一知半解なれども一筆言上

山本七平マンセーブログ。不定期更新。

名文章ご紹介シリーズ【その2】~ショックと麻痺~

このコーナーは、山本七平の著作の中から、読んだ私が「うむ、なるほどっ」と感心した文章を選りすぐり、私の下手な解説抜きでご紹介しようというものです。

第2回目の今日、ご紹介するのは、戦場におけるショックと麻痺について。




ある映画監督が、戦争映画をつくるにあたって、「自分は戦争に反対だから、戦争反対を打ち出すため非常に残酷なシーンを描く」といった意味のことを新聞に書いていたが、この考え方はおそらく誤りである。

人は、麻痺するものなのだ。ショックを受ければ、おそらく心理的防衛のためと思われるが、必ず麻痺していく。

従ってそういったものはヒロポンと同じで、創作画面や創作記事で人を人工的に覚醒させると、瞬間的にはショックを現わしても、結局は反動的に人は麻痺状態になる。

するとさらに強い「人工的覚醒的表現」が用いられることになり、この悪循環は最終的には完全な「残虐場面麻痺人間」という一種の廃人をつくっていく。

これは非常に恐ろしいことであろう。そういう人間は、確かに、戦場にいたのだから。

by山本七平

【引用元:私の中の日本軍(下)/戦場の内側と外側/174頁】



【関連記事】
・名文章ご紹介シリーズ【その1】
・名文章ご紹介シリーズ【その3】~飢餓における人間と動物の違い~
・名文章ご紹介シリーズ【その4】~無責任な応援~
・名文章ご紹介シリーズ【その5】~戦場では偽善が成り立たない~
・名文章ご紹介シリーズ【その6】~「臆病」がもたらす被害~
・名文章ご紹介シリーズ【その7】~戦場には二種類の人間がいる~
・名文章ご紹介シリーズ【その8】~日本語では戦争はできない~
・名文章ご紹介シリーズ【その9】~百人斬りが通用する背景には~


FC2ブログランキングにコソーリと参加中!

「ポチっとな」プリーズ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:戦争 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ

コメント

>仮)山田さん

コメントどうもです。

>人によってはそれが快楽に変わってしまい

これも一種の心理的防衛なのですかね。そういう方向に転化させてしまうのも。

そういう意味では、人ってのはものすごく適応能力(いい意味でもわるい意味でも)あるのかもしれないですね。
でも、自分がそんな立場に立ちたくは無いですが…。

  • 2008/07/17(木) 23:00:02 |
  • URL |
  • 一知半解 #f2BEFQoE
  • [編集]

山本氏の言われるように、精神的な恐怖や緊張であれば、人間は簡単になれてしまいますね。
ただ、なれるだけなら良いのですが、人によってはそれが快楽に変わってしまい、更なる恐怖や緊張を求めようとする事がありますので、下手に恐怖や緊張を与える事は、有害だとも言えます。

  • 2008/07/17(木) 21:13:21 |
  • URL |
  • 仮)山田二郎 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/tb.php/99-3d66dca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

一知半解

Author:一知半解
「一知半解知らずに劣れり」な自分ではありますが、「物言わぬは腹ふくるるわざなり」…と、かの兼好法師も仰っておりますので、ワタクシもブログでコソーリとモノ申します。
一知半解なるがゆえに、自らの言葉で恥を晒すのを控え、主に山本七平の言葉を借用しつつ書き綴ってゆきたいと思ふのでアリマス。宜しくメカドック!!
日々のツイートを集めた別館「一知半解なれども一筆言上」~半可通のひとり言~↓もよろしゅう。

http://yamamoto7hei.blog.fc2.com/

★★コメント欄運営方針★★
・基本的にどんなコメント(管理人批判も含め)でも一度は公開します。
・事前承認制ではありませんので、投稿するとすぐ表示されてしまいます。投稿前に、内容の再確認をお願いします。
・エロコメント及び勧誘サイトへ誘導するようなコメントは気付き次第、削除します。
・管理人宛てのコメントには、出来る限り対応していきたいと思います。ただ、あまりにも多連投コメント及び悪質・粘質なコメントは放置する場合があります。
・管理人はコメント欄の運営については自由放任という立場です。当面は、たとえ議論が荒れてしまっても不介入の方針でいきます。議論はとことんやっていただいてかまいませんが、できるだけ節度やマナーを保って議論していただきたいと”切に”希望します。
・本人よりコメント削除要求があり、管理人から見て、明らかに事実無根の中傷・名誉毀損と判断した場合は警告の上、当該コメントを削除することがあります。

FC2ブログランキングにコソーリ参加中
「ポチっとな!」please!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

一知半解宛メール箱

私、一知半解まで個人的にメールを送りたい方はこちらのメールフォームをご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター

Twitter on FC2

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する