一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

レイシスト的思考【その3】合理性の追求が、非合理的現象”魔女狩り”となって現れる

以前の記事「レイシスト的思考【その1】~まず国を想起するのが人種差別主義~」と「レイシスト的思考【その2】日本人→鯨殺し→悪人→日本製品ボイコット」の続き。

日本人とアメリカ人―日本はなぜ、敗れつづけるのか (ノンセレクト)日本人とアメリカ人―日本はなぜ、敗れつづけるのか (ノンセレクト)
(2005/04)
山本 七平

商品詳細を見る

◆欲求不満が噴出した”魔女狩り”

何しろFDAはチクロwiki参照)禁止の際に見られたように、日本の厚生省にとっては”権威”らしいからである。

「冗談じゃない、鯨肉もチクロ並みか、こりゃもう、食物禁忌に基づく人種的偏見以外の何ものでもない。アメリカ政府が偏見のお手伝いか、よろしい、FDAヘ行こう」と決心したが、同行のNさんから、「まず実態を調べた方が……」と注意され、そこで日本食品会社に車を走らせた。

「あ、それはこのことでしょう」、支配人の杉原さん(一世)は、いとも簡単に私の前に一つの缶詰めを置いた。

「鯨の大和煮」大丸製、最小型の缶詰めである。

「いや、禁止というわけではないんですが……。一市民から通報があったという連絡がFDAから来ただけで。鯨は危ないと思ってましたから、鯨製品の輸入は四年前から一切やめていたんです。ところがたまたまスーパーにこれが一缶残ってましてネ。一缶なら別にどうってことないですから、引きあげたわけですよ」

「フーム、だが大きなスーパーの中から、この一缶を見つけ出してわざわざ通報するとは、全く異常ですな」

「え、アメリカは年中そういう正気の沙汰ではないことが起こる国ですわ。”食”には理屈はありませんからな。ここヘー番はっきり出てくるんです。もっとも常に日系が対象というわけじゃありませんが……」

理解しにくいアメリカの一面、レイシズムという形で湧き起こってくる奇妙なデーモンの動きを鋭く見抜き、この面の情報を的確に把握しているのはおそらく杉原さんのような人であろう。

そうでなければ、四年前に鯨製品の輸入をストップし、損害を一缶に抑えるなどという芸当はできない。

だがこの「来るナ!」といった感触をどうやってつかむかは、「経験ですな」という以外に、説明はなかった。

おそらく、われわれが持ち得ない一種の「感覚」であろう。

そして、レイシズムの基は何々のだと徹底的にきいて行くと、堀内さんの答えも宇野さんの答えも、「視覚・臭覚・味覚」等を総合した感覚に触発される、ある方向への社会的な欲求不満が噴出した”魔女狩り”現象だと言うことになる。

結局、感覚への対処は感覚でしかできない、杉原さんの答えもそれを裏書きしていた。

◆理屈でない「××くさい」への嫌悪

「バタくさい、ニンニクくさい、タクワンくさい」にはじまる臭覚、さらに視覚、味覚、聴覚は、理屈ではない。

従って「感覚が触発する魔女狩り」は、同一民族・同一人種・同一言語・同一感覚のわれわれには理解しにくいが、これを理解する鍵となる現象が、日本にも、ないわけではない。

『週刊朝日』一九七六年九月五日号で高峰秀子さんが記す「田中絹代(註)糾弾キャンペーン」などは、まさに「感覚に触発された理由不明の糾弾」であり、彼女がどんな「大それたこと」をしたのだという高峰さんの言葉にはだれも答え得ない、弁解の余地なき”魔女狩り”である。

(註)…wiki参照。以下、wikiより抜粋。
終戦後も、溝口監督の『女優須磨子の恋』や小津安二郎監督の『風の中の牝鶏』などに出演し、高い評価を得、1947年、1948年と連続して毎日映画コンクール女優演技賞を連続受賞する。

順調に見えた女優生活だったが、1950年、日米親善使節として滞在していたアメリカから帰国した際、サングラスに派手な服装で投げキッスをしたり「ハロー」と言ったことで、アメリカで小便をしてきただけのアメリカかぶれだと「アメション女優」と激しい世論の反発を受けてしまう。それ以降、スランプに陥り、松竹も退社する。この時期に出演した『婚約指環』では「老醜」とまで酷評されて打撃を受けている。


だがこの理由不明の攻撃、そしてその熾烈さと執拗さとは、田中絹代氏に自殺の決意までさせるほどひどい

なぜこういうことが起こったのか?

レイシズム同様、不明な点が多いが、当時の日本では対米批判は実質的に不可能であり、敗戦や戦犯問題さらに食糧援助等への自虐的劣等感の鬱積は、直接アメリカに放散されないままに、社会に鬱積していた

そこへ「象徴的伝統的日本女性」田中絹代氏が、アメリカ人同様の姿に変身してアメリカから帰国し、アメリカ人のような仕種で出迎えの人びとに応対した。

そのことへの「感覚的な反発」に触発されて、社会のあらゆる鬱積が彼女に向けて集中的に放出され、彼女が”身代わり羊”の形で矢面に立たされた、と考える以外にない――とすれば、卑劣とも卑怯とも言いようのない事件だが、これが「正義の標語」「錦の御旗」を掲げて行われた場合、さらにさらに、始末の悪いことになる

「動物愛護」「資源保護」の錦の御旗にはだれも反対できない

それならなぜ、討論を約束しておきながら逃げるという、甚だ公正でない態度をとるのか?

これはアメリカ人として、異常な行為ではないのか。
この質問に対する多くの人の答えをまとめれば、次のようになるであろう。

アメリカの建国を彼らは「最初の革命」という。

人類最初の革命の意味だそうで、ここで人類ははじめて、伝統や因襲や社会悪を内包した「石器時代以来の不合理な社会」を捨てて、合理的組織としての人工的政府をつくった、と彼らは言う。

だがこの考え方の背後にあるものは、十八世紀的”理性信仰”であり、理性という合理性を、伝統や因襲が阻んでいるから人間は苦しむ。

人間は環境の動物、従って人間が悪ければそれは「社会が悪い」のであり、その「悪い社会・環境」を捨て、それから解放されて、理性に基づく合理的科学的社会組織をつくれば、人間は幸福になる――これが独立宣言以来二百年の、彼らの国是である。

従って彼らは、不合理な面があれば常にこれを合理的にし、合理的組織という網の目で全米をおおって行った。

◆合理的組織からわく”非合理の雲”

いわば合理的組織的ルール絶対の世界をつくりあげた。

その組織の合理性は、完全に末端にまで及び、その便利さ、快適さ、的確さ等々に接すると、だれでも一種の拝米家になりうる。

そしてこのタテマエから言えば、レイシズムは存在し得ない

従ってレイシストはアメリカの国是に反する人間ということになるから、この言葉は政敵へのレッテルにも禁句にもなりうる。

だが人間は、十八世紀の理性信仰通りの産物ではない

ある面を合理化すれば、別の面に非合理性が出る。
その非合理性を合理化すれば、それがまた別の面に非合理性として現れる


そのため、社会が合理的組織の網の目でおおわれて行けば行くほど、そこから遊離した非合理性が、まるで雲のように浮きあがって社会へただよい、何かのきっかけで、いわば「感覚的触発」でその方向へ集中的に吹き出していく

アメリカの歴史とは一面この噴出の歴史で、それがKKK団、アイルランド人排斥、ユダヤ人排斥、排日法赤狩り、鯨デモに現れ、被害者は必ずしもアジア系や黒人だけではない――「それは少しも珍しい現象ではありません、INNAという言葉があります。これは『人を求む、ただしアイルランド人は除く』という文章の各単語の頭文字を集めた言葉で、一時代前のボストンで、普通に通用していた一単語です」とビル・細川氏は言った。

(次回へ続く)

【引用元:日本人とアメリカ人/第七章 捕鯨禁止運動の背後にある人種主義に気づかぬ日本人/P160~】

レイシズムの基となるのは「感覚」であり、それは「理屈」からくるものではないという”不合理”が人間の性(さが)として元々存在するのにも関わらず、その存在を無視して、理性に基づく合理性を追求していくと、その”不合理”が美名をまとって噴出するのだ、という山本七平の指摘は鋭いものがありますね。

これも、いわばタテマエとホンネの一種なのでしょうが、タテマエが強調されすぎて、ホンネがますます抑圧されているのが、アメリカのみならず、今現在の世界の潮流なのではないでしょうか。

昔は、人種差別という”ホンネ”が大っぴらにまかり通っていて、ある意味、ヒドイ時代だったのかも知れませんが、アッケラカンとしてそれほど陰湿さというものは無かったように思います。

それに比べ、今の人種差別は、ある種のタテマエ(錦の御旗・スローガン)の影に隠れて、それを主張する本人ですら人種差別という自らの深層意識に気づかないほど、見定めることが難しくなっていることは否めません。

その点、反捕鯨活動は、日本人が標的にされている分、我々が気づきやすい具体例だといえるでしょう。

これからは、タテマエに惑わされず、そのホンネを見抜く能力がますます必要とされるのではないでしょうか。
次回は、それに気づかないとどのような事になってしまうのかについて、山本七平の記述を紹介していきたいと思います。

【関連記事】
・レイシスト的思考【その1】~まず国を想起するのが人種差別主義~
・レイシスト的思考【その2】日本人→鯨殺し→悪人→日本製品ボイコット
・「敵への憎悪」は理解できても、「人種的憎悪」は理解できない日本人


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

南溟さんへ

南溟さん、レスどうもです。
確かに、「触らぬ神に祟りなし」ですね。

私もブログやっているので、荒らされるのは嫌なんですよ。コメント承認制も取っていないですし。

>「日本の恥」を外国に輸出などしたらそれこそ日本のイメージダウンです。

そうですね。
でも、そういう人間に日本人を名乗ってもらいたくない気持ちもあるものですから。
反日するのは、外国人だけにして欲しいですね。

  • 2009/12/27(日) 23:04:38 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

触らぬ神に祟りなし。

私も以前、下品で乱暴な表現を売り物にしている左翼系ブログに何度か書き込んだことがありますが、せいぜい「荒らし」「嫌がらせ」呼ばわりされただけで、ネットトラブルの元になっただけでした。ちょっと批判されると被害者面するのもあの人たちの特徴ですからね。
そもそも、何度も書いている通り、彼らがわざとこうやって乱暴で下品な言葉を使うのは、不良少年が大人に反抗してタメ口をきくのと一緒なんですよ。だからこういう手合いを相手にしてもコミュニケーションなど成立はずがないし、時間と手間の浪費だけで済めばまだいい方で、無用のトラブルの原因にもなるのでやめておきましょう。

>彼には一刻も早く、日本国籍を捨てて、外国籍を取ってもらいたいものですね。
>日本人のままでは、日本の恥そのものですから。

いや、それはまずいでしょう。「日本の恥」を外国に輸出などしたらそれこそ日本のイメージダウンです。だいたいこういう手合いは、どうせ出て行けるような国があったところで、そこで「日本ってこんなにひどい国なんですよ」と触れて回ることは目に見えているし。ま、せいぜいその出て行った先でも笑い者にされるのが関の山でしょうが。

  • 2009/12/25(金) 23:25:46 |
  • URL |
  • 南溟 #-
  • [編集]

南溟さん、KYさんへ

>南溟さん

コメントありがとうございます。

村野瀬女史は、「在特会」を相手にしているのがちょうどお似合いなんじゃないでしょうか。彼らの正義感を表すにはもってこいの材料でしょうし。
彼らの思考形態は……、私もよくわかりません。
純粋なのはわかりますけど、どんな世の中にもそうした人たちは存在するわけで、そうした集団を全く許容しない社会というのは、むしろ不健全でしょう。
ナチスの優生政策を髣髴とさせる思考に思えて、ちょっと気味が悪いですね。

>KYさん

コメントありがとうございます。
教えていただいたリンク先拝見しました。
いやはや、凄いブログですね。
ネットはゴミ溜めだと言いますが、リンク先のブログは、まさにゴミそのものだと思います。

私もコメント書こうかな…と一瞬思ったのですが、あまりにキチガイっぽいので躊躇して結局書き込みしませんでした。ヘタレですみません。

正直、関わりたくない…と思わせるに十分な糞ブログでしたね。

自らの出自を攻撃するのがレイシストに当たるかどうか、なんともいえませんが、彼が、外見は日本人であっても、中身は真っ白な「バナナ」であることは間違いないでしょう。

彼には一刻も早く、日本国籍を捨てて、外国籍を取ってもらいたいものですね。
日本人のままでは、日本の恥そのものですから。

  • 2009/12/25(金) 00:11:13 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

自国を貶めるのは「レイシスト」か?

 昨日の、陛下の誕生日に関連サイトを調べていたら、あろうことか日本人の癖に陛下並びに皇室、そして日本人を野蛮人呼ばわりし、欧州の王室を手放しで礼賛する実に吐き気を催すサイトにぶつかりました。
 先の野蛮人扱いはもとより、血筋や容姿に至るまで「これでもか」と皇室を貶める言動の数々はとても正気とは思えません、しかも言うに事欠いて「天皇と日本人は差別されて当然」と平然と言い放つ始末です。
 それでもブログ主は自分はレイシストではない、と否定してますが、少なくとも欧米の価値観を盲目的に絶対無比と信じ込んでいるカルト信者であることに変わりは無いでしょう。
 私が疑問に思うのは、こういった奴隷根性丸出しで自分を「差別されて当然の日本人」から除外してリンク先にあるような暴言を吐く連中は、レイシストに当たるか、ということです。

  • 2009/12/24(木) 13:27:21 |
  • URL |
  • KY #mQop/nM.
  • [編集]

村野瀬女史のレイシズム

毎度おなじみ村野瀬女史ブログの最新エントリー。

http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-1559.html

たしかに、いくら反北朝鮮を主張するからとはいえ、朝鮮初級学校の子どもを狙い打ちにして脅迫交じりの罵声を浴びせる「在特会」のやり方は卑劣としか言いようがないし、こんな連中が愛国者を気取っていることには日本人として怒りを覚えます。
しかしねえ、だからといってなぜ村野瀬さんはこういう思考になるのかねえ。

>さて、「在特会」のような暴力的レイシスト集団への批判も怠っては
>いけないですが、そのような暴力的レイシスト集団を許容する日本社会と
>日本人と日本式ナショナリズムと日本式国家意識(日本式「愛国心」)の
>あり方の方がもっと根本的な問題だと思わざるをえません。

要するに、一握りの悪い奴がいるから日本は野蛮な国だとでも言いたいのですかね。そういう思考こそが日本人を蔑視するレイシズムじゃないのかな。村野瀬女史は自分も「暴力的レイシスト集団を許容する」日本人の一員だということに負い目を感じているようですが、そんなことばかり考えてるといいかげん胃に穴が空くぞと心配してしまいます。

  • 2009/12/23(水) 19:51:03 |
  • URL |
  • 南溟 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/282-4ffbd4be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する