一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

「政権交代=景気後退」を選択する「変えなきゃ馬鹿」

忙しくてなかなか更新出来ないこの頃です(汗)

今日は、地元川越に麻生首相が街頭演説に来るとのことだったので、仕事を定時で切り上げて駆けつけました。
”生”麻生なんてめったに見れませんからね。

午後7時過ぎに本川越駅に駆けつけたところ、既に駅前の広場は物凄い人だかり。
バス乗り場で乗降客が動けなくて、怒っていたほどでした。

初めて首相の演説を生で聞きましたが、意外にソフトな語り口だったな…という印象を持ちました。
(前座の議員のテンションが高かったからかも知れません。)

演説の内容は、普段の麻生首相の言動を知っていたので、特に新味はなかったけど、「政権交代=景気後退」という掛け言葉のフレーズには、なるほど…と頷けるものがあった。

というのも、民主党の経済政策を見る限り、間違いなく景気は後退すると思われるので。

経済には全くうとい私なので、あくまでも経済政策の是非はネットの情報を参考にさせてもらっています。
今日は、経済に素人でも参考となると思われるブログ記事↓や動画を紹介します。

・「フロー(GDP)⇒フロー(GDP)」問題

(~前略)

そもそも景気対策というのは、GDPを拡大することです。

政府はそのために、金融政策なり財政政策なりを実施するわけです。

民主党方式でパイの一部を奪い取り、パイの別のところにくっつけたところで、全体は拡大しません

(~中略~)

現在、09年当初予算に盛り込まれた公共事業7兆4千億円の内、4兆円以上の契約が終了しています。

このまま予定通り事業が施行されれば、フローの拡大(乗数効果)が始まるわけですが、民主党は公共事業を大々的に削減するという姿勢を変えていません。

例えば5兆円の公共事業をストップすると、それはそのままGDPのマイナスになります。

もちろん、フローの問題だけではなく、事業が中止された結果、雇用は確実に悪化します。
要は、失業者が増えるわけです。

さらに、その5兆円が「子ども手当て」に回されたとして、それが貯蓄に回ってしまうと、GDPは全く増えません。

子ども手当ては減税などと同じ所得移転ですので、配られるだけではフローは拡大せず、あくまで「使われなければ」GDPは増えないのです。

(後略~)

「新世紀のビッグブラザーへ blog」より一部抜粋引用



・変えなきゃ馬鹿の壁(永田)

(~前略)

しかし、ここで民主政権になると、間違いなく経済は悪化します。

それも壊滅的な悪化です。

民主党は、政権を取ると、現在経済を下支えしている予算を停止するそうです。

これにより、直ちに雇用悪化と中小企業の連鎖倒産と需要縮小とが起き、互いに連鎖し、今まで誰も見たことが無いようなデフレスパイラルになります。

無駄遣いを無くして12兆円の財源を確保するのだそうですが、税収が20兆円減少する中でこの議論は吹っ飛ぶと思います。

というような話をしても、変えなきゃ馬鹿の壁を崩すのは難しいです。

唯一の慰めは、民主党政権の下で訪れるであろうデフレスパイラルの惨禍を、変えなきゃ馬鹿も一緒に受けるであろうということです。

ご愁傷様。でも僕も付き合いますのでご心配なく。

かなり機嫌悪いです。
民主党の政策を評価した上での支持であれば、ここまで腹は立たないのですが。

「カムイスペースワークスブログ」より一部抜粋引用


永田先生の怒りが、下線部に込められていますね。

ちなみに、こちら↓の動画もおすすめです。
特に「自民党と民主党の経済政策の違いを説明してみる」というのは、両党の違いを公平に説明していると思うので是非民主党支持者には一度見てもらいたいなぁ。
・自民党と民主党の経済政策の違いを説明してみる



こちら↓は、反民主党なのがあからさまですが、わかりやすく説明していると思います。
・【友愛無罪?!】景気回復断固阻止!民主党



経済対策一つ取ってみても、どちらが良いのか明らかなのに、今回の総選挙は民主党が大勝してしまうのでしょうね。そして再び更なる不況が訪れる…と。

その結果を「変えなきゃ馬鹿」も等しく受けるわけですが、彼らはそんなこと予想もしてないのだろうな…。
そしてその選択をしたのが、自分であったことも忘れて「だまされた」などと批難し始めるのでしょう。

永田先生のお怒りもごもっともですね。


(追記)
実に卑近なたとえで申し訳ないですが、自民党と民主党の違いって「うんこ味のカレーか、カレー味のうんこか?」ではないかと最近思えてなりません。

まぁ、今週の日曜には、カレー味のうんこを喰って「美味い~!」と叫ぶ「変えなきゃ馬鹿」の喜ぶ様を腹いっぱい拝見できるのでしょうね。

後で腹下しても知らんゾ…と言えないのが、つらいところですね(泣)


【関連記事】
・メディア脳に侵されるな!
・「日本は恥ずかしい」という民主党幹事長


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

潜水艦の恥も

>「旅の恥は掻き捨て」できるほど、ネットも甘くない時代なんだ。観光地と同じようにね。

確かに。
潜水艦の恥も掻き捨て、とはいかぬようだ。
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/blog-entry-197.html

  • 2009/10/03(土) 02:26:26 |
  • URL |
  • 海上保安艇 #DzTmx7wI
  • [編集]

潜水艦さん、佐藤生さんへ

潜水艦さん、コメントありがとうございます。

久しぶりにApeman先生を取り上げた記事を書いてしまいました。
相手にするのもどうかと思いましたが、レッテル張りするだけが能のApemanメソッドにもきちんと反論しておかないといけないと思いまして、エントリー上げさせていただいた次第です。

佐藤生さん、ご無沙汰してます。
横レスになりますが、よろしくお願いします。

売国政治家のお話、いろいろな意見がありますね。
私の意見もほぼ、佐藤生さんと同じです。
ただ、村山富市は、村山談話というより、震災の対応という面で最悪でしたから、許せないものがあります。

1位が、河野洋平というのは至極納得です。あの談話はひどすぎましたから。

また、佐藤生さんが指摘するように、私も宮沢喜一は全く評価しません。
(どこかで見かけましたが、田中角栄も「あの男だけは総理にしてはいけない。」と評価してたようです。)

  • 2009/09/23(水) 00:35:52 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

潜水艦さん、お久しぶりです

残暑見舞いの代わりに、最近読んだ本からこれはというジョークをお送り
致します。
 書名: 日本を貶めた10人の売国政治家
 編著: 小林よしのり

ここからはジョーク: この本の「森喜朗」の章( P211 )
『沖縄サミットへ乗り込む前に、中学1年生の教科書に載っている英会話を
 暗記させられた森は、張り切っていた。 
 そして、クリントン大統領に出会うと、さっそく
 「 Who are you? 」と話しかけた。
 「 How are you? 」と間違えたのである。
 ホスト国の首相から「あんた誰?」といきなり言われては合衆国大統領も
 困っただろう。 こういう時はジョークとして受け流すのが外交的儀礼だ。
 クリントン大統領は
 「 I am Hillary's husband. 」と軽快に切り返したが、
 それに対して森は
 「 Me too! 」と答えたという。 』
 (注:彼が暗記していたのは、「 How are you? 」と話しかけ、
    相手からの「 I am fine、thank you. And you? 」との返事に、
    「 Me too! 」と応答する内容だったらしい。 )


ジョークだけでも何ですから、以下この本の内容を簡単に。
この本は、20人の言論人からのアンケート結果を集計して上位:10人に
ついてその評論を展開しています。
対象は、存命中の政治家に限定。
アンケートの集計結果は、
  1位:河野洋平 (52点)
  2位:村山富市 (45点)
  3位:小泉純一郎(36点)
  4位:小沢一郎 (29点)
  5位:中曽根康弘(22点)
  6位:野中広努 (16点)
  7位:竹中平蔵 (12点)
  8位:福田康夫 (11点)
  9位:森 喜朗 (10点)
  9位:加藤紘一 (10点)
 ----------------------------
 11位:土井たか子( 9点)
 (以下、省略)

以上のアンケート結果ですが、私めの「独断と偏見」に満ちた観点からは、
  2位:村山富市
  3位:小泉純一郎
  7位:竹中平蔵
これら3名を挙げるのはお門違いと認識しております。 以下、その理由。
 ・村山富市について
  いわゆる「村山談話」については、表現上の文言などの問題が多少は
  あるかと思いますが、基本的には妥当かと考えています。
 ・小泉純一郎
 ・竹中平蔵
  この両名については、郵政民営化に代表されるいわゆる「構造改革」を
  ヤリ玉に挙げています。 私は、グローバル化(中国語では全球化とか)
  という時代的変革の中では、「構造改革」路線は必然の帰結と認識して
  おります。 また、経済理念が違うからといって「売国奴」と非難する
  のは同意できません。 非難するのであれば、せめて「失政」という
  ところでしょう。 従って、このお二人は「除外」すべきです。
 
河野洋平が「1位」というのは、まあこんなところでしょうかね。
「江(江沢民)の傭兵」という位ですから。

また、中曽根康弘が挙げられていますが、その理由が「靖国参拝」を中止した
事・そしてそれ以降中国から「外交カード」として利用される口実を与えた事
とされています。当時の中国側トップ:胡耀邦総書記との「友情」を優先して、
「靖国参拝の中止」という苦渋の選択をした訳です。 共産党保守派から攻撃
されている知日派:胡耀邦の権力闘争における「足枷」とはならぬ様との配慮
からと言われていますが、「国益か友情か」はなかなか難しい問題ですね。

野中広努がベストテン入りしたのは、大納得です。 彼については、外交から
利権体質に至るまで、痛烈に批判されています。 私も、彼がTVに出演すると
チャンネルを替える事にしています。 田原総一郎が「中国側とパイプを持っ
ているのは、野中広努だけだ」などと公言していますが、通常「パイプ」と
言えば「双方向のパイプ」の事だと思います。 彼の場合には「中国側からの
一方的なパイプ」ですからね。尤も、田原総一郎は「ドングリ眼の辻元清美」
へ政治献金しているという人物ですから、そんな見方もあるという事で・・。
ついでに言えば、もう少し上位にランクされても然るべきかとも思いますが
「権謀術数」だけがとりえの「小物」ですからね。


以上は、「生存者」を対象したアンケート結果ですが、「物故者」を含めると
「宮沢喜一」氏は「万死に値する」のではと考えます。 (死者に鞭打つのは、
日本の文化にはなじまないという事は承知しています。 そして、その氏は
「万死に値する」という文言通りに「お亡くなり」に。 しばしの黙祷。)
 罪その1:いわゆる「教科書誤報問題」に端を発して、「周辺諸国条項」を
      導入したこと
 罪その2:「天安門事件」で西欧諸国から制裁を受け孤立していた中国へ、
      「天皇陛下・皇后陛下のご訪中」という救済手段を講じたこと。
      このご訪中をきっかけにして、中国包囲網が徐々に解除された。
      これは、チャイナスクール・グループ:加藤紘一との共同謀議
      というのが通説の様です。

apeman先生も相変わらずみたいだね(´ー`)y-~~

http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20090905

mugiさん、ここのことですな。誰かがパル判事を批判してくれるのを待ち焦がれていたようだね。文面から嬉しさがにじみ出てくるようだよw

小林の「パール真論」が広まってきて、宗教サヨクのウソ工作がバレちゃったもんだから「パールは正式メンバーじゃなかったの!!だからとにかく東京裁判の主旨は正しいの!!」って逃げるしかないんだろうがね。
だからこんな寝ぼけたことも言うとw

>・しかし“判決(意見書)”としては結論先にありきのもので、内容的にもとりたてて独創的なところがあるとは思えない

結論が先にあったのは「東京裁判」そのものでしょうにね。
パル判事は唯一の国際法の専門家だったから「こりゃやべぇ。俺だけでも法律の専門家らしく頑張らなくては~。」ってお仕事しただけなのにね。
戦後に日本に来た時だって、「特別日本をひいきしてないよ。法律にのっとって仕事しただけですよ~。」と再三コメントしてるのにね。
apeman理論は相変わらず「超理論」しすぎてて謎だよね。
(´ー`)y-~~

http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20090917

ところで、一知半解さんには悪いニュースですが、またまたapeman先生がおかしなことを言ってるみたいですな。
文句があるんだったら、ここから逃げ出した件の後始末ぐらいしてほしいんだがね。猿人先生は「後片付けのできない子」だから困ったもんですね。

apeman城は本当に面白い記事の宝庫ですよ。日夜、みんなを笑わせようとネタ作りに奮闘してるようでね。
あと、またまた他のところも荒らしてるようだね。

http://d.hatena.ne.jp/sadatajp/20090729/1248796658#c
http://d.hatena.ne.jp/sadatajp/20090727/1248625410#c
ttp://d.hatena.ne.jp/sadatajp/20090916/1253104766#c1253117269
ttp://d.hatena.ne.jp/sadatajp/20090330/1238340999#c1250155579
ttp://d.hatena.ne.jp/sadatajp/20090423/1240421714
ttp://d.hatena.ne.jp/sadatajp/20090505/1241536070

ここやsirokazeさん、ワシさんのところほか、数々を荒らしてるapeman先生ですが、ホントにどこ行っても進歩してないよなぁ・・。50代男性が20~30代ぐらいの息子のような年齢のところに難癖つけにいってむなしく撃退され逃げ惑う繰り返し。むなしい人生だよね・・。
しかしなぁ、働くうんぬんの話題での反応ぶり見てると、人を使った経験どころかまともに働いた事があるのかさえ疑問に見えてきたな。やっぱ、地主の息子かなんかなのかねぇ・・。

こーゆー「呪いの声」をあげるだけの猿人にならぬよう、我々は気をつけたいものですなw

哀れなりサヨク。

  • 2009/09/18(金) 01:45:38 |
  • URL |
  • 潜水艦 #.fR4.oCU
  • [編集]

潜水艦さんへ

 ご忠告を有難うございます。ただし、私がウオッチしたのは「サヨクゾンビ」よりも真正の「宗教ゾンビ」なので、その点は貴方とは違いますが、確かに憑かれる危険性はありますね。少し前、従軍体験のある祖父に育てられたというブロガーさんからも、「貴方のキリスト教嫌いも相当なものですね」と指摘を受けたし、私もそれは自覚しています。ただ、味方より敵の方が真実を見抜く傾向もある。日本のキリスト教系カルトは半島ルーツが多いのはご存知ですよね。
 件のブロガーさんは祖父の体験から山本には共感を覚えると書いてましたが、彼もまた山本のキリスト教優位思想を感じると述べています。そして彼はプロテスタント系高校に通い(※非クリスチャン)、キリスト教と共産主義は同じ系統の思想だと言っていました。

 先日、ネット検索をしたらapemanセンセイのブログがヒット、パール判事についてのアカヒの記事を引用、正式な判事ではなかったと大はしゃぎで書いていました。wikiに、パール判事について以下のような記載が見られますよ。

・1911年にカルカッタ大学理学部、法学部を卒業し、1920年に法学修士試験に最優等にて合格、翌年弁護士として登録。
・1924年にカルカッタ大学にて法学博士号 (LLD) を取得(論文は「マヌ法典前のヴェーダおよび後期ヴェーダにおけるヒンドゥー法哲学」
・1923年から1936年までカルカッタ大学法学部教授を務める。
・1925年にはインド学会最高の栄誉であるカルカッタ大学タゴール記念法学教授に選出され、1930年、1938年にも選出された。
・1927年にインド植民地政府の法律顧問に就任、1937年には国際法学会総会に招聘され、議長団に選出される。
・1941年にカルカッタ高等裁判所判事、1944年にカルカッタ大学副総長に就任。
・1946年の極東国際軍事裁判ではインド代表判事として派遣された。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB

 1946年当時ですが、独立前年のインドは混乱を極めており、間違った手続きで代表判事に選ばれるなど当り前でした。パール判事に限らず独立後も、そしておそらく現代でも間違った手続きなど珍しくない国なのです。日本と違い手続きのミスなど喧しくない国で、インド人がよく使う口癖は「No Problem」、つまり問題なしということ。さらにwikiにはこんな記載もある。
そのような立場(※東京裁判不当説)を取らない国際法学者からも「法の不遡及原則に法った判決を下した人物」として評価されている。また国際連合国際法委員会委員を歴任するなど国連でも貢献し、国際的に高い評価を得ている…

 パールの発言に関し、初代首相ネルーは「あれはインド政府の公式見解ではない」「個人の発言」と言っていますが、上記の経歴を見れば全くお咎めなしだったのが知れるでしょう。ベンダサンの表現を借りれば、インド式「てんびんの論理」。西欧連合国と日本を天秤にかけ、国際世界の空気を読みながら、力関係を調節・バランスをとり自国の利益を図る。ズバリ言えば二股交渉であり、インドはこの手段に長けている。
 また、日独と共に戦ったインド兵に対しても無罪放免となりました。愛国無罪はインドも同じであり、現代のインドではネルーよりチャンドラ・ボースの方が尊敬されています。

 アカヒだけ見れば、apeman先生みたいな見方になっても不思議はない。マンモハン・シン首相の訪日もロクに載せなかったのが日本のマスコミですからね。もっとも先生、グジャラート(※ガンディーの故郷)とベンガルの違いはおろか、その場所も分らないかも。ただ、左派に限らず“40年の老舗の保守”と称する不可解な人もいます。私自身、“アンチ山本信者”だから、支持者から見れば異常でしょうけど。

  • 2009/09/12(土) 11:26:28 |
  • URL |
  • mugi #xsUmrm7U
  • [編集]

潜水艦さんへ

潜水艦さん、コメントどうもです。
レス遅くなってすみません。

>一知半解さん、そこまでの覚悟なんてないと思うね。

やっぱりそう思われますよね。
そういう彼らが何時まで鳩山政権を支持し続けるか見ものです。
温室ガス25%削減のニュースとか目にして、政権が発足する前から不安に感じる今日この頃です。

  • 2009/09/09(水) 22:53:33 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

葵お婆ちゃんがまだ何か言ってるね( ´Д`)y━─┛

「毒薬口に苦し」ってのも当たり前だがねw

>私のようなアンチの人にはイカサマ野郎に見えてしまい、彼の名誉を損なうし、山本七平ファンに対して失礼になる、と私は思う。

宗教サヨクにとっちゃ、自分の気に入らんモノはみんなウソでデタラメらしいけどねぇ。apeman先生ご一同もよくそんな言い草をしとりましたよ。くだらんことで難癖をつけ、わざと大騒ぎして注目を集めようとする輩はファミレスにもよく居るけどね。

アレ、自分の正しさをみんなに認めてもらいたい心理らしいけど、周りの楽しい食事の時間を妨害して白い目で見られてるだけなのに、当事者はわからんらしいのよねぇ。
いまの葵お婆ちゃんのやってることも同じなんだよ。

単なる個人のファンサイトに過ぎんところを「異教徒たちの砦!!」みたいに思い込んでくだらんクレームつけて「宗教戦争」を気取る。そんな誰も喜ばんことをやって楽しいらしいがね。

あと、お婆ちゃんが該当記事で喜んで引用してるの、グース氏に完全論破された「ゆう」氏の南京サイトじゃないですかね。南京軍事裁判のテキスト、いろいろ罪状が書いてあるけど「証拠物件」みたいなのが全然ないんだよね。
民間人を殺害したのなら、複数の目撃者による確認、日時の確認、遺体と現場の確認が必須でしょうにね。そーゆーのは全然書いてないね。

wikiにしてもapeman先生たちが書いてる場合もあるからご用心だよ。

ちなみにapeman先生たちは「戦犯裁判はとにかく正しくて意義があった!!多少間違いはあったかもしれんけど、日本の悪を裁くためには必要だった!!」と叫んでるので、葵お婆ちゃんの主張とは本来アベコベなんだけどいいの?

>私の挑発文(苦笑)を削除したのならば常識人だけど・・・やっぱ、カルト信者は違うね(笑)
もう憑依しないから、安心して布教活動しなさいな。

相手に削除をさせようとするって時点で異常だよ。だって、相手の言い分をちゃんと聞く、記録を好き勝手に消さないってのがネットの常識だからね。
「くだらんことをついカッとして書いたので、どうか消してください。」ってのはたまに聞く話だけどね。

人間、ミスや勘違いはつきものだろうに他人様にだけハードル高い要求する「宗教サヨク」のお歴々。でも、自分たちで広げたフロシキは放置して遁走しまくりなんだよなぁ・・。
apeman先生なんかひどいもんだったけどねぇw 葵お婆ちゃんは自分にも厳しく生きているかね? アンタの心の不満は自分自身で処理してくれんと他人が迷惑なんだがねw

勝手によくわからん理由で怒って、言いたいだけ叫んだらスッキリした顔して消えていくお婆ちゃんのお客さん、なんてスーパーでよく見かけるけどね。店員さんもほかのお客さんも「あのアホなお婆ちゃんはなにしたかったんだろ?」とポカーンとしてるわけでねw ま、本人は満足してるのかもしれんが周りからの視線に鈍感だから幸せなのかもしれんねぇw

前にも言ったかもしれんけど、お婆ちゃんはネットに向かないと思うよ。もっと身近な人達と楽しいおしゃべりとかしてたほうがいい。一度書いてしまったことからは逃げられんのだからね。
「旅の恥は掻き捨て」できるほど、ネットも甘くない時代なんだ。観光地と同じようにね。

哀れなりサヨク。

  • 2009/09/07(月) 18:10:06 |
  • URL |
  • 潜水艦 #.fR4.oCU
  • [編集]

良薬は口に苦し

>景気よく山本七平そのものをクソ味噌に貶していた最初の頃の”勢い”はどこへ行っちゃったのでしょう??

いつの間にか、私の引用・紹介にけちをつけるように方針転換し、いまでは『真の「山本七平」擁護者』ですか
ーーーーーーーーーーーーーー

一人でも多くの人に山本七平の素晴らしさを知って欲しいのならば、よーく考えてから抜粋をしないと、
私のようなアンチの人にはイカサマ野郎に見えてしまい、彼の名誉を損なうし、山本七平ファンに対して失礼になる、と私は思う。

情けが仇 2008/10/25 00:58
http://boyaki-555.at.webry.info/200810/article_4.html
ーーーーーーーーーーーーー
>いまでは『真の「山本七平」擁護者』ですか

↑んなはずないだろうよ(爆)

>大体、原文にあたってもいないくせに、どうやって私の引用・紹介が間違っていると決め付けることが出来るのでしょう?

引用した短い山本文の中に、間違いor意図的な詭弁があり、それを私の『百人斬り』&『左巻き』のカテにまとめてあります。
駄本を読むのは時間の無駄であり、それを鵜呑みにして布教活動する愚かさを、私は嗤っているだけですよ。
私の挑発文(苦笑)を削除したのならば常識人だけど・・・やっぱ、カルト信者は違うね(笑)
もう憑依しないから、安心して布教活動しなさいな。

  • 2009/09/07(月) 10:06:02 |
  • URL |
  • 葵 #cwJ6o44Q
  • [編集]

民主党には期待してないよ( ´Д`)y━─┛

>そこまでの覚悟を以っての政権交代支持ならば、私にも納得できる部分もあるのですが…。

一知半解さん、そこまでの覚悟なんてないと思うね。テレビで「とにかく自民党にだけは入れちゃダメ~♪」ってワンスレーズ報道繰り返してたの知ってるからね。「とりあえず民主党に入れるだけ入れて~。」で押し切ったわけで、新聞の勧誘員のやる手口と変わらんよね。
ま、どこまでマスコミが民主党をかばいつづけるかが見物ですかね。
「移民1000万人達成」をうたう民主党政治家のブログもどっかにありましたぞw

>確かにもう議論など不可能でしょう。

そりゃそうだよ。葵お婆ちゃんに細かい指摘をしてもムダだと思うよ。だって、あっちがやりたいのは議論じゃなくて「宗教戦争」なんだからね。apeman先生と同じで、イデオロギーの旗のもとに「敵味方」識別して難癖つけとるだけ。ワシさんやこの潜水艦は何年もやってて見慣れておりますんでね。

>貴方は一度も筋が通った反論はしていません。
>貴方のは言い訳であり、屁理屈であり、それは論争とは言えません。

葵お婆ちゃん、宗教サヨクはみんなそう言うのよ。自分の欲しい言葉が返ってこないと欲求不満になって「アタシの本当の気持ちがわかってない~。」みたいにすねるんだよw 聞かされる側としては知るか~w って感じなんだがね。
( ´Д`)y━─┛

誰もアンタの思い込みを解く義理もないし、アホなテキストを「エキサイト翻訳」して理解する義務もないさね。「自分を理解しないのは相手が悪い!!」とか言い出してる時点で、日本人のする議論としては終わってるんでね。ギャーギャーと叫びたいだけなら朝鮮とかでするといいねw
一知半解さん、まぁ適当に流しとくのがいいと思いますぞ。osahuneこと「インテリおさやん」のように、心に消えない飢えを抱いて街をさまようゾンビにかまうことはないのです。

mugiさん、いろいろムカついた部分もあったんだろうが、「宗教サヨク」の魔があなたをつけ狙っておりますぞ。サヨクゾンビに近づきすぎて、いつの間にか同じになっていたってホラー映画な展開もよくある話でね。apeman先生がニヤニヤしながら様子をうかがってますぞw
ちょいと冷却期間をおいたほうがいいかもね。

  • 2009/09/07(月) 07:06:44 |
  • URL |
  • 潜水艦 #.fR4.oCU
  • [編集]

また葵お婆ちゃんですかね( ´Д`)y━─┛

>http://boyaki-555.at.webry.info/200908/article_7.html
>だってHN葵が恥をかいても、リアルでの”私”には影響がないし。

それ、観光地にやってきたお婆ちゃんたちがゴミのポイ捨てやったり、トイレへの割りこみ、レストランでの馬鹿騒ぎやってるのと同じですなw 
普段のしがらみから解き放たれた場所でこそ、きちんと礼儀作法を守ってみんなと仲良く楽しくやるのが「本来の日本人」じゃないですかねぇ・・。
姪や甥、お孫さんだって通りすがる場所なんだから、歳相応にふるまわんとダメでしょ。
俺に常識を説かれるってのも、年輪を重ねてきた人間としてはどんなもんですかねぇ。

「あのお婆ちゃんヘン~。」って子供の声が聞こえんとすると、トシのせいで子供返りしちゃったのかもしれんな。

>神の御許で安眠する山本を引っ張り出す愚かさを嗤っているのじゃ!

単なる山本七平の一ファンのブログにそんな噛み付き方しても意味ないよ。宗教サヨクみたいにイデオロギー普及してるわけでもないんだからね。
サンヘドリンがどうこう、と「山本はとにかくデタラメ!!」と言い続けてた肝心のapeman先生は山本の話、戦前の日本軍、百人斬りの経緯、戦犯裁判の経緯、そういった話題を全部放り投げてapeman城に逃げ帰ってるわけでね。
「細かいトコはいいから自分から仕掛けた話題ぐらい畳んでいけよw」ってツッコミをお忘れなのかねぇ?

俺なんかには、葵お婆ちゃんが逃げたapeman先生に頼ってここで騒いどる理由がサッパリわからんがね。ギャラリーを味方につけたいなら、もっと理路整然とお願いしたいがね。
宗教サヨクは自分のことしか頭に無いから周りに「かわいそうなお婆ちゃん」扱いされてるのにね。
( ´Д`)y━─┛

哀れなりサヨク。

  • 2009/09/07(月) 06:18:11 |
  • URL |
  • 潜水艦 #.fR4.oCU
  • [編集]

おためごかしは、ご遠慮申し上げます。

葵さん、いい加減、”おためごかし”はやめましょう。

単に私を貶したいだけのくせに、さも私が「聞き分けのない愚か者」であるかのように扱い、その愚か者を諭してやっているんだ…というような態度をよそおい真面目ぶってコメントされるのは、正直気味が悪いし、不愉快極まりない。

コメント欄を見ている第三者にアピールしたい下心がミエミエです。

それよりも、下劣精神丸出しの毒吐きコメントのほうが貴方らしくて、よっぽど良いと思うのですが(笑)
他人を誹謗してスッキリするのが、貴方のブログ方針なのですからムリすると体に毒ですぞ。
なにしろネットは、あなたの「心の護美箱」なんでしょ(それを見せ付けられる他人の迷惑はともかくとして)。

>貴方のコメントが、あまりにも醜いので私は「そのようなトンチンカンなコメントは以後削除する」と言いました。

ロクな根拠もなく、そう決め付けないでください。
そういう言葉を、誹謗中傷というのです。

まさか貴方から、「醜い」と言われるとは想像もしておりませんでした。
今までのご自分の発言を棚に上げてよくそんなことを言えるもんですねぇ…(呆)。

>私は山本の著作を否定しているのではない。
その抜粋の箇所と一知半解さんの書評の詭弁を批判してるのであり、常識を知らずして、一時期は政府(自民党)の関係者であった山本七平を、常識ある保守と信じて、その衣をまとい敵陣に攻撃するオマエさんをバカだと嘲笑しているし、そんなバカに利用された山本がお気の毒だと・・・・神の御許で安眠する山本を引っ張り出す愚かさを嗤っているのじゃ!


そもそも、貴方は、最初は山本七平の主張そのものをクソ味噌にけなしていたはずなのに、いつのまにか山本七平の主張を私が誤って引用するのは許せないとか文句を言い始めた。山本七平の著書をロクに読んでもいないくせにね!

景気よく山本七平そのものをクソ味噌に貶していた最初の頃の”勢い”はどこへ行っちゃったのでしょう??

いつの間にか、私の引用・紹介にけちをつけるように方針転換し、いまでは『真の「山本七平」擁護者』ですか?
まったく貴方の「ご都合主義」には呆れてモノが言えませんよ。
私を非難する為だったら、どのようにでも「転向」するのですね。

大体、原文にあたってもいないくせに、どうやって私の引用・紹介が間違っていると決め付けることが出来るのでしょう?
それで相手を罵倒できるのだから、ある意味、「大物」ですよ。普通の神経じゃ出来ない行動力だよなぁ…。
アホらしくて付き合ってられません。

>このコメントを貴方が削除するのは貴方の自由です。

挑発しているつもりなのでしょうか?
「おためごかし」丸出しのコメントを私が削除するとでも??
消すわけないでしょう(爆)。

  • 2009/09/06(日) 18:29:16 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

一知半解さん

貴方は大きな勘違いをしています。
mugiさんは私のブログで私と会話をしていた。
それに貴方は反応してしまったのですよ。
貴方のコメントが、あまりにも醜いので私は「そのようなトンチンカンなコメントは以後削除する」と言いました。色付きの文字
貴方は私の『雉も鳴かずば打たれまい』を読みましたか?
http://boyaki-555.at.webry.info/200908/article_7.html

記事そのものについての貴方の反論ならば喜んでコメントを受け付けます。
貴方は一度も筋が通った反論はしていません。
貴方のは言い訳であり、屁理屈であり、それは論争とは言えません。
書評とは、私のような山本七平を全く知らない者に「読みたいな」と思わせるものでしょ?
貴方が山本に心酔するのであれば、間違いと指摘されるような箇所を抜粋してはいけませんよ。
貴方はmugiさんや私のコメントを読んでいないでしょ?読んでいたのならば、あんな嘲笑されるようなレスはしないはずです。
貴方は他人のブログの記事もコメントも冷静に読むことはしていませんね?
山本七平の書籍も、その他の人の書籍もきっと同じでしょう。
文字だけ見て頭に入れても理解は出来ません。心で読み砕き、心で判断すること。
そうすれば自然に自分の言葉に直せるものです。山本を自分の心で理解しているのであれば、あのような記事を書けないだろうし、TBも送れなかったでしょう。

このコメントを貴方が削除するのは貴方の自由です。私はコピーしておりますが・・・

  • 2009/09/05(土) 22:53:49 |
  • URL |
  • 葵 #cwJ6o44Q
  • [編集]

mugi氏への反論

このコメントは、本記事にまったく関係ありませんが、行きがかり上、投稿したものです。

第三者の方々には、犬も食わぬ喧嘩にしか見えないでしょうし、不愉快な表現もあるかと思いますが、何卒ご容赦いただきたいと思います。

そもそも、このコメントを投稿するキッカケは、「世間の片隅で」というブログ主の葵氏とのやり取りでした。

彼女のブログ上において、私に対して罵倒を繰り返す葵氏及びmugi氏と議論してきましたが、アラシだと見做されコメント削除措置を取ると宣言され、反論の場を封じられてしまいました。

私としては一旦議論を終わりにしたいといったものの、その後更なるmugi氏の罵倒を含んだ反論があり、とうてい看過するわけにも行かないと考えました。
そのため、この場を借りて、mugi氏へ反論させて頂くものです。

反論を始める前に一つはっきりさせておきます。
私とmugi氏とどちらの言い分が妥当であるかは、第三者の判断に委ねたいと考えてますが、その判断の際の「参考」として、次のことを挙げておきます。

①mugi氏は、山本七平としての著述(ベンダサンとしての著作を除く)を私の紹介記事以外に読んでいないと思われること。
②mugi氏は、「偽名を騙った」という批判に拘泥していること(本旨とは関係ない批判に終始していること)。
③mugi氏の指摘する山本七平の”間違い”も、「見解の相違」若しくは「予想がはずれた」程度に過ぎないのに、それを以て、見解の異なる私を信者やカルト呼ばわりしていること。


以上の点だけは、ご理解いただきたいと思います。
では、反論開始です。

mugiさんへ。

貴方の一連の批判を読んでいて感じるのは、異論にものすごく非寛容な姿勢ですね。
少しでも反論されると相手を「信者呼ばわり」してまで反論しないと気が済まないその“攻撃性”に直面して困惑せざるを得ないし、正直言ってかなり辟易しています。

もはや貴方からカルト呼ばわりまでされ、人格を否定された状況に至っては、私にとって非常に不本意な展開ですが、降り掛かった火の粉は払い退けねばなりませんし、売られた喧嘩には応じざるを得ません。

まずは、こちらの分↓から反論させていただきます。

・山本を読むには(私見)
http://boyaki-555.at.webry.info/200908/article_3.html

>貴方のコメントは「信者」表現に対する憤りの連続ですね。しかし、そのような反応を見せ付けられると、反って山本信者に近いものを感じさせられます。たとえ教祖に誤りがあっても敬虔な信者ならば絶対受け入れられない。釈迦やイエス、ムハンマドの“過ち”を指摘すれば、狂信者ならずとも熱心な教徒なら激しい反発を表す。貴方の対応もそれにちかい。

”カルト”だの”折伏”だの”信者”だの単語を「多用」して、相手をそのように印象付けようとする貴方のやり方は、卑怯ですし、極めて不愉快です。

また、私が否定すれば否定するほど「信者扱い」する貴方のやり方は、非常に姑息ですね。
「まともに反論できない」から、そのような手法しか取れないのでしょうけれど。

>貴方はイスラエルの御用文化人や偽名を騙るなど本論とは関係ない、真っ当な手法ではないと仰いますが、これは貴方の見解であって私のものではない。ならば正直に言わせてもらいますが、山本は私にとって読むに値しないレベルの過去の評論家に過ぎません。

そもそも本題の「本旨」にまともに反論できず、そうした批難に縋りつかざるを得ないにしても、随分と我田引水な「見解」ですね。

私としては、貴方のそうした手法が妥当かどうかは、第三者の判断に委ねるのみです。

また、貴方が山本七平を全く評価するに値しないと断ずるのはご自由ですが、それには次の枕詞を付けることを要求します。
即ち「―ろくに読んだこともないけれども―」という枕詞をつけることをね。

>『日本人とユダヤ人』でベンダサン=山本は「パレスチナの争いは民族の争いでも土地の争いでもない」「侵略でも領土拡張でもない」とも書いていた。これがイスラエルの御用文化人以外でなくて何でしょう。

仮に貴方の言うとおり、御用文化人で何か問題でもあるのでしょうか?
「親イスラエルの人間の主張=間違い」という”等式”でもあるのですか?
私のことを、信者呼ばわりするのは、その「等式」を証明してみてからにしていただきたいですね。

>貴方やtikurin氏は枝葉末節、問題ないと無視を決め込みますが、そんな言い分が通るのは支持者の間だけという現実を直視なさい。

貴方こそ、「偽ユダヤ人という批難さえすれば、否定できる」などという安直な思い込みはいい加減捨てなさい。
そもそも、私は、山本七平がイスラエルの御用文化人であることを否定はしていない(肯定してもいませんが)ことをお忘れなく。
貴方の見当はずれな反論には、まったく意味を見出すことができないし、いい加減うんざりします。

>私が山本を「全否定」していると受け取っても構いませんよ。これまでのやり取りから山本への疑念や問題点を指摘しても、「全否定」としか受け取らないのがやっと分りましたから。もう、議論など成立不可能です。

確かにもう議論など不可能でしょう。
見解が異なるのは当然ですが、人の反論を「見解の相違」の一言で切り捨てるのは仕方ないにしても、人の意見を主観に過ぎないと貶しておきながら、てめえの主観にしか過ぎない意見を押しつけ、当方が拒むとなれば罵倒しだす貴方の姿勢は、議論するに値する相手とはとても思えませんので。

続いて、こちらの分↓について反論です。

・「山本を読むには(私見)」について(追記あり)
http://boyaki-555.at.webry.info/200908/article_5.html

>貴方は何度も「信者」は貶めるだけの言葉と言われますが、それも全くの貴方の主観だし、これぞ被害妄想の何者でもないと私は判断します。批判と貶めの線引きは微妙ですが、批判の正当性を問題にするなら論争など成立しない。小手先の表現や正当性に拘るのこそ、議論の妨害でしょう。「信者」呼ばわりは貶めという意見もまた、葵さんや私の言論への否定でもあります。「信者」表現を受け入れないのは自由ですが、こちらも使う自由がある。

それではどうぞお使いください。「私自身はその表現を受け入れない」といっているだけですから。
確かに「貶めている」と感じるのは私の受け止め方に過ぎません。

「信者呼ばわり」は、mugiさんにとっては議論の際に不可欠な「攻撃ツール」なのですね。
(そんなツールに頼らないと議論できないとは情けない限り…としか私には思えませんが。)

>私怨をネット上の倫理問題に絡めるのはおよしなさい。tikurin氏と同じく気に食わぬ表現全てを“罵倒”で片付ける、表現の自由の否定に当たります。

なるほど、自分の罵倒表現の自由を侵害するのは許せない…と。
では、貴方を罵倒しても、「それは私の表現の自由である」と解釈させていただいてよろしいですね。

>私は「信者」には嘲笑よりも嫌悪を感じさせられます。おそらく葵さんも同じでしょうけど、私も何かを絶対視するという性質ではなく、絶対的なものを持っていない。だから個人でも思想でも、それを絶対視する人には違和感があるし、距離を置きたい。

人に喧嘩を売っておいて、距離を置きたいとは随分とまぁ、ご都合主義ですね。
第一、「山本七平を絶対化している」という貴方の指摘がそもそも言いがかりに等しいのですが。

>>”貴方たち”が必死に守っているものは『山本七平』ではありません。己のプライドだけです。

>禿同。彼らはもちろん否定するだろうし、山本を読めば考えが変わるとの長広舌を繰り返すでしょうけど、結局求めているのは己の意見への同意と山本への好意的見解だけ。


「好意的見解を求める」のが”信者の特徴”などと相手を「カルト扱い」しながら、いざ自分の見解に添わないと相手を罵倒しだしたのはどこのどなたでしたか?
人のことを分析する前に、少しはご自分の行為を省みられたらいかがでしょう。

大体、どちらが自分の見解を押しつけているといえるでしょうか?
それはまぎれもなく私の人格まで罵倒している貴方の方でしょう。

そもそも、私は貴方がどのような見解をお持ちになろうと構いませんとお断わりしています。

ただその見解についてはまったく賛成できないと申し上げているだけですし、その(主観まみれの)見解に基づく「信者呼ばわり」を受け入れるつもりもありません。

貴方の”妄想”を基に私の性格分析してまで悪口雑言するというのは、ほとんど常軌を逸してますね。
これでは議論でもなんでもない。単なる罵倒ですよ。
悪態つくだけが”能”の葵さんと何ら変わりませんね。
もう少しマシな人間かと思っていましたが、私の見込み違いだったようです。

>粘着して折伏させたいのでしょうが、私も彼らに付き合う義理はありません。山本の言葉を方々のブロクで並べ立て、迷惑がられていることも気付かない。「貶める」「雑言」などの一連の言葉も、拭いきれぬ被害者意識と甘えが表れている。自分の願いに添った対応を暗に求めているのです。だから締め出したブロガー(村野瀬、お玉さんetc)への恨み言を重ねる。

まず、お玉さんの名誉の為に言っておきますが、あの方に締め出されたことは殆どありませんよ。
「粘着して折伏させたい」とは一体何事でしょう。
あなたの信者呼ばわりに反論しただけなのに、そのように受け取るとは…。
貴方こそ、カルト信者さながらの被害者意識の持ち主のようですね。

>彼らは「信者」の言葉に神経症的に反応してますが、人間は触れられたくない本質を突かれると怒りを爆発させたがる。創価学会信者が池田教徒呼ばわれされたら怒り狂うし、“学会”など宗教色を消すイメージ戦略をとるのもカルト十八番の欺瞞です。

「触れられたくない本質を突かれ」たから怒ってるのではありません。
「貴方の主観に基づく罵倒は受け入れられない」と申しているだけです。
普通、そうでもないのに信者やカルト扱いされれば、怒るのは当たり前でしょう。
ましてや、貴方の場合、単なる”インネン”なのですから。

>己の中身の無い者ほど、何か絶対的なものにすがる傾向があると私は見ています。それは既存の宗教のこともあるし、ある個人や思想の場合もある。自分が心酔しても他人は同じとは限らないということも見えてない。これはサヨクも全く同じ。大体「山本七平マンセーブログ」だから、もう何を言っても馬耳東風でしょう。

妄想に基づく大層な分析ですね。
別にアンチ山本の貴方に心酔してもらおうなんぞ、今となってはこれっぽっちも思ってません。

私としては、貴方の言い分と私の言い分のどちらが妥当か、山本七平の主張に説得力があるかないか、第三者に判断してもらうだけで結構ですよ。

>凡人は偏見のあるのが普通であり、公平に見れる者は稀。しかし、「正当な批判」「社会的責任」「曲解」など、他人には公正な倫理を求める。匿名ブロガーが他の匿名ブロガーに「社会的責任」を叫んでも、目くそ鼻くその類なのに。

そりゃ私から見て”不当な”批判にしか見えないからそう主張しているだけの話です。これは確かに私の偏見かもしれない。
しかし、貴方の偏見もコメント欄を解放して受け入れているじゃないですか。
偏見同士戦わせることが、偏見に陥らない唯一の方法だと思えばこそ、コメント欄を開放しているのです。

また、社会的責任も取れなんぞ言ってません。
「政治的主張をするとなれば異論を受け入れる姿勢が要求される」と言っているだけでしょうに。
無論、そうしない連中がいても何ら構いませんが、彼らにはそれに応じた「扱い」が待っているだけです。

勿論、自分のブログで散々悪態をついておきながら、いざ、反論されれば、コメント削除をちらつかせる葵氏のような人間には、社会的責任の何たるかも解せないのは当然ですし、そういう人間にいまさら「社会的責任を取れ」などと言うつもりもありませんよ(笑)。

その程度の人間として扱わせてもらうだけの話です。

そもそも、私の紹介した記述だけで、ろくに山本七平の著書を読んだこともないくせに、「知ったか」で相手をよく信者呼ばわりしたり、彼の主張が単なる日本人非難だと断定できるものです。

チラっと立ち見しただけというmottonさんの”書評”を鵜呑みにし、自ら読んでもいないくせに山本七平の主張を「レイシズム思考の単なる日本人批判」と断ずる貴方の判断は極めて軽率かつ浅慮としか言えないもので、いささか呆れ果てざるを得ません。
まぁ、それで恥をかくのは貴方ですから、知ったこっちゃありませんが。

確かに私は”一知半解”かも知れないが、貴方のように”一知十解”を気取って他人を非難できるほど傲慢ではない。

私にこのような非難をさせたのも貴方の傲慢さ故です
吐いた唾が自分に帰ってくるようなもので自業自得ですね。ご愁傷さま。

  • 2009/09/05(土) 20:04:52 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

論争について

 論争は言葉のみ(性別・年齢・社会的地位等は考慮しない)の世界です。それは言葉の持つ論理性、実証性によって、その主張の説得力が争われます。
 残念ながら、mugiさんや葵さんとの論争は、私に対する個人攻撃で終わりましたが(終わらないかも?)、ネット上での議論は記録・公開されることで、その公平性が担保されます。
 民主主義とは”言葉による秩序作りに参加する”ということです。当然、論争は激しくなりますが、それに耐える力とともに、余裕や謙虚さも持ちたいものだと思っています。
 なお、mugiさんの紹介されたご自身のblogに私論に対する反論がありましたので、それに対する反論を私のHPにアップしました。お知らせまで(両氏より関連記事の本サイトでの案内がなされていますので)。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~sitiheigakususume/goroku_ronsou.html

  • 2009/09/01(火) 22:16:37 |
  • URL |
  • tikurin #wQAHgryA
  • [編集]

ご案内(tikurin氏への言い返し)

 下記でtikurin氏が葵さん並びに私との論争を載せてますので、蛇足ながら私側のブログでのやり取りも紹介いたします。
http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/7e2cc1341bcdb71cf1144c2af51dc66a#comment-list

「参考までにご覧下さい」などと、私は申しません。第三者からすれば下らない泥仕合と化しており、酔狂な暇人が見る類のものであって、しかも決して面白いものではないでしょう。書込み時間からネット依存症の暇人と疑われる者との議論など私は時間の無駄と考えます。apeman先生と同じタイプが山本マンセーブロガーにもいたとは、哀しい限りです。

  • 2009/08/30(日) 16:41:47 |
  • URL |
  • mugi #xsUmrm7U
  • [編集]

1読者さんへ

1読者さん、いつもわかりやすいコメントをありがとうございます。

「変えなきゃ馬鹿」に関する分析、素晴らしいと思います。
(私も自分の言葉で表現できればいいのですが、なかなか上手く書けない。残念ですが…。)

>今回の選挙は、マスコミが世論をつくるという20世紀的な時代的特徴の、まさに終わりの始まりになるだろうと考えています。

本当にそうなってくれると嬉しいですね。
そのためにも、デジタル・ディバイドの問題は解決する必要がありますね。

それとマイネ・ザッヘさんの記事の紹介、ありがとうございました。最近、このブログも更新頻度が高く、質も高い記事ばかりなので読むのが愉しみです。

  • 2009/08/30(日) 12:06:04 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

tikurinさんへ

tikurinさん、コメントありがとうございます。

>言葉に責任を持つ政治、やってもらおうじゃーありませんか。我々国民がその言葉を聞いて判断するのです。

そこまでの覚悟を以っての政権交代支持ならば、私にも納得できる部分もあるのですが…。

ただ、民主党(自民にも言えますが)の幹部の言葉って異様に軽いように思えるんですよ。

だから、私は今回の政権交代にあまり期待できないのです。

  • 2009/08/29(土) 23:51:24 |
  • URL |
  • 一知半解 #h4ISIBTM
  • [編集]

仮)山田さんへ

仮)山田二郎さん、コメントありがとうございます。

まず、最初にお詫びを。
どうも山田さんから最初に頂いたコメントを誤って削除してしまったようです。申し訳ございません。

確かに山田さんの仰るように、澱んだ水の流れをかき回してもらえれば十分…という考え方もあるだろうなと思います。

それに伴うマイナスをあらかじめ覚悟して選択するのだったら、私もその選択を尊重したいと思います。

>「変えてくれ馬鹿」から、「変えなきゃ馬鹿」に成長したんならマシかもよ。

確かに受動的から能動的な分マシなのでしょう。

ただ、「変えてくれ馬鹿」にしても「変えなきゃ馬鹿」にしてもその覚悟があっての選択なのか?という処が非常に疑問なんですね。

また、私も民主党がマニフェストそのまま実施するなどとは考えておりません。

現実に直面すれば、豹変せざるを得ない部分はありますしね。
良い意味での豹変に、期待せざるを得ませんねぇ(非常に不安ですが)。

  • 2009/08/29(土) 23:50:14 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

ご案内(葵さんへの言い返し)

葵さんがご自分のブログに私や一知半解さんに対して意地悪批判をされてますので、私に対する批判分について反論させていただきました。ご当人のブログのコメント蘭の字数制限は800字ですので、私のHP「山本七平学のすすめ」論争編にアップしました。参考までにご覧下さい。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~sitiheigakususume/goroku_ronsou.html

  • 2009/08/29(土) 16:45:19 |
  • URL |
  • tikurin #wQAHgryA
  • [編集]

 一知半解さんは当然ご存知だと思いますが、あまりにもタイムリーなので、紹介しておきます。

Meine Sache ~マイネ・ザッヘ~
ひるむマスコミ。だがもう遅すぎる。
http://meinesache.seesaa.net/article/126718609.html

  • 2009/08/29(土) 15:30:11 |
  • URL |
  • 1読者 #-
  • [編集]

「変えてくれ馬鹿」から、「変えなきゃ馬鹿」に成長したんならマシかもよ。
実際には、別のカルトや詐欺に引っかかっている連中の方が多いだろうけどね。

ちなみに、うちの選挙区ではカルト政党(公明・共産・幸福)VS詐欺予定政党(民主党)だったりするんだな、これが。

  • 2009/08/28(金) 23:19:07 |
  • URL |
  • 仮)山田二郎 #JalddpaA
  • [編集]

私も、今回のエントリーについて一言。

 少し遅すぎたかもしれませんが、ようやく政策論争の糸口が出てきたようですね。
http://imepita.jp/20090828/436370

 「政権交代」を鵜呑みにしている人に限って、政策や実績に無頓着。民主党が、本来の左翼的な政策を隠して、マニフェストでは何も言っていないことも、また、マスコミが麻生政権の実績をまるで報道してこなかったことも知らないのでしょう。
 まさに「政権交代」というマスコミが一方的に流すムードに酔っているだけで、振り込め詐欺に騙されるのと酷似した心理、というネット上での主張がリアルに感じます。
 それに、細川政権で一度政権交代が行なわれ、その反動で村山政権が成立したことも、その結果、どのように政治が混乱し、実害が生じたのかが検証されたこともないため、忘れている人も多く、まるで無かったことにされてしまっているようですw

 これは内容も考えず、小泉改革を支持したことの裏返しの心理に過ぎないのでしょう。おそらく、小泉改革が何をもたらしたのか、実際のデータに基づく詳しい検証もしていないのでしょう。だから、現在の麻生政権の世界的な金融危機に対する対策、および小泉路線の修正の意義が、ほとんど理解されていないのだと思います。

 「小泉改革」=「政権交代」、『変えなきゃ馬鹿』の心理は同じということでしょう。

 ただ一つ希望が持てることは、若い人を中心に、マスコミ情報を鵜呑みにせず、必ずオリジナル情報を確認し、具体的なデータに基づいてきちんと自分で考えることができる人が、ネットを介して相当数出現してきたことです。
 自分の経験でも言えますが、一度こうなると、再びマスコミを信頼するようになることは、まずないと思います(自分は十年以上前にそうなりました)。

 今回の選挙は、マスコミが世論をつくるという20世紀的な時代的特徴の、まさに終わりの始まりになるだろうと考えています。

  • 2009/08/28(金) 20:34:24 |
  • URL |
  • 1読者 #-
  • [編集]

政治が言葉で行われる、ということ

tikurinです。政権交代について一言。確かに鳩山由紀夫氏は宇宙人といわれるだけありますね。何を考えているかわからない。でも今回はマニフェストがあります。ここにはバラマキも多いが政策も書いてあります。教育政策について詳しく見てみましたが、ポイントはついている。しかし誰かに吹き込まれただけで自分では考えていないのかもしれない。でもいずれわかる。
 一方、自民党のマニフェストは改革のエネルギーが見えなくなっている。これじゃマニフェスト選挙は戦えない。
 政権交代はやった方がいい。戦前でさえ政友会と民政党二大政党が競った。これは軍人につぶされたけれど、戦後はまだ一度も経験していない。言葉に責任を持つ政治、やってもらおうじゃーありませんか。我々国民がその言葉を聞いて判断するのです。昔は鉛玉が飛んできた。今はたまにシャブリかけのあめ玉が飛んできますが、これはほっといて、堂々の言論による政権選択ができるようがんばりましょう。

  • 2009/08/28(金) 02:42:17 |
  • URL |
  • tikurin #wQAHgryA
  • [編集]

仮)山田二郎さん
>正直、自分なんかは、今回は澱んだ水の流れをかき回してもらえば十分だと考えていますしね

私もそう思います。ガラガラポンになれば・・
無理かな・・・

一知半解さん

http://boyaki-555.at.webry.info/200908/article_7.html

ネチケットとしてお知らせコメントをするけど、削除は御自由になさいませ。
これは挑発では有りません。私はコメントを削除されたりアク禁されても、拗ねたり怒ったり、愚痴たりするほど野暮じゃないし、ガキでもないしぃ~

  • 2009/08/27(木) 19:02:14 |
  • URL |
  • 葵 #cwJ6o44Q
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/249-5705325e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

断末魔の自民党

◎麻生首相の程度「低くない」=細田幹事長が擁護 2009年08月19日00時39分 / 提供:時事通信社  自民党の細田博之幹事長は18日夜、テレビ朝日の番組で、麻生太郎首相について「皆さんがおっしゃるような程度が低い人ではない」と擁護した。これまで漢字の誤読や失言な...

  • 2009/08/26(水) 06:50:22 |
  • 春 夏 秋 冬

サンデー毎日 違憲政策決定者の竹内行夫最高裁判事を告発

今朝のメルマガに、天木直人さんが興奮された様子で書いておられた。 (引用開始) ついにサンデー毎日の今週号(9月6日特大号)が竹内行夫最高裁判事の罷免運動について書いた。  昨年4月に名古屋高裁が自衛隊のイラク派兵は違憲であると断じた。 対米従属外交に終始...

  • 2009/08/26(水) 09:55:23 |
  • 春 夏 秋 冬
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する