一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

レイシスト的思考【その4】「正義」のプラカードを掲げながら日本民族への憎悪を振りまく”レイシスト”

以前の記事「レイシスト的思考【その1】~まず国を想起するのが人種差別主義~」「レイシスト的思考【その2】日本人→鯨殺し→悪人→日本製品ボイコット」「レイシスト的思考【その3】合理性の追求が、非合理的現象”魔女狩り”となって現れる」の続き。

日本人とアメリカ人―日本はなぜ、敗れつづけるのか (ノンセレクト)日本人とアメリカ人―日本はなぜ、敗れつづけるのか (ノンセレクト)
(2005/04)
山本 七平

商品詳細を見る

◆うかつに信頼できぬ「正義の標語」

宇野さんと話し込んでいるうちに「ベトナム反戦」「公害反対」等の、アメリカの市民運動の「錦の御旗」の背後にあるものは何なのだろうと考えた。

「動物愛護」「資源保護」「鯨を殺すな」の標語が額面とは全く違うことを知った今となっては、すべてを徹底的に洗い出さない限り、彼らの「正義の標語」は信頼できない。

うっかり同調すれば、レイシストの片棒かつぎになりかねない
そしてその時、ふと「モノマネのすきな連中が日本で鯨デモをやっているのではないか」と考え、心配になってきた。

「日本でもやっている」に力づけられた運動が日系市民に与える強烈な打撃は決定的であろう

それでは本当に「天性のレイシスト」になってしまう

そして「天皇への公開書簡」の草稿を氏から見せられたとき、この『日米交渉史』の著者の念頭に常にあるものが、祖父の母国に起こる拝米・排米の奇妙な転換や軽薄なアメリカ模倣と同調が、直接間接に日系市民に与えた被害であることを知った。

最初に記したように、レイシズムという語は日本には来なかった。
今後も来ないであろう(註)

(註)…日本に他民族が流入し続けた場合は、必ずしも断定できないと私は思う。

しかしわれわれはアメリカには「レイシズム」という言葉が存在することは知っておかねばなるまい――少なくとも、相手を知ろうと思うならば。

この点に無知なら、レイシズムA型とB型の間を右往左往し、拝米・排米とくるくると転換し、先方の「正義」をプラカードに掲げながら、結局「天性のレイシスト」といわれる結果になってしまうだろう

ある二世は、こういう点では個別主義のアメリカ人の方がはるかに信頼できると、はっきり私に明言した。

【引用元:日本人とアメリカ人/第七章 捕鯨禁止運動の背後にある人種主義に気づかぬ日本人/P167~】

考えてみれば、先方の「正義」のプラカードを掲げながら、同胞の日本人を糾弾して正義面をしている日本人を、よく見かけますね。

反捕鯨活動においては、あまりそうした日本人はいませんが、それでも、かのシー・シェパードにも一人日本人女性が乗り込んでいるとの話。困ったものですね。

しかし、なんと言っても厄介なのが、日本の過去の戦争犯罪を追及している人たちでしょう。
従軍慰安婦問題とか南京大虐殺とか、まさにその典型ですね。
こうした人たちのことを、山本七平は次のように指摘しています。

「常識」の落とし穴 (文春文庫)「常識」の落とし穴 (文春文庫)
(1994/07)
山本 七平

商品詳細を見る

◆「人種的憎悪」について

(~前略)

戦争が終われば敵への憎悪はやがて消える。
しかし人種的憎悪は戦争・平和に関係なく存在する。

ただ、人種的憎悪はもちろんのこと人種的偏見も表面的には「悪」と規定され、それゆえに世界は南アフリカ政府を非難し制裁しているわけだが、しかし非難している側にも同じものが潜在し、それが別の表現、いわば「正義」や「公正」の仮面をかぶって作用して来ないという保証はない

たとえば東京裁判の「文明に対する罪」や「人道に対する罪」は、日本人は「野蛮で残酷、無慈悲で狂信的」だから原爆を落とすのを当然としたトルーマンの日記と、前に引用した”人類学者”や、”生物学者”の意見と対応してみるとその真意がよくわかる。

そして戦後、日本人の中にさえこれを継承し、自虐的な自己憎悪、すなわち日本人による日本民族への憎悪が一種の「正義」としてまかり通ってきたこともまた事実である。

(後略~)

【引用元:「常識」の落とし穴/国際社会を読む/P28~】


それでは、こうした「正義」のプラカードを掲げながら日本民族への憎悪を振りまく輩と、本当に戦争犯罪の被害救済に頑張っている人たちを見分けるにはどうしたらいいでしょうか。
岸田秀の次の記述がヒントになります。

日本がアメリカを赦す日日本がアメリカを赦す日
(2001/02)
岸田 秀

商品詳細を見る

◆第九章 侵略と謝罪

(~前略)

要するに、ことは簡単であって、ある人の意見が本物かどうかの基準となるのは行動だけです。
その人の現実の行動がその意見を裏付けているかどうかを見ればいいのです。

たとえば、日本から被害を受けた国の人たちのために、私財を擲っているとか、多大の時間とエネルギーを捧げているとかのことがあれば、その人の謝罪論は本物でしょう。

要するに、被害を受けた人々のために現実に役立つことをどれほどしているか、そのために自分が現実にどれほどのマイナスを引き受けているかということです。

有名な文学者とか評論家としてどれほど聞こえのいい立派な謝罪論をぶっていようが(それで原稿料が稼げるし、良心的な人として有名になることもできます)、被害を受けた人々への日本国家の補償をどれほど強く主張していようが(自分の懐は痛みませんから)、そういう裏づけのない人たちの謝罪論は偽りではないかと疑っていいでしょう。

(後略~)

【引用元:日本がアメリカを赦す日/第九章 侵略と謝罪/P178~】


人間は自己欺瞞が巧みですから、謝罪を唱え、同調しない日本人を罵る人間が、自らのことをレイシストと自ら認めるようなことは決して無いでしょう。

自らの私財をなげうつような人間なら、まだわからなくもないですが、ただ単に謝罪に同調しない日本人を批難するだけなら、単なる”偽善者”であり、日本人に対するレイシズムと見做されても仕方ないのではないでしょうか。

そしてまた、このような”偽善者”による反省は、単なる懺悔の強要となり、本当の反省とはなりえないことも非常に問題であると考えます。

それはさておき、今回引用したくだりについては、この「日本人とアメリカ人」を執筆するよう依頼した稲垣武氏があとがきで触れていますので、その部分を以下ご紹介して終わりにしたいと思います。

(~前略)

しかし、アメリカ側の「錦の御旗」にも虚偽の仮面といえるものが多々あることを、山本さんは警告している。

その典型的な例は「捕鯨禁止運動」であり、訪米中の両陛下も反対デモに出くわしたが、山本さんはそれは日本人に対する一種の人種差別が根底にあると看破し、こう述べている。

「『動物愛護』『資源保護』『鯨を殺すな』の標語が額面とは全く違うことを知った今となっては、すべてを徹底的に洗い出さない限り、彼らの『正義の標語』は信頼できない。うっかり同調すれば、レイシスト(人種主義者)の片棒かつぎになりかねない」(第七章)

その危険を避けるためには、やはりアメリカ人のエトスをよく理解し、日本人のそれととこがどう違うかを知悉していなければならない。

「国際理解」とは「同じ地球市民としての連帯感」とか「人間同士としての相互理解」などといった美辞麗句ではなく、まず相互の差異を的確に認識することではないか。

そうでなければ日本人はまたぞろ山本さんのいう「拝米・排米の奇妙な転換や軽薄なアメリカ模倣と同調」を性懲りもなく繰り返すだろう

凡百のルポとは全く違う山本さんのアメリカ人論は、アメリカ人・アメリカ社会の本質に迫っているだけに、今もなお貴重な示唆と教訓を含んでいる。

(後略~)

【引用元:日本人とアメリカ人/解説にかえて/P201~】


【関連記事】
・レイシスト的思考【その1】~まず国を想起するのが人種差別主義~
・レイシスト的思考【その2】日本人→鯨殺し→悪人→日本製品ボイコット
・レイシスト的思考【その3】合理性の追求が、非合理的現象”魔女狩り”となって現れる
・「敵への憎悪」は理解できても、「人種的憎悪」は理解できない日本人



FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:捕鯨・反捕鯨問題 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

tikurinさんへ

tikurinさん、コメントありがとうございます。

>ここが天皇制理解の最重要ポイントなのですが、なかなか理解してもらえませんね。

>山本七平はそう言った状況を克服するため、天皇制の思想史的解明に挑み上記の視点を発見したのですが・・・。


私もtikurinさんの的確なアドバイスもあって、ようやく山本七平の言いたい事がわかってきました(といっても、まだ一知半解状態ですが…汗)。

結局のところ、自らを把握することの難しさなんでしょうね。
歴史を学ぶ意義は、ここにあるのでしょうが、自尊vs自虐で批難しあっているだけではなかなかそこまでたどり着けないでしょう。

私も山本七平に出会えなければ、単なる南京大虐殺否定派でしかなかったでしょうし。
30万という数にのみ拘泥し、この事件からどのような教訓を得るかという視点にはたどり着けなかったでしょう。
自分の視野を広げてくれたという点で、山本七平にめぐり合えたことは、ラッキーでした。

それはそうと、現実には、山本七平は左からは攻撃され、右からは都合の良いところだけ引用されている(私もその気がありますが…)だけで彼の真意までは理解されていないという状況が続いているような気がします。

しかし、このブログをやっていてつくづく、アンチ山本七平の主張って、ほんとレベルが低いなぁ…と思います。

左右共にレベルが低い。
偽ユダヤ人だの、イスラエルの御用文化人だのレッテル張りや、些細な揚げ足取ればそれで否定できたと思い込んでいる。
批難のほとんどが、最終的に山本七平への人格攻撃に帰結しているからたちが悪い。困ったものです。
まぁ、愚痴はこの辺でやめておきましょう。

閑話休題、来年もご指導のほど、よろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

  • 2009/12/31(木) 00:04:35 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

一知半解さんへ
 極東ブログでの私の第二報のコメントに留意いただきありがとうございます。ここが天皇制理解の最重要ポイントなのですが、なかなか理解してもらえませんね。
  「国際理解」とは「同じ地球市民としての連帯感」とか「人間同士としての相互理解」などといった美辞麗句ではなく、まず相互の差異を的確に認識することではないか。」という指摘はそのとおりです。しかし、その前に「国内理解」ができてませんものね。いまだに、歴史観をめぐって自尊か自虐かでもめている状態ですから。山本七平はそう言った状況を克服するため、天皇制の思想史的解明に挑み上記の視点を発見したのですが・・・。
 微力ながら、来年もがんばりましょう。良いお年を!

  • 2009/12/28(月) 20:12:27 |
  • URL |
  • tikurin #wQAHgryA
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/284-54f33cea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する