一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

「自己嫌悪」から他者を”悪魔化”する「反米自立」論者達/~自立を唱える者が見せる「甘え」とは~

最近、岩上安身氏や孫崎享氏のツイッターをフォローしているんですが、彼らの対米自立論を眺めていると、彼らの主張が「自己嫌悪」という感情に基づいた底の浅い幼稚な反米論であると思わざるを得ません。

なぜ彼らの主張にはそのような「自己嫌悪」が潜んでいると思うのか。
今日はそのことについて私見を述べていきたいと思います。

もちろん、彼らが反発する米国には「理不尽な」要求も多いのは事実です。
しかし、米国がそうした要求を日本に突きつけるのは、それだけ日本が責任を負うべき実力・立場にあると考えているからであって、日本側から見れば非常に高圧的で身勝手だけれども、彼ら自身にしてみればそれほど無理難題を言っているつもりはないでしょう。
彼らにしてみれば、要は「嫌なら断ってもらっても構わない。その代わり、断るならば米国の庇護を頼るなよ」と言うことでしょう。

こうした米国と日本の関係については、過去記事『鬱屈する反米感情をコントロールしないと危ない。』において、既に山本七平の主張を紹介しているので参考にしていただけると幸いです。

なにはともあれ、要するに同盟国と言えど米国はアカの他人ということです。

米国は日本を守らない…とか言う輩に限って、守らない場合の対応策を考えて”すら”いない。
米国は裏切るはず…とか言っておきながら、裏切らせない為にはどうすれば良いか考えようともしない。
これでは、まるで親に甘えつつ反抗しているだけの未熟な子供ではないでしょうか!

彼らは反米を叫びながら、実のところ心理的に米国に依存してしまっているのです。
気安く反米を唱える人ほど、その実、依存心や甘えが人一倍強い、と言えると思う。

彼らは、「米国の言いなりでしか動けない日本」という存在に、(自分達の思い通りに行かないため)フラストレーションを感じており、それが一種の「自己嫌悪」になるわけですが、そこで問題なのは、その鬱憤を晴らすために、なぜか自らを変革するのではなく他者に責任を転嫁する方向に流れてしまうこと。

その「他者」とは、いわゆる彼らの言うところの「米国と結託した日本の支配層」や「米国べったりの財界・官僚」なわけです。

しかし、その他者とは、実のところ、彼ら自身の「真の姿」に他なりません。
米国の要求を拒否できない情けない自己を嫌悪しても罵るわけにはいかないから、「諸悪の根源」というものを作りあげ、それを罵る。
彼らの主張が「自己嫌悪」に基づいているというのは、そのような意味であります。

彼らの主張が、親米派を感情的に罵ること”だけ”に終始するのは、その典型的な”現われ”じゃないでしょうか。

要するに、一種の「現実逃避」に過ぎないのです。
これが甘えでなくて何なのでしょう?
これで自立などできるんでしょうか?
出来るわけが無いでしょうに。
精神的に自立していない人間が自立を唱える
まさに滑稽な話で、お笑い種ですね。
だから、彼らの主張は常に空理空論で具体策を伴わず、陰謀論的、精神論的にならざるを得ないのでしょう。

また、彼らは、日本の現実、置かれた立場、世界における役割、実力等を全く自己把握できていないから、日本自らが何をすべきなのか全く判っていません。日本政府の決定が常に受動的なのも、それをわきまえていない日本人が多数いるだからです。

だから、その行動決定は常に米国のプレッシャーを受けた形の受身的なものにならざるを得ません。
その結果、強制されたと思い込み、屈伏感にさいなまれ、被害妄想に捉われてしまう。

なぜ、受身的になるかと言えば、彼らは「なるなる論(註)」に罹患しているからです。
(註)…過去記事『「なるなる論」法からの脱却を目指そう/~日本人の思考を拘束している宿命論~』をご参照ください。

いざそうなってしまうと、前述したように岩上安身氏や孫崎享氏らのような反米派による「諸悪の根源」探しが始まることになる。
財界が悪い、官僚が悪い、自民党が悪い、ジャパンハンドラーの陰謀だ、いや悪徳ペンタゴンの仕業だ、ユダヤ資本が悪い……。

しかしながら、それは「間違い」です。
単に己を知らないだけ。
日本の立場・実力・役割、いずれもわきまえない者の妄想に過ぎません。
すなわち、自分を「見る」勇気がないだけの話なのです。

こうした岩上安身氏や孫崎享氏らのように、なまじっか知識だけは豊富な反米派の言動を見るにつけ、私は戦前の対米強硬派だった神風右翼を連想してしまいます。
そして、こうした輩が世論の大勢を占めるようになったら、その時こそ日本の危機だと思ってます。

過去の日本の危機は、アメリカの反応を見誤った時に起きてきました。
そう考えると、岩上安身氏らに代表される感情的・現実逃避的反米論ほど、アメリカとの同盟関係を毀損し、自国の安全を誤らすものはないと思いますね。

【関連記事】
◆鬱屈する反米感情をコントロールしないと危ない。
◆「なるなる論」法からの脱却を目指そう/~日本人の思考を拘束している宿命論~
◆八百長のある国、日本。八百長の無い国、アメリカ。【追記あり】
◆”ひとりよがり”がユダヤを破滅させた。翻って日本はどうか?


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
Twitter「つぶやく」ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:私の見解 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

デルタさんへ

デルタさん、こんばんは。ご無沙汰してます。
コメントありがとうございます。

確かに仰るように、米国も一枚岩ではない処がまた難しいですね。
そこをキチンと見極め、如何ようにも対応できれば最高なんですが…。今の外交オンチの民主党政権には望むべくも無いorz。

思うに、米国に協力する場合は、押し切られてイヤイヤ協力するのではなく、その協力行為を高く売りつけるような交渉をして欲しいものです。そして、米国の行為が間違っているならば、キチンとそれを指摘し諌めた上で、それでもやかり同盟国だからあえて協力するのだ…という風にスジを通すべきではないでしょうか。

また、協力しないならば、なぜ協力できないのか、国内事情を理由にするのではなく、日本の考える国際平和秩序が米国とどのように違うかをキチンと説明すべきでしょう。

>この詞にでてくる彼氏(人形遣いにたとえている)と主人公の女の子(人形にたとえている)の関係が、うえに書いておられる、米国と日本との関係に似ていたので、思わず書いてしました。

なんかDV依存症カップルを描いたような詞ですね。
そういえば岸田秀が、日本は米国に強姦されたのに、それを和姦だと思い込もうとしているようだと指摘しているのをふと思い出しました。
記事では「甘え」と表現しましたが、むしろ、「依存症」と言うべきかもしれません。

  • 2010/12/17(金) 22:52:55 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

いくら逃げてもすぐに引き戻される。泣きながら泣きながらあなたの腕の中

お久しぶりです。

米国も一枚岩でないですから、
米国に裏切られないことを目標とするなら、二元方程式を解かいないいけないでしょうね。
現実の問題として、対イラク戦を強硬に進めようとする人も、開戦前から強硬に反対している人も、そのどちらもが、米国にかなりの勢力を持っていますから。
だから、相応の慎重な考察が必要なはずが、到底及ばず、感情的(即興的って感じかも?)な反米議論を起こすのは、乱暴で無責任と思います。
しかも悲しいことに、
その反米を唱えるときの、論理も方法も、実は米国からの直輸入なのです。対イラクの反戦デモも、韓国でのロウソクデモも、やり方も使っているアジまでも、米国からの直輸入です‥‥。
もっと地に足ついた、
いやせめて、たとえばアフリカ諸国との連帯とかいった独自視点での反米思想というものが、出てこないものか
などと考えますが、
現状には溜息が出るばかりです。

ちなみに表題は、谷山浩子さんの初期の曲「あやつり人形」の歌詞からの引用です。
この詞にでてくる彼氏(人形遣いにたとえている)と主人公の女の子(人形にたとえている)の関係が、うえに書いておられる、米国と日本との関係に似ていたので、思わず書いてしました。

  • 2010/12/17(金) 00:06:09 |
  • URL |
  • デルタ #JnoDGgPo
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/474-95b31d7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する