一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

名作アニメ紹介:「魔法少女まどか☆マギカ」の衝撃!

なんと素晴らしいアニメ作品を出会えたのだろう…。

正直、全編(1~12話)を通しで見終わって一週間ほど経つが、いまだに衝撃を受けた余韻に浸っている自分がいる。

アラフォーのおじさんが、(曲がりなりにも)少女アニメにハマる、というのはか・な・り気恥ずかしい。
ただ、「魔法少女まどか☆マギカ」を観て、この感激を誰かに言わずにはいられない自分がいる。
そこで今回、ブログ記事に簡単に感想をしたためることにしました。

アニメ作品と言えば、普段それほど熱心に見ている訳でもないのだけれど、たまたま魔法少女まどか☆マギカというアニメが話題になっている(エヴァ以来のお祭り状態だとのこと)という情報やローソンでキャンペーンキャラクターとして採用されたとの話を見て興味半分に観たのがキッカケ。

しかし、第1話からすっかり引きずり込まれ、先週の土日二日掛けて一気に観通した。
一つとして捨て回が無い。
物語の伏線があちこち巧みに埋め込まれ、最後までどうなるのだろう?と一瞬たりとも飽きさせない。

絵柄と内容との(良い意味での)ギャップ。
想像を上回る展開の見事さ。
人物描写の緻密さ。
場面場面に見事なまでにマッチしたBGMの素晴らしさ。
そして、世の中の不条理、冷徹な事実を思い知らしめるストーリー。

終盤、涙なくして観れませんでした…。
今想い返すだけでも涙腺がゆるんできます。

自分が泣いたアニメといえば、古くは「フランダースの犬」の最終回ぐらいしか思いつかないし、最近では、「千と千尋の神隠し」のハクが龍から戻ったシーンとか、ディズニー映画「美女と野獣」の変身シーンくらい。

しかしながら、ここまで感動したアニメは無かった。
これほど印象に残るアニメを見た記憶がない…。
しばらく現実から離れ、カタルシスに浸ってしまいそうです(苦笑)。

その素晴らしさは到底、自分の文章では言い尽くせませんが、アニメファンでは無い方も、このアニメだけは必見だと思いますです。
少女漫画チックな絵柄だけを見て、観ずに終わる人も多いかと思いますが、騙されたと思って観てください。
ハマること間違い無しです。
自分としては、特にこれから社会に出る若者に観てもらいたいなあ。

とにかくこのアニメを通じて、日本のアニメレベルの高さというものを改めて実感されられた次第です。
この作品を世に送り出してくれたクリエーターの皆様に感謝!

最後にネタバレになりますが、幾つかyoutubeで見つけた名場面シーン↓を紹介して終わります。

■[ニコカラ]コネクト(On Vocal)

↑オープニング曲。この作品は曲も素晴らしい。

■[ニコカラ]Magia【Onvocal】(魔法少女まどか☆マギカED)

↑エンディング曲。おどろおどろしいリズムで始まる実に印象深い歌だが、作中でも戦闘シーンによく使われている。


■homura's song

↑ほむらのテーマメロディに、アメリカ人が歌を付けて歌っているのだけれどこれがなかなか良い。


■Akemi Homura VS Walpurgis Night

↑ほむらvsワルプルギスの夜の最終決戦シーン。著作権の問題を回避する為か画面が左右逆転している。とにかく哀愁漂う曲調が心に沁みる。梶浦由紀先生はまさに天才!途中で切れているのが惜しい…。


■Madoka Magica awesome fight scene.

↑さやかの戦闘シーン。影絵という手法がさやかの心情を見事に描いている。それに、BGMが悲しすぎるヨ…。


■For One True Friend

↑魔女となったさやかと杏子が戦うシーン。これも泣ける。


■【魔法少女まどか☆マギカ】まどカルタ作ってみた【鬱も少しあり】改

↑まどマギの含蓄ある名言集が楽しめます。



【関連記事】
◆日向冬樹役:川上とも子氏逝去を偲びつ、ケロロ軍曹「決戦!第3大臼歯」のご紹介
◆スカイ・クロラ、観てきました
◆「ファンタジア」と「ファンタジア2000」のご紹介


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ

コメント

やじうまさんへ

やじうまさん、こんばんは。
再レスありがとうございます。
毎度遅レスで申し訳ないです。

>QBは「不条理を内包した正論」「避けることの出来ない不条理」を象徴しているのかも知れません。
>子供向けのアニメならば最後の敵として完全排除の対象になっているのでしょうが、この作品では様々な犠牲を払い新たな契約を結ぶことにより新たな関係を構築することになりました。


確かに勧善懲悪のアニメとかなら、まず完全排除でしょうねぇ。
単にスカッとするだけならそれでいいのでしょうが、現実はそう上手く行きませんからね。

まぁ、現実の政治議論とかを眺めてますと、日本人はどうも水戸黄門的善悪二元論でモノを見る傾向がとりわけ強いように思います。
それが、現実を混乱させているように思えてなりません。

せめて、まどかのように不条理と正面から対峙し、何とか解決を探るという態度を少しでも学んで欲しいと思います(えらそうに言う自分も出来ているとは云えませんが…)。

>作品中でのさやかの祈りや杏子の選択は条理に従うなら破滅が約束された愚かな選択だと言えるでしょう。
>しかしその祈りや選択は、作中で人の思いによって肯定され、そして人の心に救いをもたらします。
>まどかの祈りもこれらの無駄な祈りや行為を見つめて来たからこそ生まれてきたものであり、人は避けられない不条理に対峙してもその思いや心から救いを生み出せることを象徴していないでしょうか。


ご指摘の視点はハッとしました。
確かに、単に愚かといって斬って捨てる事が出来ないですよね。
条理と感情との間で煩悶するのが人間なのでしょうから、たとえハタから見れば愚行であっても、その中に救いを見出したいものなのかも知れません。
愚かと思いつつもそうせざるを得なかったさやかの心境を思うと、今でも心が痛みます。

>政治系のブログとしては非常に勉強になることが多くよく訪れさせて頂いています。
>こちらにお伺いして山本七平さんに興味が出てきたので今度図書館で探してみようと思っています。


そう仰って頂けると嬉しいです。
ただ引用しているだけですが、紹介した甲斐があります。
これからも、紹介していきたいと思いますので、宜しくどうぞ。

  • 2011/08/28(日) 23:51:12 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

>私はキュウベエという存在が、現実社会に色んな形で実存していると思うのです。

QBは「不条理を内包した正論」「避けることの出来ない不条理」を象徴しているのかも知れません。
子供向けのアニメならば最後の敵として完全排除の対象になっているのでしょうが、この作品では様々な犠牲を払い新たな契約を結ぶことにより新たな関係を構築することになりました。
排除出来ない不条理と対峙する方法としては非常に上手い(上手くいった)やり方だと思います。

>それと如何に対峙していくか。この作品はそれと対峙することの難しさを教えてくれているような気がしてなりません。

絶対悪として否定出来る存在なんて、それこそ漫画かアニメの中にしかありませんからね。
というか否定しきれない不条理という誰もが目をそらしたい条理と対峙する人間を描けたからこそ「まどか☆マギカ」は名作たり得たのでしょう。
あと個人的には不条理と対峙する人間というテーマ以外に、条理に沿わない人の無駄な行為がもたらす救いまたは無駄な行為を救いに変えてしまえる人の力もこの作品の大きな魅力だと思います。
作品中でのさやかの祈りや杏子の選択は条理に従うなら破滅が約束された愚かな選択だと言えるでしょう。
しかしその祈りや選択は、作中で人の思いによって肯定され、そして人の心に救いをもたらします。
まどかの祈りもこれらの無駄な祈りや行為を見つめて来たからこそ生まれてきたものであり、人は避けられない不条理に対峙してもその思いや心から救いを生み出せることを象徴していないでしょうか。

>アニメ特撮ネタは当ブログではかなりレアです。そうしたネタにコメントいただけて嬉しいです。

政治系のブログとしては非常に勉強になることが多くよく訪れさせて頂いています。
こちらにお伺いして山本七平さんに興味が出てきたので今度図書館で探してみようと思っています。

  • 2011/08/25(木) 07:30:09 |
  • URL |
  • やじうま #-
  • [編集]

やじうまさんへ

やじうまさん

レスありがとうございます。
こちらこそ返信が大変遅れてすみませんです。

アニメ特撮ネタは当ブログではかなりレアです。
そうしたネタにコメントいただけて嬉しいです。

>まど母は、まどかの信じる事正しいものだと判断しそれを尊重するが故に、まどか自身を危険にさらすこと(帰らないこと)を覚悟した上でまどかを送り出しました。それならば最悪の結果を受け入れる事は道理であり、その結果を受け入れること自体が救いなのではないでしょうか。(QBならそう答える気がします)
>その回答が正しいことを認めた上で、それでも自らが納得出来る救いを求め続ける事こそがまどか☆マギカの真のテーマのような気がします。


なるほど、確かにそうですね。
ただ、まど母が記憶を消去されてしまっており、最悪の結果を認識できなくなっている点は、作者のまど母にたいする優しい配慮のような気もしますね。

>これは本当にそう思いますね。
>この作品には、不条理を認めつつそれに飲み込まれることを良しとしない姿勢、無駄であることが分かっていても手を差し伸べてしまう優しさ、そして無駄でしかないはずの行為がもたらす救い等大人として知って欲しいものが煮詰められています。


ご賛同ありがとうございます。
私はキュウベエという存在が、現実社会に色んな形で実存していると思うのです。
それと如何に対峙していくか。この作品はそれと対峙することの難しさを教えてくれているような気がしてなりません。

まどかはそれに打ちのめされながらも、成長して最後は世界を再編した。ハッピーエンドとは言えないながらも、彼女なりに闘った姿に、私は彼女が追い求めた「希望」を感じ取りました。

>実際、子供向け以外の魔法少女ものなんてエログロ目的くらいでしか作れないと思っていたのですが、ここまで大人に見て欲しい作品が出来るとは思ってもいませんでした。

ほんとですよね。
あまりアニメ作品とか観る方ではないのでなんとも云えませんが、これほどクオリティの高い作品は見た記憶がありません。

この作品自体は続編とか作ってもらいたくはないですが、まどかが何度も死んでいるのでそれの派生作品を見て見たい気はしてます。

何はともあれ、この脚本を手がけた虚淵玄には、今後も期待ですね。

  • 2011/08/23(火) 00:05:49 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

今度はこちらの返信が遅れてしまいました。作品に関する感想に類するものを書くのは初めてなのですが、時事問題について書き込むのとは別の難しさがありますね。
要するにただでも遅筆な所、いつもとは毛色が違うこともありいつも以上に遅くなってしまったと言うことです。
返信が遅れてしまって済みません。

>超左翼おじさんの所にシンケンジャーの記事TBしちゃってましたっけ?

いえ。私がシンケンジャーを検索していた時に一度記事を拝見させて頂いていたのですが、今回のまどかマギカ記事でお勧めものを除いてみると「あれ何か見たことあるな」となった次第です。私は超左翼さんの所で一知半解さんのお名前を覚えましたので逆にアニメ特撮ネタがあることが意外でした。

>でもまど母本人にとってはその方がいいのかもしれませんが。

まど母は、まどかの信じる事正しいものだと判断しそれを尊重するが故に、まどか自身を危険にさらすこと(帰らないこと)を覚悟した上でまどかを送り出しました。それならば最悪の結果を受け入れる事は道理であり、その結果を受け入れること自体が救いなのではないでしょうか。(QBならそう答える気がします)
その回答が正しいことを認めた上で、それでも自らが納得出来る救いを求め続ける事こそがまどか☆マギカの真のテーマのような気がします。

>自分としては、特にこれから社会に出る若者に観てもらいたいなあ。

これは本当にそう思いますね。
この作品には、不条理を認めつつそれに飲み込まれることを良しとしない姿勢、無駄であることが分かっていても手を差し伸べてしまう優しさ、そして無駄でしかないはずの行為がもたらす救い等大人として知って欲しいものが煮詰められています。
実際、子供向け以外の魔法少女ものなんてエログロ目的くらいでしか作れないと思っていたのですが、ここまで大人に見て欲しい作品が出来るとは思ってもいませんでした。

しかし大人向けの魔法少女アニメというのも日本ならではですね。

何か支離滅裂としてしまいまして申し訳ありません。

  • 2011/08/18(木) 23:38:41 |
  • URL |
  • やじうま #-
  • [編集]

KYさん、やじうまさんへ

>KYさん

コメントありがとうございます。
長らくお返事しないままとなってしまい済みませんでした。

リンク先拝見しました。
ご紹介いただいたアニメは観ていませんが、wikiのあらすじを見るとなかなか面白い舞台設定ですね。
暇を見つけて観て見たいものです。

私もアラフォーで若くないのですが、生憎と「TK生」については存知てませんでした。
KYさんの爆笑を理解できないのがチョット残念無念。
事情を知っているものだけの特権ですね。うらやましいです。


>やじうまさん

コメントありがとうございます。
ほんとレスが遅くって申し訳ないです。

>「まどか☆マギカ」新聞広告を見て最終2話から見てしまいましたが非常に面白かったですね。出来れば最初から順を追って見たかったです。

たしかに、終盤から観るとネタバレ的でちょっと面白さが半減するかもしれませんね。
しかし、終盤のまどマギは絶品ですよね。
特に第11話のエンディングの演出は神レベルだと思いました。

>大人の立場で見るなら、もし子供が理不尽にあった時どう対処すべきか等とも考えてしまいましたが、まど母が頑張っていただけに子供を助けられない大人の悲しさを感じてしまいました。

同感です。
しかも、記憶まで無くしてしまっているのが悲しい。たっくんがまどか連呼してたのがまた泣ける…。
でもまど母本人にとってはその方がいいのかもしれませんが。


>しかしこちらのブログを見つけたのも超左翼さんの所よりシンケンジャーの記事が最初だった訳で。また寄せて頂きます。

そうでしたか。
私、超左翼おじさんの所にシンケンジャーの記事TBしちゃってましたっけ?
どんなキッカケであれ、アニメネタでコメントいただけるのは嬉しいです。
これからも宜しくどうぞ。

  • 2011/08/14(日) 23:06:27 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

「まどか☆マギカ」新聞広告を見て最終2話から見てしまいましたが非常に面白かったですね。出来れば最初から順を追って見たかったです。
大人の立場で見るなら、もし子供が理不尽にあった時どう対処すべきか等とも考えてしまいましたが、まど母が頑張っていただけに子供を助けられない大人の悲しさを感じてしまいました。

しかしこちらのブログを見つけたのも超左翼さんの所よりシンケンジャーの記事が最初だった訳で。また寄せて頂きます。

  • 2011/08/04(木) 00:49:05 |
  • URL |
  • やじうま #-
  • [編集]

久しぶりのアニメネタなので

 ここに投稿させていただきます。
 私が取り上げるのは「マギカ」ではなく、しかも去年既に放映が終わった「Angel Beats!」というアニメですが(詳細はリンク先をご覧ください)、その中に「TK」という顔をバンダナで隠したストリートパフォーマー風の生徒がいるのですが、名前を知ったときは爆笑しましたよ。思わずコーヒーをキーボードに噴くところでした。若い世代には解らないでしょうが、私たちの世代で「TK」と言えばあの悪名高い「韓国からの通信」で便所の落書きを書き散らしまくったかの「TK生」を連想させますから。
 スタッフがそれを知ってたかどうかは判りませんが、名前だけで爆笑したのはこのアニメが唯一でしょう(苦笑)。

  • 2011/08/01(月) 20:30:07 |
  • URL |
  • KY #mHdfaKpc
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/663-fa0e6e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

http://whilelimitless.com/limitless-pill/is-it-real/

一知半解なれども一筆言上 名作アニメ紹介:「魔法少女まどか☆マギカ」の衝撃!

  • 2016/12/29(木) 17:58:04 |
  • http://whilelimitless.com/limitless-pill/is-it-real/
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する