一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

中国謝罪の旅に出かけた相原久美子議員のその後の行動を注視していきます。

岸田秀の紹介記事を書こうと思いましたが、こういうニュース↓を読んだものですから、取り上げてみました。

■平頂山事件 民主議員「日本政府に公式謝罪求める」

中国遼寧省の平頂山村で1932年に旧日本軍が村民を虐殺したとされる平頂山事件で、民主党議員有志を代表して相原久美子参院議員が5日、同省撫順市で事件の生存者3人と面会し、公式の謝罪などを日本政府に求めていくことを約束した。

抗日ゲリラによる襲撃の報復として旧日本軍が住民を銃殺した事件は、犠牲者が800人とも3千人ともいわれる。生き残った3人が96年、日本政府に6千万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴、最高裁まで争ったが06年に敗訴した。

このため生存者と弁護団は日本政府に対し、賠償を求めない形で(1)公式な謝罪(2)犠牲者を供養する記念碑などの設置(3)事実を究明し後世に伝える――を求めることを決め、民主党議員24人の協力を取り付けた。

相原議員は生存者の前で「日本政府が謝罪もせず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。真の安定した日中関係を築くには戦後補償問題の解決が不可欠。皆様の要求が実現するように努力します」と述べた。

生存者の王質梅さん(87)は「日本から議員が来てくれて感謝する。生存者は少なくなっているので早く解決してください」と話した。(撫順=西村大輔)


もうひとつ、ブログ「中南海の黄昏」さんの所から、新華網の日本語訳を転載させていただきます。

新華網の記事より)

5日朝、日本の参議院議員・相原久美子は、88歳の王質梅老人と抱き合い涙し、相原は王質梅老人に何度も”申し訳ありません”と繰り返した。加害国の一人の議員と、被害側の一人の生存者、中国の東北に位置して77年になる炭鉱の町、撫順市が最も輝いた一瞬だった。

民主党所属の日本の参議院議員・相原久美子女史は、中国の東北に位置する遼寧省撫順市に初めてやってきた。この土地は、70数年前は日本の占領地となり、3,000数名の中国平民が日本軍に殺害された”平頂山惨事”(1932年)が、平山久美子が立っているこの地で発生した。

王質梅老人は、死者の山から這い出たせた生存者で、事件発生当時はたった11歳で、両親と弟とを虐殺によって失っている。

「私の母は、今の王質梅と大体同じぐらいの年齢です。彼女は中国済南で5年生活し、非常に多くの中国人の助けを受けました」、「母は私に、戦争は人を変える、戦争は最大の罪悪であると教えた。私達は歴史を鑑とし、新たな日中友好関係を建設しなければならない」と相原は述べた。

小柄な相原久美子は、東京から中国にやってきて、滞在はたった30数時間。彼女の今回の旅の目的は、一通の手紙を渡すことだ。

この手紙には、10人の日本の衆議院議員、14人の参議院議員の名前が記されており、書面には”平頂山惨事”の生存者に対する謝罪の意に相当することが綴られている。

手紙には次のようにある、”一人の人間として、日本国民によって選出された国家議員の一人として、我々は心の底から謝罪の意を表します”。

”私は、初めて撫順に来て、平頂山事件の真実の現場に初めて触れました”と相原は撫順視察の最初に平頂山惨事遺跡記念館を訪れ、最初に感じたのは”驚き”であったという。

1932年9月16日、中国団欒の中秋を過ぎた頃、中国侵略日本軍は、老人、夫人を含め3,000数名の無抵抗な庶民を平頂山に集め、集団大虐殺を行い、遺体を燃やし痕跡を消し、内外が震撼する”平頂山惨事”を行った。1970年代、撫順市は惨事の遺跡で遺骨の発掘を行い、記念館を建てて弔った。

相原は、生存者達に一通、一通お詫びの手紙を手渡した。彼女は、王質梅の手を取り「申し訳ない、あなたたちは苦しい目にあいました」と述べた。

現在、”平頂山惨事”の生存者はたった5人のみで、平均年齢は90歳近い。

平頂山惨事遺跡記念館を去る前、相原久美子は中国側の人間と一緒に2本の松を植えた。彼女は、日中友好が永遠に続くよう、平頂山受難者の魂が安らかに眠るよう願った。

【引用元:中南海の黄昏/民主党参議院議員、中国謝罪の旅より転載】


一応、相原議員のオフィシャルサイトを覗いてみたけど、この件についてはまだ何も報告されていませんでした。

とりあえず知りたいのは、被害者に渡したという手紙の内容全文です。
”日本国民によって選出された国家議員の一人として”一体どんなことを書いたのか?
私は一有権者として知っておきたいし、知る権利があると思う。

また、朝日新聞の報道を読んだ限りでは、最高裁で敗訴した生存者と弁護団は次のように要求しているようです。

日本政府に対し、賠償を求めない形で
(1)公式な謝罪
(2)犠牲者を供養する記念碑などの設置
(3)事実を究明し後世に伝える

ところが、記事によれば、相原議員は「戦後補償問題の解決」を口にしている。
一体どのように解決しようとしているのか?それについても問い質してみたいところです。

多分、彼女は下記過去記事↓に当てはまるような人間だと思うんですけどね。
とりあえず今現在は、相原議員の今後の報告や活動状況を注視するにとどめておこうかな。


【過去記事】
・「私の責任=責任解除」論③どうして日本は中国問題で失敗を繰り返すのか
・自己欺瞞と偽りの謝罪論【その1】
・自己欺瞞と偽りの謝罪論【その2】


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

和訳してみました。

トラックバック、コメントありがとうございます。
相原議員が手渡した手紙の全文が、中国の記事に掲載されていたので、つたないですが和訳してみました。

  • 2009/05/09(土) 22:30:05 |
  • URL |
  • 中南海ノ黄昏 #pn.FNN1k
  • [編集]

次のようなイベントをやっております。
もしよろしければご参加ください。

4.28 パール判事の日本無罪論購入イベント2
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/event/1241496768/

現在amazon12位です。

『パール判事の日本無罪論』(小学館文庫) 560円
http://www.amazon.co.jp/dp/4094025065

非常に有名な本です。

右寄りの方は「基礎知識」として、
左寄りの方は「敵を知る」ために、
ぜひ御一読ください。

  • 2009/05/09(土) 15:30:36 |
  • URL |
  • 田中 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/213-5a59a1ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する