FC2ブログ

一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

12/21のツイートまとめ

yamamoto8hei

@chanchan_papa 国が不適切な判断を下した背景には、一方的判断に基づいて一般大衆の不安情緒を煽ったマスコミの偏向報道があった事は否定出来ませんよ。そういう経緯を都合よく無視しておいて、よくもまあ「メディアが都合が悪い理由などない」などとシラを切れるものだ…(呆)
12-21 06:45

RT @Mikoyan29: @chounamoul 女性は容姿、家事能力などで男性から選好される。男性は容姿、収入などで女性から選好される。容姿や家事能力などが男性目線からみて劣った女性は、男性が作った弱者。容姿や収入などが女性目線からみて劣った男性は、やはり男性が作っ…
12-21 06:50

RT @Mikoyan29: @chounamoul 疑義を呈しただけの相手に、「あなたが(結婚市場で)選ばれないのは…」みたいなセクハラまがいの個人攻撃をまじえた「回答」で返すことが「メチャクチャ優しい」に含まれるとは驚きです。
12-21 06:50

公正中立を謳いながら偏向報道し、自らの報道に都合が悪いニュースは黙殺又はほとぼりが冷めた頃に小さく報道するのは公正中立に反するから批判してるのに…。こういう屁理屈捏ねて偏向報道を実質的に擁護するから、しわ枯れ氏の言動は胡散臭い。 https://t.co/q4laK5t6Wv
12-21 07:16

RT @tadataru: そのワクチン不安を煽ってきたのは誰ですか。 https://t.co/AcTrdzg2wt
12-21 07:25

RT @Ting2012: 外来種の巨大貝…でも千葉県の新ブランド水産物に https://t.co/bdCDNLyTJt
12-21 07:41

RT @Ting2012: 外来種の駆除にはブランド化ってのも手だとおもう
12-21 07:41

そういやホンビノス貝はマテ貝取りに行った時に幾つか取れたことがあったな。>RT食べてみたけど普通に美味い。ハマグリの代用としても十分通用する。
12-21 07:44

RT @kuri_kurita: また他人事みたいな書き方して。😑 https://t.co/ST7Gskrp6B
12-21 12:27

@tchiezinha イタリアの米軍駐留経費の負担割合は約40%(日本は約75%)日本の思いやり予算を含む駐留経費等は年4千億円弱。伊の軍事費はGDP比で1.5%(日本は1%)伊並に負担すると約2.5兆円の軍事費増になるけど。この負担増を覚悟する人がどれだけいますかね?
12-21 12:56


わずか年額約4千億円弱の米軍駐留経費で、軍事費負担がGDP比で約1%程度(約5兆円)で抑えられているのに、その出費すら惜しんで米軍を追い出したとしたら、軍事費もGDP比2%程度に増やさないと防衛力は維持出来ないだろう。「小銭を惜しんで大金を失う」に等しい愚行にしか見えないが…。
12-21 17:44

RT @yamamoto7hei: ⑨いずれにせよローマが認めたこの「教長制」、すなわち大祭司ヒュルカノスがユダヤの国境を越えてユダヤ人を宗教的・律法的にまた生活規範的に支配しうる権利は、今なお、欧米や中東の様々な国で、様々な形で残っているのであって、これは単に「昔の話」と…
12-21 18:29

RT @yamamoto7hei: ⑩そして「ユダヤ人問題」なるものに終始一貫つきまとうのはこの問題だが、前記のように、それは単にユダヤ人だけの問題でなく、いわば「インナー・アイデンティティ」とそれを規定するものと、国家権力という外的規制との間の相関・相剋の関係である。日本…
12-21 18:29

RT @yamamoto7hei: ⑪あってもそれはまことに例外的であり、その理由は「日本人は日本教徒である」という単純な事実に基づく。そして、自己に存在しないものを人は理解できないがゆえに、新約聖書の一部を削除するのは「法王の義務ではなかろうか」といった発言が平然と出てく…
12-21 18:29

RT @yamamoto7hei: ⑫では、聖典を絶対に印刷しないドルーズ教徒にはどうすればいいのか。彼らの魂を削除せよとなるのか。それならこの論理は迫害の論理と変らなくなってしまう。最も人道的に見える言葉が、実はそのまま迫害の論理になる。
12-21 18:30

RT @yamamoto7hei: ⑬歴史はこの事実をしばしば証明するが、竹山道雄氏の言葉はまことにこの問題に無関係な、日本教徒らしい「好意ある発言」なのであろう。だがしかし、アメリカでさえ、そういう単純な発想はできない。そしてこの問題は新約聖書よりむしろエウセビオスの…
12-21 18:30

RT @yamamoto7hei: ⑭彼にとって新約聖書は、コンスタンティヌス帝の公認に基づくキリスト教ローマ帝国の聖典であり、そうなると旧約聖書のユダヤ人批判および非難は、ローマ帝国のユダヤ人非難となっても、ユダヤ人の「同胞への警告・批判」ではなくなってくる。
12-21 18:30

RT @yamamoto7hei: ⑮日本人の西欧理解ないしはキリスト教理解は、つねに「教会史」という視点が欠落している。しかし、ここでもう少しローマについて記した上でアメリカと対比してみよう。
12-21 18:30

RT @yamamoto7hei: ①以上のヨセフスの記述を読むと、ローマ人は何やらユダヤ人を特別に優遇したように思われる。だが、実をいえば被征服民族への対応においても、また同盟という名の実質的征服においても、ローマの態度は、いずれの民族に対しても基本的には変らなかった。<…
12-21 18:30

RT @yamamoto7hei: ②ということはすべてを同一に扱ったのでなく、その逆で、前述のように、ローマは決してすべてを同一に扱わなかった。それが「変らざる原則」なのだが、これは言葉をかえれば何らかのイデオロギー的原則を被征服者に押しつけなかったということであ…
12-21 18:30

RT @yamamoto7hei: ③ただその被征服者がヘレニズム的体制の国である場合は、基本的にはローマと変らず、彼らの法と生活規範はローマと同じようなものであり、ローマ人自身が自らをギリシアの後輩と規定して一心にギリシア語を学んでいたのだから、この点では問題が生じない。
12-21 18:30

RT @yamamoto7hei: ④これはイギリス系移民はほぼその原則通りでアメリカ人であるといったようなことだが、ただローマの場合、同じ原則をユダヤ人に認めると、それが大変な特権付与と彼ら自身に思われ、またギリシア系住民にもそう思われたというだけのことである。
12-21 18:31

RT @yamamoto7hei: ⑤【ローマ以来の政教分離の基本的形態】このことを現代に適用して、もう一度、イギリスとアメリカを検討してみよう。前述のようにイギリス国王はインド皇帝としてインドに君臨した。
12-21 18:31

RT @yamamoto7hei: ⑥だがイギリスの法と生活規範では一夫一婦が原則であり、二人の妻と合法的に結婚することは法的には不可能であって、重婚罪で罰せられる。そしてイギリスも永い間、民法に関する限りは教会法が適用された国であり、その教会の教長はイギリス国王である。
12-21 18:31

RT @yamamoto7hei: ⑦では、このイギリス国王はインド皇帝として、インドのイスラム教徒が四人の妻をもつことを法律で禁じたであろうか。ローマがユダヤ人の律法(ホ・ノモス)と生活規範(アゴーゲー)に触れなかったように、イギリスも触れなかった。
12-21 18:31

RT @yamamoto7hei: ⑧政治的・経済的に支配してもその「インナー・アイデンティティ」には絶対に触れないというローマの原則は、ヨーロッパでは生きつづけてきた。そしてそれが生きている国々の、それが生きている期間には、ユダヤ人もまた迫害をうけなかった。
12-21 18:31

RT @yamamoto7hei: ⑨キッシンジャーが国務長官であり、ディズレリーすなわちディ・イスラエリが大英帝国宰相であり得たように、アレクサンドリアのユダヤ人哲学者フィローンの甥アレクサンドロス・ディオドロスはローマが任命した総督であり、また後の皇帝ティトスの参謀長でもあ…
12-21 18:31

RT @yamamoto7hei: ⑩これが政教分離の基本的な形態であり、彼らの「インナー・アイデンティティ」が何であれ、またその生活規範がどうであれ、それが国家の基本に触れず、かつその国家への政治的義務に忠誠である限りは一切問題としないのがローマ以来の″一種の″――これはあく…
12-21 18:31

RT @yamamoto7hei: ⑪だが、現在のアメリカは必ずしもイギリスと同じではない。アメリカもソビエトも、ローマ的ヨーロッパなるものの一面を極端に″膨張″させた人工国家である点は共通している。従ってアメリカは信教の自由は認める。宗教的教義に基づく良心的徴兵拒…
12-21 18:31

RT @yamamoto7hei: ⑫では、アメリカの市民権をもつイスラム教徒が、イスラム法に基づいて四人の妻をめとることを許すか。いやこれはアメリカだけの問題ではない。日本人のイスラム教徒に、日本の国法は、信教の自由をもとにしてそれを許すか。
12-21 18:31

RT @yamamoto7hei: ⑬こういう場合、すなわち宗教法ないしは宗教的規範と憲法の間に矛盾を生じた場合、アメリカは、合衆国憲法がすべてに優先することを憲法が規定している。
12-21 18:31

RT @yamamoto7hei: ①【もし二者択一を迫られたら…】では「教義として四人の妻をめとること」を法は否定するのか。それは否定しない。「コーランからその部分を削除するのは、イスラム教各派の教長の義務ではあるまいか」と彼らはいうのか。それは「信教の自由」から絶対に許され…
12-21 18:31

RT @yamamoto7hei: ②だが、それが行為となった場合、法は重婚罪をもって罰するという。これは日本の場合でも恐らく同じであろう。「インナー・アイデンティティ」と「外的・法的規制」の問題は、現在でもそう単純には片づかない。
12-21 18:31

RT @yamamoto7hei: ③従ってローマがギリシア系の国々に与えた特権は、初めから特権とも何とも感じられない。しかし、同じ態度でユダヤ人に「同盟国」として対すれば、これはギリシア系とその影響下にある民族にとっては、法外な特権を与えて特別に優遇していると見られて当然…
12-21 18:32

RT @yamamoto7hei: ④もし現在アメリカが、信教の自由に基づき、アメリカ国内のイスラム教徒には、アメリカの市民権をもっていても、シャリーア法典通りに生活してよいといったら、さまざまな問題が起るであろう。それと同じような問題をローマは抱えこんでしまった。
12-21 18:32

RT @yamamoto7hei: ⑤神かカエサルか。アラーか大統領か。ローマ法か律法すなわち神定憲法か。アメリカ憲法かシャリーア法典か。二者択一、いずれかを選べ。そう主張する者が出てきた場合、どうなるのか。この問題も、実は今でも終わっていない。ホメイニの…
12-21 18:32

RT @yamamoto7hei: ⑥アメリカは、自由主義圏保持のため、ペルシア湾を手放せない。そこの近代化すなわちシャー・パーレビの改革が裏目に出た場合、極めて困難な位置に立たされる。
12-21 18:32

RT @yamamoto7hei: ⑦ローマが、ユダヤ人に恩恵を与えたつもりでいた場合、またその地が「エジプトヘの陸橋」として絶対手放せない場合、この地の″ホメイニ″の出現とそれとの衝突は、徹底的な破局にまで突き進んで不思議ではない。作用は反作用を生む。
12-21 18:32

白人が支配する現代社会において、日本はかつてのローマ帝国におけるユダヤ人と似た"名誉白人"的地位に置かれている事は認識しておく必要があるだろう。クールジャパンだからと言って日本人が好かれている訳ではないと言う事も認識しておくべき。https://t.co/9lPD9rqgrG
12-21 19:35

RT @yamamoto7hei: ①【「蔑視」と「羨望」のコンプレックス/「成功は罪」か?】「『成功は罪』と規定されるからでしょう。この点では日本人とユダヤ人は同じような状態に置かれています」<『一つの教訓・ユダヤの興亡』
12-21 22:19

RT @yamamoto7hei: ③「成功は罪」として断罪される。それは「ディアスポラ」(離散)の歴史に一貫して見られた現象であり、キリスト教期以前のローマでもパルテヤでもすでに発生していた。
12-21 22:19

RT @yamamoto7hei: ④このことは、それが決して竹山道雄氏が考えているような「新約聖書」の記述に基づくといった単純な問題ではないこと、またユダヤ人だけが陥る運命でもないことを示している。ローマはユダヤ人に″特権″を与えた。だが、前述したように同じ権利を与え…
12-21 22:19

RT @yamamoto7hei: ⑤たとえばアテネなどは、たとえ征服されても、ローマと対等の同盟都市という特権をもっていた。それは当然とされる。だが、ユダヤ人に与えた場合はそれが″破格の特権″と思われる。この位置はいわば「名誉白人」のような位置なのである。
12-21 22:19

RT @yamamoto7hei: ⑥人種差別が法制化されている国で、白人が白人の権利をもつことは当然であって、これは特権でも何でもない。しかし有色人種にそれが付与されれば″特権″と見なされるわけである。
12-21 22:19

RT @yamamoto7hei: ⑦いうまでもないことだが、当然の権利を「特権」として与えることは、その与えられた者を「一級下」か「異質」と見なしていることである。従って「一級下」で「異質」の「名誉白人」が「成功」して「白人以上」になれば、それは「罪」と見なされて不思議で…
12-21 22:19

RT @yamamoto7hei: ⑧「成功は罪。なるほどねえ」私は長い歴史の中で育まれたこの簡素な言葉の中に、ある文化圏の中に異質な文化を保持して生きる者が置かれた状態への、簡潔な定義があると思った。
12-21 22:20

RT @yamamoto7hei: ⑨ユダヤ人が″特権″を付与されても、ローマ帝国内のパレスチナの地に小さく貧しく生きていたなら問題はないし、たとえローマの各州に移住しても、都下の一隅で下層民として自らの生活の規範を守りつつひっそりと生きているなら問題にはならなかったであろう。
12-21 22:20

RT @yamamoto7hei: ⑩事実、そういう状態の間は、多少問題があっても「大問題」へと発展はしなかった。このことは戦後の日本という「短期間の歴史」についてもいえる。【ギリシア人との間で起った最初の摩擦】だが、″不幸なことに″ユダヤ人はローマ世界で意外な成功をか…
12-21 22:20

RT @yamamoto7hei: ⑪それは皮肉なことに旧約聖書の『申命記』に「お前は多くの国民に貸すようになり、借りることはないであろう。…今日、私が命ずるお前の神ヤハウェの戒めに聞き従って、これを守り行なうならば、お前は必ずこのようになるであろう」と記されているような状態だ…
12-21 22:20

RT @yamamoto7hei: ⑫それは主として経済的な面だが、ローマの政界にすら進出し、後に記すヘロデ・アグリッパのように政界の黒幕(フィクサー)として活躍する者も出てくるのである。
12-21 22:20

RT @yamamoto7hei: ⑬このような状態になれば、ギリシア・ローマ化してその中に溶けこんでしまえば、簡単にいえば「ユダヤ人であること」をやめれば、そのことを問題にされない限り問題にはならない。だが、これとて決して安全とはいえない。
12-21 22:20

RT @yamamoto7hei: ⑭このことは、後にスペインがユダヤ人に強制改宗を命じ、応じない者を焼き殺し、そのうえで改宗したユダヤ人を、完全にキリスト教化していない「異端」として迫害したことに表われている。
12-21 22:21

RT @yamamoto7hei: ⑯そして最初の摩擦は、彼らに″特権″を与えたローマ人との間ではなく、同じ地区に住むギリシア系住民との間で起った。そしてギリシア人にとって、ユダヤ人とはまことに不愉快極まる存在であった。
12-21 22:21

RT @yamamoto7hei: ⑰というのはギリシア人もユダヤ人も共に実質的にはローマ帝国の支配下にあったとはいえ、ギリシア人は、文化的には自分たちがローマ人の「師」であると考え、一方ローマ人もギリシア人を文化的な先達と認め、その文化的な権威は当然のこととして受け入れていた。
12-21 22:21

RT @yamamoto7hei: ⑱彼らはギリシア語を学び、ギリシア語で著作をし、プラトンやアリストテレスを権威として尊崇しても、これを真向うから批判したり無視したりする事はあり得なかった。だが、ギリシア人の目から見れば蛮族にすぎないユダヤ人はローマ人さえ尊崇する権威を全く無…
12-21 22:21

RT @yamamoto7hei: ⑲ギリシア人の側は、彼らが貧しく勢力なき時代は「無知な輩」として傲然と無視していられたが、彼らが成功し有力になり、自分たちを凌駕したとなると、がまんのならない存在となってくる。
12-21 22:21

RT @yamamoto7hei: ①まことに「成功は罪」であり、この「罪」を糾弾するアンティ・セミティズムがまずギリシア人の中に生れ、ついにはローマ皇帝の権力によってこれを弾圧しようという形になってくる。<『一つの教訓・ユダヤの興亡』
12-21 22:21

RT @yamamoto7hei: ②だがこれは、ユダヤが形式的にも独立国であり、その支配者が有能な政治家である間は、ある程度は防ぐことができた。簡単にいえばヘロデ王が王である限りは、表面化しなかった。
12-21 22:21

RT @yamamoto7hei: ③属国の小王とはいえ、彼はカエサル・アウグストスと特別な関係にあり、またその部将のマルコス・アグリッパとは無二の親友であり、さらにギリシア人との間の宥和をはかるため、さまざまな経済援助さえ行なった点では、問題への対処を誤らない有能な政治家であ…
12-21 22:22

RT @yamamoto7hei: ⑧【「特権」を守る矛盾した政治・外交】だが、「ユダヤの王」が異教の神殿を建設してやったり、異教の祭儀である競技会を維持してやったりしながら、一方ではユダヤ人の宗教的特権を頑として守ろうというのは、宗教的見地に立てば異常なことである。
12-21 22:22

RT @yamamoto7hei: ⑨政治も外交もつねにこのように矛盾したものだが、本国に住むユダヤ人から見れば、「自分たちの納めた税金をばらまき、それで、神の教えに反して異教の神殿を建ててやる」などということは、瀆神と伝統無視と税金の浪費という三重の悪事と映ったことであろう。
12-21 22:22

RT @yamamoto7hei: ⑩だが、この瀆神と裏切りと浪費でユダヤ人の″特権″を守りこれを保護しようとする政策であれ、ローマとの同盟であれ共に似たような矛盾をもつ。しかし、そのようにしなければ、ローマは彼の請願を実施してくれない。
12-21 22:22

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/2115-fbc5b08c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する