一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

反原発・脱原発運動は「集団ヒステリー」化していないだろうか?

最近、山本七平つながりで会田雄次の著作を読み始めているのですが、たまたま読んだコラムが、今の世論の雰囲気をよくあらわしているように思ったので以下引用紹介しておきます。

新選 リーダーの条件 (PHP文庫)新選 リーダーの条件 (PHP文庫)
(1995/06)
会田 雄次

商品詳細を見る


■”集団ヒステリー”の日本

精神病の世界的権威である斎藤茂太博士と対談したときである。
現在の日本にはヒステリーが多い。
社会的にも集団ヒステリー的症状を示す騒ぎがよく起こる。

欧米では今日は鬱病、もしくは鬱病的現象が多く、ヒステリー的現象が目立ったのはせいぜい第一次大戦まで、つまり三十年以上の前までのことだった。
これはどういうことを意味するのだろう。
そういうお話をうかがった。

私などには到底そういう現象を解明する能力はない。
ただもう少し大ざっぱに歴史を比較してみると、欧米の社会騒動や革命騒ぎなどには躁鬱病・鬱病的性格が見られ、日本のそれは昔からどうも集団ヒステリー的性格を持つように思われる。

ちょっとここで説明するとヒステリーは女性に多く見られるものだから女性的性格のものと考えられるが、むしろ幼児的な精神症状だといった方が正確なのである。

その第一の特徴は周辺の状況や自分の立場、能力など、いわば客観的条件を無視する、というよりそれと全くかかわり合いのない欲求をするということだ。
名月を取ってくれろと泣く子かな」式の要求だ。

それは高望みというのとは異質の欲求である。
現実から遊難しすぎ矛盾が多くて男とか大人を呆然とさせるような要求を持ち出したり妄想をたくましくする。

第二にはその要求が即座瞬間的に満たされないと荒れ狂う
鬱病者のように待てないのである。

第三には要求達成の準備や努力というものを一切しないということだ。
名月をとるため高い木に登るというような症状は起こさない。
じだんだ踏んで泣くだけというように。

もっともヒステリー集団は逆上して人を殺すことはあっても、冷静に、常人が聞いたら胆を潰すような大量殺人行為はやらないという「救い」もある。
その点は伝えられる旧日本軍の残虐行為とナチスの数百万といわれるユダヤ人のガス室殺害とを比較してみればわかろう――日本軍の殺害事件の被害者数はほとんどが数十倍、数百倍に誇張されて宣伝されている――。

どうして日本人はこのような性格を帯びるに至ったのか。

いろいろ原因はあろうが、私は米作をやってきた、それも南方の原産地諸国よりはるかに高能率な米作りをやってきたことにあると思う。
といって米作り農業が直ちにヒステリー的人間をつくるなどと主張するのではない。

米作は麦作と比べ同一面積では十数倍のカロリーを創り出す。
当然その地は高密度人口地帯になる。
日本ではとくにそうなる。

フランスは日本の一倍半の広さを持つ。
可耕可往地は七十五パーセント。
日本は二十五パーセント。
住み得る平地、丘陵地で比較すると今のフランスに四億五千万人が住んだら現在の日本的状況を呈することになる。

戦国時代から私たちは今日のヨーロッパ諸国の数倍の人口密度の社会に住んできた。
3DKに大家族が住むのと同じ影響を受けてきたといってよい。
ヒステリックにならざるを得ず、今日でもその条件から抜け出していないわけである。

ヒステリーはその人の身を滅ぼす。
集団ヒステリーはその集団を破滅の淵に追いこむ。


今の日本には、この種の社会現象が至るところに、ひきも切らず起こるようになった
まだみんな小火災程度だと油断はできない。
それが一つにつらなって日本全体を焼きつくす業火になる恐れは決して小さくはないのである。

私は、そのような日本の狂奔のブレーキ役、バランス失墜を防ぐ錘(おもり)の役割を果たすのはいわゆる「地方」しかないと思う。
集団ヒステリーの発生地は東京、京阪神、名古屋、北九州の超大都市地帯である
世界でも未曾有の巨大な人口の超密度はんらん源となったこういう土地はもう集団ヒステリーの暴走を自己制御する機能を失っている。

それどころか逆に、火をつけたり油をそそぐ人間や装置が集まり、増える一方である。

今日の日本のマスコミ情報はニュースといわず、PRといわず、すべてそこに煽動性を内含させている。
東京を主とする情報の大集散センターの社会の強度のヒステリー体質がそうさせているせいだ。

要は、この情報の巨大集散センター以外の人々が、そこから流されるヒステリックな情報に鈍感になることである。
冷静、いや冷酷に対応し、情緒的に同感同質化したりはしていただかないようにお願いしたいのだ。

公害をなくするにはどうしたらよいか
日本人がみんな新聞を読まなくなったらなくなるよ」。

これは暴言でしかないが、公害の被害者と公害ヒステリー病者との区別をいいえて妙だと評価できないことはない。
公害ヒステリーは公害をなくするためになんの役に立たないばかりか恐怖すべき毒をまき散らすだけだといえよう。


■心情主義の危険性

このヒステリー社会を鎮静させるにはまずその症状を正しく見極め、それに対処するにある。
社会が悪いなどといって改革を叫ぶことはヒステリーの原因作りになるだけのことだ。
もっとひどい社会でもヒステリーとは関係のないところも多いのだから。

新幹線の名古屋駅から長髪の派手な服装をした若者が数人ドヤドヤと乗りこんだ。
人気者の芸能人なのだろう。
プラットホームにはセーラー服の中学生らしいのを中心に、数百人のローティーンの女の子がどよめいている。

警官が五、六人ロープを張り、声をからし、必死になって制止しているが、それをかいくぐった連中は窓にしがみつき、気が狂ったように窓をうちたたく。
若者たちは「うるせえな」とつぶやきながら傲慢にうなずいて見せる。
ともかく無事列車は出た。

こんな光景は現在の日本では至るところに見られるのだが、実はこれ、世界でも珍無類な特殊現象であろう。
というと人気者や珍物や崇拝者に群衆が殺到するのはごく当たり前の現象だ。
それを日本だけのことにして、また若者の悪口をいおうとするのだろうと考えられるかも知れない。

そういう反対論は、しかし、実は物の表面しか見ない「浅薄な意見」である。

たしかに「物珍しい」感情は別に日本人だけのことではない。
好奇心が強いのを日本人の特殊な性格のようにもいわれているが、日本のような荒海上の孤島とか、山国など、閉鎖社会の人間は大体、外界の存在に対し異常な好奇心を爆発させるものなのだ。

私の指摘したかったのは、この少女らの熱狂する態度なのである。

欧米人でも、インド人でも、アフリカの人々でも、そのようにして集まった群衆の顔は、多くは笑顔をたたえ、親愛の情を示している。
大騒ぎしてもそこには「遊び」という自覚とゆとりがある。
その表情には満足感とゆとりがある。

しかし、この少女たちの顔はことごとく醜くひきつれ、口を曲げ、多くは涙をボロボロ出している。
そして人とも動物ともつかぬあのキィーッといった絶叫をあげている。
別にこの芸人が死んだりしているわけでもないのにである。

だれが見てもわかる通り、それはヒステリーの発作に襲われたときの表情なのである。

日本人はヒステリー体質の民族だということは、このごろ宮城音弥氏をはじめ、方々で指摘されているが、この少女たちはそういう説を証明する一つの典型となろう。

ヒステリー体質の人間は勝気人間である

勝気人間はよく強気人間と間違えられるが、両者は根本的にちがう
強気人間とは本当の自信を持つから、個性的で孤立をおそれず、したがって他人に対し寛容である。

勝気人間の本体は劣等意識である
その不安から、たえず他人に負けまい、人におくれをとるまい、損をしまいとあせっている。
そのための虚勢と、もがきが勝気となって現われるのである。

勝気人間は流行に弱く、権威権力に弱く、お世辞に弱い。
煽動にのりやすい。
一人のときは弱いが群衆となり、責任の所在が不明確になったとたんに気が強くなる。


こういう人を操縦するのは簡単だ。
貴方は正義人だ、真面目だとおだてるとすぐ調子にのるからである。

しかし勝気人の何よりの弱点は、論理で考え意志的に行動しないで、もっぱら情緒や感傷にふりまわされるということにある。
しかも、強気人間とは正反対に、自分は全く論理的だと信じこんで、絶対にその非を認めないという致命的ともいうべき欠点がある。

情緒や感傷は、人間のセックスや食欲などの動物的本能的要求や、きわめて物質的で利己的な欲望と密接して発動するものである。
夜霧にむせび泣いたり、去って行った男の残した吸殻に愛着を覚えたりするのは、たしかに詩的情緒があるかも知れないが、そのような感情の表出は、交尾期の猫や大にもはっきり見られるものだ。

だから駄目というのではないが、それを高い価値を持つものとか絶対的なものとして主張するのはひどい利己主義になることが多い
女子中学生の芸人見送りの騒ぎなど、一般旅客の迷惑など頭から考慮の中に入っていない。
ヒステリー体質の人は、大人でも絶対にそれを正義の主張としか思わないのである。

公害反対も、くたばれGNPも、列島改造反対もよい。
しかし、それが情緒、つまり単なる心情的主張につきるなら、百害あって一利なしだ。

歴史を探るのはよいが、今のところそれは、NHK大河ドラマブームに乗って村里を荒らし、ごみで埋め、奇怪な便乗みやげ物屋を生み、村民を欲ぼけにしただけにとどまっている。
歴史的思考とは何の関係もない。
茶器ブームもよろしいが、茶器に喜ばれる例の破綻の美だ。

そのヒステリー的流行である。
たしかにそれは、自然のたわむれが生み出した美だが、その破綻は明らかに生産設備の不充分さと、生産過程の非合理性が生み出したものである。

陶器や日用道具ならよろしいが、飛行機の破綻となれば致命的である。
それは極端な例だというなかれ。

日本人の自然復帰論などは、そのような危険と結合しているのである。

もう一つの不安は、何もかもが政治化されている今日、何とか反対そのものも、歴史や日本人の心の問題も、奇怪な政治問題に帰着する可能性を持つということである。

煽動者は情緒や感傷をたくみに利用し、そのことで自分の野心を達成しようとする
情緒主義の国民は、それに応じ、なだれをうって極端から極端へと走る

マスコミがそれに迎合し、動揺の振幅はどうにも平衡回復できないところまで行ってしまう
そのことは、戦前の苦い経験であったはずだ。

日本回帰も、歴史ブームも、自然回復も、そこに論理を入れないかぎり、ヒステリー症状が暴走し、日本を破局へと導く危険なしとはしないのである。

【引用元:新選 リーダーの条件/甘えと集団ヒステリーの社会/P201~】


今一番議論の的となっている問題に、福島県内の幼稚園や学校などでの屋外活動を制限する放射線量が年間20ミリシーベルト以上とされた事が挙げられると思いますが、この決定について、判断に至った基準やプロセスの不透明さについては確かに問題点はあるでしょう。

しかしながら、この問題への反応を見ていると、「子供」というファクターが働くことで、より情緒的な反応が働いていて、その主張が単なる心情的主張に偏っているように思えてなりません。

確かに、「原発に従事する作業員が被爆するレベルだ」と言われてしまえば、余りにも危険であるような気がするのももっともな話です。

しかしながら、この問題は、基準をより厳しくした場合に生じる別の悪影響や過去の人体影響調査データ等、様々な要素を冷静に比較考量して考えるべきだと思うのです。

子供を屋外で遊ばせない場合に生じるリスクと被爆するリスクを比べてどちらかを選ばざるを得ない有事の状況にあることを忘れ、無いものねだりの「名月を取ってくれろ」式の要求を反原発派の人々が行なうのならば、それは会田雄次が云うように「百害あって一利なし」の行為。

ましてや反論しようものなら、「人でなし」とか「自分の子供をまず試してから言え」とか感情的な反論が返ってくるようであれば、まさにヒステリー患者の言動そのものです。

こういう反応を見てしまうと、「トマスの不信(註)」を表明することが日本では許されない…との山本七平の指摘は的を得ていると思わざるを得ません。

(註)…過去記事↓参照のこと。
◆聖トマスの不信【その2】なぜ日本では、聖トマスが存在しないのか?

脱原発も結構ですが、そこに「論理を入れないかぎり」ヒステリー症状によって、日本を戦前のような危機に陥れる恐れが大きい。
まさに今の日本はそうした状況にあるのではないでしょうか。


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
スポンサーサイト

テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

はじめまして、totoと申します。
突然ですが、一知半解氏は会田雄次・佐伯彰一著「山本七平と日本人」を読まれたことはありますか?
内容はというと、両著者の文化論をテーマとした対談の要所要所に山本の著作の内容を絡めたり、山本と言う人物を批評したりと言った内容なのですが、
山本著作の主張に対するあまりにも酷い誤読があり唖然としてしまいました。

山本の著作は賞賛者からも批判者からも、かなり誤解、曲解されやすい傾向にあるとおもうのですが、
そのようになってしまう原因について一知半解氏はどのように思われますか?

  • 2014/11/13(木) 02:41:03 |
  • URL |
  • toto #-
  • [編集]

お久しぶりです

>「集団ヒステリー」化していないだろうか?

一年以上前の議論の続きで恐縮ですが、現日本の核保有に否定的な理由がまさしくこれで、集団ヒステリーあるいは情緒的判断から核を使ってしまう(=核報復を受け国が滅びる)可能性が高い、ことです。

ただし、集団ヒステリーあるいは情緒的判断に偏る傾向は明治から現在まで続く体制(明治以降の日本の半島化)に問題があると考えておりますので、そこが変わればもちろん結論も変わります。

  • 2012/02/18(土) 06:12:01 |
  • URL |
  • 壱読者 #-
  • [編集]

また発売中止になったと

 「脱原発」の運動家が得意気に?騒いでいます。リンク先の記事を読む限りでは、最初から出版社を選んでおけばよかったのに、と思うのですが、敢えて中止にさせる事も「戦術の内」なのでしょうか?

  • 2011/12/16(金) 13:06:53 |
  • URL |
  • KY #OLHiJ7es
  • [編集]

ゆうこさんへ

ゆうこさん、初めまして。
レスが遅くなってすみません。
コメント&参考HPのご紹介ありがとうございます。

>しかし、放射性物質が人体に与える影響は「右」「左」関係ないので、注意が必要だと思います。

もちろん、仰るとおりです。
どんな種類の、どんな量に線量があるのか、によって、リスクは変わってきますので、いたずらに恐れるのではなく、冷静にリスク評価を行ない、それを避ける場合、どのようなほかのリスクが生じるか検討し、比較検討した上での判断が求められると思います。

それをしなければ、「健康の為に死ぬ」ような笑えない事態にもなりかねませんからね。

  • 2011/12/04(日) 23:12:41 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

かにくりーむ様へ

 返事が大幅に遅れて申し訳ありません。
 私が一言申し上げたいのは、「原発事故の被害者批判をした」と全くしてもいない事を捏造してまで引き合いに出すのはやめて頂きたい、ということです。
 私はカルトに等しい反原発論者を批判したことはありますが、実際に事故で被害を被った被災者の方々を批判したことは全くありません。何故にあなたは私が「してもいない事」を引き合いに出してまで批判したがるのか理解に苦しみます。
 自分の思いこみで意見の異なる他者を批判する前に、「原発利権」の一言で全てが理解できる、という思い上がりを正すべきではないのでしょうか?

  • 2011/12/04(日) 03:43:49 |
  • URL |
  • KY #mQop/nM.
  • [編集]

一知半解さま、はじめまして。
過去記事へのコメント投稿、失礼いたします。

確かに、「反原発!」「脱原発!」と、あまりにヒステックになるのはよくないかもしれないですね。

しかし、放射性物質が人体に与える影響は「右」「左」関係ないので、注意が必要だと思います。
空中に漂う放射性セシウム吸入をできるだけ減らすのに、市販されている花粉用マスクが有効だということです。
参照:
http://savechild.net/archives/13043.html

http://www.asahi.com/science/update/1201/TKY201111300873.html

  • 2011/12/03(土) 18:36:08 |
  • URL |
  • ゆうこ #-
  • [編集]

ついでに。

すでにお分かりでしょうが、前回の投稿の「反TTP」は「反TPP」の間違いでした。謹んで訂正します。

それにしても、村野瀬氏や秋原氏のような、国に依存することしか考えないような人間ばかりの国があったら、その国はまさしくギリシアのようになるでしょうね。

  • 2011/10/29(土) 10:33:09 |
  • URL |
  • 南溟 #-
  • [編集]

あらためて成田あいるさんへ。

>村野瀬氏も秋原氏も、これだけ政治や社会の批判はしながらも、実際に行動に移し、リアルに世論に働きかけることは一切しません。

そうですね。特に村野瀬氏なんかは、これだけ毎日膨大な量のブログを更新できるような優雅な生活送って、いったい何が日本に対してそんなに不満なんだと思いたくなりますが、どっちにしてもそんなに今の日本に対して不満なら、そのような状況を改善するために少しはリアルの世界で努力したらどうだと言いたくなります。しかし少なくともブログを読んでいる限りは、そのような様子は微塵も感じられませんね。
BLOGOSにも秋原氏のブログは掲載されていますが、これに対して以前このような傑作なコメントが寄せられました。

http://news.livedoor.com/article/detail/5424332/

>これまでのあんたのブログで「他人を助けるために自分が何かしなければ」という発言は一度として見たことがない。「自分を助けるために他人は何かをしろ」という発言はいつものことだがな。助け合い精神が皆無なのはあんただろう。

うむ。全く同感。

結局村野瀬氏や秋原氏は、バーチャルなネットの世界で革命ごっこに興じ、お仲間を集めて傷を舐め合っているだけのように思えますね。彼らにとって、反原発も反TTPも、反政府運動の口実として利用するだけのように思えます。

  • 2011/10/28(金) 00:39:03 |
  • URL |
  • 南溟 #Ov9v5TiY
  • [編集]

かにくりーむさんへ

かにくりーむさん、こんばんは。
前回、コメントいただいた際には、直接返信コメントせず大変失礼しました。
私の対応で傷つかれたとしたら、申し訳ございませんでした。

さて、頂いた3つのコメントを読まさせていただきました。
貴方からご指摘いただいたように、冷静を装いつつも感情的なトゲがあることは、私自身も思い当たる点もあります(汗)。

それが山本七平の価値を落としているとしたら、少々残念です(ま、私一人がそんな事をしても、山本七平の業績に瑕を付けるわけではないですけど)。

ただ、元々、器の小さい人間です。
それに加えて一知半解ですから、その程度の人間と笑ってくださいませ。

それはそうと、私がどこのデータを得て判断しているか?とのお尋ねですが、いろいろ参考にしてますが、私のような文型人間でもわかりやすいブログ記事↓を一つだけ紹介しておきます。
未読でしたら参考にしてくださいませ。

◆読解力図解力と教える技術の謎解きブログ
http://blogs.bizmakoto.jp/kaimai_mizuhiro/

>受けてしまってもしゃーない なら理解できますが受けるべきというのは気色悪いこと言いますね。

ちょっと誤解を招く言い方をしてしまったかも知れません。
私はどうも用語の使い方が不適切なまま、いい加減につかってしまう傾向がありまして、よく指摘されます。

正確に言えば、「受けるべき」ではなく「受けても仕方ない」に若干近いような気がします。

ただ、電気代の支払いで全く「貸し借りゼロ」というのはあまりにもミクロの視点でしか物事を捉えていないような気がします。
なんといいますか、食事するときの「(貴方の命を)頂きます」の本意を忘れ去った視点とでもいいましょうか。

もちろん、それが普通の人間の捉え方だと思いますが、何の犠牲も払わずに恩恵だけを享受できると考えそのものが自然の摂理に反しているように思います。

他の命を犠牲にすることで初めて生きていける人間が、電気だけは恩恵だけで済むとはとても思えません。

それに、恩恵だけは享受し、それが生み出した災いだけを拒否するというのはご都合主義に思いますし、また、そのような拒否をする人間に果たして批判をする資格があるのか、若干疑問にも思います。

何はともあれ、頂いたご意見は、今後の参考にしたいと思います。ありがとうございました。

  • 2011/10/16(日) 23:47:25 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

補足

肝心な用件を忘れていました。
「原子力という恩恵を受けてきた社会は、その禍いも等しく受けるべきである」

受けてしまってもしゃーない
なら理解できますが
受けるべきというのは気色悪いこと言いますね。

まず、電気という商品を買う消費者は
電気代を払っています。
双方の利益は、双方納得ずくの「合意の」
分量交換されて、
その時点で貸し借りがありません。
しかも、随分とぼったくってることも
明らかになってますよ。
恩恵を一方的に受けて済ましてなど
いないんですよ。残念ながら。

買ってるのは電気です。
放射能じゃありません。

電気に限らず、あらゆる
商品というのはすべからく
恩恵、で説明はつきますが
消費者が製造過程の不備の禍いを
「受けなければならない」
というのは理解に苦しむ珍説です。
前段にどんな文言があるにせよ、です。

禍いは受ける必要は、ありません。
恩恵だけもらって、災いはいや
で、いいんですよ、私も、あなたも
東電の人もね。そういうの、なにも悪くない。
しかも繰り返しますが、
恩恵は、電気代を「キチンと」
払った時点で、貸し借りゼロです。

なにか読み落としてますかね?

ご説明が不器用すぎませんか?
もっとうまく説明してください。
もちろん無理にとはいいませんが。

ずいぶん風変りな認識をお持ちの方のご意見
ということであれば構いませんが





  • 2011/10/11(火) 18:31:49 |
  • URL |
  • かにくりーむ #MkSG96Cg
  • [編集]

おじゃましたした。

一知半解さんという方が
こちらの方なのですね。
(ついでに言いますと、いいお名前ですね)
本文は興味深く読ませていただきました。

あなたの、公平冷静に見よう、考えようという
心意気は共感します。

しかし、その勢いがやや余ってる印象をおぼえますね。

その勢いが、
あからさまな加害者よりも
被害者を批判すると、公平っぽく見える。
だから主に被害者批判に力を入れる。
という安易な自己主張に走るご仁との
区別を困難にさせているようにも思います。

(この件の誰が被害者か加害者か、被害者は本当に一方的純粋な被害者か?はまた別の機会に)

それと、もうちょっとこらえてください。
最後の最後まで貫いてください。

お気持ちはわかりますが
すぐに感情出し過ぎです。
私はもとより、相手が
ヒステリーかどうかなんてどうでもよく
言っていることが肝心で、
そういう心構えで臨んでいますが
ヒステリーという形容をネタに
しているのに、あなたが
ヒステリーではまるでコントです。
あなたはずいぶん、冷静さを
装ったように書いてはいるのですが。
冷静さというのは、滲み出るものであって
装って見せれるものじゃないですねぇ。
言葉の端々にあなたの不自然に太くなった
青筋が、見てる間にも破裂しそうで
観ていてとてもはらはら心配してしまいます。

身の詰まった、濃い内容の本文の
価値をあなたが自分で落しているようで
残念です。

相手のことを低く評価すればするほど、
自分のケツの穴の狭さを宣伝しているようなものですよ。

私が野良犬だったら
どれだけキャンキャン吼えていたって
相手にしないでしょう?

つまらない言葉遊び失礼いたしました。
相手のKYさんが、どこまで真実を知って
それを前提にして発言しているのか
少し知りたくなったので。
彼が説明していることが本当なら
それは当然、私にとってもっとよく
知るべきことだと思いますし。

代替発電は×。

それは情報?
それとも
手を動かし身体を動かし
ありとあらゆることをこの目この身体で
確かめたこと?

その情報が、正しい、真実だという
確信は、どこで、得ているの?

そういうことは、
説明に用いるデータではなく
言葉づかいなどに
表れるように思うんです。

無論それで、データの真偽までは
わかりません。
しかし、その人が、本音の部分で
そのデータをほんとうに信じているかどうかは
わかります。

そうしますと、その分だけ
真実に一歩、近づけると思うんですよね。

またいいもの読ませてください。

  • 2011/10/11(火) 15:48:51 |
  • URL |
  • かにくりーむ #-
  • [編集]

KY WHY?

残念ながら
意味不明な物事に
爆笑はできませんよ。

非常に敵意を感じる言い方ですね。

物ごとはこのような表現もできるのです。
これがまことにナンセンスであるなら
そこまでムキになることはないでしょう?

そもそも、私は有効な
あなたがたの
(容認派かなにか?慎重派?)
言い分を読みたくて
読んでるだけで、
納得して信じたくて読んでるわけで。

物がもの、事が事なだけに
そりゃ、意地の悪い文言だって
書きますよ。

いきなり丸のみなんて無理に
決まってるじゃないですか。

そんな、代替えは無理だとか
なんだとか、嘘でも本当でも
いくらでも書けるわけでしょ?
だから、私はデータじゃなくって
あなたがたの顔を
読み取ろうとしてるんですよ。
あっかんべをしてないかどうかを。

そんななまくらなレッテル貼り人格攻撃
しかできないと、
ますます信じられなくなってしまう。
イヤ、信じたくなくなってしまう。

元々信じたくないなら別ですか
私は、信じたいわけですから。

言ってもきかねえこいつらにゃ
ほんと腹が立つ、

ごもっとも、

でもね、

事が事、物がものなだけに

百回言ったって信じてもらえない
というのが、まず当たり前だと思って
かかってもらわないと。

ということで、
私は、
私に真意を確かめることをせずに
一方的に侮辱するような言い方をされて
傷ついてますが、

まあこれは、想像なのですが、
こういう顔の見えない議論の場で
いろいろ、反対派の発言に腹が立って
たので、気持ちが先走ってしまった
とでも受け取っておきますよ。

なんか、
反論できないから
逆切れされたみたいでもあるけど。

  • 2011/10/11(火) 14:32:14 |
  • URL |
  • かにくりーむ #MkSG96Cg
  • [編集]

成田あいるさんへ

>村野瀬玲奈氏や秋原葉月氏らの性格をよーく現していると思いました。


会田雄次先生の指摘はホント鋭いですよね。
私も初めて読んだ時、思わず彼らを連想してしまったくらいですから。

>今原発問題が最大の問題であり、日本の運命を左右しかねない大事件だということは間違いありません。しかし、「ヒステリー」的な論・主張ならいらないと思います。
>それはどんな社会問題にもいえることだと思います。


仰るとおりですね。
日本人はどうも「情緒多過」過ぎてヒステリーになり易い傾向があるので、「水を差して」やることが大切だとつくづく思います。

  • 2011/10/09(日) 23:58:47 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

先ほど書かせていただいたばかりですが、また書き込ませていただきます。
興味深そうなタイトルだったので、一気に読ませていただきました。
何故村野瀬玲奈氏や秋原葉月氏がここまで今の政治や社会にいわば「ブチ切れ」ているのか。
何故批判者をしつこく、ウザがるのか。この記事が余すとこなく物語っていると思います。

>第一の特徴は周辺の状況や自分の立場、能力など、いわば客観的条件を無視する、
というよりそれと全くかかわり合いのない欲求をするということだ。

>第二にはその要求が即座瞬間的に満たされないと荒れ狂う。

>第三には要求達成の準備や努力というものを一切しないということだ。

>勝気人間は流行に弱く、権威権力に弱く、お世辞に弱い。
煽動にのりやすい。
一人のときは弱いが群衆となり、責任の所在が不明確になったとたんに気が強くなる。

>勝気人の何よりの弱点は、論理で考え意志的に行動しないで、もっぱら情緒や感傷にふりまわされるということにある。
しかも、強気人間とは正反対に、自分は全く論理的だと信じこんで、絶対にその非を認めないという致命的ともいうべき欠点がある。

以上、村野瀬玲奈氏や秋原葉月氏らの性格をよーく現していると思いました。
村野瀬氏も秋原氏も、これだけ政治や社会の批判はしながらも、実際に行動に移し、リアルに世論に働きかけることは一切しません。
まさに「周辺の状況や自分の立場、能力など、いわば客観的条件を無視する、というよりそれと全くかかわり合いのない欲求をする」。
「要求達成の準備や努力というものを一切しない」。

そのくせ、不平不満だけは人一倍。まさに「その要求が即座瞬間的に満たされないと荒れ狂う。」
その上自分たちが批判される立場に回され、議論をぶつけられると「ナンパ」だとか「ヘイトコメント」だと切り返す。まさに「自分は全く論理的だと信じこんで、絶対にその非を認めない」。
村野瀬氏も秋原氏も、これだけ政治や社会批判に明け暮れ、原発事故以降はほとんど原発のエントリばかりになったのも、秋原氏のコメント欄で一知半解様を袋叩きするのも、一種の「ヒステリー」なのでしょう。
異論・反論者に「ナンパされても、応じる義務は一切ない」と無視するのもまた、「ヒステリー」だと思います。

今原発問題が最大の問題であり、日本の運命を左右しかねない大事件だということは間違いありません。しかし、「ヒステリー」的な論・主張ならいらないと思います。
それはどんな社会問題にもいえることだと思います。

  • 2011/10/08(土) 22:48:56 |
  • URL |
  • 成田あいる #mQop/nM.
  • [編集]

KYさんへ

KYさん、今晩は。
遅レスすみません。

KYさんがご指摘するように、かにくりーむさんのご意見はあまりにも物事を単純に見すぎていてナンセンスですよね。

反原発派の議論を見ていて思うのですが、彼らには「量・程度」の概念がないですね。全てが二項択一の構図にされてしまって0か1かのデジタルでしか物事を捉えられない。
なんでこういう日本人が多いのか?
教育が悪いのでしょうかねぇ…。

  • 2011/10/04(火) 20:28:08 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

意味不明(爆笑)

 >どっちも利権漬けなら
放射能を出さない代替発電の勝ち

 「かにくりーむ」さんは何が言いたくて「放射能の有無」で勝ち負けを決めたがっているのかさっぱり解りません。
 代替エネルギーが原発は元より火力・水力の代替にすらならないほど効率が悪いのに、そんなものにじゃぶじゃぶと「補助金」の名目で税金を注ぎ込むのはざるに水を注ぐのと同じ。結局電力不足で庶民は苦しみ、得をするのはごく一部の業者と青後押しした政治屋のみ。「原発利権」というけど、曲りなりにも誘致した自治体の末端にまで恩恵があるのだけど、代替エネルギーの利権は得する者はほんの一握りの連中「だけ」ので「放射能の有無」で勝ちま負けをジャッジするのは全くもってナンセンス。
 それにドイツやスペインでは太陽光発電は(日本より日射条件がいいにもかかわらず)とっくに破たんしているのに、これでも勝ち負けに拘るのかな?

  • 2011/09/27(火) 22:20:53 |
  • URL |
  • KY #OLHiJ7es
  • [編集]

代替の発電が利権漬け
原発も利権漬け

どっちも利権漬けなら
放射能を出さない代替発電の勝ち。

>あの時はリーマンショックの真っ只中で、しかも冷夏だったので電力需要が低めだったのは当然でした。

都合の良い事実ばかり並べて希望的観測を基に語る輩が多すぎますね。
まさに員数主義、兵站軽視の悪癖そのものですなぁ。
この悪癖を自覚して行動することが、「戦前を反省する」ということの筈なんですが、反省を迫るのが好きな奴らに限って、全く反省していない。

  • 2011/05/23(月) 00:13:20 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

 >一知半解さま
 レス有難うございます。
 リンク先の「女性セブン」の記事ですが、すでに運転を停止して再開する予定のない1.2号機の地層データに言及されても手放しでは喜べないでしょう。「出し遅れの証文」みたいなもので。どうせなら稼動中だった3号機以降の地層データを「具体的に」提示して欲しかったのですが(苦笑)。
 ところで、週刊現代の反原発ヒステリーはますますエスカレートする一方で、まるでカルト宗教の機関紙の様相を呈してきましたね。「原発停止、これでいいのだ」という見出しは出版社の代表的な某漫画に引っ掛けたものでしょうが、代替手段の燃料である石油やガスをどう調達するのか全く言及しないで「電力不足はデマだ」とヒスっても説得力がありません。電力量はその年毎の景気や気象によって変動するということも頭にないのでしょうか?よくカルト信者たちは一昨年の例を引き合いに出しますが、あの時はリーマンショックの真っ只中で、しかも冷夏だったので電力需要が低めだったのは当然でした。
 まさか彼らはずっと日本の景気が悪いままでいい、と考えてるのではないでしょうね?

  • 2011/05/18(水) 18:52:43 |
  • URL |
  • KY #OLHiJ7es
  • [編集]

KYさん、キンピーさんへ

>KYさん

こんばんは。
レスが遅くなってすみません。

リンク先HP拝見しました。
「元設計者の内部告発」については、何とも判断しかねますね。もし、事実なら2号機とそれより古い1号機については停止もやむなしかと。
でも、4・5号機は確か最新の炉なので別個の判断で停止するか否かを決めるべきだと思います。


>キンピーさん

よくわからないですが、了解しました。

  • 2011/05/15(日) 22:42:48 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

一知半解どん

「>」に続く質問はだいたい既に答えてるかな。

  • 2011/05/14(土) 00:36:39 |
  • URL |
  • キンピー #-
  • [編集]

浜岡原発停止のタイミング

 横レス失礼。
 これを見計らったかのように、「元設計者の内部告発」なる手記が女性セブンに載っていますが、実名入りとはいえ、今になって出すというのも胡散臭いですな。これを「浜岡原発は廃炉にしろ!」という根拠になると考える連中がいたとすれば、まさに「やくざのインネン」に他ならない気がしますが。地盤を補強するとか、「元設計者」はそういったシュミレーションをした上で「それでもダメ」という結論に達したのでしょうか?
 そのうち地盤が大丈夫な場所に立地されている原発についても「元設計者の告発」が相次ぐような気がします。

  • 2011/05/13(金) 19:47:18 |
  • URL |
  • KY #mQop/nM.
  • [編集]

キンピーさんへ

キンピーさん。
レスが遅くなって申し訳ない。

>原発権利構造を主導してきた層と一握りの軍部とは指導責任が有り、それらを支持してきた者たちの責任ある。

「責任がある」というのは結構ですが、どのように責任を取るべきなのでしょう?
安全対策の不作為を行なった東電・国などの担当者は直接責任があり、業務上過失の罪を負うべきでしょう。
しかしながら、原発推進してきた政治家に投票してきた原発賛成派の「畜群」は一体どのような責任を果たせばいいんですか?

>原発政策を支持した畜群に求められるのは反省(つまり家畜であることからの脱却)

反省???
何を以って反省したと見なすのか?
いまいち曖昧過ぎてよくわかりませんな。
懺悔すりゃいいのですか?
残念ながら懺悔と反省は別物ですよ。

>一知半解どんは畜群を討つ言説を得意げに披露しながら、一方で自身の立ち位置が畜群そのものであることに気づいていない

畜群を討つ言説を得意げに披露???
私は自分が正しいと思った言説を紹介しているだけですし、オリジナルでもない二番煎じもいいところですが、ま、人の受け止め方はそれぞれですから、キンピーさんにとってはそのように見えるんでしょうかね?

私から見れば、キンピーさん自身も畜群を討つ言説を得意げに語っているように見えますが…。
お互い「目くそ鼻くそ笑う」ようなものかも知れませんねwww

しかし、私の立ち位置が「畜群そのもの」というのはいまいち真意がよくわかりませんな。
「無責任なマス=畜群」というなら、私の言動のどこに無責任な処があるのか指摘して欲しいですね。

それとも「権力に飼われた家畜」という意味ですか?

それなら納得。
ただ、自分としては「是々非々」でいるだけなんですがね。

反権力自体が自らのレゾンデートルになっているような人から、そう見えるのは仕方ないかもしれません。

そういや「若くして共産主義に傾倒しない者は情熱が足りない。年を取って共産主義に傾倒しているものは知能が足りない。」という格言がありますね。
私も高校生ぐらいの時は、共産党の主張に共感を覚えたものです。今では全然ですが(笑)。

キンピーさんがお幾つかは存じませんが、さぞかし若々しく情熱をお持ちの方なんでしょうな。

  • 2011/05/13(金) 00:29:28 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

一知半解どん

原発権利構造と天皇制はシステムの問題であって責任問題ではありませんが、原発権利構造を主導してきた層と一握りの軍部とは指導責任が有り、それらを支持してきた者たちの責任ある。
今回の原発事故では指導してきた者の一部から懺悔は聞かれましたが、それを支持してきた者たちから懺悔はあまり聞かれません。
ただし「いままで無関心でした。ごめんなさい」というのは消極的肯定への反省は有ったかな?
無関心でいることができたのは、大衆の中に自身を埋没させてきたからであり、そういったことへの反省に至った者は既に悪い意味の大衆ではありません。
しかしながら積極的に支持してきた“大衆”からの反省はありませんね。
こういう無責任なマスとしての大衆、すなわち畜群に民衆が留まる限り世の中は良くなりそうにもありませんが、一知半解どんは畜群を討つ言説を得意げに披露しながら、一方で自身の立ち位置が畜群そのものであることに気づいていないようで、そのあたりが非常に痛々しい思いで見ています。

最後に
>その禍いも等しく受けるべきである
いいえ、責任に応じて受けるのです。
東電の社長は報酬を辞退する道義的責任がありますが、原発政策を支持した畜群にそこまでは求められないでしょう。
原発政策を支持した畜群に求められるのは反省(つまり家畜であることからの脱却)と積極的な原発被害への支援ぐらいのもので、誰にも出来ることです。
つーか人として、その位やるのは当然でしょ。

  • 2011/05/11(水) 00:25:20 |
  • URL |
  • キンピー #-
  • [編集]

キンピーさんへ

キンピーさん、レスどうもです。
返事が遅くなって申し訳ないです。

>賛成であれ反対であれ意思決定には責任が生ずるものです。
>それを「多数決で決めたのだから責任は霧散させましょうよ」というわけにはいきません。


もちろん、「負担」と「責任」は別物ですよ。
責任をどこまで追及できるか、難しいとは思いますが、福島原発の場合、安全性向上の不作為があったことは間違いなさそうですしね。

しかしながら、私が言いたいのは、「責任を追及するな」ということではなく、「原子力という恩恵を受けてきた社会は、その禍いも等しく受けるべきである」ということです。
「俺は反対だった」から「賛成している奴らが負担せよ」では困るのです。
さいわい、キンピーさんはそのような考えでないようなので、良かったのですが、それをお分かりでない反原発派が多い。

「負担を負うからこそ責任を追及する権利を負う」のであって、負担も負わずに安全な外野から己の心情的正義心を満たす為に、被害者の立場に立ったつもりで他者の責任追及に汲々とする連中ほど、お気軽無責任な言動が多いのは困ったものです。

ま、現実には、いずれにせよ、国民誰しもが電力使用量の大幅値上げというお灸を喰らうことは必至でしょうね。負担からは逃げられない。

>ちなみに全会一致でその判断が間違っていた場合、それぞれがどのような責任の取り方をするのか。

日本では相互懺悔でしょうな。
もしくは実質的には責任を追及できないモノに、責任を転嫁してオシマイ。
「天皇制」とか「一握りの軍部」とかが逃げ場になる。
今回の場合は、「原発利権構造」とかになるんでしょうかね…??違うか。

  • 2011/05/10(火) 23:23:18 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

ちなみに全会一致でその判断が間違っていた場合、それぞれがどのような責任の取り方をするのか。
戦後でみるとそのメルマークに帰国事業とその後の対応があります。

左翼の少なくない人々は人道上の問題から反省し、日本人妻を含む脱北者支援や拉致問題支援に乗り出します。
党派から離れて活動した人、党派に属しながらそれでもなお活動を続けた人、その形態は様々ですが圧倒的大多数は帰国事業の罪に口をつぐみました。
「なんちゃって保守」やウヨがやったことといえば、悪者を探して自分達の罪を押し付けることぐらいでしょう。

しかし原発事故のその後といい、覚悟以前の問題であって、反省すらできないなんて猿以下なのでしょうか(苦笑

  • 2011/05/08(日) 21:35:07 |
  • URL |
  • キンピー #-
  • [編集]

一知半解どん

>基準をより厳しくした場合に生じる別の悪影響や過去の人体影響調査データ等、様々な要素を冷静に比較考量して考えるべきだと思うのです。

そりゃ「危険だけど我慢してね」というのは政治の仕事ですが(学者はその立場に無い!)、20ミリシーベルトという数値では上記のような問題意識に立って答えを出すべきと半解どん自身が書いてるでしょ。
私はそれについて論じているまでです。
こういう類の判断をするのは明らかに専門家の仕事でしょうに。


>最終的にその恩恵を享受してきた社会も引き受けざるを得ないでしょうね~

賛成であれ反対であれ意思決定には責任が生ずるものです。
それを「多数決で決めたのだから責任は霧散させましょうよ」というわけにはいきません。
そんな身勝手な理屈を通すのであれば、東電も「俺達だって国策で“やれ”というからやったのだ」というでしょう。
これって無謀な戦争に突き進んだ戦前の無責任体質と同じじゃないですか。
政策を主導した責任、それに賛成した責任。
大きさは違いますが、責任が霧散するわけではありません。
現状の継続を肯定するなら、最低限 現在起こっている事故処理費用などの負担も覚悟した上で主張してもらわないと。
その覚悟が見えないから、お気軽無責任な言動がまかりとおる。
困ったものです。
ちなみに反対だからといって、害悪から逃れることなどできませんので(だから反対するのですが)、「俺は反対してきたから負担を負うのは嫌だ」なんてこはできないでしょうに。
消費税に反対してきたから消費税は払わないなんて事がまかり通らないことと同じです。

  • 2011/05/08(日) 20:29:25 |
  • URL |
  • キンピー #-
  • [編集]

キンピーさんへ

キンピーさん、レスが遅くなって申し訳ない。

>20ミリシーベルトの判断は偉い人がするんでしょ?
>偉い人=専門家ではなく、政治家なんですか?


政治家ですよ。
専門家は提言するだけ。
あとは社会的コストと勘案しながら決めていくしかないでしょう。以下のブログ記事↓参考にしてください。

■わからなさの問題(永田)
http://blog.camuispaceworks.com/?eid=131

>依頼するなら汚染処理だけでも数十兆円の費用がかかるのですが、原発に賛成してきた方は自腹を切って支払う覚悟があるのでしょうか。

第一義的には東電が負担すべきでしょう。
しかしながら、東電が負いきれない部分があるとしたら、最終的にその恩恵を享受してきた社会も引き受けざるを得ないでしょうね。

俺は反対してきたから負担を負うのは嫌だ…なんていう考えは、自分勝手なわがままでしょう。
キチンとした社会合意の手続きの下、原発を推進してきたのですからね(原発利権ガーとか言ってその手続きを認めない輩もいますけどね)。

「利益(権利)は享受するけれども、義務は嫌だ」というのは左翼にありがちなメンタリティ。それを屁理屈つけて正当化しようというのが、左翼のいけないところだと思います。

  • 2011/05/08(日) 12:47:13 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

一知半解どん

20ミリシーベルトの判断は偉い人がするんでしょ?
偉い人=専門家ではなく、政治家なんですか?
原発問題での政治家って大衆と何が違うのでしょうか。

っで、移住費用云々ですがその前にまずこの原発事故の費用をどうしましょうか。
汚水処理をフランス企業に依頼するとかしないとか。
依頼するなら汚染処理だけでも数十兆円の費用がかかるのですが、原発に賛成してきた方は自腹を切って支払う覚悟があるのでしょうか。

  • 2011/05/06(金) 05:35:17 |
  • URL |
  • キンピー #-
  • [編集]

コメントありがとうございます。

>zep01さん

初めまして。
レスが遅くなって申し訳ない。

ネトウヨの精神年齢は確かに低そうですね。
でも、左翼もそんなに変わらない様な気がするのですが(笑)。

また、いろいろ自然エネルギーに関する参照記事のリンクを教えていただき、どうもです。
ただ、現時点では原子力の代替は無理です。
原発利権構造が、自然エネルギー転換への妨げになっているように思われているようですが、エネルギー安全保障という面から開発が推進されてきたという側面は否定できません。
したがって、利権構造のみに捉われて、この問題にあたるのは間違いです。
貴方のような「利権=諸悪の根源」視した考え方について、エントリーを挙げましたのでご覧頂ければ幸いです。


>KYさん

まさに仰るとおりでございます。


>南溟さん

コメントありがとうございます。

最近の村野瀬さんはあまりエントリーに”切れ”が無いような気が…。

彼女がありがたがっている「自由、人権尊重、民主主義、平等、平和主義」などのワードも、少しは歴史を勉強して、どうしてそのような価値観がスタンダードになったかの経緯を考えれば、馬鹿の一つ覚えのように軽薄に使うこともないんだろうと思うのですが、彼女には無理だろうなぁ…。


>キンピーさん

どうもご無沙汰してます。

>いまヒステリーを起こしているのは自分の足元が揺らいだ科学万能論者、合理主義者、國体に従うことしか知らない羊等々でしょう。

まぁ、そうした人たちの中にも、ヒステリーを起こしている人が居るかもしれませんね。
ただ、やっぱり左翼側に多い気がするなぁ…。

>一知半解どんの主張(ワケの分からん大衆に判断させるより、賢い人にお任せしろ)からすれば、20ミリシーベルトという数字は批判されるべきものでしょう。

別に20ミリシーベルトが危険ではないと言ったつもりはないですよ。
その健康被害と、平時の1ミリシーベルトの基準を適用した場合に起こる負担を比較考量すべきだと申し上げているだけです。

それをきちんと政治が責任を以って決定し、結果責任を負うべきだと主張しているのです。

どんな判断を下そうと批判されるのは当たり前です。
批判で終わっているだけじゃダメなんですよ。
現状を批判するならば、移住費用などの負担も覚悟した上で主張してもらわないと。
そこの覚悟が見えないから、お気楽無責任な言動がまかりとおる。
困ったものです。

  • 2011/05/06(金) 00:09:54 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

yuichちゃんを相手にしてあげてね

サヨおじさんのところで「正しい情報が正しい判断につながらない」という至極真っ当なことを書いているなぁと思って見にきたら、やっぱ相変わらずアホっぽい記事書いてますね。

確かに市場万能論者(一定のルールの基で市場に任せれば、理性的な大衆は合理的に判断するのだから万事上手くいく)の言うような、「理性的で合理的な大衆」などというものは幻想でしかないのです。
その点において正しいのですが、いまヒステリーを起こしているのは自分の足元が揺らいだ科学万能論者、合理主義者、國体に従うことしか知らない羊等々でしょう。
こういった人々の反応は、正義というような高尚なものではなく自己防衛という形で現れています(「煽り」等の無意味な言葉狩り)。
一方、原発の危険性を訴えてきた人からすれば、予測していたのですから現状はなんらヒステリーを起こすものではありません。
ぶっ壊れた建屋を目にすれば正義を主張する必要も無い。
一部アジっている人もいますが、あれはヒステリーではなく自己顕示欲です。

っで、
>基準をより厳しくした場合に生じる別の悪影響や過去の人体影響調査データ等、様々な要素を冷静に比較考量して考えるべきだと思うのです。

それが年間1ミリシーベルトです。
これは某大な資料を専門家がつき合わして合意した国際的な基準ですから、これを守らないと日本の生産物(食料)は海外に輸出することが困難です。
一部で日本産食料品の輸入国がチェックを厳しくしたことに「過剰反応だ!」といきり立っている人がいますが、これは国際的な道義をわきまえない北朝鮮がワケの分からないマイルールで他国を非難するのと同じこと。
このような功利主義的な基準の変更はすぐに行き詰ることを知っておくべきでしょう。
功利主義は市場経済万能論者やナンチャッテ保守に多く見られますが、悪く言えば猿知恵なんですよ。

っで、この記事を書いたのが今日というのが驚きなのですが、20ミリシーベルトを子供に適応することに反対しているのは辞任した参与だけではなく、ノーベル医学賞も受賞した医師団もそうですし、放射線防護の専門家は少なくとも疑念を表明しているようですね。
一方問題が無い、あるいは軽視しているのは原子力の専門家でも主に防護・医療とは違う分野の専門家のようです。
一知半解どんの主張(ワケの分からん大衆に判断させるより、賢い人にお任せしろ)からすれば、20ミリシーベルトという数字は批判されるべきものでしょう。

  • 2011/05/03(火) 22:23:16 |
  • URL |
  • キンピー #-
  • [編集]

お久しぶりです。

お久しぶりです。

最近の村野瀬氏のブログは、他所のサイトを長々と引用するばかりで正直に言ってつまらんと思っていました。反原発を主張するならするで、自分なりの見識を持って主張すればいいのに。専門家でもないことにやたら首を突っ込もうとするのもこの人の特徴ですね。
そういうわけで、最近になってようやくこの人らしい投稿がありました。
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-2488.html
「一方的な国策教育は、誤りを自ら修正できない人間を増やす」、なるほど、その通りですね。でもこの人によると、「自由、人権尊重、民主主義、平等、平和主義などなど」という言葉は「歴史的にも国際的にも定まった価値」なのだそうですが、だからこそこういう言葉を××の一つ覚えみたいに軽々しく用いるような人には用心しなければなりませんね。
そもそも、こういう「価値」ばかりを妄信すればユートピアが来るかのように言うこの人の主張にはカルト的なものを感じますが、これもまさしく会田氏のいう「ヒステリー体質」ですかね。文中で触れられている、タレントを追いかけて「キーッ」と叫び声をあげる女子中学生と同じものでしょうか。

  • 2011/05/03(火) 22:10:51 |
  • URL |
  • 南溟  #-
  • [編集]

精神年齢がストップしているのは

 果たして誰なんだか。
 未だに「原発利権」と馬鹿の一つ覚えのように騒いでいるカルト信者の方がよっぽど精神年齢が5歳児で止まっているとしか思えない。
風力発電や太陽光発電が補助金付け、つまり利権ずぶずぶでないと動かないのは常識。
補助金なしでは採算が合わない「ソフトエネルギー」のためにドイツ人は馬鹿高い電力料金を払わされている。それに「風任せ、太陽任せ」の不安定な発電で「質のいい」電気を供給できると思ってるのだろうか?
 しかも新エネルギーを模索しているとはいえ諸外国は原発と言うカードを決して手放さない。産油国でさえ開発する気満々と言う現実からめをそらして他者を「厨房のままストップしている」と決め付けるとは片腹痛い。
 まあ他人を幼稚呼ばわりする前に風力発電の風車の傍で半年ほど暮らしてみてはいかがでしょうか?

  • 2011/05/03(火) 21:57:05 |
  • URL |
  • KY #mMgziZAk
  • [編集]

反原発=反電力ではない 海外諸国は原発から別の発電への道を模索している
日本だけが土地収用利権や建設利権・天下り利権・献金接待利権の
旨みがある原発を政治家や官僚が固執し利用ているだけ

イギリス 洋上風力に13兆円投じ、全世帯の8割以上の電力を風力発電でまかなう計画が始動
ttp://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1275480337/
フランス 1兆1,200億円投じ、3,000MWの洋上風力発電施設建設へ
ttp://www.jetro.go.jp/world/europe/fr/biznews/4d478e1eb2778
スペイン 電力供給のうち風力発電の占める比率が21%に達した
太陽光、水力などを含む再生可能エネルギーの合計は全体の42.2%に
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011040100301
中国  アメリカを抜き、中国が風力発電量トップに 日本は大きく遅れる
 日本はブラジルやメキシコ以下の発電量
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2011-03/11/content_22109552.htm
アメリカ 年間1兆4600円を投資し、「2030年までに風力発電比率20%に」、米大統領が環境“巻き返し”宣言
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1240463713/
韓国  韓国が狙うのは、欧米でも研究開発段階であり実用化まで時間を要すると言われている
「浮体式」洋上風車市場の支配である。国家予算による研究開発を、米国など他国を巻き込んだ形で進めており、
浮体式風車に関する技術規格の国際標準化は韓国が主導する形で開始されようとしている。
http://japan.cnet.com/sp/cleangreen/35000852/
google  4000億円を投じ、洋上風力用海底ケーブル整備計画への投資を発表
 風力発電だけで、デラウェア州、マサチューセッツ州、ノースカロライナ州で消費される全電力と、
ニュージャージー州、バージニア州、サウスカロライナ州の大半の電力をまかなうことができると試算
6000MW発電し、20万人分の雇用を新たに創出か
http://world.terraviss.com/?p=1079

  • 2011/05/03(火) 15:13:51 |
  • URL |
  • zep01 #.QCNBCAY
  • [編集]

「原発反対がうるさ過ぎて安全対策ができなかった!原発の事故はサヨクの責任!」

「ママが勉強勉強うるさすぎるからやる気なくすんじゃん!勉強して欲しけりゃ黙ってろよ!」

「原発事故は悲劇だが、ここぞとばかりのサヨクのドヤ顔がうざい」

「ママに『だから言ったでしょ』とか言われたくない!」

このようにネトウヨの精神年齢は厨房の頃のままストップしています
しかもそれに気づいていない
そして自分はすごく「正しい」と思っている
アニメが好きなのもうなづけますね

  • 2011/05/03(火) 15:07:00 |
  • URL |
  • zep01 #FXX3XqbQ
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/589-9c9f8b35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する