一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

密約&官房機密費公開問題一考【その2】~秘密を守るということがどういうことか知らない日本人~

前回の記事「密約&官房機密費公開問題一考【その1】~相互に知らないことが保険の第一歩~」の続き。

今回、ご紹介する引用部分は、密約官房機密費の公開問題に対して多くの日本人が見せた「反応」と照らしあわせてみていただきたいと思います。

日本人とユダヤ人 (角川文庫ソフィア)日本人とユダヤ人 (角川文庫ソフィア)
(1971/09)
イザヤ・ベンダサンIsaiah Ben-Dasan

商品詳細を見る

前回の続き)

話は横道にそれるが、これはまた「日本人は秘密を守れない」という通説に通ずるものがある。

確かに日本人には「秘密=罪悪」といった意識があり、すべて「腹蔵なく」話さねば気が休まらない
と同時に、秘密を守るということがどういうことか知らない

アメリカ人はずいぶんアケッピロゲに見えるが、守るべき秘密は正確に守る

良い例が原爆製造である。

日本では、造船所のまわりによしずを張ったり、軍需工場の近くに来ると汽車の窓をしめさせたりしていた――何とナイーブな!

アメリカはB29の写真や設計図まで平然と公表していた。
だが原爆の製造は完全に秘密を守り通していた

私は昭和十六年に日本を去り、二十年の一月に再び日本へ来た。
上陸地点は伊豆半島で、三月・五月の大空襲を東京都民と共に経験した。

もっとも、神田のニコライ堂は、アメリカのギリシア正教徒の要請と、あの丸屋根が空中写真の測量の原点の一つとなっていたため、付近一帯は絶対に爆撃されないことになっていたので、大体この付近にいて主として一般民衆の戦争への態度を調べたわけだが、日本人の口の軽さ、言う必要のないことまでたのまれなくても言う態度は、あの大戦争の最中にも少しも変らなかった。

私より前に上陸していたベイカー氏(彼はその後もこういった職務に精励しすぎて、今では精神病院に隠退しているから、もう本名を書いても差し支えあるまい)などは半ばあきれて、これば逆謀略ではないかと本気で考えていた。

「腹をわって話す」
「口でポンポン言う」
「腹はいい」
「竹を割ったような性格」


こう言った一面がない日本人は、ほとんどいないと言ってよい。
従って相手に気をゆるしさえすれば、何もかも話してしまう

しかし、相手を信用し切るということと、何もかも話すこととは別なのである。

話したため相手に非常な迷惑をかけることはもちろんある。

従って、相手を信用し切っているが故に秘密にしておくことがあっても少しも不思議でないのだが、この論理は日本人には通用しない

個人の安全も一国一民族の安全保障も、原則は同じであろう。

しかし、日本では、牡蠣に果して殻は必要なりや否やで始まるから、知らせないこと、知らないことも、安全には必要だなどという議論は問題にされない。

さらに防衛費などというものは一種の損害保険で、「掛け捨て」になったときが一番ありがたいのだ、ということも(戦前戦後を通じて)、日本では通用しない。

戦前の軍人に「あなた方は、役に立たないことが(すなわち無用の長物であることが)最大の御奉公なのだ」などと言ったら、それこそ「無礼者め」であったろう。

そして咢堂翁の言った「平時の軍人は晴天の唐傘」という言葉も、戦後の「税金泥棒」も、実は、同じ論理の帰結の別の表現にすぎない。

とすれば敗戦の悲劇も、戦後の議論の混乱も、「安全と水とは無料が当然」という生得の考え方に発している。

いや、これは考え方といったような生やさしいものではない。
もう、問答無用の自明の公理なのである。

従って、いかに効率的に、低コストで安全を計るかなどという考えは、その考え方自体が論外になってくる。

自衛隊が災害牧前に出動すると、急にその評価が高まり、新聞の扱い方まで暖かくなる。
いわば、天災に対処するものなら意義はあるが、他の面では、全く無意義かつ有害とされるのである。

ああ、日本人は何と幸福な民族であったことだろう

自己の安全に、収入の大部分をさかねばならなかった民と、安全と水は無料で手に入ると信じ切れる状態におかれた民と、――私は、ただ溜息が出てくるだけである。

だが、余りに恵まれるということは、日本人がよく言うように「過ぎたるは及ばざるが如し」で、特にはかえって不幸を招く。

深窓に育った令嬢や、過保護の青少年は、何かちょっとしたことに出会うと、すぐに思いつめてしまう。
大学受験に失敗して自殺したなどはその典型的な一例であろうし、いわゆる一家心中も、多くはこの部類に入る。

ユダヤ人などは、もし思いつめていたら、とうの昔に、一家心中ならぬ民族心中をやらねばならなかったであろう。
考えてみれば、太平洋戦争の末期における「一億玉砕」の主張は、思いつめた「民族心中」の思考かも知れない

余りに恵まれた民族が、「古今未曾有」の事態に接した場合、こうなっても不思議はあるまい。

(後略~)

【引用元:日本人とユダヤ人/安全と自由と水のコスト/P29~】


密約官房機密費に関して云えば、もちろん、一定期間の後、情報を公開することも必要でしょうが、こと外交交渉に関してはとりわけ慎重な配慮をすべきでしょう。
ましてや、民主党のように、前政権を非難する為の具として利用することは、決していい結果をもたらさないでしょう。
(それでいて、民主党は自らの官房機密費については公開しないようですから、ご都合主義にも程があります。)

しかし、民主党の対応及び世間の反応というのは、まさにベンダサンが上記記述のなかで指摘した、日本人ならではの”思考様式”を背景にしているのではないでしょうか。

その”思考様式”に縛られ、それがもたらすマイナス面に気付かない。
そして、その思考様式を補完・補強するために、いろいろな理屈やタテマエが取って付けられる。

情報公開が民主主義の根幹だから…とか、知る権利を阻害しているから…とかいうのも、そのもっともらしい理屈やタテマエの例でしょう。

しかし、民主主義の国だと言っても、全てが情報公開されている国など世界のどこにあるのでしょうか?

現実はと云えば、アメリカのようにホンネとタテマエを使い分けている国ばかりなのに…。

海外のタテマエを信じて、日本”だけ”ホンネまでさらけ出すようなお馬鹿なことになっていなければ良いのですが…。

今回の公開問題は、日本人の「安全」意識が世界のそれと如何にずれているかを、改めて如実に示しているように思えてなりません。

せめて、世界における秘密を守ることの意味と、日本における意味の「違い」を認識する必要があるのではないでしょうか。

その「違い」を認識できないままでは、日本の安全を図ることなど到底おぼつかないでしょう。

こうした「違い」に気付かないのも、いい育ちのお坊ちゃんたる”証拠”なのかもしれません。

ちなみに、私は、特に左翼の言論にそうした「違い」もわきまえない、悪い意味での”イノセンスさ”というものを濃厚に感じてならないのですが…。

【関連記事】
・密約&官房機密費公開問題一考【その1】~相互に知らないことが保険の第一歩~


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本人論 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

tikurinさんへ

tikurinさん、いつもコメントありがとうございます。

また、佐藤優氏の主張についてご紹介いただき、ありがとうございます。実に真っ当な主張だと思いました。

民主党の密約を巡るやり方というのは、どうも単なる前政権否定の為のツールか、反米感情の表れでしかないように思います。

公開するのなら、河野談話を出す過程の日韓交渉などや、日中交渉の方も公平に取り扱うべきでしょう。
(もちろん、百人斬り競争を巡る文書も対象にすべきでしょうね。)

  • 2010/04/17(土) 12:32:35 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

外交的「秘密」の取り扱いについて

 5月号の中央公論に佐藤優氏が次のようなことを書いています。氏は元外交官で、「ロシア情報収集・分析のエキスパートとして活躍し、「戦後最強の外交官」「外務省のラスプーチン」などの異名をとった。」とwikiにも紹介されています。
 その彼は、いわゆる日米間の密約について次のように言っています。
 「日露関係でこれだけ多くの秘密があるのだから、同盟国である米国との関係では、日露関係より遙かに多くの秘密が隠されていると筆者は想像していた。が、特にそれについて知ろうとは思わなかった。職務に関係しない味方陣営の秘密情報は、極力知らないようにするというのが情報屋の習性だ。なぜなら、知らないことならば、絶対に情報漏れがないからだ。」・・・そういう世界があると言うことですね。
 ただし、こうした外交上の秘密について氏は、「国民に積極的に嘘をつくことは極力避けるべきだ。ただし、ぎりぎりのところで、政治家と外交官が職業的良心に基づき、国益のために国民に対して嘘をつかざるをえないこともある。その場合、なぜ嘘をついたのか、その理由を追跡できる記録を保存し、その評かを後世の歴史に委ねる体制を整えることが、外交官としての責務だ。」とも言っています。
 私も、公開して欲しい歴史的文書があります。「百人切り競争」裁判関係の文書もあると言うことですし・・・。
(追加4/16)
 それから密約については次のような提案をしています。
 「日本の安全保障を第一に考えれば、『持ち込ませず』のうち、核の国内配備は禁止し続けても、核搭載艦船・航空機の寄港や通過は容認する『非核2.5原則』を真剣に検討すべきだ。」「冷戦時代の嘘をこの機会に克服し、有事の際に『持ち込ませず』に固執しないと言う方へ政策転換することが国益にかなうと考える。」

 こうした嘘をつくことになった原因は、佐藤総理が沖縄返還に際し「核抜き本土並み」を「非核三原則」と言う形で明示したことと、その解釈について三木外相が、核を「持ち込ませない」の解釈を「核兵器を搭載している艦船や航空機の日本への寄港や、及び領海航行や領空通過も持ち込みにあたる」としたためです。
 日本ではこんな会話も勧進帳方式で許されるのかも知れませんが、他の国から見ると鳩山首相ではありませんが「いかれている」と言われかねませんね。

  • 2010/04/15(木) 22:25:11 |
  • URL |
  • tikurin #wQAHgryA
  • [編集]

吉田五郎太さんへ

吉田五郎太さん、レスありがとうございます。
返事が遅くなってスミマセン。

ご意見ごもっともだと思います。
現実の政治は、穢れているものです。良くも悪くも利害の調整を行ない、汚れた現実を処理している。
国民自らが汚れているのに、政治家が汚れないわけがない。
国民は、鏡に写った自らの姿を見て、批判しているようなものです。そして、ありもしない幸せの「青い鳥」を求め続ける。

醜い現実を直視できないから、民主党のような詐欺まがいの政党に騙されることになる。

日本人の根強い純粋信仰というものが、悪く作用しているように思えて仕方がありません。

  • 2010/04/10(土) 22:47:43 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

ぶっちゃけちゃうと。(自戒も込めて)

>一知半解さん
『政治』というものの中身が、
『壮大なレベルでの“人付き合い”であり、またある種の“シリアスなビジネス”である』
……ということがイマイチ実感できてない人が多いからではないかなぁ、と。
例えば『政治とカネ』の問題なんかでもそうで、『人付き合い』『ビジネス』であれば“カネがかかる”のは当然のことですし、しかもその相手が『自国民』『他国の代理人』という大勢ともなれば、その額はどうしたって莫大なものになるわけで、そのことを必要以上に騒いだって僕としては「……?」というのが正直なところでして。(もちろんできる限り“明朗会計”であることは必須ですが。)
“密約”なるものの一件とも関わってきますが、要は政治家や官僚といった存在を、
『結局は自分達と同じ“人間”であり、同じ“日本国民”でしかない』という、いい意味での「醒めた目線」で見ることがなかなかできず、僕の前のコメント通り、
『奉っておけば何らかの“ご利益”を下さる一種の「生き神様」……のように無意識のうちに受け取ってしまっているからじゃなかろうか、と。
そして、『ご利益のない“ヨゴレのインチキ(?)神様”』ほど、日本人に限らず人間にとって迷惑かつ「頭にくる」存在も無いわけで、そうしてみると今の大方の日本国民は、この「頭にくる」ことが先にたって、「自分達自身も含めて冷徹に政治の現場を見つめる」ことは、僕個人も含めてなかなかできていないんだと思います。

  • 2010/04/07(水) 22:32:51 |
  • URL |
  • 吉田 五郎太 #OAxxUYaQ
  • [編集]

つまりは。【再掲】

自分達の会社での「仕事上の都合や秘密」を、『真昼間のオフィス』で、それこそ『あけっぴろげ』に、『民主的(??)』に笑いながら全部話す――そんなことが(日本国内のビジネスでさえ)できるのか?イヤそんなはずはないのに……という、これまた至極単純な話なんですよね。

僕も含めた『社会で働く人間』であれば言うまでも無いことが、どういうわけか自分達の『お上』を見るときの基準に生かされないという……。

これはあくまで僕の私見ですが、今の大方の日本国民が『お上』に求めているのは、『政治能力』や『確実な公約』などではなく、ただただ『「無条件の幸せ」をもたらしてくれる「清廉潔白」な“聖人君子”』……なのではないかと思えてならなかったりします。

  • 2010/04/07(水) 20:34:47 |
  • URL |
  • 吉田 五郎太 #f2BEFQoE
  • [編集]

吉田 五郎太さん、KYさんへ

>吉田 五郎太さん

コメントありがとうございます。また、頂いたコメント消失については、消した憶えはなく、私にもなぜだかさっぱりわかりません。ご心配お掛けしてスミマセン。
幸い、コメントが入ると、私の携帯アドレスに通知メールが届いているので、それを次のコメントに再掲いたしますので、それでご勘弁ください。

ちなみに頂いたコメント内容には、なるほどと思いました。しかし、なぜ、自分だったらやりもしないことを日本国には求めるのでしょうかね。

>KYさん

コメントどうもありがとうございます。
確かに河野談話のいきさつこそ、ぜひ公開して欲しいです。
これこそ日本外交の稚拙さを象徴する事件でしょうから。
KYさんが仰るように、「イノセンス」レベルではないようにも思いますねぇ。

  • 2010/04/07(水) 20:32:52 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

一致半解→一知半解でした。失礼しました。
なんでこんな四字熟語が一発で出ない我がPCよ(泣)。

  • 2010/04/07(水) 15:17:50 |
  • URL |
  • 吉田 五郎太 #OAxxUYaQ
  • [編集]

あるぇー!?

無い!昨日書き込んだはずの自分のコメントがどこにも無くなってれぅ!!??
……失礼しました。でも確か、割かし当たり障りの無い文章だったと(自分では)記憶していたはずなんですが……。
一致半解さん、もしそちらで削除されたのなら削除理由をいただけると幸いです。
もしシステム上のエラーだったら……黙って枕で涙を濡らす事にします……ん?

  • 2010/04/07(水) 15:14:05 |
  • URL |
  • 吉田 五郎太 #OAxxUYaQ
  • [編集]

同じ「密約」でも、同じ「易姓革命」でも

 鳩山内閣は、「核密約」のような、すでに空文化していること、あるいは過去の日本にとって「必要悪」だった「密約」については暴露に熱心なくせに、日本にとって明らかに不利益な結果をもたらし、現在に至るまでその影響が続いている、無根拠な「慰安婦強制連行」を認めた悪名高い「河野談話」にまつわる「密約(元慰安婦に対する金銭補償は韓国政府が肩代わりする代わりに強制連行を日本政府が認めるという愚行)」については全く解明する気がないようです。まあサヨクの多い民主政権にと手は嘘だろうがデマだろうが日本を貶められればよいのでしょうが、この場合は「イノセンス」ではなく「明白な悪意」が感じられるのは私だけでしょうか?

  • 2010/04/07(水) 12:41:52 |
  • URL |
  • KY #mQop/nM.
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/320-426237c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する