一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

ある異常体験者の偏見【その2】~二通りある「負けるべくして負けた日本」~

以前の記事『ある異常体験者の偏見【その1】~日本を破滅に追い込んだ「思考図式」~』の続き。

ある異常体験者の偏見 (文春文庫)ある異常体験者の偏見 (文春文庫)
(1988/08)
山本 七平

商品詳細を見る

(前回の続き)

新井氏は、日本は「偶然に負けたのではなく、負けるべくして負けたのである」と言っておられる。

このことは戦後、収容所で、陸大出の高級将校、特にまじめな人が、ほとんど口を揃えていったことである。

ただその意味は新井氏とは全く逆なのである。
そして彼らのこの言葉は私をひどく憤慨させた。

彼らは本職の操縦士である。
その人が「墜落することは、はじめからわかっていたんだ」と言えば、死にそこないは憤慨するにきまっている。

今はもう憤慨はしないが、『諸君!』に自分で書いたものを読み返してみても、問題がこの点にふれてくると、今でも、自分の感情が全く平静とはいい切れないことに気づく。

まじめな高級将校は、非常に強い自責の念をもっていたことは事実である。

こういうまじめな人たちに「では、なぜ墜落とわかっていて飛んだんだ」という意味の質問をし、その点を徹底的に討論すると、最後に出てくるのが新井氏の思考図式なのである。

この点をもう少し詳しく説明しよう。

陸軍には兵棋演習というのがあって、地図の上で一種の駒を動かして、地図上で戦争をやってみて、徹底的に討論する。

何度やっても負けるという結論しか出なければ、兵団をふやすか、勝てる位置まで撤退するか、しなければならない。
それをどちらもしなければ初めから負けるときまっているわけである。

もちろん私などはこれに参加できる位置にはおらず、傍見する機会が偶然あっただけである。

収容所で親しくなったある参謀の話では、大本営では、大きな地図の上で、師団単位でこれを行う。

ところが、海軍の敗戦や戦略爆撃機による空襲を全然計算に入れなくても、何度やってみても、中国軍相手だけで、最終的には負けるという結論しか出なかったそうである。

そしてそれが逆に異常な「あせり」となっていったという。

このことをある人に話したところ、その人が、阿川弘之氏が海軍について、全く同じことを書いておられますよ、と言っておられた。

従ってこれはあくまでも伝聞だが、いわば海軍の兵棋演習(というのかどうか知らないが)では、何度やっても日本海軍は最終的には負ける、という結果しか出なかったそうである。

従って海軍側の太平洋戦争は、ほぼ、その兵棋演習の通りに進行し、予測した通りの結果で終っているそうである。

だが以上二つのほかに、大本営が出るまでもなく、もっと決定的な、小学生でもわかる「負けるべくして負けた」理由がある
単純な算術さえ出来れば、すぐわかることである。

日本という国は、どこかから、石油、屑鉄、鉄鉱石、ボーキサイト、火薬原料を入手しない限り、近代戦は行い得ないという単純きわまりない事実である。

相手にしてみれば、連合艦隊の燃料が一年半しかないなら一年半後には動けなくなるから、それを待っていればよい。
また比島という一小部分に限ってみても、撃兵団(戦車第二師団)がいかに優秀でも、燃料がつきれば動けなくなるに決まっているから、進撃してくれば撤退して燃料ぎれを待てばよい。

陸軍がいかに土方馬方集団だとはいえ、船舶がなくなれば補給ができずに自滅するに決まっている。
ゼロ戦がいかに優秀でもボーキサイトがなければ作れないし、燃料がなければ飛べない。

戦争は相互に消耗する

しかし日本にはその消耗を補充する能力がないことはだれの目にも明らかだから、消耗し切るのを待っていればいい
どっちにしろ時間の問題である。

何しろ日華事変がはじまって二年目の昭和十四年に、すでに物資は欠乏しはじめていた。

話は横道にそれたが、昭和十四年にすでにその状態である。
そしてこの状態に至ったわけは今想像してもある程度はだれにでもわかることであろう。

陸軍は最盛時七百万だから、当時の日本人の一割である。
従って今に換算すれば約一千万。

最も重要な働き手ばかり一千万を集めて南海の島々におくり、ここで、全く経済性を無視したあらゆる浪費をさせる。
同時にすべての輸入はストップ。しかもこの浪費分は残った少年や老人や女性でせっせと補給する。

敵による被害を考えなくとも、いずれ破産することは、子供でもわかる

さらに、この補給という問題を度外視した兵棋演習ですら、兵力差のため陸海ともに初めからダメ。
輸送という面からだけ見ても、小学生の単純な算術だけでもダメ。

何しろ、鉄鋼、石油、戦略物資から食糧まで自給できないということは、この供給が断ち切られた瞬間に、航空機が離陸したと同じ状態になる。

しかも着陸できる飛行場がないのだから、いわば「使い切ったらおしまい」で、墜落か不時着か、いずれにしろ大事故になるにきまっているわけである。

無条件降伏当時、日本には戦爆特攻合わせて約一千機が残っていたそうだが、燃料はすでになかった。

まことに象徴的で、すべての面での「燃料切れ墜落」をよく表わしている。

従って小学生の単純な計算から結論を出せば、毛沢東がいようがいまいが、彼が『持久戦論』を書こうが書くまいが、たとえ中国共産党が総崩れになって日本軍が延安から甘粛まで進撃するという事態になろうがなるまいが、「大日本帝国号」の燃料切れ墜落は、はじめから時間の問題である。

従って、非常に単純な計算しか出来ない人間には、「負けるべくして負ける」ことは、始める前から自明のこと、いわば1+1=2ぐらい自明のことで、他の要素を何一つ加味する必要もないことである。

一方私は「死にそこない」である。

墜落機から命からがら這い出して来たら、機長が「いや落ちることは、燃料をはじめあらゆる面から計算して、実は初めからわかっていたのだ」と言ったら「それじゃ一体なぜ飛んだ」と言って憤慨するのも当然であろう。

そして最後には、一体全体、どういう基本的発想のもとに、いかなる思考回式によって飛び立ったのか何としても知りたい、というのが一種の執念のようになってしまった。

(次回へつづく)

【引用元:ある異常体験者の偏見/ある異常体験者の偏見/P10~】


文中に出てくる「新井氏の思考図式」とは、単純に言ってしまえば「強力な武器」vs「精神力」が”成り立つ”と考え、だからこそ、「日本は偶然に負けたのではなく、負けるべくして負けたのである」と結論づけていることを指しています。

一方、山本七平は収容所であった高級将校たちが同様に「日本は負けるべくして負けた」と述べていたとこの中で指摘しています。

一見、新井氏の結論とこれら高級将校たちの結論とは同じように見えます。

しかし、山本七平は「その意味は新井氏とは全く逆なのである。」と指摘しているんですね。
そこで、なぜ逆なのかを簡単にまとめると次のとおりかと。

◆日本が負けた理由

(新井氏の場合)
・物量を圧倒する”中国民衆の燃えたぎるエネルギー”という「精神力」によって敗北。

(収容所の高級将校の場合)
・戦力のシミュレーション結果からもわかるように、「近代戦の能力がないこと」によって敗北。


「負けるべくして負けた」のはいずれも同じですが、新井氏の場合、”精神”という「不確定要素」が理由なのに対し、片や、”物量”という「確定要素」であって、そのことを「逆」であると指摘しているわけですね。

結局のところ、日本は負けるとわかっていながら、感情に任せてずるずると開戦してしまったわけですが、なぜそうした選択をしてしまったのか?
それを読み解く”鍵”は、この「ある異常体験者の偏見」を含む山本七平の戦争三部作にあると私は考えています。

余談になりますが、最近の普天間基地移設問題を巡る反米派の主張を見ていると、反米右翼の主張は良くわかりませんが、反米左翼は「対話」とか「東アジア共同体の構築で」といったような”精神力”を基に主張を展開していますね。

「中国の民衆の燃えたぎるエネルギー」であれ、「対話に基づく東アジア共同体の構築」であれ、表現は変われど、不確定要素である「精神力」を”過大”評価している点はまったく変わりません。

日本の置かれた立場・実力といった「確定要素」を無視し、こうした言葉だけの「不確定要素」ばかり評価するようになれば、戦前の轍を踏むことは必至でしょう。
ではまた。


【関連記事】
◆ある異常体験者の偏見【その1】~日本を破滅に追い込んだ「思考図式」~
◆ある異常体験者の偏見【その3】~戦争を引き起こす『確定要素』対『不確定要素』という構図~
◆ある異常体験者の偏見【その4】~砲兵が予告した「冷戦時代」の到来~
◆ある異常体験者の偏見【その5】~「精神力」対「武器」という発想→「地獄の責め苦」~
◆ある異常体験者の偏見【その6】~「確定要素」だけでは戦争できない日本~


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
Twitter「つぶやく」ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

吉田 五郎太さんへ

こんばんは。ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。

参院選結果はとりあえず私もほっとしました。
めでたさも中くらいなり、と言ったところでしょうか。

それはさておき、井上大将のエピソード紹介ありがとうございました。参考になりました。

そうした人材が排除されてしまいがちなベクトルというのが、どうも日本の組織自体に内包されているような気がします。

やる気なしでは、組織を保ちにくいという特徴も、井上大将を排除する一因となっているのかも知れません。

水を差す人は、とかく嫌われますが、適度に居ないと組織自体が暴走する傾向にありますね。

そうしたことを把握した上で、それを上手く制御出来るよう組織を作りあげることが求められるように思います。
とはいえ、「言うはやすし、行なうは難し」なのですが…。

  • 2010/07/13(火) 23:01:47 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

お久しぶりです。

とりあえず自民党の参院選勝利で一息ついてる吉田です。
もちろん、肝心なのはこれからだし、真の『天王山』たる衆院選の方の結果までは油断なんぞできませんがね。

さて、本エントリーの話。
僕も『ある異常~』は持っていて、一通り読んだのですが、今回のくだりを読んでみて思い浮かべるのが、日本海軍きっての理論派にして日米開戦反対派であった、『井上成美(しげよし)』大将の言動ですね。
毎度おなじみ阿川弘之氏の著書『井上成美(こちらでは“せいび”)』は、井上大将の視点から戦前~戦後を描いた一種の『ドキュメント小説』ですが、井上大将もまた、精神力やいわゆる「個人技」を戦術に組み込もうと“しなかった”日本(軍)人の中でも稀有な人物でした。
ちょっと引用してみると……

(井上大佐(当時)の、海軍大学校教官時代のエピソード)
『(前文略)~旺盛なファイティングスピリット、練りに練った術力は、実戦の場合大切な戦勝の要因であるけれど、数で算定できないそういう不確定要素を加味して考えを進めていくと、しまいに神がかりの必勝論が生れて来る。
武士が一騎当千の手並みを誇った世の中と時代が違う、近代戦では数量が大きくものを言うと説いて、
「寡(か)を以て衆に勝つ方策如何」とか
「必勝の信念とは何ぞや」とか、海軍大学校でよく出される伝統の試験問題を嫌った。
海大三十一期の甲種学生達が、陸大の兼務教官吉原矩(かね)工兵少佐から
「海軍は英米二カ国を相手にして勝つ見込みがありますか」と聞かれたことがあり、
「我々の間で議論になったのですが、教官の所見を承らせて下さい。英米と戦っても結局戦勝の道は無いということですか」
学生の一人今里義光大尉(だいい)に質問された井上は、戦略上数理の上では勝てないと答え、それには外交というものがある
と言って、信念や訓練で補うとは言わなかった。』
(上述書 新潮文庫版p83~84より。なお、読みやすくするために若干の段落等の変更あり)

……以上の引用だけでも、大分当時の日本軍、ひいては日本人全体の精神論偏重ぶりがわかりますね。特に僕が赤字で囲った海軍大学校の試験問題のくだり。これが当時ド真剣に戦略の現場で語られていたわけですから……。
ちなみに井上大将は山本七平氏も著書の中で触れていた、
『百発百中の砲一門は、百発一中の砲百門に勝る(対抗しうる)』
という、かの東郷平八郎元帥の言葉に対して、「これを論理的に批判せよ」といった課題を海大の学生達に与えたりしていたそうですが、これらの指導法に対する同僚教官からの評判はすこぶる悪かった(簡単に言えば「理論・数理を強調しすぎ、精神力・術力を除外した考え方では、座上の空論になりがちだし、何より士気に影響する」といった感じ。)ようですね。

ですが、やっぱり僕自身としては井上大将の戦術論は普通に正しいと考えるし、以前どこかのコメントで書いた通り、精神論をすっぽかしにするのは良くないけれど(「精神論イラナイ論」という『場の空気』になりがちなので)、やはり現実的な『数理的・理論的』かつ『現実的』な戦術を組める、ぶっちゃけていえば『しっかりソロバンを弾ける』人物、および考え方が、特に今後の日本社会には必要じゃなかろうかと思ったりします。

長文失礼しました。

  • 2010/07/13(火) 12:23:17 |
  • URL |
  • 吉田 五郎太 #OAxxUYaQ
  • [編集]

アメリカ衰退論は、日本の危機かも。

花春さん、コメントありがとうございます。
レスが遅くなって申し訳ございません。

>というか「アメリカの時代は終わった」と言いたいだけのひとがずっといるのですかね?

よくアメリカの時代は終わったとか、これからはアジア・中国の時代だとか、反米派の人間は主張しますが、衰えたりとはいえ、まだまだアメリカの力は強大です。

アメリカ憎しで、見誤っているとしか思えませんね。
日米開戦前も、アメリカを侮る風潮があったそうですが、アメリカ衰退論が流行る時というのは、日本が危機に陥る時のような気がします。

  • 2010/07/12(月) 23:28:13 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

反米思想というのは右左関係なく身も蓋もないアメリカ的合理主義(功利主義)への反発のような気がします。

というか「アメリカの時代は終わった」と言いたいだけのひとがずっといるのですかね?

  • 2010/07/10(土) 01:09:12 |
  • URL |
  •  花春 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/258-25892476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する