一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

05/08のツイートまとめ

yamamoto8hei

RT @beszamel: @yamamoto8hei まずは脱原発の5W3Hを提示してくれないと信用するのは無理ですね。実現可能性は別評価するとしても最低限のものを示してもらわないと支持者はいないだろう。
05-08 00:11

◼効果は絶大、与那国島に配備される海洋防衛部隊 http://t.co/1lMnck8aj3【与那国島、宮古島、沖縄島、奄美大島、種子島に海洋防衛部隊を配備すると、東シナ海の“蓋”が完成する。赤円は対艦ミサイル150km射程圏】 http://t.co/fwe8GwVdPp
05-08 07:32

◼脱原発:細川・小泉元首相が再び気勢 http://t.co/a96Hq2lAqO【細川氏は…「東京電力福島第1原発事故の反省も教訓もなしに、再稼働するのはとんでもない」と批判】↑エネ安定供給に無責任な人は、正義ヅラして、スジ論を唱えていれば済むからお気楽だよね。
05-08 08:25

スジを通すのは大切だけど、それしか出来ない人は実務に携せてはダメだよね。反原発派って、使えない人というイメージがしてならない。
05-08 08:28

無責任だから通せるスジに、あまり価値は無いと思う。
05-08 08:33

RT @ryoko174: おそらく美味しんぼ問題を受けての環境省の声明が発表されました。<放射性物質対策に関する不安の声について・住民への健康影響について、確定的影響は認められない・放射線被ばくが原因で、住民に鼻血が多発しているとは考えられないhttp://t.co
05-08 22:05

◼「反省とおわび」の日韓共同声明「韓国は二度と問題にしないと何度も言った」 http://t.co/zycAtciK7C【「とにかく文書で1度謝ったら二度と過去を問題にしないというメッセージが韓国政府から何度もきた。それで政治的な決断をした」と小渕政権の外相、高村正彦は証言】
05-08 22:16

◼押し付けられた平和主義は平和の敵/降伏主義、敗北主義に過ぎない日本人の偽りの平和主義http://t.co/skBxWNtcdW↑押し付け憲法を何故改正しなければならないのか?その理由は「押し付け」られた事によって、押し付けられた人々が思考停止状態に陥ってしまうから。
05-08 22:55

RT @kishidasyu_bot: ⑨念のため、断っておきますが、敗戦後の平和主義がアメリカの押しつけだと主張するからといって、言うまでもなく、僕は、反平和主義者でも戦争賛美者でもありません。戦争は人間の最大の愚行であり、戦争より平和がいいに決まっていますが、それとこれ…
05-08 22:57

RT @kishidasyu_bot: ⑩僕は、押しつけられた平和主義を、自ら選び取った平和主義に変えたいのです。さっきも言ったように、両者は決して同じではありません。押しつけられた平和主義を自ら選び取った平和主義と偽っている限り、本物の自ら選び取った平和主義を永遠に遠…
05-08 22:57


RT @kishidasyu_bot: ⑪押しつけられた平和主義は平和の敵です。押しつけられた平和主義は、自分で考え、自分で身に付けたものではありませんから、観念化します。観念化した平和主義は、平和とは具体的にどういうことであり、それへと至るにはどういう具体的方法がある…
05-08 22:57

RT @kishidasyu_bot: ⑫平和、平和と大声で叫ぶことしかできません。侵略されても武器を取らないとか、いかなる場合も戦争は絶対反対だとか言うのは、平和について具体的に何も考えていないことを示しています。
05-08 22:57

RT @kishidasyu_bot: ⑬また、たとえば、日本は唯一の被爆国だと主張するのはいいですが、それは、自分たちは被害者だと言っているだけのことで、論理的に平和主義の根拠にはならないでしょう。被害者として平和運動をやるというのは悪くないかもしれませんが、他の国の人た…
05-08 22:58

RT @kishidasyu_bot: ⑭他の国の人たちには、日本人は原爆を落とされて、二度とこんなひどい目には遭いたくないと怯えているとしか見えないでしょう。それでは、日本人の平和主義は、戦争が怖いからに過ぎず、したがって、戦争が怖くなくなれば、すぐ捨てられるに違いないと…
05-08 22:59

RT @kishidasyu_bot: ⑮誰がそのような平和主義を信用するでしょうか。日本の平和主義が本物であると信用されるためには、押しつけられた平和主義を排し、自分自身の根拠と論理で平和主義を構築しなければならないと思います。
05-08 22:59

https://t.co/UjxrdCPIAm↑護憲派の言動をみても判るように、押し付けの害は自分で考える能力を失ってしまう事。皮相的な問題では無く深刻な問題。 RT @mas__yamazaki 「今の憲法は占領軍の押しつけだから」変えていいという皮相的な理屈に騙される人
05-08 23:10

「大した量でもない」という認識自体が、日本軍同様の兵站軽視そのもの。絵に書いた餅にすぎない再生エネに希望的観測を抱く処もクリソツ。これで日本軍の事をバカにしてるのだから恐れ入る。 RT @saintarrow 大した量でもない原発にしがみつく事が似ている @Munenori_N
05-08 23:32

@saintarrow 日本軍を散々バカにしてる貴方こそ、正真正銘の日本軍の後継者だよ。君は先人をバカにする前に、自分のオツムの悪さをまず疑った方がいいよ。@munenori_n
05-08 23:35

「たかが電力の20%」と言い切れる処が補給低能の証し。現場をしらない日本軍参謀みたいな言い草だわな。 RT @saintarrow たかが電力の20%で輸入に占める割合は5%だもの。その為に戦争をする(国を危険にさらす)必要のない量だ
05-08 23:42

貴方、なぜ満蒙開拓団が存在したのか全くわかってないでしょ。エネ不足によって国内に産業を興せず「人口間引き」する必要があったからだろうに…。それも知らずに何が「日本の経済は成り立つ」だよ。寝言は寝て言え。 RT @saintarrow 満州などなくても…日本の経済は成り立つ。
05-08 23:49

戦前の日本は、エネ不足の為、人口7千万でも海外棄民せざるを得なかった。満蒙進出が日中戦争の一大要因なのに「当時の日本の経済は成り立つ」とかいい加減な事を言ってる時点で、貴方は何にもわかってないね。 RT @saintarrow だから、国際連盟は経済的利権を否定してません
05-08 23:56

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/808-77f6250a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する