一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

みっくみく(笑)にされちゃいました!

いささか旧聞になりますが、『LAからリポート:「まだ震えが止まらない」――初音ミク初の米国ライブで何が起きたのか』とのネット記事がありました。

普段、私のような政治系の記事をお読みの方は、多分「初音ミク」をご存じない方が多いでしょう(私も存在を知っていただけのクチ)から、詳しくはwikipediaを参考にしていただければなんとなくおわかりいただけるのではないかと思います。

要はコンピューターが歌を歌うヴァーチャルな人型キャラクターと言ったところでしょうか。
初音ミクの名前の由来も「未来(ミク)からの初めての音」から来ているそうです。

誰でもこの初音ミクのソフトを使えば、自分のパソコンで彼女に自作だろうが他作だろうが自由気ままに歌を歌ってもらうことができる訳ですが、この技術をベースに、今ネット上で一大ムーブメントが起きているのです。

これはまさに音楽史上に残るエポックメイキングな出来事ではないかと。
ボーカロイドという新たなミュージックのジャンルが出現したのですから。

たとえが適切かどうか判りませんが、個人的には、ストラヴィンスキーが「春の祭典」を初演した時、当時の人たちに与えた”衝撃”に似ているような気もします。
それだけ革新的だと思います。

私ももういい加減アラフォーのおじさんですから、正直あまり興味はなかったものの、上記の記事に触発されて幾つかそのライブ映像をyoutubeで見たのですが、すっかりとりこになってしまいました。

まず、驚かされたのが、ステージ上に3Dっぽい画像の初音ミク(ほぼ人と同サイズ)が非常に滑らかな動きで所狭しと動き回っていること。どうやらステージに透過性のプロジェクターボードを立てて裏からプロジェクターで投影しているらしいのですが、おそらくコンサート会場で見たら、3D画像が浮遊しているような感覚に襲われるのではないかと。

そして何よりショックだったのがコンサート会場の人達の反応。
ヴァーチャル・アイドルに熱狂する様は、アラフォーのおじさんには物凄く衝撃でした。

生身の人間ではない、コンピューター技術が作り出した”虚像”に熱中する様をみると、芸術であれ何であれ、人が作った「人工物」に感動するのは昔から変わらない人間の性(さが)なんだなぁ…と改めて思わされました。

最初は不自然に感じた電子っぽい響きの声は、わざと残しているのか、それとも人間の声に成り切らないのか定かではありませんが、何度が見ているうちに、これはこれでヴァーチャルっぽくて味があるように思えてくるから、慣れというのは不思議ですね。

幾つか動画を見て回って、これは良いと思った動画クリップを以下紹介しておきましょう。
こういうオタクっぽいものに拒否感がある人も居るかもしれませんが、食わず嫌いはやめて見てみる事をオススメします。
私なんかも保守的で普段はクラッシックばかり聴いているのですが、たまにはカルチャーショックを味わうのもイイモノです。
是非ご覧あれ!

■初音ミク オリジナル曲 「裏表ラバーズ」【PV】

↑個人的にこの曲がもっともボーカロイドらしさ一杯の名曲だと思う。ビデオクリップとしても曲とマッチしていて非常にクオリティが高い。
しかし、これだけ早口で歌うのは人間には無理な筈…とおもったが、次のクリップ↓を見ると、見事に歌いこなしている人間が居てビックリ!


■『裏表ラバーズ』  歌ってみた 【蓮】

↑初音ミクと比べて歌の内容が聞き取り易い。人間の能力は計り知れないな。男が歌ってもかっこいー!


■ミクの日感謝祭 / Miku 39's Giving Day HD - 18.裏表ラバーズ

↑ちなみにこちらはライブ版。終わりにメンバーの紹介までやっている(驚)。


■Hatsune Miku - Po Pi Po (Concert Ver.)

↑この曲もなんちゅうか、ボーカロイドらしい一曲。ミクちゃんのダンスが素晴らしい!ロス公演では外人さんにまで「ソイヤ、ソイヤ!」「ドッセィ、ドッセィ!」と叫ばしていたらしい…。初音ミク恐るべし。


■【オリジナル曲PV】マトリョシカ【初音ミク・GUMI】

↑この曲も非常にオリジナリティが高く、個人的に評価したい名曲。


■World is mine Miku Hatsune live HD with English sub

↑多分これが初音ミクの代表曲、かな。米国トヨタのCMにも使われているくらいなので。


■Spica Miku Hatsune live HD with English sub

↑リズムや転調の変化が楽しめる一曲。


■ミクの日感謝祭 えれくとりっく・えんじぇぅ 初音ミク LIVE HD

↑この曲の疾走感はハマる、快感。なんか出だしが爆風スランプっぽいけど。


■[Eng Sub] Double Lariat - Vocaloid - Hatsune Miku 39's Giving Day Concert

巡音ルカの踊りと曲がよくマッチしている。実に自然な動きでグッド。


■Megurine Luka - Just Be Friends Live in HD

巡音ルカの大人っぽさが味わえる名曲かと。


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:初音ミク - ジャンル:音楽

このページのトップへ

コメント

吉田五郎太さんへ

吉田五郎太さん、今晩は。
再レスありがとうございます。
相変わらずの遅レスで済みません。

私のお気に入り「夕闇ノ殺メ唄」をボカロの先達である吉田さんに、ご紹介できて嬉しいです。
ボカロの世界は相当奥が深そうですね。

さて、ご紹介いただきました曲何度か聴きこみました。

「夢色牡丹」は、結構すんなり耳に入っていい曲だと思いましたね。
ご指摘のように最後スローダウンするところは味わい深かったです。

鏡音リンと言えば「右肩の蝶」のような声の音を想像するのですが、「のろいのめがね」はちょっと違った印象を抱きました。最初と最後のナレーターのしゃべりも味がありましたね。

「ハイセンスナンセンス」は何度か聴きましたが、わかりません(汗)。
感じろ!との事ですが、残念ながらテンポといい曲調といい、不調和的なところが、どうも受け付けられませんでした。
まぁ、聴きこんでいけば違ってくるのかもしれませんが。

また、気が向いたらオススメの曲を教えてくださいませ。
よろしくお願いします。

  • 2011/09/01(木) 23:26:23 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

お返事遅れました(汗)。

オススメのMEIKO曲、聴きましたです~。実は初見でした(笑)。
「げに恐ろしきは女の執念」を地で行く曲でしたね。鮮やかなPVも秀逸でした。僕としては途中の唐傘回転の演出が好きですね。

さて、僕の方も何か「和風ダークな曲」を紹介できればと思い探してみましたら……いいものがありました。
※()内はアーティスト名
【初音ミクオリジナル】夢色牡丹 ~彷徨い恋唄~
http://youtu.be/xV4QW54pWi4
(bibuko)
往年の名怪談『牡丹灯籠』をモチーフとしたロック調の曲ですが、ミクの少しキンキン気味にした声質が逆に作品を引き立たせています。最後の部分の物寂しさも良し。
※同タイトルのミクの別曲があるので注意。こちらは上記の通りサブタイ「~彷徨い恋唄~」が付きます。

あと、もう少しだけ紹介をば、「テクノ系」と「不条理系(?)」でやってみましょうかね。

【鏡音リン】のろいのめか゛ね ~ stray girl in her lenses【オリジナル曲】
http://youtu.be/Znpg2jqKZ9s
(ぶっちぎりP)
どこぞの名RPGを連想させまくる作品世界と、「鏡音リン」の本当に少女らしい感情のこもったような声の調教がスゴイ一品です。あと、リンと「がくっぽいど」の“しゃべり”にも注目。

【初音ミク】ハイセンスナンセンス【オリジナル曲】
http://youtu.be/brUmXXclmjc
(盛るP(園山モル))
……なんじゃこりゃ!と言われても、僕からもちょっと説明のしようがない曲です(汗)。とにかく「考えるな、感じろ。」の世界。

……とまぁ、一旦曲紹介はここでストップしますが、今日(8/31)をもって初音ミク4周年を迎え(発売が2007年の今日)、さらにはYAMAHAが新エンジン『VOCALOID3』を発表し、どこまで広がるボカロワールド!ですな。

  • 2011/08/31(水) 22:04:20 |
  • URL |
  • 吉田 五郎太 #OAxxUYaQ
  • [編集]

吉田 五郎太さんへ

吉田さん、こんばんは。
疑問に丁寧にお答えくださりありがとうございます。
毎度レスが遅くなって申し訳ございません。

なるほど、単にボカロソフトに入力すれば出来上がるわけじゃないのですね。
機械とは云えど細かな調整は人の技巧を必要とする部分があるということですか。
外部ツールも必要となってくると、まさに職人の技でないと無理ですね。

>かくして各ボカロP達はなかなか素直に「歌ってくれない」ボカロソフトを相手に日夜格闘しつつ数多の作品を送り出しているわけで。それをほぼ無料で視聴できるとは……本当にいい世の中になった、のかな?てな感じです。

ホントですね。クリエーターの皆さんの情熱があの機械の声の中に込められていると思うとちょっと受け止め方が違ってきますね。
そんな曲を無料で聴けるというのは確かに素晴らしい時代ですね。

私も最近アイフォンアプリ「みくサウンド」でいろいろ視聴しているのですが、特に気に入ったのが見つかりましたので一応ご報告です(たぶんご存知かとおもいますが)。
これ↓はビデオクリップとしても非常にクオリティが高いなとおもいました。間奏でカゴメカゴメの童謡メロディをはさむ処なんか憎い演出ですよね。

■夕闇ノ殺メ唄
http://youtu.be/WCW8JZrEk9g

  • 2011/08/28(日) 23:26:53 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

ご質問があったようなので。

え~と、分かる範囲でお答えしますです。
>ただ単にボーカロイドソフトに曲を入力すれば良いものではないと言うことなのでしょうか?なにか特別な技術があってそれを調教と呼ぶのですかね?
はい、実はここがVOCALOIDソフト(以下ボカロソフト)の肝心要の部分でして、ボカロソフトは他の「作曲用シンセサイザーソフト」同様に「ピアノロール方式(ピアノ鍵盤に見立てた音階のマスに音を入力する)」のエディット画面にて声(言葉)を入力してメロディを組んでいくのですが、ただ入力しただけ(いわゆる「ベタ打ち」)の状態ではかなり不自然でたどたどしい代物であり、曲の作りによっては「小学生に歌わせた方がまだマシかも……」とすら思えるレベルになってたりします。
そこで、ボカロソフトのエディター内の
「ヴェロシティ」(声の強弱)
「ピッチベンド」(発音しながらの声の高低)
「ブライトネス」(声の雰囲気の明暗)
「ジェンダーファクター」(声質の大きな変化。コレを調整すると、例えば「初音ミク」でもオッサン声が出せる。←ただし、かなりアレンジが難しくなる)
……などの各種パラメーターをいじりながら、ユーザーの理想の声に近づけていくわけです。この調整の技術及びその出来を、ボカロ界隈(?)では「調教」と呼んでいます。…個人的には競走馬みたいでアレですが、定着しちゃってるんで…。
ちなみに有名どころの「ボカロP」及びその作品の場合、上記の調整だけでは足らず、外部のシーケンサーやエフェクターといった加工ツールを用いてさらに質を突き詰めていくわけですが、この辺は煩雑になるので割愛です。

ともあれ、かくして各ボカロP達はなかなか素直に「歌ってくれない」ボカロソフトを相手に日夜格闘しつつ数多の作品を送り出しているわけで。それをほぼ無料で視聴できるとは……本当にいい世の中になった、のかな?てな感じです。

追記:あ、念のために付け加えますが、VOCALOIDソフトだけでは伴奏は作れませんよ!別途作曲ソフトや生楽器が必要です、ハイ。

  • 2011/08/24(水) 22:32:13 |
  • URL |
  • 吉田 五郎太 #vvvn.Pmg
  • [編集]

吉田五郎太さんへ

吉田 五郎太さん

こんばんは。ご無沙汰です。
コメントありがとうございます。
レスが遅くなってすみません。

なんと吉田さんは、初音ミク登場時点からのボカロファンでいらしたのですか。それならこれからもイロイロ教えていただかねば…。

>最も、僕の場合はいわゆる「萌え」はあまり重要ではなく、「機械がヒトのように歌う」という古くて新しい(多分)SF的ロマンは勿論のこと、「ボカロのムーブメントを通じて、様々なスタイルの曲や、そのアーティスト(いわゆる「ボカロP」)達に出会えること」 ……が、このムーブメントを追いかける大きな動機になっていたりします。

確かに多種多様な歌が大量に生まれてますよね。
私もつい先日、iphoneアプリの「みくサウンド」をダウンロードして聞き始めているのですが、これ実に便利ですね。
毎週のランキング上位をチェックすることができ、ニコ動の音楽だけ再生できるという優れものなので、簡単に人気作品をチェックすることができます。

今回、吉田さんにご紹介いただいた作品も早速チェックしました。

>【調教すげぇ】初音ミク『FREELY TOMORROW』(完成)【オリジナル】

この曲は最近のランキングで一位になってましたね。
何度か聴いたのですが、テンポも良いし気に入りました。
ちょっと疑問なのは、「調教すげぇ」の意味です。
ただ単にボーカロイドソフトに曲を入力すれば良いものではないと言うことなのでしょうか?なにか特別な技術があってそれを調教と呼ぶのですかね?

>巡音ルカオリジナル曲・Queen Nereid

確かに癒される曲調ですね。2:30以降はクラッシック好きな私も気に入りました。

>【初音ミク】マッシュルームマザー【オリジナルPV】

これはかなり奇抜な曲で印象が強かった。
実に意味深な歌詞ですが、単細胞の私には理解できませーん(泣)。
マトリョーシカ系という印象を持ちました。腐れ外道とチョコレイトも見ましたがかなり独特ですね。

最近、あまり新しい音楽に接していなかったので、これからはドンドンチェックしていこうと思ってます。
またオススメがあったら教えてくださいませ。
よろしくどうぞ。

  • 2011/08/23(火) 00:08:43 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

補足です~。

最も、僕の場合→尤も、僕の場合

あと、残り2曲の作者様の紹介も。

「FREELY TOMORROW」:Mitchie M (共同作詞:ЯIRE)
「Queen Nereid」:SeikoP(Sei-Peridot)

以上です。

  • 2011/08/21(日) 21:08:09 |
  • URL |
  • 吉田 五郎太 #OAxxUYaQ
  • [編集]

お久しぶりです!

そして一知半解さんがVOCALOID(以下:ボカロ)にハマッたと聞いて(ガラッ)!

いや、実はかく言う僕も初音ミク登場当時(2007年)からのボカロファンでして。今では自分のポータブルオーディオの中の、多分6割方をボカロ曲が占めております。
最も、僕の場合はいわゆる「萌え」はあまり重要ではなく、「機械がヒトのように歌う」という古くて新しい(多分)SF的ロマンは勿論のこと、
「ボカロのムーブメントを通じて、様々なスタイルの曲や、そのアーティスト(いわゆる「ボカロP」)達に出会えること」
……が、このムーブメントを追いかける大きな動機になっていたりします。

さてそんなわけで、僕の方からも一知半解さんに少々オススメ曲の紹介をば。ただ、動画のリンクとかあまりやったこと無いので、失敗してたらすいません。その時は恐らくボカロ名+曲名で検索すればすぐ出てくるかと思います。

【調教すげぇ】初音ミク『FREELY TOMORROW』(完成)【オリジナル】 http://youtu.be/2XyDN7LMGGg
恐らく今の「初音ミク」の曲でもっとも話題のタイトル。【調教すげぇ】と自分で書くのはさすがに……と僕個人も思いますが、実はこの言葉は決して伊達ではないです!まずは御試聴のほどを。

巡音ルカオリジナル曲・Queen Nereid
http://youtu.be/4RF_PsyO5KE
いわゆる「架空言語」を用いた「民族調ソング」と呼ばれるジャンルの曲ですが、とにかく曲全体が「クリア」な感覚で包まれていて、真に癒される作品と言っていいでしょう。特に2:30以降の部分は注目!

……そして僕個人的に今最もオススメがコレ。
【初音ミク】マッシュルームマザー【オリジナルPV】
http://youtu.be/QXEXeIrZZAw
僕にも君にも皆にも、きっと生えてる悪趣味キノコ。はてさてそいつの正体は?
もし気に入られたら、同じ「ピノキオP」氏の作品である「腐れ外道とチョコレゐト」も試聴してみてくださいな。

いま、ボカロソフトの数は実に20種類を超えていて、その作品を網羅しきるのは実質不可能と考えていいところがあるので、やっぱり「LAライブ」でのナンバーから入るのが1つのセオリーかもしれませんが、もし「有名どころ」に慣れてきたら、ちょっとその周辺に足を伸ばしてみるのもいいかもしれませんね。今回の僕の紹介作品がその一助になっていれば幸いです。

  • 2011/08/21(日) 20:53:05 |
  • URL |
  • 吉田 五郎太 #OAxxUYaQ
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/662-4c2519e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する