一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

自ら判断を規制しちゃうと、事実すら認識できなくなるという良いサンプル例

私のところに、久しぶりにApeman先生からトラックバックされたのでその記事を取り上げてみたい。
トラックバックされた記事というのがこれ↓

■[南京事件]抜刀隊について
この記事の中で次のエピソードが紹介されている。

また西南戦争の際、薬丸自顕流の打ち込みを小銃で受けた兵士が小銃ごと頭蓋骨を叩き割られたと云う記録も残っている。薬丸自顕流がいかに実戦的な剣術であるかを証明するエピソードである。


このエピソードに対するApeman先生の考えがこれ↓

>南京事件を離れれば日本刀についてのこういう記述は異を唱えられていない、ということは注目に値する。

Apeman先生のあまりに都合の良すぎる「この解釈」には思わず笑ってしまった。

異は唱えられていないって、そんなの当たり前でしょ。
与太話・ホラ話の類と受け止められてるだけに過ぎないことを、「異は唱えられていない」って判断するところなど、あまりに自分に都合良すぎ~。

このエピソードが与太話でスルーされているのは、このエピソードを以って、「謝罪せよ」とか、「日本人は残虐だ」とか叫ぶApeman先生のような”人種”がいないからに過ぎない、ということぐらいわからないのかね。

こういう思考様式を見るたびに、「人は自分の見たい現実しか見ない」というカエサルの格言が思い浮かぶけど、よくよく考えてみれば、Apeman先生の場合「現実」ですらないんだよな。
なにせ「与太話」が現実になっちゃうくらいだから。

そもそも、小銃だって鉄で出来ているわけですよ。
それが日本刀で頭蓋骨もろとも叩き割られたなんて物理的に有り得ない。
人力で鉄を以って、鉄を切断することなど出来るわけが無い。

それを「有り得る」と信じちゃうところが、Apemanクオリティ。

人間というのは、判断が規制されてしまうと、悲しいかな、1+1=2ということすらわからなくなるようです。
Apeman先生は、自らそれを見事に体現しているわけですね。

こういう人間に、「事実の認定」が出来るわけが無いんだよな。
百人斬りがあった」と強弁する人間は、そろいも揃ってこういう人間ばかりなんですよね。

また、潜水艦さんに教えてもらった、Apeman先生の「七平メソッドとは」という記事もなんだかな~。
よくわからん記事ですね。

結局のところ、Apeman先生は、「山本七平の主張がデマゴガリー(民衆扇動)なんだ」ということが言いたい…ってのはわかるんだけどね。

ただ、Apeman先生の批判では、到底デマガゴリーと決め付けることはちょっと難しい気がする。
何しろ決定的な反証というものを提示できていないし、重箱の隅をつつくような難癖程度の批判ばかりだからね。

一応、そんな批判にも軽く突っ込み入れておきますか。

>自分で勝手に類型を一つに絞り込んでおいて、「それにはあてはまらないから動物的な要素のみだ」というお手盛り論理。

おいおい、お手盛り論理なら、Apeman先生の十八番ではなかったっけか?
上記の日本刀の与太話の件なんか、超お手盛り論理そのものでしょうが!

>七平センセイは「御母堂」の「思い出話」ならぬ推測の妥当性について一切の吟味を放棄する。
>ここには社会科学的な検証に耐えるものはなに一つない。


そんなことを言い切ったら、Apeman先生の主張する「百人斬りの根拠となる」手記とか笠原センセの本とか、みんなそれに当てはまるじゃないか。

以上の批判を考えると、どうもApeman先生が呼称している「七平メソッド」とは、実は「Apemanメソッド」と言い換えても差し支えないのではないかと思えて仕方がないですねぇ。

あと、Apaman先生は、「関東大震災時の朝鮮人虐殺に政府が関与しているのでは…」ということも言いたいみたい。

>日本という国家を虐殺の責任から解放したいという欲望に媚びる印象づけがあるだけだ。

そもそも、山本七平が日本政府免罪論を唱えていると「邪推」している処からして、おかしいんだよな。
普通に読めば、そんなことを山本七平は主張したいが為に書いているわけじゃないのに…。
虐殺の原因を探るのがこの記述の主題であって、日本政府免罪を唱えているわけではない。

これって、単にApeman先生が、「日本政府が裏で虐殺の糸を引いている」と思い込んでいることの裏返しでしょ。
何でもかんでも「日本が悪い」という前提で物事を考えるから、こうなるんだよな。

そして、自説に都合の悪い山本七平を目の敵にする。

で、この記事のように、いろいろと難癖をつけて、「七平メソッド」なるレッテルを張ろうとするわけだ。

まぁ、難癖付けるのはApeman先生のご自由なのだが、先生の卑怯なところは、その難癖を自分の主張には一切適用しないんだよな。
そこら辺も、Apemanクオリティというべきか。

もう一つ、Apeman先生がよく愛用するワードに、「山本”事実であろうと、なかろうと”七平」というのがあるが、これも一部だけを切り抜いて誤解させる手法そのものだよね。

元の記述を読んでみればそのことはすぐにばれる。

朝鮮人は口を開けば、日本人は朝鮮戦争で今日の繁栄をきずいたという。この言葉が事実であろうと、なかろうと、安易に聞き流してはいけない。

【引用元:日本人とユダヤ人/しのびよる日本人への迫害/P195より】


要は、山本七平は、”事実であろうと、なかろうと”日本人として「言うべき主張は言わねばならない」ということを言っているに過ぎないんですね。

これのどこが不適当なのか?批難されねばならないことなのか?
私にはさっぱりわからない。
国際社会では、こんなこと当たり前のことではないですか。

「事実だったら、何も抗議せずに黙って罪を償え、刑に服せ」ということを言いたいのかも知れないが、当のApeman先生の言動を見ても、とてもそうした殊勝な態度をとる人間にはとても思えない。

むしろ、厳然たる事実をいくら指摘しようが、頑として認めずに、却って詭弁を弄しまくる人間に思えてならないんだよね。

そうした人間が、山本「事実であろうと、なかろうと」七平とレッテルを張るのは、まさに笑止千万。

こういうレッテルを張って、如何にも山本七平がいい加減な人間であるかを印象付けようとするApeman先生。
相変わらず、やり口が非常に”せこい”ですね。

結局のところ、レッテル張ることでしか議論できないApeman先生なんだなぁ…と改めて認識した次第。


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

ばかげた主張はapemanの十八番

ですよね。
 反論しておくエントリーはいいと思いますよ。

 そもそも、日本刀で42人以上できるってどこにも実験結果が出ていないのに、出ている認定してしまった残念apeman頭脳。
 その説明はどこいったよ?
 俺のこと超理論とかほざいていたが、はっきりいっちゃ、条件も何も書いていないで42人切ってはこぼれしなかった=100人達成可能とか、なんだそのアホ解釈は? 俺はそれに疑問を呈しただけだがな。そもそも43人目で折れる可能性だってなきにしも有らずってのが、普通の人の感想。apemanはバカだからさ。そんなことにすら気付かなかったんだよな。
 apemanは笑いものにするつもりで、実はapeman自身が何も理解していなかった中学生レベルの理科の実験ですら理解できてねえ、クソだったことが判明したが。

「事実」じゃないものを「事実認定」できるapemanこそ、クズそのものじゃん。

 はっきりいったら、科学的解釈ができない時点で、「歴史書」は「嘘」になるんだわな。だから書いてあるから「事実」ではなく、「物理的に可能である」と初めて実証されてから「事実認定」できるってのが、apeman以下サヨクみたいなトンスラーには、本場チョンと同じで多角的検証ができねえ頭してるんだろうな。

 ちなみにapeman先生は俺んところにエントリーしてないねえ。
 反撃が酷いのが分かってるんだろうなwwwww
 つうかさ。前からの質問ほったらかしにして、なんか重箱の隅をつついたようで、全然間違った解釈しているトンスラーapeman先生は、自重って単語知っているのかね?

 apeman君が英語論ぶって、英語で反論できなかったのも「事実」だよね。
 事実は覆らんよwwww

  • 2009/09/24(木) 21:32:05 |
  • URL |
  • sirokaze #-
  • [編集]

sirokazeさん、コメントどうもです。

Apeman先生は、相手にしてもなんら生産的ではないのですが、今回はトラバされたこともあり、当エントリーを上げてしまいました。

まったく、レッテルしか張れない人と議論しても時間の無駄なのですが、あまりに馬鹿げた主張を黙認するのもまずいかなと思いまして。

  • 2009/09/23(水) 01:03:47 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

apemanって基本バカなんだろうな

 前にも書いたけれどさ。
 戦場百人斬りの話が本当なら、笠原やら本多やらの作り出した捕虜100人切りのほうは無かった認定になるんだぜ。
 それをマッタク理解していないんだよな、あのバカは。
 だから、そんなエントリーしちまうんだわな。
 で、どっちが正しいのかって問い詰めたが返事ねえしな。

Apeman先生が呼称している「七平メソッド」とは、実は「Apemanメソッド」

 そうでしょう。基本、バカがゆえに鏡でみることもできない。自己批判できない。そのくせ頭いいと思い込んでいる。つうかね。仕事ができてから、書き込もうなapeman。
 平日昼日中からエントリーできるような閑職になっている上に、仮に仕事をしていても、大した企業じゃないことは明白なんだからさ。
 なぜならば、大企業ならアクセスログを全部収集していて当たり前だから。勤務中に無駄なコトをやれている時点で、無能か大したことのない企業であることは明白。そんな奴が、働いている連中に文句を言うこと自体おこがましいんだよね。もっとも中小企業ではそんな暇すらないほど忙しい人たちもいるからさ。宗教活動もほどほどにしとけよ。

  • 2009/09/20(日) 11:38:13 |
  • URL |
  • sirokaze #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/257-35b01aea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[メモ]山本七平関連エントリ、まとめ

前回の「「七平メソッド」とは」に頂戴したブクマが50を越えたのを記念して、過去にあちこちで書いたエントリのうち主なものをリスト化。 ちなみに ※ロッキード裁判関連 アメリカからみれば・・・ こもりんこと古森義久氏と七平センセに接点があったというのがメインで、七

  • 2009/09/19(土) 23:33:01 |
  • Apes! Not Monkeys! はてな別館

[文献紹介]「近代デジタルライブラリー」でみる『征西戦記稿』

先日のエントリに呼応して higeta さんが「抜刀隊と史料」というエントリで、政府軍の抜刀隊に関する資料をご紹介下さっている。そのうち、参謀本部陸軍部編纂課編の『征西戦記稿』については「近代デジタルライブラリー」で画像ファイルを閲覧することができる。「征西戦記

  • 2009/09/23(水) 22:11:41 |
  • Apes! Not Monkeys! はてな別館
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する