一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

日の丸・君が代を問題にする人々と、かつての元号廃止論者の類似性

私は、過去の記事「”内心の自由”を「手段」として利用する人たち」「”当たり屋”してまで表現の自由を守る教師の皆さんへ」でも日の丸・君が代「強制」問題に関して、反対行動を取っているバカ教師とそれを支持する人たちについて書いてきたけど、今回は、彼らの行動が卑怯なことについて書いていきますね。

なぜ、卑怯だと思うのか?……それは「本音」を隠しているから

付け加えると、隠すのに必ず錦の御旗的スローガンを利用し、反対論者をさも加害者に加担しているような立場に置くことも非常に不愉快です。

彼らの主張を、私なりに整理すると、だいたい次のとおりになると思う。

1)別に日の丸・君が代を好きでも嫌いでもないが、強制される事を問題視しているから反対。

2)なぜ強制されてまで歌わなければいけないのか?海外の自由民主国家では強制してまでやっている例などないから反対。

3)歌わない自由、起立しない自由だってあるはずだから反対。

4)強制=戦前の軍国主義だから反対。

5)法制化→強制化→戦前回帰となるから反対。

6)日の丸・君が代は、過去の侵略のシンボルであり否定すべきものだから反対。


1)・2)・3)については重複するような気もするが、彼らの主張のほとんどはこのパターン。
4)・5)・6)については、あまり最近ではお目にかからないけど、これが彼らの本音だと私は思う。

それでは、なぜ彼らは4)・5)・6)のような本音を語らないのでしょうか。
それは、その本音に、合理的な理由とか根拠が欠けているからでしょう。

4)については、強制といっても、強制されるのは指導する義務を負うはずの教師だけであるから、戦前回帰になるわけでないことが明白だし、それは5)にもいえることです。

6)については、日の丸・君が代の歴史の一部に過ぎず、そのイメージだけを持っている国民はごく少数にとどまるから、反対論としては非常に脆弱です。

つまり、彼らの本音がベースでは、論拠が非常に乏しいのです。
これでは到底、ウヨどもに勝てん、世間に主張できん、というわけで、本音を隠さざるを得ないのでしょう。

そこで彼らが自らの主張を通すためにとった作戦が、「問題のすり替え」「”錦の御旗的”スローガンの掲揚」なんですね。

まず、この問題を、「内心や表現の自由の侵害」とか「強制」という問題にすり替える。
そのために”あえて”教育委員会の方針に逆らうような行動をとり、当局の処分を引き出す。
(そういえば、広島県立世羅高等学校で卒業式当日に、君が代斉唱や日章旗掲揚に反対する公務員である教職員と文部省の通達との板挟みになっていた校長が自殺するという痛ましい事件もありましたね。)

そして、その処分を「強制」だと断じて、自らを「内心や表現の自由を守ったがために処分された被害者」と規定する。つまりは「当たり屋」なんですね。

そうして、この問題を「内心・表現の自由」にすり替え、そうした耳ざわりの良い「スローガン」をぶち上げる。

そうすると、前述の1)・2)・3)のような理由を展開できるようになるわけです。

ここで、一応これらの理由についても、反論しておきましょう。

1)については、単なる強制ではなく、当然の職務を怠ったが故の強制であり、そうした職務を負わない立場においてまで強制されるものではないので問題とはならない事。

これは、その立場に立った者が当然行わなければいけない義務を放棄したに過ぎない問題なのです。バカ教師の行動を支持する人達は、この点を必ずと言っていいほど曖昧にしたがりますが。

2)の理由などは、白々しくてお話になりません。なぜこういう問題が起こったかの経緯を全く無視しているから。原因となった教師らの行動を無視し、「強制」の部分だけを問題にして、諸外国と比較するなんて全くのナンセンスでしかないと私は思う。

3)については、もちろん、そうした自由はあることは認めるが、それは時と場合によっては制限されるケースもありうると考えるのが常識でしょう。彼らの言い分では、こうした常識を無視してまで守られるべきとの主張になってしまっているのではないでしょうか。

まあ、彼らの中では、意識してやっている故意犯もいれば、無意識のうちに自分が被害者の立場に立たされたと思い込んでいる者もいるのでしょうけれど、その行動は結局のところ、「当たり屋」的になっていると判断されても仕方がないのではないでしょうか。

こうして分析してみると、やっぱり彼らは、卑怯であると思わざるを得ません。

話は変りますが、昔読んだ山本七平「常識」の落とし穴 (文春文庫)には、元号廃止論者について書かれたコラムがあります。
今回の問題と構図が良く似ていると思うので以下紹介しようと思います。

「常識」の落とし穴 (文春文庫)「常識」の落とし穴 (文春文庫)
(1994/07)
山本 七平

商品詳細を見る
◆「元号廃止論」の虚構

大分前のことだが、「元号問題に関する座談会」なるものに出席したことがある。

私はこういうとき、どのようなメンバーによる座談会か、などということには全く無関心な方なので、何気なく出席して驚いた。

いわばそれは、「元号廃止論者」の座談会に等しく、それでは座談会にならないので、存続論者の私が「つるし上げられ役」として招かれたということらしい。

座談会が進行して行くうちに、私は少々バカらしくなった。

というのは「元号廃止」に結論を持って行こうと、みなが一心に論じているのだが、なぜ廃止が必要なのかの論拠が皆無なのである

いわば「元号法制化は戦前の軍国主義につながる」という形で論議を進めていくので、私が思わず、「まさか、元号は軍国主義よりはるか以前からありますよ」といったところが、感情的な総反発をくった。

そのときつくづく感じたことは、まず第一に、この人たちの意図は本音は天皇制廃止であること
ただそれを言うとあまりに抵抗が強いし、憲法上の問題が出てくる。

この人たちは一面では、「平和憲法絶対護持」を主張しているから、その矛盾を突かれると困る。
そこで戦術的にまず”外濠”を埋めるような形で、「元号廃止」に持って行こうとしているのだと感じた。

第二に、この人たちは元号について何も知らない、ということである。
知らない者が、勝手に熱をあげているというだけの感じである。

私はこのとき、この人たちの行き方を、少々卑怯だと思った
というのは、自らの主張が「憲法を改正して天皇制を廃止せよ」なら、堂々とそう主張すればよい、と私は思った。

ところが相手は、そういったことはおくびにも出さないから、こちらは何とも言えない。
ただ珍妙な「元号存続=軍国主義復活論」という、騒音に等しい議論の進行を見守っているだけである。

少々耐えられなくなり、ちょっと説明させていただくと言って、定期改元と不定期改元、さらに一世一元制への移行、簡単にいえば、「元号の歴史」の要約を話した。

定期改元は、康保元年(西暦=以下同じ。九六四年)にはじまり、以後、万寿、応徳、天養、元久、文永、正中、元中、文安、永正と六十年ごとにつづき、戦国期のために一五六四年には行なわれず、一回だけが抜けて、ついで寛永、貞享、延享、文化、元治(一八六四年)とつづき、ついで明治の一世一元制になる。

つまりこれは甲子の年、そして原則としてその三年前の辛酉にも行なわれている。
そしてこの間に不定期改元が入る。

これは西暦でいえば九六四年から一貫して継続している日本の伝統であり、なぜこういう伝統が生じたかの説明は一応除くが、一千年以上つづいている伝統を、何でわれわれの時代に廃止する必要があるのか

本当にその必要があるというなら、納得できる説明をして欲しいと言った。

彼らにはもちろん説明できない

第一、定期改元、不定期改元という歴史的事実さえ知らない彼らに、合理的な説明ができるわけがない

返って来たのは結局罵言に等しい大声だけであったが、その中に、宗教学者として、何かあると進歩的新聞にコメントの載る人がいたので少々驚いた。

お粗末すぎて話にならない、という以外に、言うべき言葉がない。

そのときの結論は、「元号を法制化すれば、やがて軍国主義が復活する」ということ。

私はうんざりして、もう何も言う気がなくなった。

何やらそれが本になったらしく、私にも一冊送られてきた。読む気にもならなかったが、一応、目を通して見ると、私の反論」というより「説明」は巧みに処理されており、「元号法制化=存続=軍国主義復活」がその結論となっていた。

この結論が正しいか否か、いずれ時が解答を出してくれるだろうと私は思った。

その本は、進歩的新聞で取り上げられたが、私は、どうでもいいという気分になっていた。
つける薬がないからである。

その新聞が、陛下の御不例とともに、新元号のことを、さも当然のことのように報じている
時の経過はすでに正解を出していると言ってよいであろう。

戦後の進歩的文化人の凋落は何によって招来されたのか。
私は、すでに過去のことになり、みながもう忘れてしまったあの時の「元号論争」のことを思い出す。

オオカミ少年のような、言い放し、しかも本心は天皇制廃止なのに、それを隠して別の手段をとり、その主張には何の論拠もない、といったことを繰り返していれば、いつしか人びとは、その人の言葉に耳を傾けなくなるであろう。それはそうなって当然だという気がする。

【引用元:「常識」の落とし穴/民主主義の運命/「元号廃止論」の虚構/P126~】


このコラムを読むと、未だ彼らの行動パターンは酷似しているようですねぇ。

山本先生の最後の一文は、私のことを「奴隷根性の持ち主」と評された村野瀬さんに捧げます。
(まあ、彼女が読んでくれたとしても、蛙の面に小便でしょうけど

蛇足ですが、山本七平って、当時から「つるし上げられ役」だったのですね。左翼の連中から目の敵にされた山本七平らしいエピソードではないでしょうか。


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日の丸・君が代問題 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

>とおりすがりですが…さん

コメントありがとうございます。

>ただ人それぞれ異なった思想良心を抱いている多様性を憲法は認めているという19条の趣旨は忘れてはならないと思います。

仰りたいことは判ります。ただ、その趣旨を大切に思うならば、もう少しその権利の行使に当たって、周りのことも考えて慎重にして欲しいと私は思っています。

  • 2008/07/16(水) 22:35:09 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

思想良心の自由はできるだけ尊重に値すべき価値のあるものだと私は思います。

この教師が君が代を斉唱する際に起立しないことで、何が不利益を被ったのか明らかにされていません。式の進行を妨げたわけでもないですし。その限りにおいて、思想良心の自由は尊重されるべきだと思います。
数学の先生が微分を教えることを「私には思想良心の自由がある!!」と言って拒絶することとはまったく別の次元の話ではないでしょうか。

左翼右翼の問題ではなく、そのような論争の的となっている君が代そのものに関わることがいやだという思想をお持ちになっているのでしょう。

まぁ私見を述べると、こんな問題になるようなら最初から起立しとけよとは思いますね。せいぜい数十秒間なことのわけですし。

ただ人それぞれ異なった思想良心を抱いている多様性を憲法は認めているという19条の趣旨は忘れてはならないと思います。

  • 2008/07/15(火) 22:45:48 |
  • URL |
  • 通りすがりですが・・・ #-
  • [編集]

sirokazeさん、コメントありがとうございます。

貴ブログ拝見させていただきました。南京大虐殺についていろいろ書かれているようですね。
山本七平は、「私の中の日本軍」で百人斬りの問題を徹底的に論じているので、いずれ私も彼の記述を紹介しようと考えているところです。百人斬りと南京大虐殺は連動していますので。

実際のところ、「私の中の日本軍」ほど百人斬りの問題をえぐり出した書はないと私は考えています。

  • 2008/06/02(月) 22:20:28 |
  • URL |
  • 一知半解男 #f2BEFQoE
  • [編集]

同意です

>彼らのいう反省って、要は「反省しない不逞な日本人を責めること」なんです。そういう行為を取る事で、自分が道徳的に上位の立場に立ったと勘違いし、それで、中韓に対しても謝罪が済んだと勘違いしている。アホの極みですね。

ああ、俺と同じことを考えている人がココにもいました(笑)。

  • 2008/06/01(日) 23:36:14 |
  • URL |
  • sirokaze #-
  • [編集]

仮)山田さん、おはようございます。

>彼らの中では、幸せ回路により多数派になっているんですよ。

やっぱりそうなんですかねぇ。そうなると戦前のことなんか知る人がどんどん減るからますますマイノリティ化しちゃいますね。

わくわくさん、コメントどうもです。

>戦争や侵略、植民地支配等を反省するのが日本国民の義務であり、日の丸君が代を嫌うのも日本国民の義務だ。私たちの主張に抗うことは、この世に存在してはならないのだ。

まさにそのとおりなんですよね。
彼らのいう反省って、要は「反省しない不逞な日本人を責めること」なんです。そういう行為を取る事で、自分が道徳的に上位の立場に立ったと勘違いし、それで、中韓に対しても謝罪が済んだと勘違いしている。アホの極みですね。

葵さん、いつもTBできなくてすみません。

>イザヤ・ベンダサン=いざや!便出さん
左翼に嫌われる?便秘なのかい?

そういう説ありますけど、本当なんですかね?
こじつけっぽい気がしますが…。

  • 2008/06/01(日) 09:03:15 |
  • URL |
  • 一知半解男 #-
  • [編集]

TB有難うございます。
君が代、日の丸、天皇制、元日本兵は悪人。
その他etc・・・
これはGHQの洗脳教育だと私は思います。
日本国憲法も教育基本法も同じ時期に創られているし、日教組はGHQの御用組合です。
私の持論はコメント欄には収まりませんので、後日に独断と偏見に満ち溢れた私の寝言をUPします。
今は時間がありませんので、そのうちに・・
TBは無理なのでコメントでお知らせします。
>左翼の連中から目の敵にされた山本七平らしいエピソードではないでしょうか。

イザヤ・ベンダサン=いざや!便出さん
左翼に嫌われる?便秘なのかい?
私はいつも快腸なので好きですが(笑)
叱られそうなので逃げます。m(__)m

  • 2008/05/31(土) 21:04:03 |
  • URL |
  • 葵 #GpEwlVdw
  • [編集]

さらに指摘です。(笑)

>所詮少数派をねじ伏せる為の方便ぐらいは許されるし、「どうせ馬鹿だからわかりゃしねーよ」という感覚が根底にあったりします。

それならまだマシです。

戦争や侵略、植民地支配等を反省するのが日本国民の義務であり、日の丸君が代を嫌うのも日本国民の義務だ。私たちの主張に抗うことは、この世に存在してはならないのだ。

これが彼らの本音だと思います。

  • 2008/05/31(土) 20:34:20 |
  • URL |
  • わくわく44 #-
  • [編集]

ちょっと指摘です。

>>6)については、日の丸・君が代の歴史の一部に過ぎず、そのイメージだけを持っている国民はごく少数にとどまるから、反対論としては非常に脆弱です。

彼らの中では、幸せ回路により多数派になっているんですよ。ですので、多少(?)おかしな論理を持ち出しても、所詮少数派をねじ伏せる為の方便ぐらいは許されるし、「どうせ馬鹿だからわかりゃしねーよ」という感覚が根底にあったりします。
くろねこさんとこで話題になっていた、一部の数字を都合よく取り上げて、労働者に分配できるはずなんて引っ掛けは、典型ですね。

ちなみに、左翼教師にとっては時系列的に4・6の考えがベースでして、逆に1・2・3・5が後付の理由になります。

と言っても、結論としては一知半解男さんの言われている事と同じようなもんになるでしょうけど。

  • 2008/05/31(土) 12:56:47 |
  • URL |
  • 仮)山田二郎 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/70-ee3c43eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自由の危機が近づいた

今日は非常に激怒している。 まさに「悪貨が良貨を駆逐する」である。 ブログ主にコメントを拒否されたことについて、文明人として正当な...

  • 2008/06/01(日) 00:07:38 |
  • うない発言絶賛発売中

再会24回目 日本の外交アンケート

 唐突ですが、アンケートをとりたい、と思います。 日本の外交についてのアンケート URLはこちら↓↓ http://enq-maker.com/3WLehuW 皆さんが日頃どのように思ってるのかを知りたい。 そのために集計をとってみようかと。 とはいえ、俺もこういうのをやるのははじ...

  • 2008/06/01(日) 13:48:52 |
  • ネトウヨの呟き ~気ままにつれづれ~

6月になってしまったorz

仮)山田二郎さんから無理して更新するものじゃないとの温かいコメントを戴きましたが、まぁそれでもちょくちょく更新していかないとね。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080601-00000015-maiall-bus_all 私は渋滞の方がイヤなんですけど。 記事にもあるとおり...

  • 2008/06/01(日) 18:18:08 |
  • 一大学生が考える今日この頃

日の丸・君が代に反対する連中は、無国籍で国の保護下を離れるべき

http://beijing2008.nikkansports.com/news/column/20080522.html 国歌を唄えて国旗を掲げる権利と、喜び 2008年5月22日  昨今はさすがに少なくなったが、以前は五輪が近づくと必ずと言っていいほど、こんな記事が新聞紙上に載ったものだ。  「五輪期間中は“にわ...

  • 2008/06/01(日) 20:13:30 |
  • Sirokaze Report of Specific Asia
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する