違う生き物ってことですな。その時にどう振舞うかで、そのひとの人となりもわかるんですがね。
なんでもほったらかしで「我は無謬なり!!」と威張ってるapeman先生も半分ぐらいは見習ってほしいもんだね。

>とおっしゃる。まさか「役割演技」という4文字がなかったので理解出来なかった、とでもいうんでしょうか?

こーゆーのもみっともないよね。「いやいや、ワタクシも的確に説明できてれば良かったんですがね。お互い様ですよ~。」とか言ってればお望み通りの「サヨク知識人」っぽく見せることもできるのにねぇ。アンタが他人様に難癖つけまくって反論されたらふんどし一丁で逃げまくってるの、ここ読んでる大勢の人たちは先刻承知なんだよ。yahoo掲示板のcheap某はいつ復活するのか、そして南京大虐殺の犠牲者名簿とやらをいつ公開してくれるのか、と楽しみに待ってるんだよ。
他人を悪く言っても、自分の手がきれいになるわけじゃないんだからね。

ま、これでこの話は終わりですな。それじゃ「百人斬り」のapeman説をちゃんと説明してもらえるよね?
アンタが信じるに至った根拠とか情報を出すだけでもいいよ。「ワタシは笠原、本多先生の本を全面的に信用しています!!」だけでもいいんでね。ここのブログ主さんの半分でも誠実ならできるはずなんでね。

よろしく頼むよ(´ー`)y-~~

  • 2009/04/29(水) 00:53:06 |
  • URL |
  • 潜水艦 #3un.pJ2M
  • [編集]

私は浅見氏の訳になるミシュナの規定として

>死刑罪でない裁判では、全員が(被告の)有罪を主張しても無罪を主張してもよい。しかし死刑罪の裁判では、無罪の主張は全員がしてもよいが、有罪の主張は全員でしてはならない。

を引用した上で、それについて

>死刑を宣告する場合にのみ「全員一致」の判決は回避されることになるが、それは「全員一致は無効だから」ではなく、(浅見氏の解説によれば)「被告人の生死にかかわる場合には必ずだれか弁護をする側に廻るよう義務づけるため」である。

とコメントしておいたのですが、あなたはそれを読んでも

>しかし、サンヘドリンの規定が、まさか弁護にまわる人間を「役割演技」的に必ずつけないと、その裁判自体が成立しないという「仕組み」だとは気がつかなかったです。

とおっしゃる。まさか「役割演技」という4文字がなかったので理解出来なかった、とでもいうんでしょうか? あなたはどうせ笠原本についても同じような読み方しかしてないんだろうな、と思わざるを得ないですね。

本来であればこんなはなしは、あなたが「いや、タルムードのどこそこにちゃんと全員一致は無効という規定がある」と反論出来なかった時点でお終いです。そうならなかったのはあなたの「頭」の問題じゃありません。

  • 2009/04/28(火) 07:18:04 |
  • URL |
  • Apeman #lrg3p7cc
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/208-a0a19e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する