一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

なぜ共産党は無謬なのか?/~自己欺瞞・対内的変節がもたらす硬直姿勢~

護憲派のブログでも、コメント欄・トラックバックが非承認制のブログとなると殆ど見かけないのですが、そんな数少ない非承認制のブログ「超左翼おじさんの挑戦」のコメント欄を読んでいると、現役(と思われる)共産党員?の書き込みがちらほら見受けられます。

そのコメントを読んでいると、結構共産党指導部に対する党員の不平不満が表れていて興味深いですねぇ。

そんな不平不満の一つに「なぜ共産党は自らの間違いを認められないのか!!」というのがあるわけですが…。

そういう書き込みを眼にする度に、私は思うんです。

「それを共産党に求めるのは酷ですし、無駄でしょう」…と。

そもそも、なぜ、共産党は自らの間違いを認められないのか?

私が思うに、やはり自ら標榜している共産主義というシロモノを、心の底では信じていないからなのではないでしょうか?

要するにこれも岸田秀が散々指摘する「自己欺瞞」の一種ですよね。

間違いを認めたら、自己欺瞞が明らかになってしまう。
それ故に、自らの正当性にこだわって、明らかな間違いですら認められない精神状態に陥っていく…。

共産党が、党名変更を頑として拒否するのもその症状の一環ではないでしょうかね。
(私だったら、結果平等党とか弱者救済党とかの党名を推薦しますが…)

そんなことを考えるきっかけとなった山本七平のコラムを、今日は紹介したいと思います。

「常識」の研究 (文春文庫)「常識」の研究 (文春文庫)
(1987/12)
山本 七平

商品詳細を見る


◆「変節」とは何か

ある雑誌で、「変節」が問題になったことがあるが、多くの場合、「変節」という言葉で表現されている内容は甚だ曖昧だと思われる。

そこで、その言葉の使い方から、一応これを①対内的変節と②対外的変節に分けて考えてみたいと思う。

①たとえばここに、一人の共産党幹部がいると仮定しよう。
彼はもはや、内心ではマルクス=レーニン主義を信じておらず、共産主義革命が起こるとも起こそうとも思っていない。

しかし彼自身は党の幹部として高給をもらい、住宅も保養施設も保証され、車も秘書もお手伝いも党から派遣され、さらにマスコミには評論家としての活躍の場をもっている。

もし彼が、自己の内心の信に節を立て、もはや共産主義を信じず革命の必然も必要もないと宣言したら、彼はこのすべてを失わねばならぬ。

それは大変に苦痛であるだけでなく、自己の生涯と血の出るような苦難を無にすることになるから、彼にはそれができず、依然として共産主義者として振舞っている。

簡単にいえば、こういった状態が「対内的変節」である。

この状態は対外的には変節ではない
彼がそのまま生涯を終えれば、一生、節を曲げなかった人ということになる。

こういう実例がカトリックにある。
その司祭は、もはや神など信じていないのに、「職業としての司祭」の役目をまことにソツなくこなしている自分を、克明に日記に告発していた。

それが死後に発見されたが、これはおそらく西欧の伝統である「強迫観念としての懺悔」の結果であり、いつかはそれを人びとに知らせないと安心できないという内的欲求があって、そこでこの対内的変節が明らかになったわけだが、そういう伝統のない国で、無言のまま息を引き取れば、その人は生涯「節」を曲げなかったということになるであろう。

では、これは「変節」ではないのであろうか。

私はそうは思わない

②の対外的変節は、これと逆の生き方である。

彼は、マルクス=レーニン主義も革命も信じられなくなった。
信じられなくなったがゆえに、そう言明して党を追われ、それまで享受していた一切を失った。

その彼のところに、多くの人が共産党の内情について聞きにきた。
そこで彼は、ありのまま正直に語った。

ところが彼は、変節漢・裏切者として党およびそれに同調する者からあらゆる罵詈讒謗をあびせられ、一般社会も彼を「変節漢」と見なすようになり、社会的に葬られた。

では、彼は果たして「変節」したのであろうか。

少なくとも彼は、己れ自らをも他をも欺いておらず、自らにも他にも誠実だったという意味では、変節したとはいえないであろう。

私は、変節とはむしろ①の「対内的変節」を示す言葉だと思い、私自身が使う場合はこの意味だが、この変節はいわば「神のみぞ知り給う」ですぐには外部に表われないから、実際にはその言葉を使う機会がない。

もっとも、社会一般には変節とされている②の対外的変節も、その人の内心の本当の動機はわからないから、この場合もまた何とも言えない。

というのは、それが真の思想的転向いわば一種の回心への自らの誠実が理由なら、これをとやかく言う権利はだれにもないからである。

ある人が共産主義者になることも、またその人が共産主義者であるのをやめることも、本人の思想信条の自由であって、第三者が容喙すべきことではない。

だが、対外的変節がすべてこのケースかと問われれば、それもその人の内心の問題だから、これもまた「神のみぞ知る」であろう。

以上のことを簡単に要約すれば、変節とはその人の外面的な生き方からは判断できない問題だと一応は言える。

だがそれが対外的であれ対内的であれ、結局はわかる

というのは変節の目的は常に保身もしくは組織保持であり、その人や組織が口にする思想信条はすでに目的でなく、保身もしくは組織保持の手段になっているからである。

そうでない場合――たとえば「この邪教キリスト教を一日も早く神州より一掃したまえ」と札幌神社に跪いて祈った内村鑑三がキリスト教徒になったような場合――これは保身の逆だから、人はこれを本当の回心と見ても変節とは見ず、少なくとも普通の人はこれを見誤ることはないと言ってよい。

一方この逆、たとえば共産主義者や社会主義者がもはやその主義を信じていないのに、その主義を名乗る組織を給与団体化して自己の生活や収入を維持するため、またその組織の既得権や議席などの社会的地位を保持するため等の手段としてこれらの主義を声高に主張しているなら、人はいつかはそれに気づき黙ってそれに背を向けてしまうのである。

変節とは結局、だれもそれを口にしなくとも時が明らかにしていく問題であろう。

【引用元:「常識」の研究/Ⅲ常識の落とし穴/P110~】


現在、蟹工船ブームとかで、共産党に注目が集まっているようですが、「自己欺瞞」や「対内的変節」という根本的問題を抱えている以上、残念ながら一過性のブームに終わってしまうのは間違いないと思いますね。

【関連記事】
・なぜ日本の野党は「反国家」なのか?~占領軍の検閲が残した影響とは~
・農水省のヤミ専従問題を報道しない赤旗
・生活保護受給問題で「硫黄島作戦」なんて知ってましたか?
・嫉妬心が滲み出ている赤旗記事
・深谷市の生活保護不正受給について報道しない赤旗新聞
・B52飛来問題を通して、平和活動の欺瞞を見る


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本共産党 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

今のところ、曲がりなりにも弱者の受け皿と思われているからよいものの…

仮)山田さん、コメントどうもです。

山田さんのいうピンキリというのは、確かにそうですね。
共産主義を信奉しているからじゃなくて、弱者の味方と思って支持しているライトな層が多いように思います。
(でも、こうした層は、他に受け皿が出現したらそちらへ逃げていってしまうことでしょう。)

>共産党も党に対する美しい誤解(不正はしていないとか、弱者の見方とか)が、一般大衆にあるうちに自己変革しないと、後10年もしないうちに政治団体としては消滅の憂き目にあうでしょうね。

仰るとおりだと思います。
共産主義というイデオロギーに囚われている限り、現実的対応は困難でしょう。それができないとなれば、衰退していくしかない。

共産党が自己変革するには、共産主義を捨て、党名を捨てるぐらいやらないといけませんが、果たしてそれができるか?

党名にこだわり、過去を正当化し続けていては、弱者の味方の受け皿たりえず、山田さんのご指摘どおり消滅することもありえると思います。

  • 2009/06/04(木) 22:57:11 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

まあ…

共産党員や共産党支持者って言っても、ほんとピンキリですからね。
宗教だと自覚しつつも支持している方々から、完全な盲信者や、自覚無しに盲信している方々まで、様々ですからねー。(自分みたいに訳ありで投票している者もいたりするし)
なお、共産党が無謬であらねばならないのは、東西君みたいのが典型例(昔は、あれに近い考え方してた時期もありましたが)でして、自らの考えが思想や宗教でしかない事を認められず、科学と考えてしまっている事が、一番の原因でしょうね。何せ、科学と言うからには、別の答えの存在は認められませんし、科学と言うからには、誤りを認めてしまうと全てが瓦解してしまいますからね。(その点、宗教である創価は強い)
なもんで、その辺を理解している共産党員は、議論を極力避けます。(タブーを恐れない突き詰めた議論を展開されると、党の見解に沿わねばならない立場にある党員としては、反論不能になる事を知っている為)
ブログなんかで、調子に乗って反論合戦している連中は、はっきり言ってただのアホでしかありません。実際、議論を続ければ続けるほど、自己矛盾に陥って、最後は放置で議論から逃亡するか、実力行使でしか決着付けられなくなってしまっていますでしょ?

まあ、共産党も党に対する美しい誤解(不正はしていないとか、弱者の見方とか)が、一般大衆にあるうちに自己変革しないと、後10年もしないうちに政治団体としては消滅の憂き目にあうでしょうね。

  • 2009/06/04(木) 00:50:47 |
  • URL |
  • 仮)山田二郎 #JalddpaA
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/222-f25c29e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネット時代は共産党の危機か好機か

「安倍End」当時からの同志である「薫のハムニダ日記」の最新エントリーが貴重だ。 日本のマスコミからは決して聞こえて来ない、貧乏人の利益代表が共産党であるという 真実をつたえる、韓国ジャーナリズムの報道を紹介したものである。 あらためて、実感した。日本

  • 2009/06/01(月) 02:48:12 |
  • BLOG BLUES
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する