一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

「原発低濃度汚染水飲マシ」と「日本軍内務班の私的制裁/便器ナメ」に共通する「悪魔の論理」

もう何日か前の話になりますが、このニュース↓を見て、気分が悪くなってしまいました。

■フリーの記者から要望、処理した汚染水ゴクリ

まさか「ある異常体験者の偏見」の中で山本七平が指摘した「悪魔の論理」そのままの行為が記者会見上で繰り広げられることになるとは…!

「低濃度処理水を飲め!」と強要した記者本人は、単に「安全だと言うなら飲んでみろ!」という軽い気持ちだったのかも知れない。

ただ、「安全」と「飲食可」はまったくの別物だし、「飲め!」と強要している記者は、たとえ科学的に安全であろうが、生体実験が済んでいようが、自分では決して飲もうとはしないだろう。

つまり、飲まなければ「安全だとは言えない」という印象を与える事が出来るし、たとえ飲んだとしても単なるパフォーマンスだと非難の矛先を変えることもできるし、それで安全が証明できた訳でもないと開き直る事が出来る。
いずれに転んでも、相手を責めることが出来る訳だ。

結局のところ、この記者は「本当に心の底から安全を気にしている」訳ではなく、単に相手を非難する為の方便として使っているに過ぎないのだ。
真実を追求する為の行為ではなく、相手を追い詰める為の「虚偽」の行為。

なぜ虚偽であるのか。
それは(ここでは「安全=飲食する」という)基準を相手に強要しながら、自らはその基準に従うつもりが全くないから。
要はダブスタなんですよね。
それでありながら相手に反省を強要する。

そしてこの手法は、戦前より現在に至るまで相手に反省を強要する為の「手段」として愛用されてきました。
今日はその手段である「悪魔の論理」について、書かれた山本七平の記述を紹介していきたいと思います。


ある異常体験者の偏見 (文春文庫)ある異常体験者の偏見 (文春文庫)
(1988/08)
山本 七平

商品詳細を見る


■悪魔の論理

(~前略)

日本軍は去った。
しかし商業軍国主義者は残った

そして彼らは、その時その時に「時の勝者」を追い、自らを律する思想は常に皆無で、ただただ「時の勝者」を絶対化し、それによって自らをも絶対化し、その言葉の絶対視を強要することによって自らの言葉を絶対化し、それで他を規制し、規制に応じない者には反省を強要しつづけてきた

そして、この「時の勝者」を絶対視し、勝者を善、敗者を悪、と規定しつづけた「商業軍国主義」、そして虚報とアントニーの詐術の編集の詐術(註)で、常に勝者を正義化し美化し美談で飾り立て、それを基に常に「時の敗者」を糾弾しつづけてきたという図式は、自分の体験で判断する限り、この三十数年間、全く変化がないように思う。

(註)…拙記事「アントニーの詐術【その6】~編集の詐術~」を参照のこと。

自己絶対化とそれに基づく反省の強要は、前述のように、相手を、自らのうちに自らの尺度をもつ独立した人間、すなわち対等の人間と認めないことだから、一種の実験動物視となり、従って精神への「生体実験」をしているに等しくなる

従ってこれがすぐに、肉体への生体実験へと転化しても不思議でない

生体実験とか、生体実験の強制といえば人は驚くであろうが、この「時の勝者の絶対化」に依拠する自己絶対化がつづく限り、そしてその媒体である商業軍国主義が存在する限り、過去に行われたごとく今後も起るであろうと私は思う。

軍隊の私的制裁に次のようなものがあった。

キサマ、これをきれいと思うか
ハイ
本当にそう思うんだな
ハイ
間違いないな
ハイ
じゃ、ナメてみろ」。

編上靴ナメ、タンツボナメ、便器ナメといわれた私的制裁だが、一種の生体実験である。

もし「いやだ」といえば、きれいでないものをきれいだと嘘をついたことを自認したことになる。
従って制裁をうけるのが当然ということになり「キサマア、ペロリしやがったな」となる。

その後は説明の必要があるまい。
そして制裁をうけるのは、受ける方が悪いのだから、制裁をうけた後なお「反省」しなければならない

それがいやならナメなければならない

最近ある人から、これに非常によく似た例を聞いた。

ある人たちが、ある会社の従業員に、カドミウム入りと称する水をコップに入れてつきつけ「飲メ」と迫ったという。

事実かどうか知らぬが、これも便器ナメと非常によく似た発想の生体実験の強要である

言うまでもないことだが、その便器がきれいかきたないか、あるいはその水が有毒か無毒かということ自体には、生体実験の必要ははじめから存在しないのである。

従って生体実験へと進む考え方の基本は、実験の試料――すなわち便器や水そのものとは別のところにあるはずである。

それはどこにあるのか。

それはある対象を絶対化し、それによって自己を絶対化し、従って自己の言葉を他を律する絶対の権威とする者が、その絶対性が、またそれに基づく反省の強要が、人命にも人体にも優先する絶対的なものであること、および、自分の言葉が前述の二重の裏切りとも言うべき虚構であることを隠して、これを誤りなき絶対の真実であると立証しようとする場合に用いられるのである。

従って、生体実験を強要する側には、必ず虚偽がひそんでいるといってよい。

これが非常に明確に出ているのが、本多勝一氏の『雑音でいじめられる側の眼』(イザヤ・ベンダサン著『日本教について』所収)であって、これは聖書に出てくる有名な『荒野のこころみ』といわれる寓話の中の、俗に、「悪魔の論理」といわれるものと全く同じ構造になっているから、両者を並べて少し検討してみたいと思う。

これは創作記事『殺人ゲーム=百人斬り競争』が、物理的にはじめから不可能なことではないかというベンダサン氏の問いに対して、本多勝一氏が非常に用心した言い方ではあるが、生体実験という発想で次のように応酬しているところである。

……このように当人たち(向井・野田両少尉)が死刑になったあとでは、なんとでも憶測や詭弁をろうすることもできますよ、いくら名刀でも、いくら剣道の大達人でも、百人もの人間が切れるかどうか。実験してみますか、ナチスや日本軍のように人間をつかって?

これは実に不思議な発想である。
便器がきれいかきたないかを調べてみるのに、生体実験という発想は全く不要であると同様に百人斬り競争』が事実か虚報かを調べるにあたって、生体実験などという発想は、はじめから出てくる必要も必然性もないのである。

事実、この疑問を提示したベンダサン氏であれ、この虚報を徹底的に調査した鈴木明氏であれ、二人を弁護した中国人弁護人隆文元氏であれ、生体実験などという発想ははじめから全く皆無であリ無縁であり、そんな発想がありうるということ自体が、想像に絶する実に奇怪なことなのである。

生体実験という発想があり、これをやれと強要しているのは、はじめから終りまで、実に、本多勝一氏だけなのである。

これは言うまでもなく「私の言うことを嘘だ、そんなことは出来るはずがない、と言うならブッタ斬ってごらんなさい――『ナチスや日本軍のように人間をつかって』できないでしょう。できないのは、あなたは自分か嘘をついていると自ら認めたことなのですよ。そうでないというならやってごらんなさい」という論理であり、前述の便器ナメとほぼ同じ論法である。

できない」といえば「それ見ろ、お前は嘘をついた、おれの言うことは絶対正しい、反省しろ」ということになる。

こうなれば自らは虚偽者として断罪されるだけでなく、虚報を事実と認め、従って二少尉の処刑を正当と認めることになる。

これは虚偽を事実と認証し、殺人に加担するに等しくなる

では「できる」「じゃやってみろ」となったらどうなるか、言われた者は生体実験という恐るべき罪をおかす――すなわち、どちらにころんでもその人間がおそるべき罪に陥らざるを得ないように追い込んでいく論法なので、古くから「悪魔の論理」といわれる有名な論理そのままである。

聖書において、この論理を解明した「寓話」を現代的に翻案すれば次のようになるであろう。

荒野のイエスに悪魔が言った。お前は神の救いを信ずるというがそれは嘘だろう。本当はオレの言うことが正しいと思っているんだろう。そうでないと言うなら、神殿の屋根からとび下りてみよ。神の救いがお前を支えてくれて、絶対に墜死もせず足も折れないはずだから。なぜしない、しないのは内心ではオレの言葉を絶対に正しいとし、それに従っている証拠だ

いうまでもなくこれは、それが正しいというなら自らの体で生体実験をしてみろ、しないならば、おれの言葉を正しいとした証拠だという論法である。

二千年の昔から、この言葉は、さまざまに外形を変えながら、自己を絶対化して、自己の基準で他を律し、それに基づいて反省を強要する者が、絶えず口にして来た言葉である。

便器ナメから汚水ノマシから、本多勝一氏の「実験してみますか……人間をつかって」まで。

それは民族により、宗教により、文化様式により、絶えず外形を変えながらも、言われつづけてきた言葉であった。
もちろんこれを口にしたという点では、キリスト教徒も例外ではない。

ただ彼らの言い方が、外形的には日本人とは違うことは事実である。
そして日本の場合は、これがほぼ常に、その時々の「時の勝者」を絶対化し、これを無条件で神格化し、その神格化によって自らを絶対化して反省を売る「商業軍国主義者」によって言われつづけて来たことに特徴があるであろう。

そして彼らの背後にあるのが、判断を規制して命令同様の力をもつ「軍人的断言法の直接話法」の「沈黙の話法」であった

すなわち、自らを本当に律している基準は絶対に口にせず、完全な一方的沈黙の中にあって、相手を、規定しようとする基準に合致するまで「反省しろ」「反省しろ」「反省しろ」……とせめたてていき、その精神の生体実験から肉体の生体実験へと進み、最終的には悪魔の論理で、人を否応なしにある状態――結局これは命令されたに等しい状態――に追いこんでいく方法であった。

そしてそれは昔も今も、新井宝雄氏の「反省が見られない」にはじまり、本多勝一氏の「実験してみますか……人間を使って」へと進んで行ったのである。

戦争中の生体実験の話を聞いたとて、それが特別に異状なことであったと考えてはならない。

またNHKのように「侵略戦争が人間を荒廃させたのデス」などといって、あれは、今の自分とは関係がない別の人間がやったことだという顔をしてはならない。

現にそれは堂々と口にされ、平然と活字になっているではないか――そして別にだれも、それを不思議としていないではないか。

否それどころか、それに、喝采を送っている人すらいるではないか。

それに喝采を送っていてどうして戦場の兵士を「獣兵」などといえるのか。
彼らは立派なデスクを前にした快適な落着いた雰囲気にいたのではない。

こういう恵まれた環境にいて平気で生体実験がロにできる者に、またそれに喝采を送るものに、彼らを批判する資格があるであろうか

【引用元:ある異常体験者の偏見/悪魔の論理/P126~】


先日、大学の友人と飲んで原発論議をした際に、「お前は福島に住んでみろ!」というセリフを散々言われましたが、こうした発想というのは、単に相手を倫理的に難詰したいが為の論法なんですよね。

そういえば、ちょっと前にも、プルトニウムの危険性は塩とさほど変わらないと主張した北海道大学の奈良林直教授がネットで散々叩かれていましたよね。

■【動画】坂本龍一氏「プルトニウム食べても大丈夫とか塩みたいなもんだとか言ってるけど、自分でまず食えよ!自分の子どもに食べさせてみろ!」

これ↑なんかも典型的な「生体実験の強要」ですよね。
確かに誰でもこのような反論が反射的に頭に思い浮かぶのはある意味仕方が無いのかもしれない。

ただ、山本七平も指摘しているように、科学的に安全か安全でないか調べるのに、人の生体実験は必要でない筈。過去のデータや動物実験等を通じて十分知見を得られる筈なのです。

したがって、そういった知見を全て無視して奈良林直教授を「御用学者」呼ばわりし、「プルトニウムを飲め!」と強要することには、「相手を倫理的に難詰する」以外に何の意味もありません。

こうやって専門家の意見を感情的に潰してきた結果が、第二次世界大戦のみじめな敗北につながった訳です。

少しでも戦前の愚行から教訓を得ようと思うならば「生体実験を強要する」思考様式が如何に危険であるかを認識し、そうした思考様式に陥らないよう努めるべきでしょう。

しかしながら、気安く「生体実験」を口にする者に、そうした過去の事実認識は全くありません。

そうした者達が口にする「反省」。

原発事故を契機として、頻出する「生体実験の強要」を見るにつけ、山本七平の「反省と言う語はあっても反省力なきこと」という指摘を改めて思い浮かべざるを得ないのです。


【関連記事】
◆アントニーの詐術【その6】~編集の詐術~
◆言葉と秩序と暴力【その1】~アンチ・アントニーの存在を認めない「日本軍」~
◆「トッツキ」と「イロケ」の世界【その1】~「神がかり」が招いた”餓死”という悲劇~

FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:放射能汚染 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

asfdgさんへ

>asfdg氏

レトリックだろうが何だろうが、日本刀の性能を試すのに人体実験の必要性なんてないのに、人体実験を考え付き、論争にそれを持ち出す「思考」そのものがオカシイんですよ。

  • 2012/01/29(日) 23:18:24 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

はぁ?

本多はベンダサンに「斬ってみろ」などと要求はしていない。「斬ってみましょうか」と自らへの実験をレトリックとして使用しているに過ぎない。そもそも、対等に論争しているのを日本軍のいじめと同一視するのは無理がありますね。

  • 2012/01/28(土) 23:52:13 |
  • URL |
  • asfdg #0NjmJF4A
  • [編集]

吉田さんへ

 レスが遅れてすみません。
 小林氏の目が悪い事は漫画で読んだ事があります。もしかしたら病状がその頃より悪化していて、精神的に追い詰められた状態に陥ってしまい、9.11以降の迷走・変節に繋がったとも考えられます。
 SAPIOの最新号を「怖いもの見たさ(苦笑)」で読んだのですが、脱原発における彼の暴走とも言える脱線ぶりは目を覆わんばかりです。ついには薬害エイズで安部英を糾弾した櫻井よし子氏を、原発推進サイドにいる、というそれだけの理由で安部と同列に扱うのですからその思考停止ぶりは凄まじいものがあります。しかも「原子力ムラ」なる造語に匹敵する「原発ブラボー(推進派を揶揄する意味)」を捏造してTPP推進論者と一緒くたにしてこき下ろすお粗末さです。当然この様な変節ぶりでは左巻きからも警戒され「実は原発推進派の工作員では」と疑われる始末です。確かに脱原発を唱える一方で核武装を主張すれば警戒もされるでしょうが、核開発をするには結局原子炉が必要になりますし、核兵器の為「だけ」に原子炉を建設・運用する事がどれだけコスト的に割高になるか、考えた事もないのでしょう。こう言った点でも、彼は知らず知らずのうちに「員数主義」に毒されているようです。
 「かっこいい頑固おやじになる」のが彼の夢、と言う事ですが、この様な迷走ぶりでは晩節を汚すだけに終わるかもしれません。もし、彼が目を患っていなければ・・・今回のような醜態は避けられたでしょうか?

  • 2011/12/17(土) 18:32:39 |
  • URL |
  • KY #mQop/nM.
  • [編集]

KYさん、吉田さんへ

KYさん、吉田さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
レスがホントにホントに遅くなって済みません。

小林よしりんは、女系天皇を論じていた辺りからオカシイと思ってました。
しかし、原発問題で完全に馬脚を現しましたね。残念です。

結局、彼は左翼への反発で「保守を演じていただけ」なのかも知れません。
エネルギー自給率についてもアメリカの陰謀程度に考えていたとすれば、本当にエネルギーを失うことの危険性を理解していたとは思えない。

最近、右翼の中でも反原発に走る輩が居ますが、そういう輩は決まって「補給低能」なのだから困り者。

右翼を名乗るのはともかく、そんな連中に「保守」を名乗ってもらいたくないものです。

  • 2011/11/28(月) 23:48:23 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

横合いから失礼します。

>KYさん
どうも、はじめてレスします。
VOCALOID中毒者&サッカー狂いの吉田です。
実は僕もかつてはかの『ゴー宣』の大ファンで、一種の「よしりん信者」だったわけですが、やはり『ゴー宣』が真面目な話題の中にも「よしりん独特のアホなギャグ」を混ぜることをあまりしなくなり、「反米系社会派マンガ(??)」のような形態をとり始めた頃から、単純に「なんかつまらないなあ」と感じていつの間にか読むのをやめていました。
それが最近になってよしりんが『反原発』の側に廻って主張していると聞いたときは、それこそ「なんて骨体(こったい)!」と唖然としたものです。

そして僕の私見ですが、よしりんがああなった一つの理由は、やはり『老い』なんじゃないかなあ、と。wikipediaの記述なのでどこまで正しいかわかりませんが、ある時彼は目の手術をして、そのことをマンガに描いたりしていたようです。目は当然漫画家の生命線ですから、それを断たれる恐れを感じたり、あるいは全般的に年を取っていくことで、心境が(悪い方へ)変わっていってしまったのかもしれませんね。
いずれにせよ、このままではよしりんの夢だった「カッコイイ頑固爺になること」は難しそうですな……僕としてはここいらで初心に返って欲しいところですけど……。

  • 2011/11/25(金) 00:10:44 |
  • URL |
  • 吉田 五郎太 #OAxxUYaQ
  • [編集]

所詮、「たかが漫画家」だったのか?

 最新号の「SAPIO」でまあビックリ。「ゴー宣」の小林よしのりが、10年前には原発を支持していた事実をまるで「無かったこと」にして脱原発に180度「左旋回」してしまいました。
 覚えていますよ。今は無き(爆笑)「わしズム」で「反原発運動はバックに日本のエネルギー自給率の向上を快く思わないアメリカの意図がある」と陰謀論めいた持論までぶっておきながら、その事に対する弁明は一切なし。そのうえで脱原発カルト信者の言い分を検証もなく鵜呑みにして書き散らす始末。「石油もウランも輸入に頼るのは一緒」とわめくくだりには理性・知性共に欠片も感じられませんでしたな。どちらが少ない輸入量で電力を多く賄えるか、との考えには全く及ばないようで。挙句の果てには「愛国者なら脱原発を選べ!」とカルト信者にかぶれた「自称」極右と同じ事まで言い出す始末で完全に終わっています。皇室の継承者問題あたりからどんどんメッキが剥がれてきた感がありますが、原発事故を契機に完全に剥がれたみたいです。小沢も真っ青の変節漢ぶりですが、もはや左巻きからも相手にされないでしょう。それを勘違いして「左右共にタブーにしている事に突っ込む」とドンキホーテ状態。10年前までは「まとも」だと思っていたのですが、皇室問題、いや9.11テロ事件以降徐々にその兆候は表れていたのかも。
 慰安婦問題、教科書問題ではかなり的を得た私的を漫画を通じてしてきたはずなのですが、これも単なる「世渡りの術」だったのでしょうか?

  • 2011/11/23(水) 01:17:35 |
  • URL |
  • KY #xyze0vVc
  • [編集]

やじうまさんへ

やじうまさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
レスが大変遅くなってしまいスミマセン。

そんなエピソードがあったのですか…。
悪ガキの切り返し、鋭くて感心しちゃうな。
内務班でそんな切り反ししたら、編上靴ビンタなんでしょうねぇ。
本気でやる馬鹿はいつの時代も始末に終えません。

  • 2011/11/14(月) 23:33:20 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

実際に小学校の時あったやり取り。

先生 「あんたら、ほんまにこのトイレ掃除したんか。」
悪ガキ「はい」
先生 「ほんまに綺麗になってる言うんか?」
悪ガキ「はい」
先生 「ほんならその便器舐められるか。舐められへんやろ。もっかい掃除やり直し。」
悪ガキ「先生解った。掃除やり直す。その替わり綺麗になったらトイレ舐めてな」

先生も苦笑いで済ませたので本当に笑い話で終わったのですが、ハタで聞いていて大笑いした覚えがあります。

こういう下らない理屈は笑いのネタにすると面白いんですけど、それが笑えない状況に追い込んでからそういう理屈を振りかざす奴はろくなもんじゃないですね。。

  • 2011/11/09(水) 00:33:07 |
  • URL |
  • やじうま #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/671-8a8f0cc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する