一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

アメリカが銃を捨てられない理由【その1】~米国人の深層心理に潜む「インディアン・コンプレックス」~

先日も、アメリカのアリゾナで銃が乱射される痛ましい事件がありましたが、こういう銃乱射事件が起こるたびに、銃規制の議論が起こるものの、常に銃規制が進んだという話を聞きません。

事実、次の記事↓にあるように銃規制が進んでいないのが現状であるようです。

【米銃乱射】銃規制進まぬ米国社会 9千万人所持で2億丁出回る

なぜ、アメリカは銃を捨てられないのか?
そしてまた、なぜ好戦的なのか?

そうした問題に対し、心理学の側面からこの問題を分析し、解き明かした岸田秀の解説を、何回かシリーズで紹介して行こうと思います。

今回ご紹介する記述は、岸田秀著『日本がアメリカを赦す日』から引用していきます。
まずはこの問題を考える上での、重要な原因となる「インディアン・コンプレックス」について説明した箇所からご紹介です。

日本がアメリカを赦す日 (文春文庫)日本がアメリカを赦す日 (文春文庫)
(2004/06)
岸田 秀

商品詳細を見る

(~前略)

インディアン・コンプレックス

なぜ、アメリカは戦争に勝つと、文明とか平和とか人道とかの文句のつけどころのない普遍的な価値を持ち出して、それを破壊した罪というような罪科を設けて、敵を裁判したがるかが問題です。
なぜ、自分が普遍的価値を握っていると信じることができるのかが問題です。

やはり、その理由はアメリカの歴史に求めなければならないと思います。

アメリカが敵を裁判にかけたのは、もちろん、日本が最初ではなく、すでに南北戦争のとき、勝った北軍が南軍を裁いています。
このときも、講和交渉で、両軍が戦後の武器保有などの条件をつけようとしたのですが、北軍はそれを拒否して無条件降伏を求め、南軍がやむを得ず承諾すると、北軍は、寛大な処置として南軍の武器保有を許すというやり方をしています。

とにかく、アメリカは、おのれを普遍的正義の立場、善悪の絶対的判定者の立場におき、それに従わざるを得ないような無条件降伏に敵を追い込んでおいてから、敵を裁くというのが好きなようです。

その点を貫くことができれば、あとは寛大になるようです。
そう言えば、戦後の日本に対しても、アメリカは実に寛大でした(すでに述べたように、これには他の理由も考えられますが)。

他方、アメリカは、自分が裁判にかけられるのは絶対に容認できないようです。

ベトナム戦争のとき、北ベトナムが、アメリカ空軍の北爆は国際法違反の戦争犯罪だから、捕虜の空軍兵士を裁判にかけるとほのめかしたことがありますが、当時のジョンソン大統領は烈火のごとく怒り、そのようなことをするなら、核兵器の使用も辞さないと北ベトナムを脅かしました。

その怒り方が度外れだったので、印象深く覚えていますが、このことは図らずも、アメリカが敵を裁判にかけるとき、敵をどのように見ているかを物語っています

アメリカがつねに正義の立場に立ちたがるというのは、立たざるを得ないコンプレックスがあるからだと思います。

僕はそれは、インディアン虐殺からきていると考えています。

アメリカ大陸にはインディアンが住んでいたわけですね。
アメリカなる国をつくるためには、インディアンを殺し、その土地を奪わねばなりませんでした

ここでアメリカ人(まだアメリカ人はいませんが、いちいち断るのも面倒なので、未来のアメリカ人の先祖もアメリカ人と呼んでおきます)は、解決しがたい矛盾に直面しました。

彼らは、不正に汚れたヨーロッパから逃れ、新大陸に新しい正義の国を建設するという使命を神に託されてやってきた(という幻想をもっていた)人たちでした。

したがって、単に邪魔だから、インディアンを殺すということを正直に認めることはできず、何とかインディアン虐殺を正当化しなければなりませんでした。

そこで、アメリカ人は、神に託された使命を果たすわれわれは絶対的正義の立場に立っており、この絶対的正義の実現を妨げる者は神に反逆する極悪人であり、極悪人を排除するためにはどのようなことも許されるという理論をつくり、それに縋りました。

この理論が、今日に至るまで、アメリカ人のアイデンティティを支えています
インディアン虐殺は正義のためにやむを得なかったんだという理論を堅持しないと、アメリカは正義の国ではなくなります

建国の精神から言って、正義の国でないアメリカはアメリカではないのだから、アメリカは滅びざるを得ないわけです。
滅びないためには、つねにアメリカには正義がついているんだと確認する必要があるということですよ。

それ以来、アメリカ人は、何か悪いことをすると、いやむしろ、強迫的に同じような悪いことを繰り返して、同じ理論で自己正当化をしなければならなくなったのです。

すなわち、アメリカは、どこかに極悪人をつくり、正義の立場から、彼と争い、彼を打ち負かし、彼を処罰するということを繰り返さざるを得なくなったのです。
繰り返しそうしていないと、正義の立場が揺らぐのです。

自己正当化は、言ってみれば、自己欺瞞ですから、意識的には正当化していても、心のどこかではつねに不安なので、同じ悪事を何度も繰り返して、それが悪ではなく、正義であることを確認しなければならないということになるわけです。

フロイドは、罪悪感を動機として同じ犯罪を繰り返すある種の犯罪者、すなわち罪悪感が犯罪に対するブレーキになるのではなく、逆に犯罪へと駆り立てる動機となる犯罪者の症例をあげていますが、アメリカは、精神分析的には、強迫神経症の患者で、反復強迫の症状を呈していると考えられ、その種の症例の一つであると言えます。

アメリカの対外関係の歴史は、最初のトラウマ体験であるインディアン虐殺体験の反復強迫と見れば、非常によく理解できます。

とくに、日本人は、インディアンと同じくモンゴル系の人種で、よく似ていますから(日本人は日本人とインディアンが似ていると思わないかもしれないが、アメリカ人から見ると同じように見えるらしい)、インディアンと同一視されたということは十分考えられることです。

したがって、アメリカ人がその歴史においてインディアンをどう扱ったかをよく研究していたなら、日本人をどう扱うかについて正確な予測ができたと思うのですが、日本軍部は、アメリカ兵はジャズを聞いて踊っている享楽主義の腰抜けどもだから、忠勇無双のわが日本兵が死ぬ気でぶつかってゆけば、尻尾を巻いてすぐ逃げ出すなどと、たわけたことを言っておりました。

何はともあれ、強迫神経症の症状なのですから、何か何でもそうせざるを得ないわけで、アメリカは、インディアンとの戦争で、あくまで皆殺しをめざしたように、他の国または他の民族に対しても、いったん戦争を始めたら、敵国の言い分もいくらか認め、どこかで妥協して適当なところで戦争状態に終止符を打つということができません

一九四三年、カサブランカ会議で、アメリカのルーズベルト大統領は、あくまで枢軸国の無条件降伏を要求する方針を打ち出し、イギリスのチャーチル首相が、それでは連合国側の死傷者や損害もいたずらに増えることになると反対したのですが、頑として聞き入れなかったそうです。
アメリカの軍事援助を欠かせないチャーチルは押し切られました。
このことについては、このあとすぐ、もう一度説明します。

次回へ続く)

【引用元:日本がアメリカを赦す日/東京裁判とアメリカの病気/P162~】


そういえば山本七平が「アメリカ人は手加減と言うものを知らない」と評していましたが、それはこの「インディアン・コンプレックス」に由来した性向であることは間違いなさそうです。

アメリカ人が銃を捨てられない理由もこの「インディアン・コンプレックス」に求めることが出来るのですが、それは後ほど岸田秀本人の筆にて説明がありますのでお楽しみに。

私は岸田秀に出会ってからというもの、国際関係を読み解く上で、心理的側面からのアプローチというものが意外に重要な要素ではないだろうか…と思うようになりました。

岸田秀は、民族それぞれの”共同幻想”が歴史を動かしてきたという、史的唯物論ならぬ「史的唯幻論」というものを唱えていますが、確かに彼の分析どおり考えるならば理に適っている場合が多いんですよ(なかにはこじつけと思える場合も稀にありますが…)。

特にアメリカの攻撃性が何に由来するかということについては、今回の岸田秀の意見は非常に参考になると思いますので、アリゾナの銃乱射の事件を契機に、紹介したいと思い引用した次第です。

さて、次回は「原爆投下の論理」について分析している箇所を紹介したいと思います。
ではまた。


【岸田秀 関連記事】
◆アメリカが銃を捨てられない理由【その2】~アメリカが二度も原爆を投下した「真の」理由とは~
◆アメリカが銃を捨てられない理由【その3】~日本での「成功」とベトナムでの「失敗」~
◆自己欺瞞と偽りの謝罪論【その1】
◆自己欺瞞と偽りの謝罪論【その2】
◆「内的自己」と「外的自己」とに分裂した近代日本/きっかけはペリー来航だった!?
◆「自己欺瞞」と「精神分裂病/ストックホルム症候群」
◆平和主義の欺瞞【その1】~日本人の平和主義は「強姦された女の論理」~
◆平和主義の欺瞞【その2】~自己欺瞞によりますます卑屈になる日本~
◆平和主義の欺瞞【その3】~現実を直視しなければ不可逆的に失敗する~
◆平和主義の欺瞞【その4】~押しつけられた平和主義は平和の敵~


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
Twitter「つぶやく」ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

コメントありがとうございます。

>YSJournalさん

こんばんは。コメントありがとうございます。

違和感あり…ますか?
岸田秀の主張は、ちょっと何でも型に嵌め過ぎる様な処がありますから、そこら辺が気になっているのでしょうか?
確かに私も大いに参考にさせていただいてはいるものの、百パーセント正しいかと言われるとそうじゃないだろ、とは思いますけど。

まぁ、ちょっとした推理でも読む感じで付き合っていただければ幸いです。

>ap_09さん

こんばんは。コメントありがとうございます。

ロシア・中国のご指摘はごもっともだと思います。
米国も似たようなものだと思いますが、米国の場合は文化発信力も強いし、自由民主主義を標榜していますから、そういうプラス面がマイナス面を上手くカバーしているのではないかと思っています。

>アメリカ人は手加減を知らないんでしょうかね?俘虜日記とか、一知半解さんの記事を見る限りでは、手加減を知らないのは、集団ヒステリーになると突っ走る日本人の方で

日本人の場合は発作的なイメージがありますね。でもその発作が治まれば羊のようにおとなしくなりますし、原理原則にこだわらずナアナアで穏便に事を運ぼうとするような気がしてます。

それに対し、アメリカ人は一見寛容に見えますが、原理原則に触れた場合は、徹底して反発するような気質があるんじゃないでしょうか。ap_09さんが指摘されているように「相対的ですし、議論も冷静」かも知れませんが、それは多民族社会という摩擦が起こりやすい社会であることに所以しているような気がします。

次記事に挙げる「原爆投下」などを見ると、アメリカ人はやる時は徹底してやる傾向が強いと思わざるを得ないです。

以前書いた過去記事↓も関連していると思うので、もし未読でしたらご覧下さい。

◆八百長のある国、日本。八百長の無い国、アメリカ。【追記あり】
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/blog-entry-267.html

  • 2011/01/13(木) 22:44:27 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

でも、そういうタクティクスというのも、建国の過程で、ご紹介の岸田氏の説のように、ネイティブ・インデアンをほとんど殲滅させたりという極端な体験を通して、だんだん学んだのかもしれませんね。私も続きを楽しみにしております。

  • 2011/01/12(水) 12:56:39 |
  • URL |
  • ap_09 #-
  • [編集]

脅迫神経的かどうかは別にして、実にうまい、ある意味恩を着せつつ、絶対的優位な立場を確保する方法なのではないかと思います。

思うに妥協というのは、両者の力に絶対的な差がないからせざるを得ないのであって、ヨーロッパは群雄割拠しているからでしょう。むしろロシアとか中国やその他の第三世界の方が、徹底的に暴力によるテロリズムによる絶対的恐怖支配を試みており、殲滅か、完全同化までやめられず、そちらの方が神経症的なのかもしれません。米国の方が冷静、狡猾というか、それよりずっとうまいやり方だと思います。交流のパイプも残しておくから、戦いの後も、一方が消滅したり絶対的敵対関係にはならず、相互に利益のある関係にもって行き易くなるのではないでしょうか。

アメリカ人は手加減を知らないんでしょうかね?俘虜日記とか、一知半解さんの記事を見る限りでは、手加減を知らないのは、集団ヒステリーになると突っ走る日本人の方で、多民族国家のアメリカ人の方が、自分を相対的に考えることができ、議論するにも礼儀があって、私やあなたが日本語ブログで体験しているように、すぐに怒鳴ったりののしったり、中傷記事をあげるようなことをする人に遭遇することは、あんまりないようです(ブラックメールとか、death threatとか確かにありますけどね)。

  • 2011/01/12(水) 12:47:06 |
  • URL |
  • ap_09 #-
  • [編集]

違和感あり

一知半解さん
岸田秀を読んだ事が無いので何ともいえませんが、今回のエントリーの第一印象として違和感があります。

タイムリーでもあるし、外交の心理考察も興味があるので、このシリーズとともに考えていこうと思っております。

楽しみです。

  • 2011/01/11(火) 19:08:47 |
  • URL |
  • YSJournal #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/501-070902b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する