一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

言霊(コトダマ)①「日本人、特に護憲派は自分がコトダマに振り回されていることを自覚すべき」

以前、「反日日本人が生まれる背景を考える」という記事を書いた際、次のようなコメントを頂きました。

おめでたい日本人
現実の国際社会が憲法前文にある「平和を愛する諸国民の公正と信義」で成り立ってないことを認識しているにもかかわらず、9条で日本の平和が保たれていると信じているおめでたい日本人がいる。
ある日本人哲学者の次の言葉が9条の本質を比喩している。
「もし憲法9条で日本の平和が保たれているならば、憲法に台風が来るなと書いておけ、さすれば台風が来ないであろう」
理想主義は、現実を無視すれば弊害になる。
理想を志向する現実主義でありたいと思う。


ミーさん、遅くなりましたが、コメントありがとうございます。
私はこのコメントを読んだ時、井沢元彦の「日本人=言霊(コトダマ)教徒」説を瞬間的に連想しました。今日はそのことについて紹介していきたいと思います。

そもそも言霊(コトダマ)とは何ぞや?と思われる方もいらっしゃると思いますので、辞書で調べますと次のとおりです。

ことだま【言霊】…言葉にあると信じられた呪力。【大辞林 第二版】
ことだま【言霊】…古代日本で、言葉に宿っていると信じられていた不思議な力。発した言葉どおりの結果を現す力があるとされた。【大辞泉】


wikipediaや次のサイトにも概要が書いてありますので参考にしてください。

言霊 概要
声に出した言葉が現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発するとよいことが起こり、不吉な言葉を発すると凶事がおこるとされた。そのため、祝詞を奏上する時には絶対に誤読がないように注意された。今日にも残る結婚式などでの忌み言葉も言霊の思想に基づくものである。日本は言魂の力によって幸せがもたらされる国「言霊の幸ふ国」とされた。(以下略)【wikipediaより】

井沢元彦ファンサイト「言霊の国」



言霊についてもっと詳しく知りたい方は、井沢元彦の書いた言霊―なぜ日本に、本当の自由がないのか (ノン・ポシェット)をお読み頂きたいと思います。

言霊が日本人の行動様式にどのような影響を及ぼしているのか、これから紹介していくわけですが、今回引用するのは次の本↓からです。

逆説の日本史〈3 古代言霊編〉平安建都と万葉集の謎逆説の日本史〈3 古代言霊編〉平安建都と万葉集の謎
(1995/05)
井沢 元彦

商品詳細を見る


これを選んだのは、もちろん「日本人=言霊(コトダマ)教徒」説を唱えているご本人の著書であるからですが、言霊信仰にどれだけ日本人が振り回されているのか、その結果、どのような影響が生じているのかを実にわかりやすく解説しているからなのです。

そして、護憲派のような非現実的なことを主張する人たちが、なぜ日本である程度勢力を保っていられるのか?という疑問について、ある程度答えていると思うからでもあります。

それでは、言霊と平和憲法について書かれている部分を引用してまいりましょう。

■戦後平和は「平和憲法」によって守られたのか

 「物言えば唇寒し秋の風」という芭蕉の句がある。
 俳句というより諺となっていると言った方がいいだろう。現に、辞典にも載っている。

 (芭蕉の句)
 人の短所を言ったあとには、淋しい気持がする。なまじ物を言えば損を招くという意に転用する
 (『広辞苑』岩波書店刊 傍線引用者)

 なぜ「物を言えば禍いを招く」のか?
 この「逆説」シリーズの読者はすぐにわかるはずだ。
 言うまでもなく言霊のせいである。
 正確に言えば「不吉な事を言えば禍いを招く」のである。
 だから、今でも受験生のいる家庭では「すべる」とか「落ちる」といった言葉を口にしない。
 これは「すべる」という言葉を口にする(コトアゲする)と、「受験にすべる」という「現実」が起こる、と心の底で信じているからだ。言葉の発声(コトアゲ)と「現実」の間に因果関係を認めているから、「縁起でもないこと言わないで!」ということになる。

 もしコトダマなどまったく信じていないのなら、何を言われても平気なはずだ。ちなみに「縁起」はもともと仏教語で「因果関係」の意味がある。つまり「縁起でもない」と言うこと自体、「コトアゲによってコトダマを発動させて(原因)現実に影響(結果)を与えるな」と、無意識に言っているわけで、これこそまさにコトダマヘの「信仰告白」なのである

 コトダマが生きている世界、つまり現代の日本では、前節でも指摘した通り「真の言論の自由」はない。なぜならコトダマの世界では、「縁起の悪い意見」は事実上言うことができなくなるからだ。
 もちろんいくら「言えば実現する」がコトダマの基本原則だといっても、日本人はそれを百パーセント信じているわけではない。弘法大師空海ならともかく、普通の人間がコトアゲしたところで、それが百パーセント実現するわけではない。それは、わかっている。
 しかし、人によって「霊力」の差はあるとしても、コトダマの世界ではとにかくコトアゲすること自体、現実がその方向へ動くことを念じている(望んでいる)、と受け取られてしまうのだ。

 具体的に言えば、昭和十五、六年頃、「このまま戦争をすればアメリカに負ける」という発言にしても、極端なことを言えばそれが「アメリカと戦いたいのだが今は実力不足で時期尚早である」という観点から為された軍国主義者の発言であっても、「アイツはアメリカに負けることを望んでいる非国民」だ、ということになってしまう。
 動機が何であれ、「アメリカに負ける」と発言(コトアゲ)すれば、その内容(つまり「敗北」)が実現するように「ゴトダマを発動させた」ということになってしまうからだ。
 だから「軍国主義者」ですら、慎重な発言をする人々はすべて排除されてしまう。そして「威勢のいい」軍国主義者の天下となり、そういう連中が「言論統制」を始める

 彼等の言論統制とは何か、といえば結局「アメリカに負ける」という意見を言わせない、ということだ。「一億が火の玉」となって「勝つ、勝つ」と言えば、「勝つ」のである。
 それゆえに彼等は「敵性語禁止」という愚挙も本気でやった。
 これは今ではほとんど忘れられているが、陸軍が中心となってやった「英語狩り」である。
「ストライク、ワン」と言うな「よし、一本」と言え、という。こんなバカなことを軍部は本当にやらせたのだ。

 では、これは昔のバカな人開かやったバカなことかというと、とんでもない。今でもやっている
 たとえば「言葉狩り」である。コトダマの世界では、「言葉」と「実体(現実)」は双子のようなものだから、「差別語」という言葉さえ使わせないようにすれば「差別」という実体は消えてなくなる、ということになる。
 だから、今でも、ちょうど昔の陸軍が「英語狩り」をやったように「差別語狩り」に血道をあげている人聞かいる。
 この問題はいずれまた取り上げたいと思うが、戦前との比較で言えば、「一億火の玉」になって「勝つ」「勝つ」と言えば「戦争に勝つ」という考え方と、「平和」「平和」と叫んでいれば何もしなくても「世界平和が実現する」と思い込むことは、実は「コトダマ信仰」という点で同じなのである。

 だから戦前「アメリカと戦争しても勝てませんよ」という正論を述べた人々が「非国民」扱いにされたように、今日「日本国憲法を守って平和、平和と叫んでいるだけでは、世界平和は達成されませんよ」と正論を述べると「平和の敵」(つまり「非国民」の戦後的表現)と呼ばれるわけだ。
 こういうことを言うと、すぐに熱烈な「九条ファン」から罵声を浴びせられそうだが、ここは一つ冷静に考えて頂きたい。

 日本国憲法は、国運憲章とは違ってあくまで日本人だけを拘束するルールである。外国人はそんなルールを守る義務も責任もない。
 つまり、日本の近くに、「日本を侵略してやろう」という人間(国家)がいたとしても、それに対する歯止めには成り得ないのである。
 こんなことは中学生でもわかる理屈だ。
 それなのに日本人は「戦後の平和は日本国憲法によって守られた」と言いたがる。こんなおかしなことはない。

 たとえば、これを銀行にたとえてみよう。
 戦後半世紀にわたって一度も強盗に襲われたことがない銀行があったとしよう。
 「なぜ一度も襲われなかったのか?」、こんな問いに対して、頭取が「ウチの銀行には、絶対に武力では物事を解決しないという社則があり、みんながそれを守っているからです」と答えたら、どうか?
 誰もが、この人は頭が少しおかしいと思うだろう。銀行が襲われなかったとしたら、それはたまたま運がよかったか、それとも警備システムが優れていたか、のどちらかで、「平和主義の社則を守ったから」ということは有り得ない。
 「日本国憲法によって戦後の平和は保たれた」というのも、結局これと同じ主張なのである。

 私は日本の戦後平和は、安保(日米安全保障条約)と自衛隊という「優れた警備システム」があっだからこそ保たれたのだと思う。しかし、「進歩的文化人」をはじめとして日本には「戦後平和は憲法のおかげ」という理屈に合わないことを主張する人々が、まだまだたくさんいる。
 どうして、そうなのか。
 もう、おわかりだろう。コトダマである。
 コトダマの世界では、「平和、平和」と「一億が火の玉」になって念じていれば「平和」になるのである。つまり平和憲法」というものがコトダマ信仰の対象になってしまっているからである。


以上読んでみて思うのが、戦後の左翼と戦前の軍国主義者は表現が「裏返し」なだけで、行動様式はそっくりだということ。彼らは戦前に生まれていたら、立派な軍国主義者だったのではないでしょうか?

次回は、この続き「日本人が契約下手なわけ」について紹介していく予定です。ではまた。


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!

【追記】
平成20年4月9日付けにてタイトル名を変更いたしました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:憲法改正論議 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

憲法の原理より 憲法により、生まれながらの権利として、福利の享受を保証される国民である立憲の利益の享受者である国民の最大の福利は。 憲法により、生まれながらの権利として、福利を享受することを保証される、立憲の利益の享受者である国民を確定し、統合団結させる国体を持つこと。

また、国民にしか判断出来ない、国民による福利の享受の状況について、国民を代弁する権威ある議会を有する政体を持つこと。

国民全体の利益である国益の追求は、公務員の義務。

最高法規が憲法だと、手痛い反撃等により国民の福利が毀損されないなら、侵略して植民地を獲得して、その物的人的資源を国民が自由に利用して利益を得られるようにするのは義務です。それを妨害する植民地の土人を弾圧するのも義務です。
最高法規を、国益追求を義務付ける憲法とする国だらけになったのが戦争の世紀と言われる前世紀。
国益追求の為の侵略は制裁戦争を招いて、国民の福利を毀損するから侵略をしないようになるとしているのが国連。

改憲の主な効果
諸外国が改憲する主な目的は、混血や移民等により、立憲の利益の享受者である純血国民ではない国民が増えた際、旧憲法の立憲の利益の享受者である純血国民が新憲法採択に非純血国民を参加させることを許すことにより、新憲法採択によって国体を更新して新憲法採択時の全国民とその純血子孫を新憲法の立憲の利益の享受者である国民とし、国体更新で国籍を持つ全国民が統合団結出来るようにするため。憲法の原理上、条文変更に本質的な意味は無く、改憲の本質的効果は国体更新。

ドイツ基本法等、最高法規が憲法ではない場合、
ドイツ基本法はドイツ人が福利を追求するためにナチス政体を選択する権利を剥奪するための最高法規で憲法ではない。如何なる状況下でもドイツ人の福利より基本法自体の条規遵守を最優先するよう求める最高法規。
ドイツ基本法遵守がドイツ人の福利を害することになる事態が想定されれば、ドイツ政府がドイツ人に基本法遵守を強要してドイツ人を全滅に追い込まなければいけない事態が想定されたことになる。従って、各国の最高法規の中でもドイツ基本法の改正は最も頻回。これはドイツの最高法規が、ドイツの憲法制定権力により制定されたとされている、憲法ではない最高法規だから。

憲法としての大日本帝国憲法

天皇は君主である為、憲法等必要としない。大日本帝国憲法は大日本帝国臣民の福利のための憲法。

立憲の利益の享受者
御告文、憲法発布勅語、憲法上諭により、歴代天皇以来の代々の臣民の「慶福」のための憲法。
古代以来の伝統に基づき、父系血統により臣民である混血臣民が、純血臣民と等しく立憲の利益の享受者である臣民とされることが、純血臣民にとって不可欠な福利とする憲法。

  • 2017/06/09(金) 02:55:47 |
  • URL |
  • 名無しの権助 #-
  • [編集]

日本の「護憲派」は全然護憲じゃなくて、日本の最高法規である日本国憲法が憲法であることを否定する連中ですよ。 自国民の福利を、国家の最高かつ絶対の目的とする権利を持つ国が独立主権国家。自国民の福利を、国家の最高かつ絶対の目的とするよう命じることを原理とする法が憲法です。

米大統領だけが署名して日本に提示して日本が受諾して世界戦争の終結を決定する迄も、停戦中の戦争状態でも、日本の軍と国民が見せた根性と団結に免じて、また条約を誠実に遵守して来た実績を信じて、ポツダム宣言の条件の通り、
大日本帝国憲法において「万世一系」の美称で形容される、古代以来、「公民」「百姓」「蒼生」を「オホミタカラ(大御宝)」と読む天皇を国と国民統合の象徴とすることを総意とする人々である日本民族の国の最高法規は、
憲法のままでいいよと勘弁して貰って講和して戦争状態を脱せたということです。
日本国憲法は、独立主権国家のみが持つことを許される憲法であり、主権が降伏文書等の国際条約により制約を受けるのは当たり前です。GHQも主権と独立を象徴する国旗の掲揚を完全に禁止してはいません。だいたい、講和条約発効迄、日本に連合国と戦争状態にあることを強いることが出来たのは、日本が独立主権国家だからです。
日本国憲法前文を注意深く見て下さい。

憲法の原理
憲法の「原理は人類普遍の原理」(日本国憲法前文)(日本国憲法は、改正前憲法や各国の憲法と同じ原理に基づく)

「国政」の「福利」を「享受する」のは「国民」

憲法により、生まれながらの権利として福利の享受を保証される国民は、憲法の成立により福利を享受するとされた国民とその純血子孫である国民。(米憲法では混血子孫を奴隷としていたり、民族浄化による国の乗っ取りを防ぐ為に必要な原理)

「原理に反す」ればあらゆる法を、「憲法」(の条規)であっても、「排除する」(日本国憲法前文)(あらかじめ、あらゆる事態を想定して、条規遵守と国民の福利の追求が常に一致するように成文憲法を作成するのは不可能です。国民の福利を毀損するのに条規遵守を義務付けるのは圧政です)

原理より
君主は、君主の存在が国民に欠かせない福利と、国民に認識されることにより直接に権威を保つ存在であるため、君主は憲法を必要としない。憲法により福利を得るのは国民のみ。

国民による福利の享受の状況は、国民にしか判断出来ない為、立憲政体は、国民を代弁する権威ある議会が必須。

憲法は最高法規。最高法規だから国家の最高かつ絶対の目的を国民の福利とするよう命じられる。

憲法は停止しない。憲法が停止する時は、国家の最高かつ絶対の目的が国民の福利ではなくなる時だから。条規が国民の福利に反する時はその条規を排除して、憲法遵守を求める。

  • 2017/06/09(金) 00:21:05 |
  • URL |
  • 名無しの権助 #-
  • [編集]

>私は『ベ平連』に少々参加した事があります。花も恥らう乙女の頃(笑)

そーでしたか。その反動なんですね。
べ平連って単語は知っていましたが、知っていることと言えばKGBから資金提供を受けていたことと、こないだ亡くなった小田実が関係していたことぐらい。早速wikiで調べてしまいました。そういえば、山本七平は、直接「べ平連」の活動には言及してないけど、ベトナム戦争報道の歪みについては盛んに指摘していましたね。

>「九条の会」というカルト集団の理想が実現できる場所が、たった1箇所だけあります。
『あの世』
どうしても、理想を実現したいなら、あの世に行くことです。

うーん、実に厳しい指摘ですね~。
彼らにとっては、平和というのは「ブルーバード」みたいなものなのかな。アンビバレントなものを感じますね。思わず「死を征服するには死ぬしかない」なんてキリストの言葉を連想しました。


  • 2008/05/01(木) 20:12:27 |
  • URL |
  • 一知半解男 #-
  • [編集]

窮状の会ですか

「九条の会」というカルト集団の理想が実現できる場所が、たった1箇所だけあります。

『あの世』

どうしても、理想を実現したいなら、あの世に行くことです。

  • 2008/04/30(水) 18:35:33 |
  • URL |
  • わくわく44 #-
  • [編集]

「私は護憲派になりたい」というエントリにTB確かに頂戴しました。ありがとう~♪
私は『ベ平連』に少々参加した事があります。
花も恥らう乙女の頃(笑)
その経験から九条の会を敵視しています。
理想は素晴らしいのですが、主催者の目的は胡散臭い。
その目的を隠す為にカルトのような妄信させる洗脳かもと、へそ曲りな私は思い込み毒ついているかもね(笑)
『あのブログ』にはTBもコメントも送らないことにしましたが、『あの人』の無理な発言に対して反論をこれからも書いていこうと思う・・
そういう意地悪を私は自分のブログで愉しんでいます。嫌な性格なんですねぇ(爆)

  • 2008/04/29(火) 07:23:05 |
  • URL |
  • 葵 #-
  • [編集]

ひろとさん、初めまして。コメントありがとうございます。
ご指摘のとおり、憲法9条によって、軽武装でいられ、それを盾に海外派兵などの負担を免れてきたのは間違いないでしょう。
この点に関しては、日本の弱体化を意図したマッカーサーの思惑が裏目にでたのが、日本にとっては幸いだったのかもしれませんね。
ただ、これからもそのような立場でいられるのか?と考えると、状況を見れば改憲する必要があるのではないでしょうか。

  • 2008/04/05(土) 22:21:01 |
  • URL |
  • 一知半解男 #-
  • [編集]

9条による効果

一知半解さんどうも初めまして。

井沢元彦にしろ田中美知太郎(哲学者)にしろある面で9条により
平和が保たれてきた事実を見逃していると思う。

狭義の平和とは戦争状態にないことをいいます。
したがって平和であるためには
 ①日本が武力攻撃を受けていないこと
 ②日本が武力攻撃していないこと
この二つの状態が保たれていることが必要です。

①については井沢の言う通りだと思います。
憲法とは国家権力の行使を法で拘束するためのものです。
諸外国の行動を規律する力なんてありません。

反対に日本による権力行使の場面である②については
9条による成果があった。
つまり9条により平和が保たれたと言えます。
例えば、イラク戦争におけるイギリスのような役割を日本が
負わされることはなかったわけです。
いまだかつて自衛隊が人を殺すことも反対に殺されることもない。
外国人に自衛隊によって誰だれが殺された~と言われることもないのです。

※憲法の役割について私と井沢では考えが異なるかもしれない。
井沢は憲法は日本人だけを拘束するルールと書いているので。

  • 2008/04/05(土) 12:08:36 |
  • URL |
  • ひろと #yo2mUaZI
  • [編集]

厳密に「道徳」と「慣習」と「宗教」を区分するのは難しいですよ。
『言霊』も同じようなものだと私は考えます。

警戒するしないというよりも、「常識を疑え」という方がいいのかも知れません。

  • 2008/04/01(火) 03:47:14 |
  • URL |
  • わくわく44 #-
  • [編集]

>海軍が幅を利かせたところでは、英語の使用はむしろ当たり前でした。
井上成美校長の海軍兵学校(だったかな?)では、「英語が話せない人は海軍にいらん!」ということで、戦時中も英語教育をしていましたし、山本五十六は真珠湾攻撃やミッドウェー海戦での電報で、思い切り「GF長官」と英語の略称を使っています。

ご指摘ありがとうございます。海軍ではそうだったんですね。そういう海軍が主導的立場だったら第二次大戦の様相もだいぶ変ってきたのかもしれないですね。日本の問題は、そういう人たちが主流となれないこともあるのかな。

私も、原因の全てが「言霊」に起因するとは思いませんけど、これって意外に影響力大きいのかも知れないなと思ってます。なんというか「本人の意識下」の世界で勢力を奮っているようなイメージがしてなりません。

井沢元彦は著書の中で、言霊に振り回されているにも関わらず、本人が全くそのことを自覚していない事が、一番の問題だと指摘してます。

言霊信仰も一種の宗教のようなものかも知れませんが、「宗教」だと認識されていないことが厄介なのかもしれません。
少なくとも宗教と自覚しているのであれば、たいていの人間だったら警戒するのに対し、言霊は存在自体知られてませんから。

  • 2008/03/31(月) 23:36:19 |
  • URL |
  • 一知半解男 #-
  • [編集]

あながち非科学でもない

「言霊」が実際にあるかといえば、私は極めて懐疑的ですけど。(笑)

ちょっと弁護すれば、「病は気から」という諺もあるように、「口にする」時点で、「意識している」わけで、どこかに不安があったり心配があると、それは態度や行動に反映することになります。
そういう意味では「そんなこと口にするな!」というのは、理解できなくもないと思います。

ただ、それに偏ることで「精神主義」に陥ることは、第二次大戦で証明されていますから、常に懐疑的に、というスタンスを持つことも大切です。
要するに「バランス」ですね。人間に1か0はないのですから、それをうまく調和させることがいいんだろうと思います。

ちなみに、戦時中に英語が全面的に禁止されたというのは「半分正解・半分間違い」です。
正解の部分は、『陸軍が幅を利かせたところ』であり、海軍が幅を利かせたところでは、英語の使用はむしろ当たり前でした。
井上成美校長の海軍兵学校(だったかな?)では、「英語が話せない人は海軍にいらん!」ということで、戦時中も英語教育をしていましたし、山本五十六は真珠湾攻撃やミッドウェー海戦での電報で、思い切り「GF長官」と英語の略称を使っています。

  • 2008/03/31(月) 22:49:06 |
  • URL |
  • わくわく44 #-
  • [編集]

たしかに

同じ言葉を繰り返されたり、書物などで理論付け(いい加減でも)されてしまうと、どうしても人間の思考は誘導されてしまいます。戦後の日本の状況は、人権団体による言葉狩りなどでどうしても、そういった方向になっていましたし。

ここで、一人自爆している方なんて、典型的な例でしょうね。

  • 2008/03/31(月) 22:29:51 |
  • URL |
  • 仮)山田二郎 #-
  • [編集]

早速のコメントありがとうございます。
もちろん、仮)山田二郎さんのご指摘のとおりだと思うのですが、未だに一定の勢力を保つ背景には、コトダマの要素もあるんじゃないかと思っているんです。仮に外国だったらこんなに護憲派っていないような気がするんですよね。

  • 2008/03/31(月) 22:12:26 |
  • URL |
  • 一知半解男 #-
  • [編集]

まあ難しく言わずとも、彼等の思考の根源には、「信ずる者は、救われる」(何から救われるかは知らんけど)と言うのがありますから。
もしくは、現実無視して人を神聖視したりとか・・・。
結局は性質の悪い宗教に、はまっている人と思考方法は同じですね。(否定された時の反応もね)

  • 2008/03/31(月) 22:05:21 |
  • URL |
  • 仮)山田二郎 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/34-591aac41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する