一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

新年のご挨拶&名曲紹介:「Happy New Year」他 from「レント」

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

なんだか昨年後半は、ツイッターのまとめ記事ばかりで手抜き更新になってしまった感がありますが、今年はなるべく山本七平の紹介記事をUPできたらいいな…と考えております。

年頭の記事で何を書こうかな…と思ったのですが、まずは軽く「趣味ネタ」をば。
新年絡みということで、私が大好きなミュージカルの曲でも紹介しようかな、と思います。

新年ということでまず、ご紹介する曲はこちら↓
◆RENT (1996 OBC Recording) - "Happy New Year"

(対訳無し)

今回ご紹介する『レント(rent)』は1990年代を代表するロック・ミュージカルですが、ミュージカル好きの私の中でも、三本の指に入る最高傑作。

この「レント」は、プッチーニオペララ・ボエーム」を1990年代のNYを舞台に再現したミュージカル(だから登場人物のロドルフォ・マルチェロが、ロジャー・マークと言う英語風になっている。ミミは変わらず)。
詳細についてはwiki(レント)の項をご参照ください。

とにかく名曲揃いなんですよね。
レントの代表曲と言えばやっぱり「Seasons of love」なのかな。

ですが私個人的には、ロジャーとミミのデュエット曲「Another Day」と「your eyes」がたまらなく好きです。
エイズ患者としての絶望感・喪失感を歌い上げた「one song glory」や「Will I?」なども聴いていて切なくなってしまう。
そしてフィナーレ曲「Finale B」のハーモニーと盛り上がりの凄さといったら感涙モノ。
また、激しいロック曲なら、題名の「rent」がお勧め。
ミミがロジャーを誘う「Out tonight」やロジャーとマークのデュエット「What You Own」も格好いい。

とりあえず思いついただけでも、すぐこれだけ挙げられる。
以下、列挙した曲のyoutube動画と訳詞([対訳:野村伸昭]一部のみ無し)を貼っておきます。
このミュージカルは、ロックミュージカルとされてますが、ロック・ゴスペル・バラード・タンゴ・R&B・フォーク・ディスコ等々、曲調が幅広い。
ミュージカルを聴いたことが無い方でも、きっとお気に入りの曲が見つかるはず。
是非、訳詞を参考に視聴あれ。

↓ロジャーの絶望とミミの激情がぶつかり合う名曲。ミミのパートのピアノ伴奏がとても美しい。
◆RENT (1996 OBC Recording) - "Another Day"

15.アナザー・デイ
ロジャー:
何様のつもりだい
ぼくのギターの邪魔をしたりして
お嬢さん
出口はあっちだ
さっさと帰ってくれ
ここにはもう暖房もないんだから

パウダーを忘れずに それからロウソクも
甘い囁きを聴いたところで
ぼくにはどうしていいか分からない

きみのその髪には月光か似合ってるよ
その茶色の瞳にもね さよなら おやすみ

言ってやろうか 言ってやろうか
言ってやろうか 言って…だめだ!

いつか どこか違うところでなら
ぼくらはもっと暖かくなって
長く抱き合うこともあるかもしれない
そして踊り合うことも
ロマンスを求めてるのかい?
別の日に来てくれ
別の日に

ミミ:
ハートが凍りつくか燃え上がるか
やってみなけりや分からないわ
それが分かりさえすればわたしの痛みもなくなる

未来なんてない
過去なんてない
今生きてるこの瞬間が
わたしの最期の時

ここにいるのはわたしたちだけ
ここでは真実はひとつ
人生を我が物にしたいなら
後悔しないこと
他に道はない
他にやり方はない
あるのは今日という日だけ

ロジャー:
勘違いしてたらごめんよ
だけどもしきみがそんなに賢いんなら
一体どどうして…キスなんかほしがるんだい?

きみに必要なのは注射針
そして素敵な祈りの言葉
月の光に輝かせるのは
もうやめてくれ
ずっと昔に きみはぼくの心を魅了した
炎は消えたんだ もう二度と
そいつは燃え上がらない

いつか どこかで
なんて言葉は韻を踏んでるだけ
ぽくらは虚空に消えていく
新しい歌ができたなら
新しい歌い方をしてみよう
ぼくが間違ってるって言いたいのかい?
別の日に来てくれ
別の日

ミミ:
イエス以外の言葉なんて聞きたくない
今夜しかないのよ
何が正しいのか
今確かめましょう
他に道は無い
他にやり方はない
あるのは今日という日だけ

ミミとその他の人たち          ロジャー
抑えきれない気持ち           自分の気持ちを
                       コントロールしなよ
わたしの運命               人間には魂があるなんて
わたしは自分の魂を信じる       誰が言ったかさえ
                       彼女は知らないんだ
わたしの唯一の願いは
ここにいること               ひとりにしてくれ

今しかない                 一体何様のつもりだい?

この場所しかない
愛に身を任せましょう           ぼくのギターの
                        邪魔をしたりして
でなきゃ恐怖に負けてしまう
他に道はない               お嬢さん
他にやり方はない            出口はあっちだ
あるのは今日という日だけ       炎はもう消えてしまったんだ

全員:
あるのは今日という日だけ       パウダーを忘れずに
                       ロウソクもね
あるのは今日というロだけ       茶色の瞳
                       可愛い笑顔
                       きみのシルエット

あるのは今日という日だけ       いつか
                       どこかで
                       新しい韻を踏み
                       暖かな抱擁
あるのは今日という日だけ       新しいダンス
                       新しいやり方
                       新しいチャンス
                       別の日に
あるのは今日という口だけ



↓ロジャーが死に瀕して意識を失ったミミに語りかけるラブソング。ミミの名前を叫ぶロジャー、切な過ぎるヨ…。
◆RENT (1996 OBC Recording) - "Your Eyes"

ユア・アイズ
ロジャー:
きみの瞳
ぽくらは互いにさよならを言ったけど
きみの瞳はいつもぼくの心の中にあって
追い出すことなんてできなかった
きみの瞳
その瞳にぼくは心奪われた
きみがぼくの前に現れた夜
月の光が射していて
ぽくはきみの瞳を見た

きみを抱きしめたくてしかたないのに
行かせてしまうことなんてできないよ
あともう一日 そのためならぼくは死んでもいい
だって きみにはまだ伝えてないことがあるんだ
そう 伝えるべきなのに伝えてないことがあるんだ

ぼくはきみの瞳をのぞき込んだ
離れていることで賢くなれるのはなぜだろう
きみはいつでもぼくの歌だった
そしてその歌が終わる前に

言っておきたいことがある 言っておきたいことがある
ぼくはずっときみを愛してる
ぼくの瞼を見れば 分かるはず



↓孤独なロジャーの思いが伝わってくるような曲。
◆RENT (1996 OBC Recording) - "One Song Glory"

7.ワン・ソング・グローリー
ロジャー:
ぽくは偉大な曲をひとつ書くんだ 手遅れになる前に…

ひとつの歌
栄光
ひとつの歌
ぽくが逝ってしまう前に
栄光
ひとつの歌を残しておきたい

ひとつの歌を見いだそう
ひとつのラスト・リフレイン
栄光

僕はかつてステージで輝いていた
だけどチャンスを無駄にしたんだ

ひとつの歌で全世界を魅了した
栄光
若い女の子の瞳に映る
若い女の子
栄光をつかむ
安っぽい色の光を越えて
ひとつの歌
栄光 空っぽの人生に
時は飛び去り 時は死に絶える
栄光 一度燃え上がる栄光
一度燃えあがる栄光 栄光
栄光をつかもう
本物の歌で
真実は炎のように燃え上がる
永遠の炎

ひとつの歌をつかもう
愛の歌
栄光
それは若者の魂から湧き出す
若者
ひとつの歌を
つかもう
ウィルスにやられちまう前に
栄光
沈む太陽のように
ひとつの歌が
この空っぽな人生を慎打ちあるものに変える

時は飛び去り
そして もう苦しむことはない
時は死に絶える
(ドアにノックの音)



↓シンプルな旋律ながら、輪唱のハーモニーが素晴らしい。合唱愛好者としては一度歌ってみたいと思わせる傑作!
◆RENT (1996 OBC Recording) - "Will I?"

ウィル・アイ?
スティーヴ:
ぼくが名声を失ったとして
誰か気にするだろうか
明ロまでぽくは生きられるだろうか
こんな悪夢を切り抜けて?

グループ#1:
ぽくが名声を失ったとして
誰か気にするだろうか
明日までほくは生きられるだろうか
こんな悪夢を切り抜けて?

グルーブ#2:
ぽくが名声を失ったとして
誰か気にするだろうか
明日までぽくは生きられるだろうか
こんな悪夢を切り抜けて?

グループ#3:
ぼくが名声を失ったとして
誰か気にするだろうか
明日までぼくは生きられるだろうか
こんな悪夢を切り抜けて?

グループ#4:
ぼくが名声を失ったとして
誰か気にするだろうか
明□までぽくは生きられるだろうか
こんな悪夢を切り抜けて?



↓冒頭の曲。のっけからビートが激しい。これぞロック!!
◆RENT (1996 OBC Recording) - "Rent"

(対訳無し)

↓ロジャーとマークが激しく掛け合うデュエット。二人のハモリが素晴らしいの一言。
◆RENT (1996 OBC Recording) - "What You Own"

(対訳無し)

↓ミミがロジャーを誘う曲。ボールダンス踊ってます。
◆RENT (1996 OBC Recording) - "Out Tonight"

14.アウト・トゥナイト
ミミ:
今何時?
もう深夜ね
わたしの身体から声か間こえるわ
「危険なことが始まる時間だ」ってね
こうも言っているわ 「わたしは罪を犯したい
争いの引き金を引きたい
タイト・スカートを履いて
見知らぬ人といちゃいちゃしたい」

一度ゲームの要領を呑み込んだら
わたしはどんなルールでも破ってみせる
そんなコツをつかんだのはずいぶん昔の話
起きましょう 人生は短いんだから

病気みたいな場所をわたしは知っている
そこでわたしは炎に包まれて踊る

お金なんか要らないわ
わたしはいつもただで入るの
あんたもただでいいわよ
わたしと一緒ならね

今夜出かけましょう
出かけなきやならないのよ
遊びたいの?
一緒に逃げましょう
クリスマスの日になる前に
今夜わたしを連れ出してちょうだい(ニャーン)

ドアマンがわたしにウィンクしてくれたら
それがどんなにラッキーなことか分かる?
アヴェニューBを代表する猫と
あんたは一緒にいるってことなのよ

今夜 出かけましょう
出かけなきゃならないのよ
さまよってみたい?
わたしの夜のお供になってくれる?
手を握ってちょうだい
今夜はふたりで吠えましょう

夜になるとわたしは唸り出す
都会のネオンや鋼鉄に囲まれてると
  眠れないのよ
でもスペイン人の赤ん坊だちか泣き出すと
まるで故郷に帰ったような気がしてくる

どこかでバーを見つけましょう
お互いの顔も分からないぐらい真っ暗な場所
見られたくない傷跡だって
すべて隠してしまえるわ

今夜 出かけましょう
出かけなきやならないのよ
あんた素敵ね
ストリートに出たい?
さかりのついた猫みたいに
月に向かって鳴いてみたい?
とにかくわたしを連れ出してちょうだい

今夜 わたしを連れ出してちょうだい
見捨てたりしないで 今夜
一節に行きたいの 今夜
今夜 今夜 今夜



↓フィナーレ曲。「Will I?」「another day」「without you」等のメロディがハーモニーとなって混ざり合い昇華していく。素晴らしいの一言。
◆RENT (1996 OBC Recording) - "Finale B"

フィナーレ・B
ミミ:
月より高くジャンブしたわ!

ロジャー
え?

ミミ
跳んだのよ ムーーーー

ジョアンヌ
帰ってきたのね!

ミミ:
わたしはトンネルの中にいた そして柔らかい白い光を
目指して歩いたの…

モーリーン:
すごいわ!

ミミ:
エンジェルがいたわ 本当よ 元気そうだった
彼女は言った 「振り返りなさい
そしてあの人の歌を聴くの…」

コリンズ:
彼女 びしょ濡れだ

モーリーン:
熱は下がったようね

マーク:
未来なんてない 過去なんてない

ロジャー:
今この瞬間が最後じゃないことに感謝しよう

ミミとロジャー:
ここにはわたしたちしかいない
人生を我が物にしたいなら
後悔はしないこと

全員:
他に選はない 他にやり方はない
あるのは今日という日だけ

女性たち:                 男性たち:
わたしには変えようのない       ぼくが名声を失ったとして
                       誰が気にするだろうか
わたしの運命               明日までぼくは
                       生きられるだろうか
                       こんな悪夢を切り抜けて?

わたしの望みは             今しかない
ただひとつ                この場所しかない
あなたがいなければ          愛に身を任せよう
わたしは手探りして           でなきゃ恐怖に
                       負けてしまう

わたしは死んでしまう
あるのは今日という日だけ
あなたかいなければ死んでしまう あるのは今日という日だけ

全員:
あるのは今回という日だけ



↓最後に流れる「Seasons of Love」。スティービー・ワンダーがボーカルに加わっています。
◆RENT (1996 OBC Recording) - "Seasons of Love B"

シーズンズ・オブ・ラヴ

一同:
525600分
525000の愛しい瞬間
525600分
一体どうやって 1年を計ることなんてできるだろう?
昼の光 日没
深夜 何杯ものコーヒー
インチ マイル
笑い 争い

525600分
人生のうちの1年を
一体どうやって計ることができるだろう?
愛はどうだろう?
愛はどうだろう?
愛はどうだろう?
どうやって愛を計るんだい
愛の四季
愛の四季

ソロイスト#1:
525600分
525000の旅行計画

525600分
ひとりの女あるいは男の
人生をどうやって計ることができるだろう?

ソロイスト#2:
彼女がつかんだ真実
あるいは彼か泣いた時間
彼か燃やした橋
あるいは彼女の死に方

全員:
歌うべき時が来た
物語の終わりは決して訪れないけど
今はお祝いしよう
友人たちの1年を忘れずに

愛を忘れずに
愛を忘れずに
愛を忘れずに
愛を計る

ソロイスト#1:
愛で人生を計る

愛の四季…
愛の四季



【関連記事】
◆【お勧め動画】ストンプ・シリーズ

FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
Twitter「つぶやく」ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/494-cb0d5b57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する