一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

聖トマスの不信【その4】なぜ日本社会では「責任の所在」が曖昧なのか?

以前の記事『聖トマスの不信【その3】「天皇を政治利用してはならない」ということを「利用する」という型の二重の虚偽』の続き。

今回ご紹介する部分はちょっと長めです。

当時の国立衛生試験所食品部長が発表したPCBの毒性に関する論文が、世間の常識と違っていたために当時の国会で問題視されたことを例に挙げて、二重の虚偽が軍人的断言法と結びつき、どのような結果をもたらすかについて解説していきます。

ある異常体験者の偏見 (文春文庫)ある異常体験者の偏見 (文春文庫)
(1988/08)
山本 七平

商品詳細を見る

前回のつづき)

事実を事実でないと嘘を言えという。
次に嘘を言いましたという第二の嘘をついて、第一の嘘の責任をとってやめろという、そしてやめると与野党も新聞も、これで事件が落着したという。

しかし、これは本質的には今回の事件は事件の終りでなく、ここが事件のはじまりであろう

そこで私は『百人斬り競争』の扱い方でも今回のこの扱い方でも、みなが終ったとしたところを出発点にしたい

そしてこの人びとが「終った」とするところを出発点とすると、これらと非常によく似たことが常に行われているように見える。
たとえば次のような記事がある。

「『PCB危険でない』国立衛試の部長が論文発表――国会で追及、厚相平謝り――国民の健康を守るための研究、検査を担当している国立衛生試験所の部長がポリ塩化ビフェニールPCB)の食品汚染について危険性を否定するような論文を発表していることが、九日の衆院予算委員会でとりあげられた。

答弁に立った斎藤厚相は『まことに不謹慎。わたくし自身も憤慨している。申し訳ない』とひらあやまり。
野党席からは『あやまるだけではすまない、責任をとれ』と激しいヤジが飛んだ。

論文を書いたのは田辺弘也国立衛生試験所食品部長。

委員会では、細谷治嘉氏(社会)が一月二十二日付週刊新聞『月曜評論』に載った田辺部長の『PCB汚染食品の安全性』という論文を中心に質問を展開した」


以下の記事のつづく部分は同氏の論文の内容だが、新聞記事を読んても私などにはさっぱり要領を得ないので、『月曜評論』を取りよせて田辺弘也氏の論文を見てみた。

まず最初に感じたことは、論文の表題は『PCB汚染食品の安全性』であって、内容のどこを見ても氏は「PCB危険でない」とは一言もいっていないことである。

一体、なぜこういう表題をつけたのだろう。
またどうしてこの論文が問題になるのであろう。

斎藤厚相は何を憤慨しているのか、なぜ申訳ないのか、なぜ「あやまるだけではすまない、責任をとれ」なのか、私にはさっぱり理解できない。

田辺氏が、ここでのべているのは国産PCBに聞する「国立衛生試験所毒性部」の実験成果の中間的報告で、「完全な慢性毒性の成果を得るには三年の日時が必要」で「最終結論は未だ得られていない」とまず書いてある。

ただ「幸い米国で、PCBの慢性毒性及び次世代に及ぼす影響に間するかなり詳細な動物実験結果が最近発表され」たので、今までの日本の研究を手がかりに「米国の実験結果を検討」したのが、この論文である、と。

ここには、ある一定の条件の下に行われた「自国と他国の実験の成果」という一つの事実と、DDTの資料を基にした推定か書かれているにすぎない。

しかしその「実験の成果」は、今のマスコミの論評や社会の通念とは非常に違う

しかし、マスコミの論評や社会の通念と違うからといって、それに適合するように「事実」を曲げて発表したら、それこそ非難されて然るべきことであり、学者とは思えぬ「曲学阿世」と言わねばなるまい

この場合、その結果が――もちろんこれは最終的結論ではないが――たとえ、PCBは無害と出ようと、PCBは今の通念の百倍も有害と出ようと、実験の現段階の成果という「事実」は「事実」であって、その「事実」を「事実」のまま発表するのが当然であって、それをしてはならない、という理由は全くない。

しかし、「最終結論は未だ得られていない」ので「PCBの如く、慢性毒性に関する知見の乏しい物質では危険なことが起らないとも限らないという心配も当然に起ってくる」。

だがそれは「最終結論」が出るまてはだれにもわからないのだから、一応、「化学構造の似ている点からDDTを初めとする有機塩素系殺虫剤」の人体に及ばす影響、これはすでに多くのデータが出ているから、これを基にして類推してみる、と。

確かに、新しい問題が起きたときは、それの実態はだれにもわからないのだから、一応、類似したものの過去のデータから類推する以外に、方法がないはずである。

これによるとPCBの「人体脂訪中の蓄積量は、一定濃度で止まるに違いないと考えられ、マスコミで報道されている如く、無限に加算蓄積されて行くとは科学的に信じ難い」と。

私は化学者でないから、氏の論文のうちの化学的専門的なことはわからない。
わからないから私には何もいう資格はない。

しかし、一つの成果が出たなら、その成果は率直に発表すべきで、発表してこそはじめて、学問上に誤りがあれば他の学者がこれを指摘できるのだから、発表しないで隠すことが最も悪いと思う。

この論文に誤りがあるなら、それは発表してこそはじめてわかる。
発表しなければわからない


となると国立衛生試験所食品部長が誤った考え方をしていてもだれにもわからないということになる。
それが最も危険なことだから、マスコミの論評や世の通念と違うなら、違えば違うほど発表すべきである。

したがって発表は当然のことだと思う

では一体全体、細谷氏は何を憤慨しているのか、また、斎藤厚相は、何を「不謹慎」と考え、「わたくし自身」も何を「憤慨し」、一体全体何か「申訳ない」のか。

田辺弘也氏はさらに「このように規制値以下ならば、PCBの検出された食品でも、心配のないことは明らかなわけであるが」しかし「β-BHC等、他の有機塩素剤との、互に毒性を強め合ういわゆる相乗作用の有無やその程度」という問題があり、それについての研究も進められている、と書かれている。

相乗作用などということは、私のような素人には全く注意が向かないことで、PCB、PCBといわれると何となく他のことは念頭になくなってしまうので「なるほど、そういう研究も必要なわけだな。するとPCBの規制だけてなく、それと関連してDDTの各人の自主規制といったことも念頭におく必要もあるわけかな」と認識を新たにする面もあった。

私は田辺氏が「科学的な事実にもとづいた論文で、内容に間違いはない。いま論文を打消したり否定することはできない」と新聞に発表されたのは当然だと思う。

すると斎藤厚相が最後に「『……不謹慎のきわみで誠に申訳ない。十分に注意する』と述べ、かろうじて責任問題についての明言を避けた」というのは一体全体どういうことなのであろうか。

何と注意したのか、うかがいたいものである。

「そういうものは発表してはならん」と注意したのであろうか、それはこまる。

そんな注意をされては、もしかりに食品部長が誤った考え方をしていても、だれにもそれがわからなくなる。

では、マスコミの論評や世の通念に適合するよう論文の内容を曲げろといったのか、それはもっとこまる。

では「あったこと」を「なかったこと」にする与野党共同「二重の虚偽の増原方式(註1)」ですべてをおさめろというのか、それが一番こまる。

(註1)…拙記事『聖トマスの不信【その3】「天皇を政治利用してはならない」ということを「利用する」という型の二重の虚偽』参照のこと。

そうされることが、一番危険なはずである

「事実論」は思想・信条・是非・善悪に関係がない

一つの実験成果と資料とから、中間段階で一つの判断を下した際、その判断自体に「停止」を命じたところで意味がない。

というのは「停止」を命じてもその判断の基礎になった「事実」がなくなってしまうわけではないからである。

また「なかったこと」を「あったこと」にしても事実が生れるわけでなく、「あったこと」を「なかったこと」にしても事実が消えるわけでもない

従って、田辺食品部長が、前記のような資料とそれに基づく判断を、何らかの理由で、逆に、故意に隠していたのなら、これは徹底的に追及さるべきだし、その際こそ厚相は「不謹慎のきわみで誠に申訳ない。十分に注意する」というべきであり、これは増原長官の場合も同じはずである。

以上、大分前置きが長くなったが、私がこの「PCB危険でない」という記事に興味をもったのは、実はPCBそのものに対してでなく、これこそまさに典型的な「軍人的断言法(註2)」の一例だったからである。

(註2)…判断を規制していって命令同様の一種の強制力を発揮する言い方。拙記事「アントニーの詐術【その1】~日本軍に「命令」はあったのか?~」参照のこと。


細谷議員は、だれかれかまわずトッツキ・カミツク参謀、俗にいうトッツキ参謀に似ており、斎藤厚相は、本心では地位と昇進と無難と無風状態しか念頭にない腰抜部隊長、そして田辺部長はさしずめ、資料その他を握っている部付というところであろう。

参謀に指揮権がない如く、国会議員も行政上の指揮権はない。

従ってこの場合、もちろん、田辺部長に命令が下せるのは斎藤厚相だけであり、細谷議員は、斎藤厚相に対しても田辺部長に対しても命令権があるわけではない。

しかし、もし、上記の問題で、実質的には細谷議員の指示をうけた斎藤厚相が、田辺部長に「十分に注意」して、その資料への彼の判断に対して、学問的に何らの理由も根拠もなしに、それを停止させれば、そしてあらゆる判断を次から次へと停止させて、一つの判断しか残らないように規制していけば、結局は細谷議員による一種の「命令」になってくるのである。

しかし、その結果何か重要な誤りが生じても、細谷議員には「命令権」はないから一切責任はない、ということになる。

資料を検討し、その結果一つの中間的結論が出てくる。
出てきたらそれはそのまま提示しなければならない。
一切、何も顧慮してはならない。

あらゆる資料を検討したら「日本は必ず戦争に負ける」という結論が出たのなら、それはそのまま発表しなければならない。

あらゆる方面から研究して、イタイイタイ病の原因はカドミウムでなく、従って三井金属は関係がないという結論が出たら、それはそのまま発表しなければならない。

あらゆる資料を調べて『百人斬り競争』という事実はないという結論が出たら、それはそのまま発表しなければならない。

たとえすでに「宣戦布告」がなされていようと裁判所の判決が下っていようと、処刑がすんでいようと、それは隠してはならないし、その発表を妨害してはならない

こういうことは、きまりきったことのはずである。
だが、いつもそういかない

資料に基づき検討すると「日本は必ず負ける」という結論が出る。
だが、発表したらどうなっていたか。

いや、それをほんのすこしほのめかしただけで、軍部のお先棒かつぎの議員が「戦線で兵士がお国のために死を賭して戦っているのに、ナニゴトダーッ」という。

すると担当大臣は「政府も国民も総力をあげて戦っているときに、こういうことを発表するとはまことに不謹慎、私自身も憤慨している。厳重に注意する……」というと議員席から「責任をトレーッ」というヤジがとび、同時に「そんなことを発表するやつは非国民の敗戦主義者だ」ということになる。

そして戦争が終ればみんな知らんぷり

おれの責任じゃないよ、第一指揮権はないしね

あらゆる面から研究してイタイイタイ病の原因はカドミウムではないのではないか、と学者がいうと「国をあげて公害と戦っているのに何たることをいう。そんなヤツは資本家の手先ダーッ」ということになる。

あらゆる資料を検討すると「百人斬りは事実でないのではないか」というと「日中友好に邁進しているのに何たることをいう、そんなやつは、右翼と軍国主義者の手先ダーッ」ということになる。

いつもそういうことになる

そして、たとえ誤った公害判決が出ても、無実の人間が処刑されても、これまた常に責任者という者がいない

確かにいないであろう。
だれ一人、命令権も指揮権もないから

そしてこれは常に、大は大なり、小は小なり、社会のあらゆる面で見られることであり、この論法で平和論をやると、まさに「軍隊語で語る平和論」になってくる。

(次回へ続く)

【引用元:ある異常体験者の偏見/聖トマスの不信/P142~】


昔から、日本の社会って「責任の所在」が曖昧なのではないか…と常々思っていたのですが、山本七平はそれがなぜ起こるのかを実に見事に解き明かしてくれていると思います。

名目上の責任者と、実質の責任者とが別れているのは往々にしてあることですが、日本の場合はその傾向が特に強いように思います。

それはやはり、話し合いに基づく「和」絶対という”規範”に縛られ、「聖トマスの不信」を表明することが憚られること、そして話し合いの結果、(誰かが命令を下して結論を出したという形ではなく)自然と結論が出たという「形」に拘るために、責任の所在が曖昧になってしまうのではないでしょうか。

そうした傾向に二重の虚偽や軍人的断言法が加わったことが、戦前の日本を誤らせたわけですが、山本七平が指摘するように戦後も大なり小なり同じような構図が繰り返されているわけですね。

それを避けるには、「聖トマスの不信」を犯してはならないという原則を大切にすることが重要になってくるのでしょう。

次回はその重要性について述べられた部分を紹介していきたいと思います。ではまた。

【関連記事】
・聖トマスの不信【その1】「事実論」と「議論」の違い
・聖トマスの不信【その2】なぜ日本では、聖トマスが存在しないのか?
・聖トマスの不信【その3】「天皇を政治利用してはならない」ということを「利用する」という型の二重の虚偽
・アントニーの詐術【その1】~日本軍に「命令」はあったのか?~


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本人論 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/298-b337eb2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する