一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

山本七平botのTogetterご紹介

大変、ご無沙汰しております。
ブログ更新しないと、いただいたコメントも表に出せないみたいなので、久しぶりに更新してみました。

といっても記事を書く時間も気力も余り無いので、山本七平botのtogetterのご紹介でも。

http://togetter.com/id/yamamoto7hei

一応、今は暇さえあれば、togetterの作成を優先させていただきます。
これもなかなか更新できないのですが…。

以上、よろしくどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本人論 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

僕は道を歩いていて、ときどきクスッと笑うことがある。
「ああ、自分は天下の国士舘生なんだ」と思うと、嬉しさがこみ上げてくる。
激烈な国士舘入試を突破してから2年。
合格発表の日のあの喜びがいまだに続いている。
「国士舘大学」・・・・・
その言葉を聞くと、僕は自然と身が引き締まります。
国士舘大の先輩方に恥じない自分であっただろうか・・・・。
しかし、先輩方は僕に語りかけます。
「いいかい?伝統というのは我々自身が作り上げていく物なのだよ」と。
僕は感動に打ち震えます。
人が何をしてくれるかを問うてはならない。君が人に何をなしうるかを問いたまえ」
僕は使命感に胸が熱くなり、武者震いを禁じえませんでした。
でもそれは将来日本の各界をになう最高のエリートである僕たちを鍛えるための天の配剤なのでしょう。
日本を作りあげてきた先輩はじめ先達の深い知恵なのでしょう。
国士舘大を卒業し社会に出ることにより、僕たち国士舘大生は伝統を日々紡いでゆくのです。
嗚呼なんてすばらしき国士舘大学。
知名度は世界的。人気、実力すべてにおいて並びなき王者。
素晴らしい実績。余計な説明は一切いらない。
「ご職業は?」と聞かれれば「国士舘大生です」の一言で羨望の眼差し。
合コンのたびに味わう圧倒的な国士舘ブランドの威力。
繰返される若い女性たちの側からの交際申し込み。
近所のマダム達からの熱いまなざし。
そして街を歩くたびに味わう圧倒的な国士舘パワーの威力。
国士舘に受かって本当によかった。

  • 2013/12/02(月) 14:07:40 |
  • URL |
  • 名無しの権助 #-
  • [編集]

https://twitter.com/yamamoto8hei/status/397573261862502401
なんか米軍の報告書を嬉々として貼ってこれで慰安婦が論破されたとか
ほざいていますがその“報告書”が一体どういうものなのか貼っておきますね

嘘も100回言えば・・・を地で行く産経
http://d.hatena.ne.jp/scopedog/20131105/1383668260

ミッチナの慰安所 -- 傲慢漫画家の貧困な想像力
http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/hatsugen/ianfu-mitchina.htm

もしあなたが本当に知的に誠実な人物であり
「自分が脊髄反射で鵜呑みにしたい都合のいい情報をそのまま信じ続けること」を
カルトじみた洗脳、信仰のたぐいだと理解できるなら上の二つのリンクを読めるでしょう。
ある情報を自分の都合のいい部分だけ抜き出し偏向し総体として捏造する作業に加わるなら
そのへんにいるゲスってだけです。
同じ嘘を、それが1997年に論破されてることをわかっていながら無視して
あなたのように信じたい人間に切り抜いた部分だけを垂れ流す。
こんなことをずーっと繰り返して今があるんですよ

  • 2013/11/07(木) 06:58:50 |
  • URL |
  • だばば #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/679-860db43d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する