一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

名曲紹介:「A little Jazz Mass/Bob Chilcott」

今日は趣味の音楽ネタを少々。

なんだかんだといって、もうかれこれ10年以上、合唱団で歌い続けておるのですが、歌って初めてその良さがわかるという曲というのは確かにありますね。

最近、練習していたブラームスの「ドイツ・レクイエム」なんて、過去に聴いたことがあったものの、その良さがさっぱりわからないままだったのですが、歌ってみたらあまりの素晴らしさに感動。
やはりブラームスは只者ではない…と再認識した次第。

合唱曲となると、どうしても宗教曲がメインとなるわけですが、クリスチャンでもない私でも、ミサ曲の旋律の素晴らしさには、聴くたびに心が洗われる思いがします。

今日はそんな合唱活動で出会ったミサ曲をひとつご紹介。
といっても、クラッシックではなく、ジャズ・ミサなんですけどね。

ミサ曲というと、堅苦しいとかつまんないとか思われがちですが、ご紹介するこの曲は、ジャズ調ですからノリが良く、それでいてハーモニーの響きも堪能できる名曲です。
残念ながら、今のところあまり知られていないようですが…。


・Bob Chilcott - A Little Jazz Mass - Kyrie + Gloria

↑混声4声バージョンで、台湾の高校生コーラスによるもの。コンテストに優勝しただけに素晴らしい出来ばえの「Kyrie」と「Gloria」が楽しめます。


・いずみ混声合唱団-Jazz Mass Agnus Dei

↑ピアノの伴奏だけでなく、コントラバスやドラムも入っていて本格的。


・Bob Chilcott - A Little Jazz Mass - Agnus Dei

↑混声4声ではなく、女声3声バージョンです。教会でのライヴらしく響きが素晴らしい。が、やっぱし少し響きすぎな気も…。


・Bob Chilcott - A Little Jazz Mass - Sanctus

↑これも同じく女声3声バージョン。ジャジーな感じが非常に良い。
でもやっぱり女声のみより、混声の方が幅があっていいような気がする…。

・Choir Gala Gloria & Agnus Dei

↑これもなかなか良い出来なのですが、なぜか「Gloria」「Agnus Dei」両曲とも途中でぶち切られていて非常に残念。

しかし、探してみてもどうもプロの合唱団による演奏が無いみたい。
やっぱりまだメジャーな作品でないせいかしらん。

・Bob Chilcott 2010 DCINY Preview

おまけ↑。Bob Chilcottご本人のインタビューです。何を言ってるのかはわかりません…(笑)。


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

萩台閑人さんへ

萩台閑人さん、初めまして。
コメントありがとうございます。

主に政治系を指向したブログですので、音楽ネタにはあまりコメントいただけない状況なので嬉しいです。

貴ブログも拝見させていただきました。
同じテンプレということで非常に親近感を抱きます。
今度コメントを入れさせていただきますね。

Bob Chilcottのジャズミサを歌われたそうで、一つお伺いしたいのですが、どの曲が一番お好きですか?
私は、迷いますがやっぱりAgnus Deiが一番のお気に入りです。特にソプラノとアルトの掛け合いのところがいいです。また機会があれば歌ってみたいなぁ…。

何はともあれ、これからもよろしくお願いします。

  • 2009/10/09(金) 23:39:16 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

ジャズミサに挑戦

Bob Chilcott のことが知りたくてネットサーフィンしてたらこちらのブログにヒットしました。 実は私どもの合唱団でもチルコットのジャズミサを取り上げ、先週末の定演で歌ったところ好評でした。 その様子を小生のブログに掲載しましたのでご笑覧ください。 期せずして貴ブログと同じテンプレートを使っています。 貴殿のブログはとても充実した内容で範としたいのでお気に入りに登録させていただきました。 よろしく。

佐藤生さんへ

佐藤生さん、コメントありがとうございます。

守備範囲が広いなどとんでもない。
広くないうえに、知識レベルも浅くお恥ずかしい限りです。

佐藤生さんは、声楽をあまりお聴きにならないようですね。
ベートーベンの第9は、合唱始めた頃に歌った事がありますが、その時には歌うのにパワーが必要な曲だなとの印象を抱きました。

今まで合唱曲を歌ってきてもう一度トライしたい曲は、カール・オルフのカルミナ・ブラーナですね。カルミナといえば、第1曲目「おお、運命の女神よ」が超有名ですが、リズムが強烈&独特なせいか、他の曲も歌ってみるとハマる曲ばかり。男声の出番が多くて歌いがいのある曲です。あ~、また歌ってみたいです~。

オペラは私もあんまり聴かないですね~。でも、トゥーランドット:「誰も寝てはならぬ」 は確かフィギュアの荒川選手のBGMで有名な曲ですよね。あれもいい曲ですね。

>先日、テレビ放送の Channel-Surfing をしていたところ、3chで「グレン・グールドの番組」をやっていました。 この番組の途中から観たのですが、なかなか面白かったです。

私もたまたま途中から見ました。
見かけた所は、グレン・グールドがコンサートをやらない理由をインタビューで喋っているあたりでした。
ネットをしながら見たので、聞き流してしまいあまり印象がないまま、いつの間にか終わってました(汗)。

ただ、グレン・グールドに対して、昔から偏屈そうな印象を持っていましたが、インタビューを見る限りやっぱり似た印象を持ちました。

クラッシック好きとはいえ、演奏家の違いに拘らないあたりは、クラッシックファンとして失格かもしれませんが、あまりピアニストにこだわらないたちでして。

ただ、ポリーニとかアルゲリッチとか比較的親しんでいましたので、好きといえるかも。
ゼルキンとかバックハウスとか名前は存じておりますが、演奏は聴いたことがないかもしれません。

本当はそういう演奏家の違いに詳しければ、本物のクラッシックファンと言えるのでしょうし、佐藤生さんの話題にもついていけるのでしょうが、残念ながら、この分野でも一知半解なようで、申し訳ございません。

こんな程度なのですが、それでもこの分野でコメントいただけると嬉しいです。これからも折にふれ、クラッシックネタを取り上げていきたいと思いますのでよろしくどうぞ。

  • 2009/08/14(金) 23:57:28 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

場違いの様な気もしまが

音楽ネタ関連で、投稿いたします。
一知半解さん、知的関心・趣味の守備範囲はとても広いのですね。
(マリナーズのイチロー並みです!)

お送りする今回の駄文が、このカテゴリー・この記事欄で良いのか、
多少の不安を感じていますが、とりあえず投稿を。

その1:
合唱の活動を継続中との事ですが、羨ましいという感じがします。
「声楽」関連は、どうも苦手です( Beethovenの9番は別格です)。
苦手ですが、オペラなどにも魅力的な曲はありますね。
・ヴェルディのナブッコ:「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って」
・プッチーニのトゥーランドット:「誰も寝てはならぬ」

その2:
先日、テレビ放送の Channel-Surfing をしていたところ、3chで
「グレン・グールドの番組」をやっていました。
この番組の途中から観たのですが、なかなか面白かったです。
失礼ですが、一知半解さんはグレン・グールドというピアニストを
ご存じでしょうか?( 1930年代生まれの様で、例のミケランジェリ
より一回り若い世代の様です)

この番組の中では、J.S.バッハの「ゴールドベルク変奏曲」を
収録する場面(1955年)を放映していました。
チェンバロ用に作曲された・通常は75分くらいの曲を、グールド
は、38分くらいで演奏しているのです。
そして、彼のその時の「ゴールドベルク変奏曲」は、歴史的名演と
いう評価を受けているとの事でした。

以前に報告したと思いますが、蒐集していた LPレコードを全て
廃棄して、CD の廉価版(経済的な理由から)にしました。
念の為に、その CDコレクションを調べてみたところ、グールドの
そのゴールドベルク変奏曲が入っていました。 いつ買ったのかも
記憶していませんが、今度あらためて聴いてみようと思っています。
(最近、CD も殆ど聴いていませんデス)

大昔、LPレコードで聴いていた頃は、「グレン・グールド」という
名前だけは知っていましたが、「エキセントリックなピアニスト」
という評判だった様に記憶しています。 
最近、日本人のピアニスト(しかも、Handicapped )がコンクールで
優勝して久しぶりに話題になった「ヴァン・クライバーン」などは
模範的な優等生ピアニストという評価を受けていた様に思います。

因みに、私めがなんとなく好きだったピアニストは、
 ルドルフ・ゼルキン(シューマン:ピアノ5重奏曲はおすすめ)
 W・バックハウス(ベートーヴェン:ピアノ協奏曲No.4~5等)
でした。


以上、とりとめもない投稿でお邪魔しました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/242-538e4b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する